Syndicate this site(XML)

-WF2007Summerルポ-

Syndicate this site(XML)

WF07夏ルポ〜しょにょさん

ぱーとさんーヽ(`Д´)ノ

完成品で発売予定の参考展示、『Vispo』セヤダタラ(画像クリックで拡大)。

もちろんはいてない(画像クリックで拡大)。
Vispoさんは以前にもセヤダタラ作っておられましたがこの新作は堅さが抜けてスッキリした感があるです。
耳のパーツも気泡がなくいろんなところから技術の向上が感じ取れますよ。

『STANDALONE』オリジナル、怪盗うさぎ小僧。

2Pカラー。
どことなく「どっかで見たような」臭は否めないながら仕上げが丁寧で可愛らしくまとまってます。

『BUBBA&サイコロキャラメル』再販のスペース長門。

スッキリとえっちいお腹のライン。
この辺の撮影してる時にカメラのフォーカス位置をいじってると店番の方から「そのカメラなんてやつですか?」と質問されました。この機能があるとフォーカスロックしてからアングル決める必要がなくてフィギュア撮影にはもってこいなのよね。

そして今回の新作、ゆりえSummer(画像クリックで拡大)。
バキュームフォームの浮き輪とビーチボールが涼しげ。

ディスプレイでよく見えませんがお尻のあたりがとてもいいスク水(画像クリックで拡大)。
ビーチボールをふくらませてる顔とのコンパチみたいだけど個人的にはふくらませてる顔の方が好きかも。

『だめみたい…』、ほとんど立体物に恵まれないホスト部ハルヒをあのぶんめいさんが作っちゃったよ!!Σ(゚д゚)
でも参考出品…今後も販売予定はないらしいです(つД`)

撮影中に後ろを通りかかったカップルがこれを見て
♂「え、なに?男?」
♀「…かな?うん…かな」
こんな知名度じゃ…(つД`)

指の仕草や表情も完璧と言っていい完成度で、もうこれが唯一にして決定版と言っちゃって差し支えないでしょう(画像クリックで拡大)。
手にしたティーセットの完成度もとてつもないですが…こりゃ業者複製じゃないと無理でしょうし、そうなるとどうしたって採算性という枷がついて回るわけで。
「腕がいいばかりに好きなものが作れない」まして「作っても売れない」ってのはガレージキットの存在意義というか造形を通した作りたい人同士の魂のキャッチボールが成り立ってない昨今のアレやらなんやらを象徴してるような。
ただただもったいないとしか言いようがごだいばてん(つД`)

前回の二見瑛理子でケタ違いに注目度がアップした『Little Pink Summer』新作は同じくキミキスから奈々(画像クリックで拡大)。
シチュエーションは前と同じく後ろから風が吹いていやーんですよヽ(`Д´)ノ

相変わらず空気感の表現が巧みであります(画像クリックで拡大)。

『Milky Doll』、アル・アジフ&アナザーブラッド。無彩色状態ながらそのモチーフが目を惹きまする。

Nitro+の版権システムのおかげもあってデモンベイン関係は立体が豊富ですのう。

次の機会にはぜひとも塗装状態で見てみたいですよヽ(`Д´)ノ

『キツテフ』新作は前回のガランスに続くCOLORSシリーズパート2、藍染の群遊(画像クリックで拡大)。
残念ながら塗装までは間に合わなかったようで。このシリーズは色が乗って初めてコンセプトが伝わってくるものだと思うので、この状態ではなかなか評価が下しづらいかなあという。

武装神姫やfigmaで最近やたら忙しそうな浅井さんの『F-Face』新作は前回のアウタースキン「和三盆」に続くコートタイプ「呼子鳥」。
冬のまったりした販売列とうって変わっての大行列がこの半年での神姫の盛り上がりを如実に表してます。

腕を曲げた時に肘から肩にかけたフォルムが破綻しないよう原型から巧妙に仕込まれたラインの織りなすシワがめちゃめちゃカッコイイ。いい仕事してます(画像クリックで拡大)。

新作ヘッドパーツ・リセットちゃんがまた別嬪さんで…(画像クリックで拡大)。

で、その『F-Face』では4卓のうち2卓を昨年夏のWF直後に急逝された佐藤"ロボ師"拓氏の追悼展示が行われてました。

DX音撃棒セットのベルトを本革に置き換えた大人用装備帯。ちゃんとディスクアニマルホルダーも提げられます。

ペーパークラフトのファイズギア。「自分がこれで遊びたいから作ったよ」という欲求が溢れててたまらんです(つД`)

GAROイクイップ&プロップの魔導具シルヴァ用ディスプレイベース。ワンオフにしておくにはもったいなさすぎるヽ(`Д´)ノ

キングゲイナー。あきまんのタッチがテクスチャ風に再現されていてどこから見ても絵になる出来。
どれもこれも他ならぬ自分自身が欲しいからという純粋なモチベーションから生まれた作品群。氏のその作風に心酔する人が多いのもうなずける話であります。
得難い才能を失った寂しさを再確認させられますよ…ご冥福を。

…といったところで今回のルポはおしまいであります。
全体的な感想…といってもまたCの途中で力尽きたわけですが、毎回なにかしら見つかるいわゆる「掘り出し物」的な出会い、これ見られたからいいやっていう作品が今回は全くなく、ほぼ事前の下調べどおりで大番狂わせがなかったのがちょっと、いやかなり心配。
というのも(自分は結局時間がなくて見られなかったんだけど)企業ブースの方が今回はやたら勢いがあったみたいで、前述のfigmaのラインナップ展示を含めユーザーの「こういうのが欲しかったんだよ!」を悉く企業が実現してしまってて、それが更にアマチュアディーラー側の冒険心のなさを浮き彫りにしてるように思うわけで。もっともこれだけ企業が冒険できる裏にはフィギュアバブルの現状がバックボーンとしてあるからに他ならないんですが、じゃあこのバブルがはじけた時にまたガレージキットに注目が戻ってくるかというとまずそれはありえない。はじける時は一緒にはじけてしまうに違いない。
ユーザー自身には採算度外視をディーラーに強いてるつもりはないんだけれど、完成品市場とか様々なファクターがどこかでめぐりめぐって「結果的に強いてる」部分があるんだろうなあと。
「主役はあくまでガレージキット」というお題目がなんだか遠吠えのようにも聞こえた、そんなWFでした。

日付が変わる頃に帰宅して、あれだけ疲れてたはずなのになんだか眠れなくてグッスマのサイトで配信されてた『朝まで生ワンホビテレビ2』を観てたんですが、3時からの浅井さんが出てきたパートの最後の方で「24時間ワンフェスとかやりたいですよね。造形っていうものをやってるかぎり34歳と45歳が年2回も学園祭できるんですよ。こういう場はやっぱり大事にしていきたい」ってなことを言ってたのを聞いて、上に書いたような今回の低調ぶりを目の当たりにしていただけにちょっとしんみりしてしまいまった。今のテンションで24時間やられてもたぶん一昨年の24時間コミケのようなお祭にはなり得ないと思うから。
浅井さんは今回に限らず以前から自分の活動のあり方をもってディーラー諸氏に「ガレージキット頑張ろうぜ!」とメッセージを送ってるんだと思うんですが、当のアマチュアディーラーの方に「浅井は転売ホイホイ」とか「客寄せパンダ」とか対岸の火事を決め込んでて、その辺の危機感とかに全然無自覚なのがいるっぽいのがとても歯痒くなることが少なからずあるです。その一方で浅井さんはなんだかあれもこれも背負いすぎてるんじゃないか、そのうちボッキリ折れてしまいやしないかと心配にも。おいらにはただ一人でも多くの人にメッセージが届いていることを願うぐらいしかできねえですな。

まあ湿っぽい話はこれぐらいにして。来週もだいたいおんなじ位置でおんなじ本を売るよ。『4ever』通販はコミケ明けスタートを予定してます。どうぞよろしくだヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2007Summerルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF07夏ルポ〜しょにょに

ぱーとつーヽ(`Д´)ノ

個人的に今回のWFの目玉ではと思う『りゅんりゅん亭』シャーリー。レプリカントなどの雑誌媒体で情報が先行したこともあって注目度はひときわ(画像クリックで拡大)。

キムタカのラインと遠那さん独特の髪の毛や脚線の流し方、その双方をこのレベルまで両立させてるのは掛け値なしにすげえと思いますよヽ(`Д´)ノ
いやこれはスク水だからとか関係なく。
なんかこの流れだと冬のWHF直後あたりで2期放映時期決定と同時にPVC化の情報が出そうでWFでの購入は今回が最初で最後のチャンスだったのではとか勝手に憶測してみる。

そしてカラーレジンのほうの新作、魔法人形あやか(画像クリックで拡大)。
この完成度でリボンのワンポイントぐらいしか塗装してないというから驚愕ですよヽ(`Д´)ノ
ぷにカラーで培ったノウハウが詰め込まれた大いなる実験作って感じでしょうか。
カラーレジン云々を抜きにしても髪の毛の動きとフリルの流れが気持ちよろしおすなあ。

『ストロベリーチャリオット』グレートエクスカイザー。

そしてその対となるダイノガイスト。どちらも大スケールながら間延びした印象がなく見所が多いですのう。

前の布袋っぽい人とか悪意あるデフォルメが毎回笑わせてくれる『タチウオ』。

サトエr…もといトリエサ(画像クリックで拡大)。
写真を撮るか撮るまいかしばらく逡巡したんですが…

コイk…もといイケコ(画像クリックで拡大)。
この顔で腹筋が決壊すると同時にシャッター切ってました(;´Д`)
ディーラーカットの情報から中央のはMEGUM…もといエグミの胸パーツだったのではと推察されるです…。

手びねり造形の完成品販売、『Maple Orange』

花見で夢見心地のパンダ。ワンカップも販売物の一部っぽかったです。

謎のマジックロッドをたずさえたぶたさん。粘土の透明感が和菓子みたいで美味しそうでした。

『Genocide Kitten』東方レミリア・スカーレット。
東方は全然知らんのですが独特の雰囲気を持った作風で見てておもしろかった。

『剛本堂』同じく東方の博麗霊夢。
東方といいTYPE-MOONといい元絵がユルい同人作品は立体物に恵まれやすい法則とかあるのか←かなり問題発言

撮影時にディーラーさんが気を回して背景を隠してくださいました。ありがとうございます。
ぱんつはいて…た。

『いたんぢ』ルイズ(画像クリックで拡大)。全高6センチほどの手のひらサイズ。

同じく『いたんぢ』、ワンダちゃんとリセットちゃん(画像クリックで拡大)。

新作のハルヒは塗装が間に合わなかった模様。

『鬼将軍ARCHETYPE』、クラッシャージョウのファイター1・2。

同じくクラッシャージョウのミネルバ。
さすが映画のプロップなどを多数手がけているだけあって劇中イメージが高レベルで詰め込まれてます。

『Reply From...』オーディンスフィアからメルセデス(画像クリックで拡大)。
ゲームの方はよく知らないですが太股のむっちり感がいやらしくなくてきれいにまとまった良作であります。このへん女性原型師ならではかも。

女性原型師つながりで『植物少女園』仲本(画像クリックで拡大)。
事前チェックの時から気になってはいたんだけど…正直なところ石長さんの作風が好きな人って別にキャストオフとか求めてないんじゃないかと思うわけで。
確かに「仲本シリーズのニューフェイス」として見た場合にネタの詰め込み方はじゅうぶん合格に違いないんですが…まあご本人的にキャストオフやってみたかったんでしょうなあ。

しょにょさんにつづくーヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2007Summerルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF07夏ルポ〜しょにょいち

季節はめぐり夏のWFがまたやってまいりましたヽ(`Д´)ノ

今回は日程の都合でコミケより早く、しかも盆休み真っ只中の開催ということで 動員がどうなるかがもひとつ読めない感じ。会場入りした時点での一般列はいつもどおり青海の橋まで届いてましたがはたしてどうなることやら。


我が家の本日の目玉はもちろん『フィギュアモデラー翔子4ever』。
初のWF単独参加ってことでコミケやらなにやらとはいろいろと勝手が違い設営に手間取りまくって開場10分前ぐらいまでヒイヒイいいながら作業してました。
場所が東4ホールの隅っこだもんで宅配搬入の荷物を取りに行くだけで体力の大部分を使い果たした気が…運動不足ここに極まる(;´Д`)

そうこうしている間に10時をむかえ一般入場スタート。当然ウチはまったりムードであります。でも前のエントリで告知してた描き下ろしうちわは1時間足らずで見本コミで完売Σ(゚д゚)
コミケでは大手サークルばかりでなく印刷所もうちわを用意してたりでウチぐらいのサークルが作ったところで需要がねえわけです。だもんで今日もどうせ余るだろうと思ってたらこの有様。どうしよう、コミケ合わせで作り足そうかなあ…余ってもまだホビコンで売れるしなあ…でもめんどいなあ…(;´Д`)←それが本音か

それと!ウチで委託販売ならびに通販をやってたK-PIEROさん作のララたんがご本人のブース『リアライズ&北九州比叡露』にて昼過ぎに完売しましたヽ(`Д´)ノメデタイ
ってことで通販受付はおしまいです。お買い上げ頂いた皆さんどうもありがとうございました!
再販の予定はナシ。PIEROさんから「どうせ出すなら新作で出したいからね」と嬉しい言葉ももらえましたよ?っていうか期待しちゃっていいの??いいの???

2時を回ったぐらいで店番を交代してAから順番にディーラーを見て回ることに。4時半頃まで出てたんでその間に来てくれた方はたぶんスガワラさんを空条とカンチガイしてた可能性が高いです(;´Д`)
時間に余裕がなくてかなり駆け足。撮影したディーラー件数もかなり減ってますがそのかわり気に入ったものについては画像クリックで大きな写真を見られるようにしてますよ。ではゴーヽ(`Д´)ノ

使用カメラ:キヤノンPowershot G7

『tf21』、MHP2ndからザザミS装備。

パーツ展示もありましたがチェインメイルが丁寧にモールドされてて「シリコン噛みやすそうだなあ」と苦労がしのばれる一品であります。

他のディーラーでもMHものはキャラ・クリーチャーともかなり見受けられて「どいつもこいつもMHにかまけて原型作るヒマ削ってやがんなあ」と思いまった。

『零型』、ゼルダトワプリのマロ。
無駄なデカさが無駄な存在感をはらんでいて素晴らしいです。なんか客間の花瓶の隣にでも飾っておきたい感じ。

同じく『零型』、ソリッドスネークカモフラージュ状態。
なにをしてやったりな顔しとんねん(;´Д`)

『春愁堂』、ユグドラユニオンから王女ユグドラ。
ドレスの隙間から見える華奢な脚とソードのアンバランスがよく再現されてますな。

同じく『春愁堂』、トワプリリンク。左利きだからGC版ですな。
地に足のついたたくましさと精悍な顔立ちが愛を感じさせまする。

『ATOMIC-BOM』は前作のゴスパンクアスカと対になる感じの綾波(画像クリックで拡大)。
ぶっちゃけゴスパンクアスカのほうは初見で「ミサミサ…?」とか思ったんですが。
これで綾波でさえなければ欲しかったんだけどなあとか言っちゃったりしてみる。

『ぐりむろっく!はぽい処』は新作ラッシュ。まずはWAVEからPVCで発売予定の世界樹メディ子のキット版。

脇に抱えたバッグのパーツ数が意外に多そうでびっくり。

「ねこのひと」シリーズ新作は寝そべりポーズ。胸元の隙間が隙間がっ。

新作3つ目は久々のプレネールさん(画像クリックで拡大)。過去作をふまえてここに至りついに決定版、という印象。
合同で参加の岡崎さんの方は残念ながら新作なしでした。次回に期待ヽ(`Д´)ノ

『h-unit』、ローゼン翠星石と蒼星石。

顔は似てるかと言われると似てないんですが全体的に仕事が丁寧で好印象。

蒼の子。ローゼンものはまだまだ原型師さんの「作りたい」衝動が溢れてて、久しぶりにブームと切り離されたロングライフの作品になりそう。

『J-FACTORY』、なんだかやたらイマジネイティブなザボーガー。

そしてザボーガーバイク。シート部分からなぜかバトルホッパー的なものを感じてしまうまする。

『MINE』、ぷらぐ・クライオスタット。
アニメまほろさんの延長上で立体解釈してる感じですな。ぢたまさんの絵ってアニメ向けのクリンナップされてないと立体化しにくそうだし。

同じく『MINE』新作は成恵。手足の動きで元気さがうまく出てますよ。

しょにょににつづくーヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2007Summerルポ, フィギュアとか

ページトップ▲