Syndicate this site(XML)

-WF2007冬ルポ-

Syndicate this site(XML)

WF07冬ルポ・しょにょよん?翔子?通販スタート?

これが今回ラストの写真ルポヽ(`Д´)ノ

このWFで個人的に一番のヒットだったのがこれ。
寺田克也が描いたアメリカザリガニ単独ライブのポスターイラストを竹谷隆之が造りおこしたという、その名を「ザリガニ魔人」。
これだけは大きなサイズで見てもらいたいので写真クリックで拡大ヽ(`Д´)ノ

腰についてる柳原と平井が似すぎてて笑いでカメラがブレるブレる(;´Д`)
これそのまんまS.I.C.化してくんないかなあ…。

SUDACCI、ビキニンジャ舞岳ゆりか。

こっちは新作、桜文鳥さんとのコラボ。

造形はよくまとまってるなあと思いますがぶっちゃけビキニンジャはどっちを目指してるのか方向性がよくわからんですよヽ(`Д´)ノ
卓前では実際にキットにも用いられている瞳デカールを無料配布。

まるや工房、シムーンからリモネ。

スク水だけとランドセル背負い状態とでコンパチみたい。
これ撮影したのが4時ごろだったんだけどまだ残ってて、シムーンよく知らなくてよかったと心底思った(;´Д`)

同じくまるや工房、ネヴィリルとアーエル。

このっこのネヴィリル様のふとももがふとももがっ(;´Д`)

ガレージてつ、プラネテス(アニメ版)EVAスーツ。10話(原作では1話エピソード)のユーリ。
花は台座から軸打ちするかもう少し細い真鍮線にしたほうがよかったんじゃ…。

ミリメートルモデリング、セイバー。
ここのは毎回息を呑む緻密さとかわいらしさで目を奪われますよ。
よかった…型月にまるで興味がなくてホントによかった…(つД`)

いつもながら瞳の塗装が綺麗であります。
思わず画素数上げてアップ撮影したけどなんかあんまりきれいに写ってない(つД`)
正月にデジカメ新調してほとんどぶっつけ本番だったから感度調整ミスったね…。

鹿山ちゃんが完成品で発売されることになったR-GLATT CC新作、ゴスロリ仕置人・蘭ちゃん。

着物の模様は携帯電話やネイル用のデコレーションシールかな?

同じく新作の眠気たん。

マシュマロ通信のジャスミン。隣で見てたお姉さんが「かわいいー!」と歓声を上げてた。

ブレスオブファイア5、リュウとニーナ。

プリキュア。
こことかキツテフさんの作品はどれもオモチャ的なかわいらしさがあって、いつも女性が熱心に眺めてる印象があるですよ。

LONGLONG、イルマ。
毎度のことながら繊細な造形がレジンの手触りさえ忘れさせる出来。

新作、ぶるま木乃さん。

完成品がすでに発売中のハチクロあゆ。予想外の小ささにビックリ。
小林さんの作風はマッチする作品に出会うとその魅力が端的に発露するですにゃ。

クラムジー零、天羽雅音。すごいのっぱい。

同じくクラムジー零オリジナルのスク水ッ子さん。
巨乳じゃなければ危なかった。

TOY’s星矢は前回のザンキさん&トドロキに引き続く新作イブキさん。予定数が確保できず予約受付に切り替えだとか。
ちょ…ちょっと顔が濃いかな…(;´Д`)

猫の事務所、殺(あやめ)ちゃん。

顔の描きこみがすごい綺麗なんだけどちょっと淡すぎて衣装のコントラストの強さと光沢に埋没しちゃってる感じがちょっと勿体ないかなあ。

ユキシロ、オリジナル・切風の斬(せっぷうのザン)。

オリジナル新作・光箭の煌(こうせんのキラ)。
ユキシロさんの作品はどの角度から見ても見どころが用意されてて楽しい代わりにベストの撮影ポジションを決めかねてウロウロしてしまいがち。

TSURUYA★PLUS!のふんどし少女。こここのけつはけしからんけしくりからんよキミキミハァハァ。

そして新作、ローゼンメイデン勢揃い。総パーツ数があまりに多すぎてとても複製まで手が回らなかったそうで(つД`)
すんごいちっちゃいのにほぼファンド原型でまたビックリ。

とにかく見どころいっぱいであっちこっちからジロジロ眺めて回る。

塗装も全く手を抜いた感じが見られずその愛がひしひしと伝わる作品でありました。

…以上で今回のルポは終了ヽ(`Д´)ノ
例によって例の如くBの途中で力尽きました。みんへるさんの頭のおかしい新作とか見たかったんだけど…。

そして何より今回スガワラさんに続いて新たにララたんを作ってくださったリアライズさんとこに行き忘れるという大失態をやらかしたのが悔やんでも悔やみきれない(つД`)
K-PIEROさんホントに申し訳ない。今度からはちゃっちゃと設営済ませて開場前に挨拶回りするようにしようっと…。

今回の総括としてハルヒバブルを当て込んで失敗してた感がありありと見て取れたかなあと。もうガレージキットのシーン全体を包む全ての環境がエヴァバブルの頃とは全く違うわけで、とりあえずハルヒのカッコしてれば売れてしまうなんていう甘っちょろいことではないというか。
ただそれを除いてもしっかり作られた良品でさえ閉会間際まで売れ残ってる光景も散見され、そのせいもあってか前回に比べて閉会まで撤収せずに粘ってるディーラーが段違いに多かったですな。
個人的には「フィギュアバブルはとっくのとうにはじけている」というよりも「本来あるべき売れ方に落ち着いてきたここからこそが各自の腕の見せ所」と考えたいなあと。よくも悪くも淘汰の時が訪れたんじゃろうにゃー。
ただ放っといても肥大していく同人誌のような市場ではないんで、じゃあ誰がこれ盛り立てていくのよ?って話にもなるわけで。
そうすると今回のWSCがオリジナルで占められたのもある意味でブレイクスルーへのカギの一つではあるのかなあなんてことを。まあそうなるとまた別の問題も色々と発生してくるんだけども。

で、お堅い話はこれぐらいにして。
『翔子?』の通販申込受付をスタートしましたヽ(`Д´)ノ
ただこのWFで『?』がひとまず完売してしまったので?からまとめて読みたいという方には不便をおかけすることになりますがどうかご容赦を。いちおうストーリー的には?で決着したあと?が新エピソード前編・?が中編って感じなので読めないこともないですがそれだとかなりキャラ紹介とか不親切ですんで?を未読の向きはご覚悟のほどを。
※4/15追記※?再版分は4月末出来予定となりました。併せて通販も5月初頭から再開します。
通販申込フォームはこちらから

あと今回から勝手ながら支払い方法を銀行振込に一本化させてもらいますです。悪しからず。

…さて…?はいつになるんだろうね…。

カテゴリ:WF2007冬ルポ, イベントルポ

ページトップ▲

WF07冬ルポ・しょにょさん

続きまして写真ルポ第3弾ヽ(`Д´)ノ
なんとなく順不同で載っけてたらどれ載せてどれ載せてないかだんだんわからなくなってきた。

13Bスペクターズ、シルフィード。
もうなんか筆舌に尽くしがたい完成度。ってかディスプレイ台がカッコよすぎる(つД`)

そして今回すっっっっっげえ欲しかったブラックフライ。もうコレさえ買えたら今日のオレは勝ち組ぐらいのつもりでいたんだけどね…。

ええ…買えませんでしたよ…(つД`)

WSC選出ディーラー・秀吉の新作、いおのちゃん。
ひどく主観的なアレで申し訳ないんだけどココの作品はこれまで自分的にギリギリのラインをかすり続けてるので次々回あたりヒットされそうだから今の内から身構えておこうと思った。

D-SPEC、トップ2のチコ。
そういやトップ2まだ3巻までしか買ってないや…。

KAI DESIGN、モンハン2のリオレウス。
今回クリーチャー系ディーラーはかなりの割合でモンハンもの作ってた記憶が。
こう、昨年のローゼン人気にしろ毎度毎度思うんだけど自分のストライクと世間の主流が微妙にずれててそのたびに胸をなで下ろしつつ一抹の寂寥感を覚えるわけですよ(つД`)←ノエイン全滅がわりとショックだったらしい

Reply From...』、ディスガイア2からロザリンド。
ギリギリ見えないガーターベルトがおくゆかしいえっちさを醸し出しててスバラ。

同じく『Reply From...』オリジナル、フヂナ。

同じくオリジナル、ナギ。
女性原型師さんならではの清潔感というか鼻につかないオシャレ加減がいいねー。

三予商会、2種類のスクーターに変形するロボだそうで。

こんな感じらしい。変形後の実物も見たかったなあ。

同じく三予商会、プーねこ。

上のスクーターロボの撮影待ちしてて気づいた。

なんかムダにいい仕事してて笑ってしまう。ムダ言うな。
そしてモコちゃんを全く撮る気がない自分にも笑う。

SUS4 SYSTEM、ギル。
細かいところで雰囲気が出ててノスタルジー溢れる逸品。
宝箱を開いた状態に改造して中にスクラッチでルビーメイスとか作って入れると面白そう。
どうでもいいけどこの元になったポスター&インスト用のイラスト、ジェットブーツ履かずにレッドラインシールド手に入れるところまで行ってるって相当な精神力だよね…。

チーム・チーターのオリジナル作品、ムフロン。

同じくオリジナル、シェイク・アル・バラド。

同じくオリジナル、ヒローゼ。
どれもしっかりした作り込みと塗装による質感表現がマッチしてて存在感ありまった。

AARDVARK、チンクルとワンクル。
チンクルさんの唇の絶妙なテカり具合にやられた(;´Д`)

というわけで次のルポを見たければ100ルピー払えヽ(`Д´)ノ←オチのつもり

カテゴリ:WF2007冬ルポ, イベントルポ

ページトップ▲

WF07冬ルポ・しょにょに

さてサクサクまいりましょう写真ルポPart2。

F-FACEの新作はMMS対応ワンダちゃんヘッドと超軟質ソフビ製アウタースキン。
運良く会場で浅井さんにご挨拶できた際にアウタースキンの実物を触らせてもらったんだけどホントにクニャクニャで、素体の可動範囲に干渉することは全くなし。体育座りだって平気と浅井さん自身も予想以上の結果にご満悦の様子。
早くも次の構想が膨らんでるみたいなので神姫ユーザーは引き続き期待だヽ(`Д´)ノ

玩蔵、GARO素体ホラー。
牙狼ものはオフィシャルですげえ出来のものが普通に販売されているからかガレージキットはあんまり見かけなくてちょっと寂しい。
クリーチャー系の人にはホラー作ってみてほしいにゃーとか勝手に言う。
全然関係ないけど原稿やってて買うに買えなかった『白夜の魔獣』のDVD帰りに買おうと思ったらどこも前編が売り切れてて死のう(つД`)

モデラーズハイ、アルル。
ぷよと絡ませると無条件で性的に見えるのは何の刷り込みなのか。

目がもはやアルルじゃないという気もするけどこれはこれでかわいいからよしヽ(`Д´)ノ

83℃、ステルヴィア藤沢やよい本科生バージョン。

同じく83℃、町田さん。
目線の流し方が決まっててよろしゅうございます。こういう柔らかい表情ってけっこう難しいと思う。

半眼工房、人造人間學天則Σ(゚д゚)
かなりの大きさでインパクト大。傍らには開発者・西村真琴先生もいらっしゃいます。

リサセッズ、綾波とペンペン。
キマヒキマさん流アレンジしまくりな綾波に対してペンペンの普通っぷりがなんか笑える一品。

REMEDY、インテグラ。

同じくREMEDY、少佐。
塗装次第でいろんな見せ方ができそう。

ま・わ・る王国&E-mon+リューノス、ゼノサーガep?Vシオン。
小さかろうがなんだろうが目を惹くものはちゃんと目を惹くのかなあという。

同じくま・わ・る王国&E-mon+リューノス、『でたまか』シリーズのメイ・シザース。
ラノベぜんっぜん知らないんだけどなんだか細かいところでやたらと印象に残った作。

スタジオ猿分室仮設所で販売されてたKlondikeのひまり&あげは。
ストッキングの塗装がキマってて見入ってしまいまった。

TEAM・AGYOW、ペルソナ3アイギス。
P3関係も今回密かに流行アイテムだった模様。中でもアイギスと生徒会長はよく見かけたね。

こっちは電ねこ団の可動アイギス。
浅井さんのレイキャシールとサイズ的にはほぼ同じ。ディスプレイスタンドも凝っていてカッコよくまとまってますな。すげーヽ(`Д´)ノ

今回のWSC選出ディーラー、キツテフの『オオカミと子ヤギ』。

選出作品『夜空のカタチ』。
ここは今まで毎回手流しだったせいであまり数を用意することができなかったそうなんだけど、今回は晴れてWSC選出ということで業者複製に出してバッチリ用意したそうなんですが…

新作『ガランス』。青本が買ってました。
この辺を撮影してる時にお知り合いらしき人との会話が耳に入ってきて「大赤字で泣いてます」って…(つД`)
たしかにオレが見て回ってた時間帯(15時ごろ)でもまだ新作旧作ともに残ってたみたい。
WSC選出担当の人は原型借り上げておしまい、じゃなくてもっと造形そのものの「こういうところを見てください」ってのをちゃんとプロデュースしてあげるべきだと思う。つまんない御託並べるためのダシに使うだけならレーベルが泣くぞコラヽ(`Д´)ノ

煩悩亭&ウクルグント、ドバ・アジバ閣下。
「このドバ・アジバがケツと一緒に並べられる悲しみ!!」

カテゴリ:WF2007冬ルポ, イベントルポ

ページトップ▲

WF07冬ルポ・しょにょいち

さてそんなわけで今年もやってまいりましたWF。今回はコミティアとカブらなかったおかげで思いっきり見て回ることができた代わりに所用も含めて今月だけで3回も上京するハメになって懐具合がやや大変なことに(;´Д`)

今日は委託参加ではなく正式に『ROUGHNESS+モホ面』として2卓合同の体をとって出展。『フィギュアモデラー翔子?V』もどうにかこうにか間に合いました。完結してないけどな(`ー´)←開き直った
いや実際スガワラさんが今回は新作ナシだったんでプレッシャーがハンパじゃなかったんじゃよね。これでもしこっちまで落っことしたら広い2卓スペースの中で二人揃ってちぢこまってなきゃいけなくなるところだったから。とまれ体裁がついて一安心。むしろ大威張り。いや天狗?すいませんワリオやってました。

前回参加の際に「WF参加者は基本的に立体物にしか興味を示さない」という同人誌イベントでのディスプレイとはセオリーからかなり異なるというかよくよく考えればごく当たり前の事実をまざまざと見せつけられた感じだったので、今回はその反省も含めて普段じゃめんどくさがって絶対やらないような立体的展開をがんばろうと原画展示したりB2ポスターこさえて高く掲示してみたりやってみまった。
かてて加えて今回はお隣が軽音堂さん。大きなフィギュアがずらりと並ぶ隣でいつものコミティアみたいな地味な展開してたら絶対に人目を奪われるに決まってますよ(;´Д`)
でも成果はあったようで結構な人数が目をとめてくれた印象。やってみるもんだ。

ってことで写真ルポスタート。デジカメ新調したことだし今までよりサイズも大きめでいこうと思うよ。
右を見ても左を見てもハルヒまみれでしたが今回ウチのルポにハルヒはビタイチ登場しませんのでハルヒが見たい人はヨソのサイトで山ほど組まれているであろう特集をあたってくださいヽ(`Д´)ノ
さあいっちょブワーッといくかー。
(使用カメラ:キヤノンPowerShot G7)

どうやら瞬殺だったリキッドストーン『りりかるなのはA's』可動ヴィータ。
パーツ状態での展示でやたら小さな肌色の物体があったので訊いてみたら関節隠し用パーツでした。
浅井さんからこっち「ちっちゃくてモリモリ動く」系が増えて見てて楽しいね。

h-unit、コミックアライブ連載中『BONE CRUSHER』のドレノーちゃん。
連載については正直いろいろと毎回不安だらけなボンクラ、でもこうして見ると小品でも立体映えするんだなあ。
まだ本編ではカラーが出てないんだけどやっぱし黒主体なんだろうか。
それはそれとして青本もあ『おまかせ精霊?@』好評発売中ヽ(`Д´)ノ←投げやりな宣伝

とれぱんぐと合同出展のRUM KANDIS、ハニー先輩。
ホスト部関係は全然見なかったなあ。同じハルヒでもあっちは石を投げれば当たって落として損害賠償状態でしたが。

征露丸ガレージ、愛沢ともみ。
すいませんたくしあげとか半脱ぎとかガマンならんのですすいません。

はぽい処、仲本シリーズの新作・仲本ひばりさん(出席番号8)。キャミ部分は完全に別パーツなので上半身はブラだけ状態と選択可能。
スカートをこうやって折りたたんでる光景は人によって萌えポイントだったり萎えポイントだったり様々ですがみんなはどうかな?←訊かれても

同じくはぽい処の新作・着物少女。
岡崎さんは今までイラストと立体で顔の造形の印象がガラッと変わってたんだけど、これはイラストの雰囲気そのままですな。綾波と比べるとその手慣れっぷりが如実にわかるというか。伸びしろが広そうで期待感大ヽ(`Д´)ノ
今回のこれは手流しだったみたいだけど、これで髪の毛をクリアレジンで抜いたりすると淡い雰囲気が出ていいかも。

もぐらのやま、キミキス星野結美。
キミキスものは今回ちょくちょく見かけまった。ドサクサに紛れてあるんじゃないかと期待した農ドルちゃんは残念ながら発見できず。

Little Pink Summer、キミキス二見瑛理子。


キミキスものではこれが抜群でした。プリーツスカートの構造の「わかってる」感、ネクタイと髪の毛の空気感、腹チラ、ぱんつはいてない、どれをとってもよろしいんじゃないでしょうかハァハァ。

ガレキ工房オールワン、平景清。凄みのある表情がかっこいい。
写真ではわかりにくいけど腰に八咫鏡と八尺瓊勾玉を提げてます。なので手にしてるのもおそらく草薙剣。

同じく源義経。景清と向かい合わせで並べれば相模の最終決戦が再現されるぜヽ(`Д´)ノ
その際には周囲におびただしい数のしいたけを配置することをお忘れなく。

アーティマではなんだかミニ4駆か蓮コラみたいなことになってるGP-01fbが(;´Д`)

いちおうワンオフの販売物だったみたい。横に置いてあるコアファイターもやっぱり蓮コラ状態(;´Д`)

硫黄泉、Fate間桐桜。ぱっつんぱっつん。

同じく硫黄泉、『SCHOOLぷろじぇくと』桜小桃。
ふともももよろしいがおなかがよろしい。

OFF LIMITではこんな感じのデフォルメドールを完成品で販売。

スットボケたフォルムと作り込まれた造形のミスマッチ具合がなかなか見どころ多し。

ランチキンS、真(チェンジ)ゲッターロボから胸像。
「写真ルポがたったこれだけで終わると思うなよリョウマ!!」

「まだまだ続きますよ。そうだよねスティンガーくん」

「そ、そうだねコーウェンくん」

カテゴリ:WF2007冬ルポ, イベントルポ

ページトップ▲