Syndicate this site(XML)

-WF2009summerルポ-

Syndicate this site(XML)

WF09夏ルポ・しょにょよんヽ(`Д´)ノ

これでラストヽ(`Д´)ノ

『鬼将軍JAPAN』寒河江さんの新作はLIVE版キューティーハニー。
寒河江さんが作る女性フィギュアは肉感的なのに全然いやらしさがなくてしかもかっこいい。

同じくハニーLIVEの草k…中条。セクシーだなあ…。

『鋼鉄飯店』バルクホルン。
スト魔女ものはいっぱい見た気がするけど強く印象に残ったのはコレ。

クリックで拡大。
なんだかもうただゲルトが好きで好きでたまんない!って感じが伝わってくるね。

『ま・わ・る王国&E-MON+リューノス』メガネを失ってただのコになったメガネコことキイロコ。クリックで拡大。
さすがって感じです。全くスキがなくてすごく可愛い。

『TOKYO CULUART by BEAMS』のブースで展示されていた『モデリズム』オリジナル重機ロボたち。

メカでもキャラでもオリジナルのガレージキットの場合、よほど造形フォルムそのものに尖ったオリジナリティを持つ人でなければ人の目を惹くことは難しいと思います。

そういう意味では単発で色々試してみるんじゃなく、このように世界観を統一し膨らませていくのが正解ではあるでしょう。

但しそれには相応の実力と自信、そしてなにより勇気が必要のはず。

ある意味「この世界と心中する!」ぐらいの覚悟で挑まないと成功もしないのかも。

「オリジナルで勝負する」というのは「好きになってくれる人を探す」のではなく「好きにならせる」ことなんだろうと思ったりもしまったヽ(`Д´)ノ
なにこいつ語っちゃって。

『井ノ頭研究所・立体造形課』、ヌイグルメンからきなこマン。
コミックス1巻で応募・通販できた麩饅獣ソフビと同スケールで並べられるサイズなのね。

きみしぐレディ。
よく見るとちゃんと網タイツにはチュールが貼り込んであったり意外と芸が細かいです。

『Fenrir』、ルミナスアーク2ウィルのファティマ。クリックで拡大。
ここは毎回ディスプレイが綺麗でアイキャッチ効果が高いなあ。

クリックで拡大。
もちろん凝っているのはディスプレイだけじゃなく造形も塗装も。絵になる・絵にしたくなるフィギュア。

『CHOCOLATE UNIT』、ヒストリカサイズのアサルト・マイタンク。
展示の中でひときわ小さいので逆に目を惹きました。なんとかさんは無類の戦車好きだなー。

『BENRI工房』ムテキングのクロダコブラザーズ。なにこの和気藹々感!

ロボダッチのブンブンタマゴロー。
単純な造形、しかも好きな人の思い入れが強いだけに騙しがきかず難しいと思うんだけどすっごくうまくまとめられてます。

ろぼっ子ビートンDXセット。
ビートンのデザインは今見ても全然見劣りしないなあ。可愛いー。

ビートン&ブリキン。ガキおやじも一緒に並べたくなるね。

小憎たらしい猫が我が物顔で並ぶ『森口修の猫』

うのーんとしたフォルムはきっと猫好きにとってクリティカルヒットなんだろうなあ。

決してリアルとは言えないのになんだかすごいリアリティを伴ってます。

あっ!この顔は海洋堂ナイトの特典フィギュアと同じ専務だ!

クリックで拡大。
この絶妙に愛と悪意が入り交じった出来は一体誰の仕業なのかとずっと気になってたんですよ。
『タチウオ』かよ!それでなんか全部つながったよ!ヽ(`Д´)ノ

…ってな感じで13時半ぐらいまでかけてAからDまですみずみ見てまわりまった。といってもB〜Dは中古屋の山に埋没していて結構取りこぼしが出ちゃっただろうけど。

企業スペースはざっと眺めた程度に済ませました。どこも妙に混雑してるし。ワンホビのステージで浅井さんが喋ってたのはちょっと見たかったなあ。

アッセンブルボーグのブースでは大々的にスペースを取ってwebコンテストの優秀作例を展示してました。
実はマイミクさんも一人選ばれてます。おめでとー!

フィギュア王8月号で誌上通販が受け付けられた黄金のバレルズスピーダー・ライトニングカスタム。
本誌は早々に買ってあるんだけど金欠にくわえてこの日の散財で余裕なくなっちゃった…どうしよう(つД`)

10周年を迎えたWSCの歴史を振り返る展示。
それぞれ選出作品と各選出者の現在の代表作が並べられてます。
パネルにはりだされたコメントはどれもなかなか読みごたえあり。そのうち冊子にまとめたりしないかしら。

サマナーチャン&パンダブルマダで選出された『山ちゃんズ』の未完成品・りんごちゃん。クリックで拡大。
コメントによると既に『山ちゃんズ』は事実上の解散状態で本人も長らく造形から遠ざかっているとのこと。これが未完成なのも結局ずっといじってるからとかじゃなくそういう理由だからみたいです。

…と、これにてWFルポはおしまい。
1年間のブランクを経てディーラーそれぞれに思うところはあっただろうし、WFが開催されないことがそのままモチベーションの喪失につながった人も少なくないかも知れません。
でもそのぶん「俺は作りたいし見せたいから作るぜ!」という熱量が以前よりアップした部分も感じられました。
なにはともあれ幾多の困難をこえてWFを復活させてくれた海洋堂、専務には改めて感謝したいですよ。待機列の件に象徴されるようにスタッフも最大限の努力をしてくれていたように思えます。それもビッグサイトでのあの事件があったからこそってところはあるでしょう。今度なにかあったら対外的にガチで危ないですから。今まで色々あしざまに言われてきた感の強いWFスタッフ、今回の名誉挽回で「やればできる子」の印象を与えられたんじゃないでしょうか。WFにはビッグサイトより幕張メッセの方が向いてる気がしてきたよ。明らかにビッグサイトよりも光量稼げたし。

企業的な思惑はあるだろうけど「場」は「場」としてそこにあり続けることが何よりも大事で、その「場」によって生かされていると少しでも感じる人は存続のために自分に何ができるかを常に考えていくことはさらに大事だと思いますし、そうした参加側の理念はWFもコミケも同じじゃないかなと。無くなったら無くなったでその時はその時、みたいにドライぶってる人だってホントのところはなくなってもらっちゃ困るし寂しいでしょ?

最後に衝動買いをご紹介。『にわかモ』牙狼・ハンプティのキーチェーン。

おかえりワンフェス!ありがとうワンフェス!ヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2009summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF09夏ルポ・しょにょさんヽ(`Д´)ノ

まだつづきヽ(`Д´)ノ

ここで今回のお買い物。『13B/SPECTER'S』斑鳩。クリックで拡大。
ずーっと欲しかったんだけど買ったところで自分には無理と言い聞かせていた部分もあったりなかったり。

クリックで拡大。
しかし今の空条さんは件の雪歩で増長しているのでとうとう買ってしまったのでした。
そして帰ってきてパーツ状態のそれを見て早くも挫折しかかってもいるのでした(つД`)
い、いいやいつか必ず完成させてやる!
塗装の参考にと他にもけっこう撮影してるんだけどレビュー性が薄い写真ばかりなので載っけません。ごめんね。

新作の予定がギリギリの土壇場で展示のみとなった銀鶏。クリックで拡大。
お話を伺ったところどうやら伊世谷さん本人がまだ「気に入ってない」らしく、ひょっとするとまたイチから原型やり直すことになるだろうとのこと。
ずっと予定としてペンディングされている烏帽子鳥もやり直しを経てこの1〜2年ほど手を入れてないそうで、今は天啓が下りてくるのを待っている状態の模様。
斑鳩には思い入れも強いので納得いくまで作り込みたいと仰ってました。
理想の器が満ちていないならもう黙って待つしかなく。こっちも「ならば、悔いの残らぬよう、やり遂げなさい。」と声援を送っておきましたよヽ(`Д´)ノ

新作のZOEジェフティはフリーポーズのセミアクションキット。クリックで拡大。
独特のフォルムに縦横に走るラインのシャープさが見飽きません。

ドラグーンとスケールを揃えたら奇しくもヒストリカサイズになった新作のジオソード&コマンダー。
ちっちゃくてもディテールには全く妥協が見えず。

『夢のカグツチノ公国』アマガミ祭じゃーヽ(`Д´)ノ
まずは絢辻さん。そうそうこの送りなのかボックスなのか判然としないプリーツが解釈に困るんですよヽ(`Д´)ノ

梨穂子はかわいいなあ!ヽ(`Д´)ノ
まだソエンばっかりでごめんなあ!ヽ(`Д´)ノ

ラブリー先輩ヽ(`Д´)ノ
アマガミのキャラはみんなスッキリとまとまったデザインなので、戸田さんぐらいの勢いでガーッと完成させた方が逆に雰囲気出るのかもとか思った。

薫ヽ(`Д´)ノ
…なんでギャレンいるのかと思ったら橘さんつながりだったことにようやく気づいた(;´Д`)

こちらは『チェリーブロッサム』の新作・七咲。クリックで拡大。
最初に写真で見た時に「おっぱいの大きい七咲なんて!」と心の中で絶叫していたら後ろから「胸が大きいと…なんですか?」と逢に凄まれたのですが(末期症状)実物を見てみるとそんなに大きくもなく、でも隣にあったラブリー先輩とほぼ同サイズでやや小さいぐらいなのはやっぱり大きいなあと思っていたらまた背後から逢に凄まれました(死ねばいい)。
相方のとりあさんに巨乳よりの造形が多いせいで桜坂さんもそっちに引っ張られてるのかも?たぶん買ったら問答無用で削ると思うんだけど「せっかくあるものを奪わないでください」って逢に泣かれると困るなあ(お前に泣きたい)。

『Little pink summer』の新作ラブリー先輩は昼を過ぎてから見に行ってもギリギリ残ってました。意外。
クリックで拡大。

クリックで拡大。
まったくもう紅月さんははいてない造形が好きすぎるんじゃないかしら(そう撮る方が悪い)。

いつ見ても看板のもじぴったんが凄まじい存在感を示す『ぺこぽこ』にあった南天のど飴のCMキャラ・ナンテンマン。
な…斜め上すぎる…(;´Д`)

超兄貴アドンとサムソンの無駄にいい笑顔でよけい暑苦しく感じるよ!

『R.GLATT-CC』の新作オオヤマネコ耳さん。クリックで拡大。
伊墨さん独自の造形バランスはいよいよ完成形に近づきつつある予感がするです。

『こえだちゃんデータベース』のプレネールさんシリーズ新作はねんぷち風。
ねんどろフォーマットは完成されていてしかも懐が深いってのがすごいとこういう作品を見ていると思うます。

同じく新作、ディスガイアのフロン。
ここの作る造形はパステルカラーとほんとよく馴染むなあと見るたびに思ってはシャッターを切っちゃいます。

『KITTY-HAWK』にずらりと並ぶアダムの煮こごり。

普通においしそうなのが困る(;´Д`)

まだつづくヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2009summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF09夏ルポ・しょにょにヽ(`Д´)ノ

つづきヽ(`Д´)ノ
※fgへのリンクフォローはembedがページに設けられているものに限っています。

すでにポリストーン完成品でアミエグランから発売中の『雨の日晴の日』イサコ。
この健康的なふとももがえろっちいったらない。

『模型工房』には石川雅之の短編に登場するあのフランスの国鳥が。
こうした飛び道具との遭遇率が高いのもWFの醍醐味であるます。

『プラヅマ法力模型』のアイマス新作は春香さんと千早。
二人とも下半身のパーツは同じなのに角度によってこんなに雰囲気が違って見えるのは興味深いです。

クリックで拡大。
せっかくなので先日完成させた雪歩の感想を伝えようとアビラさんにご挨拶。
「大変だったでしょ?」と恐縮されてましたが終始楽しかったので大変さとか微塵も感じなかったですよヽ(`Д´)ノ

千早もクリックで拡大。
その際にもお話ししたんですが、やっぱり現時点の自分のスキルではやや難易度が高めのキットにステップアップしていったほうが充実感や達成感は強いなと。
次は塗装スキルを磨くためにあれを組もうとかいう風に自分に課題を与えて挑むのもいいもんです。

『M-door』にはシルバーの輝きが美しいバーサーカーが。

そしてバーサーカーヘッドストラップはなんと500円!
結構早い時間帯に見つけたんですが完売してました。そりゃこれで500円ならみんな買うよ!がんばりすぎだ(;´Д`)

『コンフリクト』ビッグコアmk4。
こうやって見るとやっぱ死角だらけのデザインだよねとか言ってはいけないことをつい。

そして新作はテトラン。
コアまわりの情報密度が高くてかっこいい。

『あいまいみまい』サナカン。クリックで拡大。
弐瓶勉のキャラをこのレベルまで立体に落とし込める造形センスは特筆に値すると思うます。

クリックで拡大。
聞いたことないディーラー名だなあと思いつつ帰ってから調べたら初参加に初原型と初めてづくしの人みたいでビックリ。
個人的に今後の注目株と言ってしまおうヽ(`Д´)ノ

『ちるそないと103』プラチク星人。
サイズが大きいうえに全身にまとったビラビラの雰囲気が劇中そのままでなんともいえない存在感。

前回のWFでWSCに選出された『剛本堂』の新作は放課後プレイの彼女さん。

クリックで拡大。
fgで最初にラフな原型があがってきたときからその異様なまでの主張を見せる髪の毛の流れにばかり注目してたんだけど実物を見てみると脚のラインがとても淫靡で美しい。
むちゃくちゃ組むの大変そうですが。

『カオスファクトリー』の新作に暴れん坊本屋さんの番子さんを発見Σ(゚Д゚)
書店で働いた経験がある人間には身につまされるエピソードが多くて好き。 店で働いた経験がある人間には身につまされるエピソードが多くて好き。

Dの端っこ『SEVEN TWO』ではでっかいエヴァ初号機ヘッドが企業スペース方面に睨みをきかせてました。

マイミクさんの『はこむす』へもご挨拶。
ちょうどモ子ちゃんの生みの親・ふじたゆきひさ氏が訪ねてこられていたところに出くわしました。

今回やっと塗装見本を目にすることができましたが、改めてモ子ちゃんが好きな気持ちが詰め込まれた名作だと思うです。

こっちは今回の新作・モ子ちゃんの撮影基本セット。電球のパーツをクリアレジンに置き換えて電飾ギミックが仕込まれてます。
カメラの作り込みが地味にすごい。

まだまだつづくよヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2009summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF09夏ルポ・しょにょいちヽ(`Д´)ノ

明けて7月26日。
海浜幕張駅前のホテルを5時半に出発し待機列へ。

パンフの地図をよく見ると入場口はメッセ正面側のほかにもう一つ、裏側にもある模様。
きっと正面側よりも列は短いに違いない!と信じて裏へまわると入場口から臨海線の道なりに並ぶ待機列が。その列をたどっていくと千葉マリンスタジアムをこえて会場北側を流れる川沿いの遊歩道に最後尾を発見。
川風が吹いてくるうえちょうどいい感じに木陰になっていて、よく晴れているのに全然暑さを感じず約4時間を過ごせました。ここで体力と水分を温存できなかったらアマチュアディーラーほぼ全部見て回るのは難しかったかも。

9時過ぎから待機列の圧縮がスタート。マリンスタジアム前まで戻ってこれました。
途中でA・Bブロック目当てとC・D・Eブロック目当てに列は二分。さらにそこからA目当て・B目当てで二分され、結果的に会場5分前でなんとここまで入場口に近づけました。ちなみに空条さんの朝イチはA狙い。
時間的には始発組と大して変わらないはずなのにこれはすごい!徹夜組・ダミーディーラーをなくすには徹夜やダミーのメリットをなくすのが一番とはいえここまでほぼイコールコンディションに持ち込んでくれたのはWFスタッフGJです。微妙にクローズドスペースで構成されてるビッグサイトではここまでの待機列細分化はちょっと難しいかも。

そして10時、拍手とともにWFスタート!いつものように頭上にパンフを掲げて入場。なんと5分と待たずに入れちゃいました。
すげえ!!おかげで今日の最大の目的も購入できました。いやっほうい!!もう思い残すことはないよ!!ヽ(`Д´)ノ

…ってことで無事にミッションコンプリートでニコニコしながらぶらぶら見て回りました。撮影を快諾してくださった各ディーラーさんありがとうございました。
今回fgが開設されて初めてのWFなので、できるかぎりfgへのリンクもフォローできたらと思ってます。そのせいでルポの完成が遅くなるかもですがご了承を。
ではゴーヽ(`Д´)ノ
使用カメラ:キヤノンPower Shot G7

いきなりすごいものを見た。『坂本商店』1/1マジョリカ。ソフビ製の塗装済み完成品。

「こうすると面白いですよー」と思いっきりグッシャリいってくださいました。ぶはははは!

以前からアポロ宇宙船まわりの精密なペーパークラフトを作っている『皇帝ブランド』の新作は巨大なサターンロケット発射台セット。クリックで拡大。
なんと出力サイズはA3で枚数100以上に及ぶという超大作。
こうして遠巻きに見ているだけでロケット発射を見物しに来たような気分が味わえます。

『まるちしんく』アイマスコスプレセット。
ファミソン8bitのアルバムジャケットがモチーフ。

ヘッドビームでも撃つつもりなのかという不思議ポーズの春香さん。

美希のビキニの柄はSYSTEM?T基板の在庫処分ゲーム(叱られるぞ)F/Aのロゴ。

『真!!おやじ天国』の新作はゲッターチームそろい踏み。クリックで拡大。
毎度のことながらここの作品はアイテムチョイスもさることながら劇中の熱さの再現度がハンパじゃないです。

『三毛猫労働組合』ビッグコアmk2。
コアのカバーはもちろん可動です。

 

ビックバイパーシリーズ勢揃い。スカイガールズ版やメタリオン、ロードブリティシュにパロディウス版も。

『MOクラフト』、聖刻1092シリーズよりゾマの呪操兵フェノ・ベルガ・ラハン。
ワースブレイドはちょびっとだけかじった程度なんだけど最近の呪操兵はこんなことになってんのかー。

こちらは前者より幾分スッキリしたフォルムの狩猟機アビ・ルーパ。

『平八座禅』アルルゥ。クリックで拡大。
ぴょこんと飛び跳ねた瞬間の空気感の演出とあどけないポーズがなんとも可愛いですのう。

以前おもしろいバランスの風子を作っていた『五造Lop』の新作はこれまたおもしろいバランスでまとめたプレネールさん。
この大胆なライン構成はやっぱり今後も注目したいなあと。

『植物少女園』、魍魎の匣から匣入り加菜子。クリックで拡大。
転売屋によって瞬殺されたようですが後日web通販も行われるとのことなのでいくら欲しくても転売屋から買わないようにヽ(`Д´)ノ

クリックで拡大。
このみっしり感は魅せられて当たり前だ!

…そういえばこちらも配置されていたアダルトゾーンは今回からの試みでしたが、5月のトレジャーフェスタのようにあらかじめ身分確認済みであることを表す目印めいたものが用意できなかったため、ゾーン入り口では朝イチの身分証提示待ちの列がすごいことになってました。
ゾーニングは大事だと思うけどそれによって不利益が出てしまうのは誰にとっても望ましくないし、かといってトレフェスで用いられたリストバンドのような目印はトレフェスぐらいの規模だから実現できたんだというのも事実。このへんどうやって折り合いをつけていくかですにゃー。

そんなところで続くよーヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2009summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF09夏ルポ・しょにょぜろ〜お台場ガンダム編ヽ(`Д´)ノ

あの悲劇から1年の沈黙を破りいよいよ帰ってまいりましたワンダーフェスティバル!
靴ズレ作りながらがっつり見てきたのでさっそくルポヽ(`Д´)ノ

…の前にお台場ガンダム見てきたよ。
今回は会場が土地勘の全くない幕張メッセということで大事を取って前日入りしまして、妙に時間が空いちゃったことだしせっかくだから見に行こうと。

そんなこんなでやってまいりました潮風公園。
夏休みに突入して最初の土曜日ってことでそうとう混雑してるんじゃないかと思ったけど比較的まったり。
いやひょっとして自分がWFやコミケの混雑に馴れてマヒしてるだけなのかも知れないが。

ゆりかもめ台場駅から公園に入り、まっすぐてくてく歩いていきます。

東京湾に突き当たったら左折。

海風を浴びながら歩いていくと…

木々の向こうにちらりと見えたのは…

出た!連邦の白い奴だ!!
今までよその人が撮った写真とか見ててもあんまり現実感湧かなかったけどやっぱ実物見ると一瞬でテンション上がっちゃうよヽ(`Д´)ノ

遠くから見ると頭でっかち&存在感たっぷりのランドセルと対照的に脚が細くトップヘビーの印象を受けますが、これはもちろん足下から見上げる視線を想定した設計だから。

クリックで拡大。
胸部のブルーと腹部のレッドはパールっぽいメタリック塗装で、ピーカンの日光を反射してとても綺麗。

このあたりから見るとプロポーション的に一番バランスの取れた感じに見えるかな?ちなみに両肩には航空灯と同じ色分けのライトが仕込んであります。
到着したのがちょうど16時30分ごろで、着いて早々に例のSEとともに首を振る演出が約30秒間見られました。

クリックで拡大。
メインカメラは常に点灯状態で、首を動かすその様子は「お前らあんまりこっち見るなよ」とでも言っているかのよう。

梅雨明けの照りつける太陽の下、大人も子供も眩しいのお構いなしにガン見してます。
ついこないだの日食の時には肉眼で太陽見たら眼を痛めるからダメよとか言われてたのに!

手のポーズがちょっと微妙なのは今後ビームライフルとシールドを装備するからだとか。
シールド構えちゃうとこっちからのディテールが全然見えなくなるね。

ダム部分。クリックで拡大。
全身あちこちにこうしたコーションマークやメンテナンスハッチ的なディテールが施されているのもあって間近に寄って見ても間延びした印象は全くなし。

ランドセルを反対側の角度から。クリックで拡大。
建造にあたって1/30スケールのミニチュアモデルを作りそこから寸法を逆算して設計されたそうで、いわゆるバンダイエッジも忠実に再現されてます。

膝の関節。
浅井さんも自身のblogで言っておられましたが確かに実寸大サイズで見てみるとガンメタルのようないわゆる「メカ色」で塗装されたメカ部分より外装部分の方がリアルに感じます。

基本的に直線で構成されたデザインの中でダム部分は不思議なセクシーさを醸し出しますな。
不思議とここだけ見てると旅客機みたいな印象。

くるぶしにも飽きさせないディテールがぎっちり。

肩に鳥が。

下腕の内側にはライトが。
これは武装が揃ってから意味を持つのかも。

サビっぽい色は塗装かな?

この角度からだと天に伸びる二本のビームサーベルがとても力強い印象を与えます。

クリックで拡大。
ショルダーアーマーの下側のカドにもライトが仕込まれており、うっすらと明滅してます。

足首のディテール。

コーションマークにはどうも組立の際の注意事項を記載してある模様。

一般公開中はこのようにガンダムの股下をくぐり抜けられるようになってます。
なんと無料の大盤振る舞い。
これは拝ませてもらわねば!といそいそと並んでいると時刻は5時。数分前から列が止まってるなあと思っていたら…

BGMとともに今度は約3分の演出がスタート。
バーニアや胸部ダクト、両肩など各部のライトが点灯し、首を振りつつ…

胸と肩と脚からスモークが!
でも胸からものすごい勢いで水がしたたり落ちてるよ!?ガンダム大丈夫!?

クリックで拡大。
背後からの陽光がスモークに影を落としてかっこいい!

最後は大きく天を仰いで終了!
予想外の動きに「おおーー!」というどよめきと拍手が。ちょうど股くぐりに並んでいたおかげでこれを間近で見られたのは実にラッキーでありまったヽ(`Д´)ノ

演出終了後また列が動き始めます。
でもさっきの水しぶきがちょうど股間からビシャビシャと…(;´Д`)

列は想像していたよりサクサク進み、演出終了後5分も待たず自分の番が回ってきました。

ここぞとばかりにみんな触りまくり。
このタイミングならガンダムさんの黄金水も浴びられて一挙両得ヽ(`Д´)ノ

さあついにやってきた股の下!

いっくぜー!ヽ(`Д´)ノ

クリックで拡大。なんかもう圧倒の一言。

この辺の作り込みようを見てるとスタッフ全員ノリノリでやってんなあとつくづく思うます。

ガンダム汁を浴びながらくぐり…

裏側にまわってきました。
ランドセルこえー!

足首だけで成人男性の身長より高いよ!

右足首に思いっきり寄ってみた。突起物がスモークの噴出口みたい。

ダムを真下から見上げてみる。

クリックで拡大。モザイク処理とか考慮するまでもなくみんなこっちなんか見てやしません。

ってわけで造形の祭典であるWF前にこれ以上ない造形の眼福を味わってまいりまった。
大人も子供もみんなほんとにキャッキャ言いながら楽しんでいる会場の雰囲気は写真では伝えきれないですよ。細かい蘊蓄なんてこの存在感の前には野暮ってもんです。
っつか何も考えずバシバシ撮影してただけなのにいざ選ぼうとすると露出ミス以外のボツ写真がほとんどないよ!そりゃみんなずらずら何枚も貼るわーと身を以て痛感した次第。
かく言う空条さんも写真やテレビで見ていた時はふーんって感じでこの日もホントその場のノリで見に行くのを決めたんですがこれは大正解。ってかマジで見ないと損します。
しかも8/1からは左肩に東京オリンピック招致キャンペーンのエンブレムなんて邪魔者きわまりない代物がくっつけられるそうなので行くなら7月中に!
いやしかしこのあとのビール旨かったなあ…。

さて次回エントリからはいよいよWFのルポですよ。
今回は今までできなかった試みをやろうと思ってるのでちょっと時間がかかるかもですがお待ちくださいましヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2009summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲