Syndicate this site(XML)

-fg問題-

2011年10月に株式会社エンタースフィアから株式会社クロメアへ運営会社が変更され、2012年のリニューアルオープンを契機に凋落の一途を辿る国内最大の模型SNS「だった」fgに一体何が起きているのか。08年の開設以来fgを愛用していた一人のユーザーの目線で綴ってみます。

全2ページ中1ページ目
< NEW 1 2

Syndicate this site(XML)

fgがおかしい!〜その6〜


…このカテゴリの更新が終了できないのはものすごく不本意なんですが書かざるを得ない事態がまたしても発生したので…。

その5の追記では、9/5に退会処理が行なわれたはずの旧fgへの投稿作品画像が削除されていないのを確認したところまで報告しました。その詳細と、現在進行形で起こっている事象を解説します。

9月5日昼、クロメアから退会処理完了を告げるメールが届きました。

ユーザー 様

こんにちは、fg/cg運営です。

先日申請を頂いたfg/cg退会に付きまして、旧fg/cgからのアカウント退会処理が
完了しましたのでご案内致します。

・新旧からの退会希望者様は、新旧のアカウント削除が完了致しました。
・旧のみ退会希望者様は、旧のみアカウント削除となっております。

ご自分のID、パスワードでログイン出来なくなっている事を
ご確認下さいますようお願い致します。

fg/cg運営



-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg
  http://www.fg-site.net

3DCGコミュニティサイト cg
  http://www.fg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

このメールを確認後すぐにチェックしたところ、たしかに旧fgのプロフィールと作品紹介ページは削除されてはいましたが、プロフィール画像含めそこで使用されている全ての画像データ、および画像原寸表示用ページが削除されず閲覧可能な状態で残っていることを確認しました。

これは旧fgよりの退会を行なう前に原寸表示ページほか全てのURLを控えていたから発覚したことです(まあ以前に書いたように旧fgの作品URLは画像のファイル名さえわかれば比較的容易に類推可能ではあるんですが)。

以下、実例としていくつかのページリンクとそのweb魚拓(9月26日午前0時ごろ)を並記しておきます。
■プラヅマ法力模型・アイマス萩原雪歩 リンク 魚拓
■クルシマ・スク水綾波レイwithスク水at屋外 リンク 魚拓
■はじめてのMa.K リンク 魚拓
■Little pink summer 七咲逢 リンク 魚拓
■BUBBA チュチュ リンク 魚拓

ところで上記メール、これまで宛名はユーザー名である「ヲ 様」だったところが不特定の「ユーザー 様」となってますね。ログインもできなくなってますし、一応どうやら会員アカウントデータの削除だけは正常に行なわれている様子です。

不具合の確認後ただちに次のような文面でクロメアに問い合わせを行ないました。

8/29に旧fgの退会申請を行ない、9/5のメンテナンス以後アカウントが失効していることを確認しましたが、私が投稿した全ての投稿画像およびプロフィール画像のデータが全て削除されず残っていることも把握しております。
私は退会申請の文面においてこれらの画像も完全に削除せよと書き添えましたが、なぜこれらの作業を行なわずhtmlリンクを切っただけで「退会処理が完了した」とアカウント状態を詐称したのか、直ちに納得のいく説明を行なうとともに、プロフィール画像・投稿画像全ての完全な物理削除を要求します。

運営の今後の対応如何によっては警察庁サイバー犯罪対策課への通報を行なわねばなりません。
慎重かつ速やかな対応を要求します。

この問い合わせのあと収集した情報によると、一部の問い合わせに対して「退会処理は旧運営から引き継いだ管理機能から行っておりますが、この退会処理を行った場合に画像への直接アドレス指定で画像が表示されてしまう事は想定外の動作であり、緊急に対応が必要だと判断しております」との返答があったようです。

ここでふと、現fgでは正常に削除が行なわれているか確認してみることにしました。
まずは自分で削除した作品、画像の上書きが再現されるかを確認するため投稿した「ファイル名管理状態の検証・1」の画像。
リンク 魚拓

そしてクロメアによって不当に削除処分を受けた「活動休止のお知らせ」の画像。
リンク 魚拓

やはりというかなんというか、どちらも生きてました…。

仮にクロメアの言い分のとおり旧fg管理機能にあった想定外の不具合が削除投稿の画像が表示されてしまう原因だとしても、現fgがオープンしてから投稿したこれらの作品も同じ不具合を抱えているばかりか、運営自身によって削除されたはずの投稿画像すら削除されていない理由にはなりません
クロメアはこの矛盾を一体どう捉えているんでしょうか。

更に補足しておくと、自分は旧fg退会申請の問い合わせの文中で

旧fgからの退会を申請します。
ついては以下の投稿作品ページ、および投稿作品画像の完全な削除をお願いします。
新fgのアカウントは継続とします。

(以下プロフィールページ・プロフィール画像・原寸表示ページすべてのURLを箇条書き)

と丁寧に「自分の投稿に関わる全てのページの削除を行なってくださいね」と書き添えています。これが遵守されていない以上、旧fgの退会処理は完了したとは言えません。

これらの事実を踏まえて9月6日、今度はフォームではなく運営に直接メールで以下のように問い合わせました。

件名:削除投稿のデータについて

fg運営 ご担当様

fgアカウント名「ヲ」こと○○(本名)と申します。

<フォームからの問い合わせと同一文のため割愛>

…上記の文面で9/5にfgのフォームより問い合せましたが、この問い合せの後
現fg上でも同様に削除済みの投稿作品の画像・および原寸表示ページが
URLを直接指定することで閲覧可能な状態で残っていることを確認しました。
例1 http://www.fg-site.net/archives/186142/amagamilovelymiya01
例2 http://www.fg-site.net/archives/186987/186987-image3-1

また同様の問い合わせを行なったユーザーの方へ「前運営のシステムを使って
削除したが、URL直接指定で画像が表示される事は想定外のため緊急に
対応が必要と判断し速やかに修正を行う」との返答があった旨、問い合わせた
ご本人のTwitterで拝見しました。

フォームより問い合せた旧fgの当該不具合に関してはそれである程度の
説明はつきますが、前運営と無関係なシステムで構築されているはずの現fgでも
ほぼ同様の不具合が発生している理由の説明にはならないと考えます。
さらに上に挙げた例2の画像は私自身ではなく運営の手によって削除の手順が
行なわれたはずのものであり、全く意味がわかりません。

旧fg同様にこれら削除済み投稿の全データの速やかな物理削除を要求します。

この事態についてクロメアは9月10日のお知らせで次のように告知しています。

現在、旧fg/cgから退会したユーザー様に関して
プロフィール、作品ページは削除されますが
作品画像への直接リンクを参照すると画像が表示されてしまう
不具合を確認しております。

現在、最優先で上記内容を修正しており、今週末〜来週中には
すべての対応が完了する見通しとなっております。

…ちなみに先の問い合わせに対するクロメアからの返答は3週間を経た現在もいっさい届いていません
ろくな社会経験を持った社員がいなさそうなクロメアのことですから「事情はもう知ってるんだからいいでしょ」とでも思ってるのかもしれませんが、最低限問い合わせを寄せたユーザー全員に修正作業の進捗を子細にわたって報告するのが一般的に言うところの「最優先の対応」じゃないんでしょうか。ろくな社会経験がないとホウレンソウの大事さもわからないんでしょうか。

ちなみに現fgの仕様ではフォームから問い合わせを行なってもそれが受理された旨メール報告などが全くありません。
現fgは恒久的に重たいので、送信扱いにはなっていてもタイムアウトで不着となっている危険を避けるべくメールで二重に問い合わせたわけです。
回答が迷惑メール扱いにならないよう自分のメーラーはfgからのメールを自動で専用フォルダに振り分けるよう設定していますから、これでも問い合わせが届いていないとすれば少なくとも自分の責任ではないと思っています。

待てど暮らせど問い合わせに対する返答がないことにしびれを切らし、9月17日に警察庁サイバー犯罪対策室あてにfgを有害サイトとして通報しました
通報理由は言うまでもなく「知的財産権の侵害」です。

模型を題材とした「fg」というSNSに会員登録しております。http://www.fg-site.net/
様々な事情から退会を予定していますが、退会したユーザーが投稿した作品画像が削除されず容易に閲覧可能なままになっており、この状態に違法性を疑っています。
既に運営には再三問い合わせを行なっておりますが明確な回答を得ていません。運営の杜撰さについては別件で国民生活センターにも相談済みで、このような会社のサイトが将来的に課金を目論んでいることが非常に不安です。捜査・ご指導お願い致します。

さてその修正作業ですが、「今週末〜来週中」、つまり先の発表翌日から起算しても9月11〜23日の13日間をも華麗に反故にする発表が21日に行なわれました。

9月10日にお知らせした、退会後の作品データに関する不具合についてのお知らせです。

本日までにテスト環境でのテストが完了しており、本番環境へ反映させる為に
以下の日時にてメンテナンスを行わせて頂きます。
 
 ・9月25日(火曜) 11:00〜17:00

珍しく自分から期日を切ってきたと思ったら2週間近くもの時間をかけてやっとできたのが「テスト環境での確認」だけで、実際の修正作業は期日をオーバーしてでも週休2日を挟んでからという有り様。
これのどこが「最優先」なのか。もうほんとに笑うしかありません。
でもまあ待つだけは待ってやろうじゃないか、と約束の25日を迎え、メンテナンス終了予告を2時間オーバーした18時55分に「メンテナンス完了」の報告がありました

その結果は上記の通り。未だに旧・新fgともに削除投稿の画像閲覧は可能です。
問い合わせにも応じず3週間もの日数をかけて一体なにをやっていたんでしょうか。
まさかとは思いますが、この「テスト環境」とは、クロメアの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか

もう一度言いますが、現在のfgの状態は明らかな知的財産権の侵害です

現fg利用規約「■投稿した情報の使用」の項目(魚拓)には

本サービスに投稿された画像等の情報に関して、著作権その他あらゆる権利は、画像等を制作した会員に帰属します。

と明記されており、退会などによるユーザーからの削除要請に対しクロメアは速やかに従う義務を負っています。つまりクロメア自身が重大な利用規約違反を犯していることになります

それだけではありません。
今回のメンテナンスで確約したはずの修正は全くなされておらず、それでいてトップページでは「メンテナンス終了」を告げている。これは事情を把握していないユーザーに対する明確な詐欺行為です

先に挙げた「問い合わせへの回答を受けたユーザー」からの報告にあるクロメアからの回答には以下のような文面があったそうです。

プライバシーポリシーに記載がある通り、裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会またはこれに準ずる権限を有する機関からの開示請求が発生した場合、弊社としては公的機関の要求を拒否できず開示する必要があます。

よって、退会に伴って即時物理削除は行わず非公開化対応としております。

確かに大型掲示板など不特定多数の利用者が存在する投稿サイトでは、万一にも法的問題が発生し当局から開示請求があった時のためログを論理削除後一定期間保持する通例があります。
論理削除とは、データベース上でファイルに削除扱いのフラグを与え外部からの閲覧が不可能な状態にすることを言います。データ自体は残存しているため、論理削除後はディスク領域を圧迫しないよう一定期間が過ぎると自動的に物理削除されるようになっているのが普通です。
しかしこれらの処理はあくまで捜査協力のためのサイト側の努力目標であって法的に強制されているわけではありませんし、いずれにせよ今回のクロメアは非公開化対応、すなわち論理削除すら満足に行なっていないわけですから、この状態を表す言葉は「データの保持」ではなく「放置」が適当でしょう。プライバシーポリシーがどうのと屁理屈をこねても事実は曲がりません

どうでもいいけど「必要があます」ってなんだろう…。

論理削除といえば、旧fgとのデータ統合が行なわれた7月2日には「旧fg当時に投稿後、削除したはずのコメントが全て復活している」という珍妙な事件が起きました(7月2日付「一部不具合のお知らせ」)。
要するに「統合時に論理削除のフラグが消えた」か、もしくは「新たなシステムで運用した際に削除フラグを認識し不可視化するルーチンが誤作動した」か、または「ルーチン自体が存在しなかった」かのいずれかが主な発生理由として考えられます。
この不具合は10日後の12日に修正されたため統合時にフラグが消えたわけではなかったようですが、一般的に論理削除とは「ユーザーにそれとは感じさせない状態での運用」が大前提。ここでもクロメアの開発力の低さが露見してしまいました。

また――自分の視点からでは完全な確認に至っていませんが――3月の旧fg閉鎖直前にユーザーによる手動での削除を行なった作品については全てのデータが閲覧できなくなっているとの報告もあるため、クロメアが主張する「旧fgの管理機能の不具合」にも信憑性がないどころか、旧システム上では正常に運用されていた論理削除にも失敗する開発力しか持ち合わせていない自身を棚に上げて何をかいわんや、ああいつもの「俺は悪くない」アピールか、と溜息しか出ません。

さて、削除投稿の扱いがいつになったら正常化するのか、現時点では全くもってわかりません。
いま最も危惧しているのは「退会してしまったユーザーはfgサーバ上に残された画像が自分の投稿作品であることを証明できなくなってしまわないか」ということです。
これ以上こんな頭のおかしい運営と関わり合いになって貴重な時間を無駄にするぐらいならさっさとこちらから縁を切ってしまおう、と退会に踏み切ったのは早計だったかもしれません…。

最大限ポジティブに捉えるならば、すでに発生から4ヶ月以上が過ぎた「活動休止のお知らせ」不当削除よりも、現在進行形で且つクロメア自身の発表と現状との矛盾が誰の目にも明らかな今こそ、事情を正しく把握できず不安をどこに持っていけばいいかわからないユーザーに実態を正しく広める絶好のチャンスではないか…というところです。

実際「活動休止のお知らせ」不当削除の件は、ただ趣味として模型を嗜みfgを利用しているほとんどの人にとっては「どうでもいいこと」だろうと思っています。どうでもいいことでいつまでも怒っている人間が目に入るのはさぞかし不快でしょう。
自分の憤りが必ずしも全ての読者、fgユーザーに共感してもらえるなどとはもとより期待していません。わかってほしい人、誤解を解きたい人はいますが、それを強要する気もありません。
わずかながら「参考になった」「事情がやっとわかった」など反響もいただいていますから、幾ばくかの公益性はあるかもしれません。
しかしこれまで書いてきたことは全て「一個人・空条HYO太郎ヲが現fgについて考えてきたこと」であり、「fg退会(今のところ旧のみですが)を選ぶまでの経緯」に過ぎません。
当然、こんな場末のblogでfgを転覆させてみせるなどと烏滸がましい目論見もありません。
ただ自分の視点で見える事実と、それに伴うわずかな感想を書き連ねてきただけのことです。
その1〜その5は要はチラシの裏です。さいわいこのblogは自分で借りているサーバに自分で構築したものなので、そんなチラシ裏でも誰憚ることなく書き散らかせるんです。

しかし今回の件こそは真に全てのユーザーに降りかかる危険の兆候であると思っています。

削除されるべきデータが削除されず、約束した修正期日も守らず「仕事はした」「俺のせいじゃない」と言い訳だけは一人前。
今回の件にはリニューアルオープンから今日までやってきたクロメアの所業がまるで縮図のように詰まっています。そして自分はその不誠実さを一貫して指摘し続けているのです。

9月25日、削除投稿の状態を確認後すぐに下記の文面でクロメアに問い合わせ、同時に再びサイバー犯罪対策室へ通報を行ないました。

9/5付で旧fgの退会処理完了との報告をいただき、その際に私が投稿した全ての作品画像・原寸表示ページ・プロフィール画像が削除されていない件についての説明を求める問い合わせを行ないました。
その後fgトップにおいて上記不具合の確認と対応を約束されましたが、本日のメンテナンス後も下記全てのURLが生きていることを確認しました。

<原寸表示ページすべてのURLを箇条書き>

当該案件に関しては既に警察庁サイバー犯罪対策室に9/17付で通報済みですが、今回の「完了した」というメンテナンス後も上記状態が続いている件を運営による詐欺行為として改めて通報致します。
また本件に関して私がこのフォーム及びメールにて行なったいずれの問い合わせにも、3週間を経て未だに回答をいただいておりませんので、一両日中に回答するよう要求します。

期間内に明確な回答がない場合はそれに関しても追って通報し、国民生活センターに相談する予定です。

ほんとに…ほんっとーーーーーーに不本意ですが、もうしばらくfg・クロメアを監視し続ける必要がありそうです…はあああぁ。

※9/26追記
クロメアからのお知らせが更新され、明日9/27に退会者のデータ削除が再試行されるそうです。

2012年09月26日
退会ユーザーの作品画像削除についてお知らせ(2012年9月26日)
 
平素はfg/cgをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 
昨日のメンテナンスにて、退会ユーザーの画像削除を行いましたが
旧fg/cgで一部該当の画像が削除されていない不具合を確認致しました。
 
本不具合について、対応方法の再確認とテストが完了しておりますので
明日、修正を行わせて頂きます。(メンテナンスの実施はございません)
 
ユーザー様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
 
今後ともfg/cgを宜しくお願い致します。
 
fg/cg運営

文中「旧fg/cgで一部該当の画像が削除されていない不具合」とありますが、このエントリを読んでいる中で退会フォームが設置されてから自分同様に旧fgを退会し、画像データ・原寸表示ページその他すべてのデータが正常に削除されているのを現時点で確認している方がおられたら当方の拍手コメントかTwitterまで報告していただけるとありがたく思います。
画像リンク、もしくは原寸表示ページのリンクURLと、削除前のweb魚拓もあれば助かります。
あまり時間がありませんがどうかご協力ください。

カテゴリ:fg問題, フィギュアとか

ページトップ▲

fgがおかしい!〜その5〜

これで最後にしようと思ったら恐ろしく長くなってしまいました。
すいません…覚悟の上でお読みください。

「個別対応する」との回答を一方的に反故にし、5月24日クロメアから届いた最後通牒。
どうやら問答無用で言論封殺の手段に訴えるつもりのようです。
となればこちらが採るべき手段も一つしかありません。徹底抗戦です。

先ほどいただいた「活動休止のお知らせ」非公開化について、私には記事のどこが「利用規約・ガイドラインに抵触」しているか
判断ができませんでしたので、さしあたり問題がないと判断された16日の再公開時の文言に差し戻し公開設定にいたしました。

また5/18にお送りした質問についての返答が得られておりませんので、その際の文面を以下に再度記載し、改めて質問致します。
質問から約一週間が経過しようとしておりますので、恐れ入りますが速やかにご返答ください。 5/22に通報したタグ荒らし行為に対するその後の処分についてもお知らせいただけると幸いです。(※)

以下再掲--
寄せられた要望の数の状況につきまして、非常に答えにくい質問にご返答ありがとうございます。
また当該作品が現在も公開状態を維持していることから、この作品に対する不当な削除要求が 漸く落ち着いたものと解釈しております。公開のための努力にご協力いただき感謝します。

さて、投稿作に込めた私の意図が運営の判断に無関係であるのと同様、今回運営が提示されたデータは
私にとって依然状況証拠の域を出ず、主張の取り下げや変更に足る根拠とはなりません。
当該作品は現在も公開中ですが、それを以て過去に受けた不当な措置、運営とユーザーとの間に横たわる
決定的な認識の違いをを不問にしてよいとは考えておりません。

利用規約・ガイドラインが常に全ての可能性を想定しているべきであるとは思いませんが、
『対象となる作品が利用規約・ガイドラインに抵触していない=一定の公開基準を満たしている作品で
かつ利用規約・ガイドラインに想定されていない範囲でも特段の問題がないと運営が判断したのであれば、
運営が批判の窓口となって作品と投稿者保護のため最大限に対応すべきであり、そこには何ら 「グレーゾーン」などといった茫漠とした概念が介在する余地はない』という私の考えに
影響を与えるものではなく、一般的社会通念に照らしてもこれは至極正当な主張であろうと予想します。
でなければ利用規約もガイドラインも存在する意味がありません。
これは運営の重大な業務怠慢と考えますが、いかがお考えでしょうか?

また上記について、残念ながら運営様は当該作品に寄せられた要望の内容と正当性を精査せず、ただ
「絶対数が多いから」という理由一点のみによって予告なく当該作品に非公開措置を施されたようにしか思えません。
仮にこれらの要望が運営様の業務に遅滞を及ぼす規模で寄せられていたとしても、「問題のない投稿」である限り
その責任について追及されるべきは依然として作品や投稿者ではないと考えます。
運営様が現在行なっている措置は、これらの責任を私に負わせるために理由を後付けし、問題をすり替えているだけです。
過去そして現在fgを彩る多種多様な投稿作品ですら「長期間ランキングに居座っている」
「タイトルが気に入らない」「文言が〜」など様々な所謂難癖レベルの要望であろうと、その絶対数さえ多ければ
今後も一貫して非公開・削除措置を執行するおつもりであるという不退転の決意の元で判断された
結果であると解釈してよろしいでしょうか?

予告のない非公開措置そのものに関しては規約にその文言がありますが、これはそもそも利用規約および
ガイドラインに即して判断を下した場合のことであり、私の投稿に対する措置がガイドラインから逸脱した
超法規的なものである以上、予告なき非公開措置に関する規約文言も同様に「超法規的に」効果を及ぼさないと考えます。

重ねて申し上げますが、「ランキング実装時期を境に件数が大幅に増加」したのであれば、それはあくまでも
現行のシステムが仕様のとおり正常かつ健全に運用された結果であり、1ヶ月以上も前に投稿した作品が今ごろになって
fgのトップに長時間表示されたことそれ自体は私の責任ではありません。
運営自らがゴーサインを出している仕様に基づいたシステムが導き出した帰結の責任を投稿者や作品に押しつけることが
「交流・他の人に見られることを前提として運営されているサイト」の判断として正しいとは到底思えません。
この点について改めて見解を伺いたく思います。

また当該作品で行なった「お気に入り登録してくださっているユーザーへの告知」は、そもそもの発端が
4月の仮オープン以来1ヶ月以上、旧サービス停止から起算すれば既に2ヶ月以上もの長期間を経て
運営様が当初に約束された交流システムの大部分が未だに実装されていないか、またはユーザーには到底把握不能な
夥しいバグを抱えた状態でのサイト運用を行なっておきながら、それらの修正状況、各バグの深刻度、修正の優先度、
修正完了に至るまでのロードマップなど、ユーザーの持つ不安を払拭するために考えられ得る如何なるケアも怠り、
「ベータ版だから」のひと言で片づけている運営の不誠実さゆえ致し方なく採った行動でもあります。
旧fgのデータが統合され、過去のお気に入り登録ユーザーが把握できるならば運営が仰るように個別での
メッセージのやりとりで済ませることも可能でしたが、それすらままならない状態ではこうするより他に手段がありませんでした。
私は以前にもこれら不具合の質と量をユーザーに可視化する旨要望をお送りしましたが、その際にも

>●不具合全般の報告について
>貴重なご意見承りました
>スタッフ一同真摯に受け止め、検討を行い修正・改善に努めさせて頂きます。

と木で鼻を括ったような回答しか戴いておらず、事実その後も「一部不具合の修正」など最低限の内容すら明かさない文言で
事足れりとする態度には一向に改善の跡が見られておりません。
このように、不具合や運営の怠慢が一見して全く不明である現在、サイトへのアクセス頻度が低いユーザーの目には当該作品や
その他ユーザーの「引越します」などの投稿が不愉快なものと映っても仕方がありません。
この状況にあって運営の目指す「サイトの方向性」が正しく伝わるはずがないのではありませんか?
現に実情を正しく把握していない一部ユーザーには「勝手に引っ越せ」といった中傷を含む投稿を行なう人も見られ、極めて遺憾です。
当該作品を含むこれらの投稿群が「交流・他の人に見られることを前提として運営されているサイト」の運営を
妨げているとお考えなら、それこそ本末転倒と言わざるを得ません。
現在の状況を生み出した元凶がどこにあるかについてのさらなる熟考と、一刻も早いユーザーへの態度の改善を求め、
この件に対する回答は私個人宛でなくfgサイト上で誰にもアクセス可能な状態で行なっていただきますよう要望いたします。

もう一つ、先日からのやりとりの中で繰り返し現れていた「専門家」とは具体的に如何なる分野の専門家の方なのかが
判然としないため、運営の措置・主張がいかなる立脚点に基づくものなのかがわからず、その指針についてどの分野に絞って
議論を展開すべきか迷っています。
弁護士など法的な分野の専門家であれば私としても法的見地で議論させていただきたいですし、経済的・倫理的・情報科学的分野、
いずれにせよその専門家が立つ土俵がわからないことには水掛け論にさえならない無用な時間を浪費せねばならず、
それによっていつまでも運営様の貴重な時間を割かせるのは心苦しく思います。
お忙しいところ恐縮ですが、この点につきましてもご返答いただけますと幸いです。

--再掲ここまで

※:ユーザー名「yuni0612」による「活動休止のお知らせ」に対するタグ荒らし行為。5/22に以下の文面で通報済みだった。

ユーザー名:yuni0612
「活動休止のお知らせ」http://www.fg-site.net/archives/186987に対する「TINAMI(笑)」「TINAMIの荒らし」タグの付与
ガイドライン「悪質な禁止行為」の「他会員や他人への誹謗、中傷及びそれに類するタグやコメントの投稿」に抵触していると判断し通報します。
これらのタグはすでにこちらで削除済みです。

これを送信した約30分後の5月24日17時56分。
クロメアからの回答は以下の通りでした。

 ヲ 様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

先日より対応させていただいております

[活動休止のお知らせ]
http://www.fg-site.net/archives/186987

に関しまして、
運営にて非公開化を行わせていただき削除をお願いしましたが
再度公開されていることが確認されましたため、
投稿作品の削除を行わせていただきました。


また、利用規約・ガイドラインに則りまして
本サービスの利用において、利用規約・ガイドラインに抵触する行為を
続けられました場合、運営会社は、会員の強制退会、利用停止、
画像等のデータの削除、公開範囲の変更等の処置を
適用させていただく場合もございます。

ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。


fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------
  不当な理由による投稿作品の削除。自身の杜撰かつ不誠実な運営状態を糾弾されるのがよほど気にくわないのか、遂にクロメアは投稿型SNS運営が絶対にやってはならないことをやってしまいました。 削除直前の状態でおさえたweb魚拓が前回「その4」でも触れたものです。

間髪入れず5分後に返答を送信。

「活動休止のお知らせ」削除処分に対して質問致します。
現在、当該作品には「利用規約・ガイドラインに抵触している部分はない」と5/16のご返答で明言されており、その後ユーザーの誤解を招かないように
ごく最低限の追記こそ行ないましたが、利用規約・ガイドラインには変わらず抵触していないと判断します。
また現在の状態についてどのような通報があり、それがなぜ利用規約・ガイドラインの抵触につながるのか全く理解できません。
「通報の有無」と「ガイドラインの抵触」の因果関係を明白にしていただかない限り、非公開・削除どちらの措置に関しても納得するつもりはございません。
かように流動的な運営判断が為される状態ではユーザーの誰も利用規約・ガイドラインの影響範囲が分からず混乱を招くばかりだと思います。
当方としましては公開続行のための個別対応努力と認識しておりましたので、突然の「再度公開されていることが確認されましたら
内容変更の有無に関係なく運営にて投稿作品の削除をさせていただきます」との通知には非常に戸惑っており、一種の恫喝とも捉えております。
私の主張はこれまで一貫しており、運営様の一種場当たり的な対応についてもかなり柔軟に対処しているつもりでしたが、その過程を踏まえて
一方的にこのやりとりを打ち切ると宣言されましたので、これより国民生活センターに相談を持ちかけることにいたしました。
いずれ当局から事情説明を求められることもあるかと思いますが、よろしく対処のほどお願い致します。

また先ほど再掲した質問の返答が今だ得られておりませんので、改めてご返答をお願い致します。

文中にある「最低限の追記」とは「その3」でプロフィールへ移動させた「引越しのお知らせ」当時の文言へのリンクで、コメント欄に寄せられた意見を元に追加したもの。公開状態の維持が最優先事項だったため魚拓を取った時点でその箇所は削除されていますが、文言そのものは最後のコメントにコピペすることで魚拓に残しておきました。

ともかく削除された時点での作品の状態は公開継続となった5月16日と何ら変わっていません。それでもなお削除するならその根拠は一体どこにあるのか。
自分としては「ユーザーからの対応を求める声が多かった」という理由一つをもって判断したとしか考えようがありません
果たしてこの暴挙が「ガイドラインの再解釈」の範疇たり得るのか…正直なところ自分にはわかりません。
しかしひとたび作品が利用規約やガイドラインに抵触していないと判断されたのであれば、その作品に寄せられる苦情の質や量にかかわらず、それらの窓口として最大限の努力でもって作品と投稿者を守るのが運営に課せられた義務であろうという自分の主張はこれまでクロメアへの質問でも一貫していますし、その信頼関係が前提的に保証されていると思えばこそ(普通のサイトならそんなことをいちいち意識するまでもなく保証されているものなのですが)投稿者も利用規約とガイドラインの範疇で表現の自由を謳歌できるわけです。
些か放置気味であったことは否めないまでもエンタースフィア運営当時の旧fgにはその点での一貫性は見られました。そうした方針・理念を引き継ぐこともきっとクロメアにとっては

現在の、これまでfg/cgを愛し、そして盛り上げて
きてくださったユーザーの皆様をないがしろに
すること

には含まれないのでしょう。
「その3」でも述べた「旧fgで一般扱いだったうんこが新fgでランキング上位に入った途端にR18と判断された」事象がなによりの証拠です。

何も無茶なことを言ってるつもりはありません。
無料であろうがなかろうがSNS運営者にとって「会員」とは最も大事にすべきクライアントでありビジネスパートナーだと思います。
そのクライアントの立場でごく当たり前に「御社とは今後も良好な関係を続けていきたいと思っているが、ここは御社の欠点だから改善してほしい」と嘆願しているのに「じゃあもういいよ!絶交!」と勝手にヘソを曲げ、意見交換を一方的に拒絶されてしまったわけです
この程度の要望にも応えるどころか耳を塞ぐ態度にはもはや怒りを通り越して呆れ返ります。まともな社会経験があるのかさえ疑わしい幼稚さです。

このような自分を含めた現fgへの批判・抗議行動の渦中、5月15日に投稿されたasaiさんの作品「クズメダル」は、まさに現fgの抱えた問題全てを作品ひとつに集約し、なおかつ元になる作品へのオマージュ性と造型の精密さを兼ね備えた最高の「パロディ」であり「カリカチュア」であり、もちろん「模型」でした。
機を見るに敏。自分のように雑事にかまけ、口ばかりで手を動かしていないヌルいモデラーの端くれでは絶対に到達できない境地がそこにありました。
これを初めて見た瞬間「素晴らしい!よくやってくれた!」と膝を打ったものです。
賛同者はとてつもない数に及び、ランキングでもすぐさまダントツの1位に輝きました。
また5月18日に投稿されたもらいゲロさんの「おためし投稿」も確かなリペイント技術と、その上に踊る現fgを端的に諷刺したセリフの軽妙さが評価され、クズメダルと共に連日のワンツーフィニッシュを飾っています。

ところが悲しいことに現fgの状態を正しく理解していないユーザーや、毎日のようにランキングのトップにfgを批判する内容の投稿が君臨していることが単純に気に入らない感情的なユーザーはこれらの作品のバッシングを始めます。
特に「クズメダル」へ寄せられる批判的なコメントにはいくらクロメアが不具合を黙殺して事態の可視化を妨げている所為とはいえモラルを疑うものが少なくなく、たった数日間だけ槍玉にあげられた自分ですらあれほどの心労を余儀なくされたことを思うと投稿者であるasaiさんの心中は察するに余りあります。

閑話休題。
「クズメダル」「おためし投稿」ともに、画像自体が未公開とはいえ発表済みの作品の流用に過ぎない自分の投稿などとは比べるのもおこがましいですが、それでも「活動休止のお知らせ」だって大事な作品であり表現であることに変わりはありません。

先の文面にもあるように5月25日、自分が住む京都市の国民生活センターへ電話での相談を行ないました
当初はセンターへ直接赴いて相談するつもりだったのですが、ネットに詳しい担当者がいるかを事前に問い合わせるつもりが「直接でも電話でも実質的には変わらないと思うので、よければこの電話で相談を受けたい」とのことで、結局そのまま電話で相談内容を告げました。

fgという模型作品の画像を投稿するSNSがあり、運営会社の変更・リニューアル以後数々の不具合が起こっていること。
将来的には課金を目論んでいるようだがリニューアル直後にはユーザー間で登録メールアドレスの漏洩が報告されている(後述)など個人情報管理が非常に杜撰で、この状態のまま課金を行なえば取り返しのつかない事態を招く可能性があること。
第三者による画像の上書きが可能な期間があり、投稿型SNSの体裁すら為していなかったこと。
これらの不具合に関するユーザーへの周知徹底が全く履行されておらず、むしろほとぼりが冷めるまで黙殺したがっているふしがあること。
そのため、事態を深刻にとらえているユーザーによる抗議行動に対して事情を知らないユーザーが反発、結果的にユーザー同士で無用な衝突が発生し、SNSとして破綻してしまっていること。
この経緯で自分の抗議投稿も不当な理由で非公開・削除の処分を受けたこと。
自身がマンガ制作に携わっていることもあり、こうした表現の自由に対する弾圧行為は断固許せず、表現者としても一人の模型愛好ユーザーとしても行政によって運営体制の是正を指導してほしいこと。

以上の問題点を報告しました。
ユーザー間での登録メールアドレスの漏洩とは――自分にとっては伝聞レベルにすぎない情報ですが――「リニューアル直後のコメント通知メールにはそのコメントを送信したユーザーの登録メールアドレスが一緒に記載されていた」という信じがたい報告に基づくものです。そして例に漏れずこの重大な不具合の発覚も「一部不具合の修正」の一文で片付けられ、積極的に情報を収集していないユーザーには知る機会さえ与えられないまま今日に至ります。

さて、電話相談の結論から言うと「センターとしてはこの電話相談をもって直ちに運営に対してなにかできるわけではない」とのことでした。自分としても勿論そこまでのことは望んでいません。なによりもまずこうした被害が実際に起こっていると行政に伝えること自体が大事だという、ただそれだけのことです。
また「メールアドレスの漏洩がそのまま個人情報の漏洩に当たるかは判断が難しい。本名をそのままローマ字に置き換えているなどアドレスの持ち主との同一性が容易に確認できる場合にのみ個人情報と見なすという考え方もある」との回答もありました。
このへんは実際にそうした判例が存在するのかわかりませんが、自治体ごと・国民生活センターごとに判断は分かれるところだろうと思います。なにしろクロメアが現在抱えている6桁に届くであろう会員登録メアド数が個人情報保護法の対象にならないとは考えにくいですから。
いずれにせよ自分が寄せた相談は被害報告のうちの1件として確実に消費者庁に集約され、今後の相談件数の実数によってクロメアに対し何らかの行政指導を行なうかが判断されることとなるでしょう。

ここで誤解がないよう言っておかねばならないのですが、このとき国民生活センターへ寄せた相談の目的は「運営体制の是正」であり「行政によるfgおよびクロメアのお取り潰し」ではありません。
つまり今後も現fgを利用するつもりのユーザーであっても、現状に何らかの不満があるならば積極的に国民生活センターへ相談を持ちかけるべきなのです。クロメアに直接要望を入れても暖簾に腕押し状態ならば尚更のことです。

――この電話相談の中で「今後もユーザーとしてこのサイトの利用を継続したいと言うが、伺っているかぎり運営側が何らかの譲歩を行なうとは考えにくい。退会してはどうか?」とも問われました。
その退会自体が現在困難で、しかも旧fgのデータ削除が担保されておらず安易に退会することさえできない状況がより深刻さに拍車をかけているという事実も伝えておきました。

翌5月26日。
削除処分に対する正式な抗議を行なうための準備を進めるべく以下の文面をいつものとおり要望フォームからクロメア宛てに送信しました。

件名:「活動休止のお知らせ」削除処分について

「活動休止のお知らせ」削除処分について質問致します。
現在進行形でasai氏の作品投稿「クズメダル」http://www.fg-site.net/archives/243452のコメント欄にユーザー名「るるえい」なる人物が
コメント荒らしと言っていい行為を断続的に行なっておりますが、このユーザー「るるえい」は私の「活動休止のお知らせ」でも作品を不当に
批判するコメントを二度にわたって投稿しておりました。
※当該記事は運営により削除済み、データ消失のおそれがあるため、証拠として削除直前のweb魚拓リンクを記載しておきます。
→http://megalodon.jp/2012-0524-1621-16/www.fg-site.net/archives/186987
さらに「るるえい」は「クズメダル」コメント欄において私に対する中傷にも及んでおり、非常に悪質です。
速やかなアカウント停止を要求します。

「クズメダル」記事中でのasai氏への態度から察するに、「るるえい」は恐らく私の「活動休止のお知らせ」にも同様に独善的な理由で
削除申請を行なっていたのではないかと考えており、果たしてこのような人物が行なう削除申請にどれほどの正当性があるのか甚だ疑問です。
「クズメダル」コメント欄で私が寄せたコメントへのレスにおいて「るるえい」自身が

「ヲさん当方の今までのコメントをすべてお読みくださればわかる事でございますがお応え致します。
荒らし作品がランキングに載るようになり、それらに批判的な眼を持つようになり、削除運動を開始しさせていただきました。
ランキングで好き勝手なことをしてよいなら目には目をで当方も同じことをさせていただきました。 ★ランキングテロ撲滅運動★★」

と当該作品に対して通報を行なったと述べていますので、当該作品に寄せられた通報は少なくとも日に1件以上の割合で「るるえい」が
行なっていたであろうことが客観的にもはっきりしました。
※web魚拓→http://megalodon.jp/2012-0526-1342-32/www.fg-site.net/archives/243452

仮に今後「るるえい」にアカウント停止処分が下されるのであれば、「るるえい」が過去に行なってきた通報行為も遡及して不当な通報と見なすべきであると考えます。


現在のランキングに対する苦情・クレームは全て運営の杜撰な対応に不満を募らせたユーザーが、遣り場のない怒りの捌け口として
目に付きやすいランキング上位作品へ寄せた「混乱の代償」であると私は認識していますので、代償を支払うべきは運営自身であり、作品を荒らされた
投稿者がこうむる筋合いのものではないと考えます。
以上の理由により、運営には不当な削除申請に軽率な対応をした件について速やかに謝罪の意を示し、当該作品の削除処分を取り消すよう要望します。
この謝罪は先の要望と同様、私を含む当事者以外の誰の目にも触れるようにサイトのトップページ、またはトップページから直接リンクされたページにて
公式に発表いただきますことをお願い致します。

また5/24・16:20ごろにお送りした質問の返答が未だに得られておりませんので、こちらについても併せてご返答をお願い致します。

返答は二日後の28日。

ヲ 様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

ご指摘を受けましたユーザー様を確認させて頂き
当該ユーザー様に対しまして警告を行いました。

今後も、当該ユーザー様がサイト内にて利用規約やガイドラインに抵触する
行動を続け、多数のユーザー様からのお問い合わせや通報などが
ございました場合には、さらなる警告や、強制退会を含めた対応も行って参ります。

ご報告ありがとうございました。


また、お問合せいただいております投稿作品削除、
その他ご質問に関しましても、利用規約・ガイドラインに
則りまして対応しておりますことを回答申しあげます。


いただいたご要望に関しましては、
ユーザー様の貴重なご意見として承りまして
快適で使い易いfg/cgとなるよう善処させていただきます。

弊社サービスには至らぬ点が多々あろうかとは存じますが、
ご理解とご協力をお願い致します。

今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。

fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

ちなみにyuni0612るるえい両名とも処分は警告のみだったようで、現在もなおアカウントは削除されていません。
明確な利用規約違反であるはずの荒らし行為が警告のみで現在ものうのうとのさばり続け、利用規約・ガイドラインともに抵触していないはずの投稿が朝令暮改とも言えるふらふらした対応の挙げ句に不当な削除。もはや公平性など欠片もありません。
そして相変わらずこちらの質問には一切答えていません。不誠実もここまでくると見事なものです。
自分の書き方が悪かったのかもと思い、質問が明確に質問とわかるよう箇条書きにして即日もう一度質問してみました。

規約違反ユーザー「るるえい」、ならびに「yuni0621」への警告処分ありがとうございました。
今後も公正かつ厳正な運営判断を要望致します。

私の一連の質問に関しまして、要点をご理解頂けていないようですのでもう一度おたずね致します。
必ず個別に、誠意を持って説明責任を果たしていただきますよう願います。

質問1:
私の投稿作品「活動休止のお知らせ(以下当該作品)」に対しては、5/16の時点で「利用規約・ガイドラインへの
抵触はない」旨ご返答いただいており、この判断に如何なる「グレーゾーン」も存在しません。
これを「ガイドラインに則り対応した」と仰るのであれば、5/16の運営判断が間違っており
その件について私への通達が疎かであったことが理由と考えられます。

運営の業務怠慢を棚に上げて当該作品、また投稿者である私にのみ責任を追及するのは、たとえ
いかなる免責事項を振りかざそうとも社会通念上断じて許されることではありません。
「ガイドラインには抵触していないがガイドラインに則ると削除処分」という自己矛盾を
いかがお考えなのか、明確な回答を要求します。

質問2a:
当該作品を「対応を求める要望」の数のみを理由に非公開・削除としたとのことですが、これらの要望を送った
ユーザーの中には「るるえい」のような悪質な人物が含まれていた事実が発覚しております。

ここで性善説・性悪説を取り沙汰するつもりはありませんが、ユーザーの声の絶対数のみを判断基準とする限り
それはノイジーマイノリティによる所謂「ゴネ得」と、サイレントマジョリティの泣き寝入りを招くばかりです。
私は当該作品への処分そのものではなく、運営の主体性なき判断の危うさを一貫して指摘しているのです。

現在までの対応に一貫性を持たせるためには今後もノイジーマイノリティの声を精査せずに絶対数だけを以て
罪なき投稿や投稿者に処分を下し続け更なる不満の声を募らせるか、もしくはこれまでの対応が誤りだったと率直に認め
該当するユーザーへ謝罪し、作品の非公開・削除処分を直ちに取り消すかの二つであると考えます。
運営として今後どちらの道を選ぶおつもりなのか、明確な回答を要求します。

質問2b:
質問2aに関して、前者を選ぶ場合にはこれ以上の混乱を招かないようその旨改訂日時と共にガイドラインに明記し、また
ガイドライン変更が誰の目にも明らかとなるようトップページにて告知するよう要求します。

質問3:
私の口から他ユーザーの作品に関して云々することだけはどうしても避けたかったのですが、これまでの運営の対応が
あまりに誠実さに欠けているため、敢えて申し上げます。
リニューアルオープン以後、当該作品以外にもfgでは「うんこ」を象った作品や、または当該作品同様に他の模型SNSへの
移転を告知する目的での投稿が次々と非公開・削除の処分を受けています。
これらの投稿者の一部について処分に対し、私と同じく「対応を求めるユーザーの要望を理由に削除された」
「未だに納得していない」など、ほぼ私と同じ不満をTwitter他で述べているのを確認しました。

私としては上記の流れが一部ユーザーに混乱を招いたために当該作品のランキング入り以後急速に対応を求める要望が
届いたのだと考えています。全ては運営の説明責任の不履行が招いた誤解であり、私や当該作品がその責めを受ける謂われは微塵もありません。
そして、これまでも一貫して主張しているように、当該作品がランキング上位に長く留まり多くのユーザーの目を引いたこと
それ自体は現行のシステムが仕様のとおり正常かつ健全に運用された結果でしかありません。
運営自らが用意したシステムの招いた帰結に関しても私の責任の範疇ではありません。
なぜ運営はこれらの責任を頑として私と当該作品に求めるのか、質問1・2を踏まえ納得のいく説明をお願いします。

質問4:
質問3に述べたとおり、現在fgに蔓延する混乱は全て運営の説明責任の不履行が招いていると私は感じています。
その点に関して運営は
「弊社サービスには至らぬ点が多々あろうかとは存じますが、ご理解とご協力をお願い致します。」
と仰いますが、これまでも運営は「一部ユーザーの妨害」「開発会社が引き起こしたトラブル」などと常に責任を転嫁し、
自らは一度たりとも真摯に謝罪・対応したことがありません。
至らない点があるのは御社のサービスではなく、御社取締役以下すべての社員の道徳・倫理観ではないでしょうか。
先ほどいただいた返答に照らせばこの稚拙な運営も「利用規約・ガイドラインに則っている」ことになりますが、
その返答が適切でないことは今さら指摘するまでもないでしょう。
社会的に正しい倫理観を持ち合わせていないからこその朝令暮改・牽強付会・責任転嫁といった倫理に欠けた対応の
連続なのだとすれば、まだ納得はせずとも理解可能なのですが。

リニューアルから約2ヶ月を経て、発表当時に約束したシステムのほとんどが未だに実装されていないか、または深刻なバグにより
全く使い物にならない状態をこれほど放置し、あまつさえその修正見込みの一切を公表されないのは如何なる判断のもとに
よるものなのか、ご説明願います。
この質問については全ユーザーの混乱をこれ以上招かないためにも、私への個別の回答のみではなくサイトのトップページか
もしくはトップページから直接のパーマネントリンク上にて公開してください。
回答不能な場合はその理由を、同様にサイトのトップページかもしくはトップページから直接のパーマネントリンク上にて公開してください。

質問5:
先日からのやりとりの中で何度か現れていた「専門家」とは具体的に如何なる分野の専門家の方なのかが判然としないため、運営の措置・主張が
いかなる立脚点に基づくものなのかがわからず、その指針についてどの分野に絞って議論を展開すべきか迷っています。
弁護士など法的な分野の専門家であれば私としても法的見地で議論させていただきたいですし、経済的・倫理的・情報科学的分野、
いずれにせよその専門家が立つ土俵がわからないことには水掛け論にさえならない無用な時間を浪費せねばならず、
それによっていつまでも運営様の貴重な時間を割かせるのは心苦しく思います。
「ガイドラインに則っている」ではなんの説明にもなっておりませんので、明確な回答を要求します。

最後に、5/25付で私の住む自治体の消費生活センターを通して「fg運営の杜撰な対応と不誠実さ、個人情報管理の不徹底および著作権法違反の疑いについて
是正または業務停止も視野に入れた行政処分」を求める相談を行ないました。
相談件数が看過できない数になった場合には事情の説明と適切な監督を行なうとの返答がありましたことを申し添えておきます。

返答は6月1日。

 ヲ様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

弊社運営方針に関する貴重なご意見ありがとうございます。
いただいたご意見をもとに
快適で使い易いfg/cgとなるよう、取り組んでまいります。

弊社サービスには至らぬ点が多々あろうかとは存じますが、
ご理解とご協力をお願い致します。

今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。

fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

さすがのクロメアクオリティ。四日待たせて返ってきたのはただのテンプレでした
怒りも呆れも吹っ飛んでもう笑うしかありません。ひょっとして喧嘩を売られてるんでしょうか。
しょうがないのでもう少し明確な手段に訴えることにしました。それが6月1日のエントリ「fg運営への公開質問状」です。

以下、先ほどの質問と内容的にはほぼ重複しますが公開質問状の文面を再掲します。

これは私からfg運営への公開質問状です。
これを送信と同時に、同一の文面を当方のblogでも公開致します。
必ず個別に、誠意を持って説明責任を果たしていただきますよう願います。

質問1:
私の投稿作品「活動休止のお知らせ(以下当該作品、 web魚拓→http://megalodon.jp/2012-0524-1621-16/www.fg-site.net/archives/186987)」に対しては、5/16の時点で
「利用規約・ガイドラインへの抵触はない」旨ご返答いただいており、この判断に如何なる「グレーゾーン」も存在しません。
これを「ガイドラインに則り対応した」と仰るのであれば、5/16の運営判断が間違っており
その件について私への通達が疎かであったことが理由と考えられます。

運営の業務怠慢を棚に上げて当該作品、また投稿者である私にのみ責任を追及するのは、たとえ
いかなる免責事項を振りかざそうとも社会通念上断じて許されることではありません。
「ガイドラインには抵触していないがガイドラインに則ると削除処分」という自己矛盾を
いかがお考えなのか、明確な回答を要求します。

質問2a:
当該作品を「対応を求める要望」の数のみを理由に非公開・削除としたとのことですが、これらの要望を送った
ユーザーの中には「るるえい」のような悪質な人物が含まれていた事実が発覚しております。

ここで性善説・性悪説を取り沙汰するつもりはありませんが、ユーザーの声の絶対数のみを判断基準とする限り
それはノイジーマイノリティによる所謂「ゴネ得」と、サイレントマジョリティの泣き寝入りを招くばかりです。
私は当該作品への処分そのものではなく、運営の主体性なき判断の危うさを一貫して指摘しているのです。

現在までの対応に一貫性を持たせるためには今後もノイジーマイノリティの声を精査せずに絶対数だけを以て
罪なき投稿や投稿者に処分を下し続け更なる不満の声を募らせるか、もしくはこれまでの対応が誤りだったと率直に認め
該当するユーザーへ謝罪し、作品の非公開・削除処分を直ちに取り消すかの二つであると考えます。
運営として今後どちらの道を選ぶおつもりなのか、明確な回答を要求します。

質問2b:
質問2aに関して、前者を選ぶ場合にはこれ以上の混乱を招かないようその旨改訂日時と共にガイドラインに明記し、また
ガイドライン変更が誰の目にも明らかとなるようトップページにて告知するよう要求します。

質問3:
私の口から他ユーザーの作品に関して云々することだけはどうしても避けたかったのですが、これまでの運営の対応が
あまりに誠実さに欠けているため、敢えて申し上げます。
リニューアルオープン以後、当該作品以外にもfgでは「うんこ」を象った作品や、または当該作品同様に他の模型SNSへの
移転を告知する目的での投稿が次々と非公開・削除の処分を受けています。
これらの投稿者の一部について処分に対し、私と同じく「対応を求めるユーザーの要望を理由に削除された」
「未だに納得していない」など、ほぼ私と同じ不満をTwitter他で述べているのを確認しました。

私としては上記の流れが一部ユーザーに混乱を招いたために当該作品のランキング入り以後急速に対応を求める要望が
届いたのだと考えています。全ては運営の説明責任の不履行が招いた誤解であり、私や当該作品がその責めを受ける謂われは微塵もありません。
そして、これまでも一貫して主張しているように、当該作品がランキング上位に長く留まり多くのユーザーの目を引いたこと
それ自体は現行のシステムが仕様のとおり正常かつ健全に運用された結果でしかありません。
運営自らが用意したシステムの招いた帰結に関しても私の責任の範疇ではありません。
なぜ運営はこれらの責任を頑として私と当該作品に求めるのか、質問1・2を踏まえ納得のいく説明をお願いします。

質問4:
質問3に述べたとおり、現在fgに蔓延する混乱は全て運営の説明責任の不履行が招いていると私は感じています。
その点に関して運営は
「弊社サービスには至らぬ点が多々あろうかとは存じますが、ご理解とご協力をお願い致します。」
と仰いますが、これまでも運営は「一部ユーザーの妨害」「開発会社が引き起こしたトラブル」などと常に責任を転嫁し、
自らは一度たりとも真摯に謝罪・対応したことがありません。
至らない点があるのは御社のサービスではなく、御社取締役以下すべての社員の道徳・倫理観ではないでしょうか。
先ほどいただいた返答に照らせばこの稚拙な運営も「利用規約・ガイドラインに則っている」ことになりますが、
その返答が適切でないことは今さら指摘するまでもないでしょう。
社会的に正しい倫理観を持ち合わせていないからこその朝令暮改・牽強付会・責任転嫁といった倫理に欠けた対応の
連続なのだとすれば、まだ納得はせずとも理解可能なのですが。

リニューアルから約2ヶ月を経て、発表当時に約束したシステムのほとんどが未だに実装されていないか、または深刻なバグにより
全く使い物にならない状態をこれほど放置し、あまつさえその修正見込みの一切を公表されないのは如何なる判断のもとに
よるものなのか、ご説明願います。
この質問については全ユーザーの混乱をこれ以上招かないためにも、私への個別の回答のみではなくサイトのトップページか
もしくはトップページから直接のパーマネントリンク上にて公開してください。
回答不能な場合はその理由を、同様にサイトのトップページかもしくはトップページから直接のパーマネントリンク上にて公開してください。

質問5:
先日からのやりとりの中で何度か現れていた「専門家」とは具体的に如何なる分野の専門家の方なのかが判然としないため、運営の措置・主張が
いかなる立脚点に基づくものなのかがわからず、その指針についてどの分野に絞って議論を展開すべきか迷っています。
弁護士など法的な分野の専門家であれば私としても法的見地で議論させていただきたいですし、経済的・倫理的・情報科学的分野、
いずれにせよその専門家が立つ土俵がわからないことには水掛け論にさえならない無用な時間を浪費せねばならず、
それによっていつまでも運営様の貴重な時間を割かせるのは心苦しく思います。
「ガイドラインに則っている」ではなんの説明にもなっておりませんので、明確な回答を要求します。

全ての箇条で「説明・回答を要求します」、これは感想文や意見ではなく質問ですよ、答える義務がありますよと明記したにもかかわらず、また四日待たせて6月5日に返ってきたのは

 ヲ様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

弊社運営方針に関する貴重なご意見ありがとうございます。
いただいたご意見をもとに
快適で使い易いfg/cgとなるよう、取り組んでまいります。

弊社サービスには至らぬ点が多々あろうかとは存じますが、
ご理解とご協力をお願い致します。

今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。

fg/cg運営

-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

やっぱりテンプレでした。クロメア社員には社会経験がないどころか読解力もない様子。
ここまで説明責任を果たすチャンスを与えてもなおそれを棒に振るのならこちらとしてもいよいよ最後通牒を突きつけるより他ありません。

件名「公開質問状への返答について」

先日お送りした公開質問状へのご返答に対して質問いたします。

当該質問状において私はfg運営に向けて5つ(+派生1)の質問を致しましたが、
残念ながらこれに対しての具体的な返答は一切いただくことができませんでした。
返答に「ご意見ありがとうございます」とありましたので、運営が私の質問を
通読されていない可能性も考慮して改めて申し上げますが、これは意見ではなく質問状です。

ただちに全ての質問に回答いただくのが最も望ましいのですが、それが難しければ

1)回答可能な質問にのみ回答し、直ちに回答が難しいものに関してはその理由と明確な期日を告げ、期日内に必ず回答する。
2)すべての回答を拒否し、回答拒否の事実を私が「公益性のある真実」として公表しても、それについて株式会社クロメアは名誉毀損をはじめとする一切の訴追を行なわない。

以上よりどちらかをお選びください。

もし明確な返答が得られない場合は2)を選択したと見なします。

返答は三日後、6月8日。

 ヲ 様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

お問い合わせいただいている件に関しまして
今後も、ガイドライン、利用規約に則り
運営にて必要と判断する対応をとらせていただきます。

ご理解とご協力をお願いします。

今後とも、fg/cgをよろしくお願いします。

fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

せっかく2択まで用意したのにそれすら選んでもらえませんでした。
自分はしきりに「ご理解とご協力を」と言っておきながらユーザーの質問の意図を理解し回答に協力しようとはしない厚顔無恥っぷりはまったくもって堂に入ったものです。
残念ですが以後は2を選択したと見なして論じることにします

というわけで、これが空条さんの視点から見えるfg運営・クロメアという素人どもの運営会社ごっこの実態です。
エンタースフィアが3年間にわたり一代で築き上げたモデラーとの信頼関係は引き継ぎから半年で完全に失われました。
この信頼関係はクロメアがfgを運営する限り決して元に戻ることはないでしょう

というか今のfgは旧fgとは全く別のSNSもどき、いわばニセfgとでも言うべき代物です。
というのも8月22日にようやく用意された退会フォームからの退会申請が「新fgにのみ有効」であり、この退会申請で同時に旧fgのデータも削除されるわけではないからです。
とすると我々旧fgユーザーはある日突然旧fgでの活動を一方的にストップさせられ、それと同時に「新fg」というSNSもどきに勝手に会員登録されていたということになりそうです。
なるほど、別のサイトならオープン直後フレンド状態やお気に入り登録が反映されていなかったのも合点がいくというもの。

…いや詐欺だろ!!

公開質問状をも黙殺するクロメア。さしもの空条さんもまるで壁に向かって話しているような虚しさに襲われ、この最後通牒をもってクロメアに対する抗議行動は一旦区切りをつけることにしました。
どのみち「明確な返答が得られなければ2を選択したと見なす」と通告してありますから、これ以上は自身のサイトでクロメアの現状を暴露していけばいい、そんな風に考えていました。
思い返すと実にこの瞬間まで自分には旧fg時代への未練が残っていたのでしょうが、その未練も綺麗さっぱり吹き飛びました。自分の好きだったfgはもう既にこの世には存在しない、ここにあるのはfgの名を騙る不届き者の偽物だと身に沁みて分かりました。

しかし夏コミが近づいてきたこともあってblog記事の作成はご覧の通り先延ばしに。そうこうしている内に夏コミより先に造型のお祭・ワンフェスの季節が到来しました。
「クラウドサーバで閲覧が軽くなった」はずなのにまるっきり重たいままのfgでしたが、まだまだ旧fgが築き上げたネームバリューは大きいと見えて、WFの新作は続々と投稿されました。
ですが「クズメダル」と「おためし投稿」の牙城は崩れません。
それもそのはず、どうやらこのランキング「デイリー」と称しておきながらその集計方法は日ごとの獲得スター・PV数・マイリスト登録数ではないふしがあるのです。
その証拠に昨日の獲得スターが0の作品が二桁のスターを獲得した作品よりもたびたび上位に計上される現象や、「クズメダル」投稿よりも前に何度もランキング上位に入った作品がスター0のまま6〜10位周辺をうろうろする現象が確認されています。
自分の印象としては投稿からの日数が長く、なおかつ投稿初期に多くのスターを獲得した作品ほど上位に停留する傾向があるように感じるのですが、集計方法は非公開のため確証を持って言えることは何もありません。ただ確実に言えるのは「デイリーランキング」では決してありえない結果が毎日のように表示されているということです。

この謎のランキングシステムがまたしても不幸なユーザー同士の軋轢の元凶となり、謂れなき非難の矛先が再び抗議投稿に向いてしまうのです。それはWFに向けての広告活動に「クズメダル」「おためし投稿」が邪魔だというごく一部の自分勝手なディーラーの言い分でした。
かいつまんで言うとそれは「WFが近いんだから批判派は空気を読んでランキングをディーラーのために明け渡せ」です。

この時期より以前から、これらの投稿がランキング上位に「居座っている」と解釈するユーザーはTwitterなどでその存在を疎ましがるようになっていました。
曰く「複数のアカウントと何らかのスクリプトを用いてスターを投じている」、「fg批判派が結託してアンチの投稿を持ち上げようと組織票を入れている」などなど。
簡単に言ってしまえば、クロメアがダンマリを決め込んでいるせいで陰謀論に結論を求める流れが生じたわけです。

昨年の東日本大震災直後、自然の猛威と放射能の恐怖で冷静な判断ができなくなってしまった多くの人が「アメリカの地震兵器が日本を沈めようとしている!」という荒唐無稽も甚だしい陰謀論に傾倒していったのは記憶に新しいと思います。

かつて本邦において、理解しがたい自然現象、また「マレビト」と呼ばれる特殊な習俗や技能を持つ民族を説明する道具として「妖怪」が生み出されました。山川草木の霊、いわゆる八百万の神々も一部はこうした自然現象の説明のため発生したものであることはよく知られています。
やがて科学が発達し妖怪の役目が失われた時、妖怪の代わりに「現代科学でも説明が難しい現象」を説明する道具の役目を与えられたものの一つ、それこそが陰謀論であると自分は考えています。
妖怪は決して「思考停止のための魔法」の意味だけを持つものではありませんでしたが、西洋でも飢饉や干ばつ、疫病などの原因を魔女に求めた大量殺戮が起きたように、ある種の恐慌状態に陥ったコミュニティの中では往々にして「最も理屈が通っている説明」よりも「最も直接的でわかりやすい説明」が支持を得てしまうものです

冷静に考えれば仮定の入る余地など一切ない「運営自身が黙りこくっているから見えにくいだけでソースは全て明示されている運営体制の杜撰さ・不誠実さ・隠蔽体質に対する純粋な抗議の声」という青写真と「どこか誰か自分の知らない場所で示し合わせて、きっと自分が知らない何かのスクリプトで操作してる」という穴だらけの青写真のどちらが信用に足るかは一目瞭然なんですが、得体の知れない不安に駆られている人にとっては「自分などおよびもつかない何か巨大な悪意が自分を害しようとしている」と結論づけた方が呑み込みやすいものなんです。「害意を持つ人間」と「善良な自分」を切り離すことで自我を保とうとする、一種の防衛行動です。

fgユーザーの誰も彼もが自分みたいに毎日のように新着をチェックしていたわけではないでしょうから、クロメアが不具合を公表しなければしないほど「久しぶりに覗いてみたらなんかレイアウトとか使い勝手が変わってるなあ。ところでずっとランキングトップにあるよくわからない投稿はなんだろう…」と不安がる人は増え、その不安の隙をついて「あれはfgアンチが不正にランキング操作してるんだ」と、陰謀論はいとも簡単に増殖していくのです
そうやって事情を知らないユーザーが大勢を占め、間違った認識の数の暴力により批判の声を上げるユーザーが閉め出されるその日まで知らぬ存ぜぬを貫き通す、それこそがクロメアの狙いです。
現fgを取り巻く様々な問題の中にあって、現実を直視せず陰謀論で片付けようとしている人もまたクロメアに踊らされた悲しい被害者なのだと思っています。

話を戻します。
このような陰謀論に身を委ねてしまった結果だとしても、先ほど述べた一部ディーラーの言い分はあまりにも自己中心的であったと言わざるを得ません。
この手の批判につきものの「オレが気に入らない」を言い換えるべく「みんな迷惑がってる」「自分は中立だけど他の人たちはそう柔軟じゃないだろうな」などと架空の総意をでっち上げ、責任をアウトソーシングする手合いもやはり多く見られました。そういう意味ではまだ歯に衣着せず「俺の宣伝に邪魔だからそこをどけ」とはっきり言っている人の方がむしろ潔いと思います。
もちろん絶対に褒められたことではないし、むしろ軽蔑さえしますが。
同様に、「抗議することは悪くはないが普通に使いたいだけの人の目につくところでやるのは迷惑だ」という、民主主義を全否定するかのような批判も見受けられました。

重ねて言いますが、「ランキングから立ち退け」と自分勝手な批判を行なっていたディーラーは本当にごく一部です。
ガレージキットを作りイベントで当日版権を取得し販売する活動は趣味と商行為の境界線を行ったり来たりする非常にデリケートなもので、経済的な側面で言っても原価率が非常に高く、同人誌とは比べものにならないほどハイリスクであるだけに、ともすればイベント直前の広告活動が死活問題になりうる現実があることも理解しているつもりです。
しかしながらfgはイベント出展の広告活動こそ認めていても、ディーラーのためだけのものではありません。特別待遇を求めるのならば相応の費用を支払ってバナー広告スペースを買い取ればいいのです。
fg会員として全てのユーザーは対等な立場にあります。ディーラーだけがfgを支えているなどという思い上がりは捨てるべきだと自分は思います。

いっぽう、スクリプトまで組んでfg転覆を企む暇人の存在が完全にゼロとは言いきれないのもまた事実ではあります。スクリプトを使わずとも淡々と日課としてクリックしてる人がいても不思議ではないでしょう。
しかしこれも過去のクロメアへの質問で主張し続けているように、その程度の組織票や不正行為でランキング結果を意のままにできるならばそれはランキングシステムそのものの不具合です。
ランキングシステムはプログラムに過ぎません。プログラムは常にプログラムされたとおりの演算結果を表示するだけです。その結果が運営にとって都合の悪いものだったとして、その責任を投稿作になすりつけられても困ります

ちなみに「引越しのお知らせ」改め「活動休止のお知らせ」に寄せられたスターについての通知メールのタイムスタンプには、スクリプトや組織票に見られるであろう短時間での集中的な投票行為は確認できませんでした。通知メールは全て現在も保存してあるので、何らかの理由で公開する必要に迫られればいつでも公開可能です。
それにしても、そうした可能性だけを以て「抗議人口の全てが害悪」とでも言いたげな論調を見ると、リニューアル直後、もっと言えば課金システムの発表当時からクロメア体制のfgに警鐘を鳴らし続けていた自分としてはただ己の非力さを嘆くしかありません。

だからこそ自分はこの一連の「fgがおかしい!」エントリでも仮説からの帰納法的な論理展開はしないよう努めていますし、クロメアに対しても一個人・空条HYO太郎ヲの視点から観測できた事実のみを根拠に抗議行動を起こしています。

物書きの端くれとして文責を負って発言することの大切さは重々承知しているつもりです。その重責を自覚しているからこそ自身のサイトでこうしてblogにエントリをまとめ、今回クロメアが行なった言論弾圧に断固として抗議しているわけです。
もはや自分にとって事はfgだけに留まりはしません。表現者として絶対に許してはならない愚行をクロメアは犯したのです。
それだけに陰謀だの不正だの結論ありきで出任せに他人を中傷し、茶化している物言いには激しい憤りを覚えます。

たった今自分でも「未練があった」と言っておきながら少々矛盾するでしょうが、旧fgへの愛着あってこその自分の抗議行動に対して「未練がましい」「そんなに不満ならさっさと出て行け」などの声ばかりが寄せられたことは少なからずショックでした。なぜなら自分の抗議は第三者による画像の上書きバグの黙殺や不当削除といった「表現の場としての投稿型SNSの破綻」を主眼に置いたもので、正直なところ版権についての意識の高いディーラーさんの援護射撃めいた行動をどこかで期待していた部分もあったからです。

こんな詩があります。

ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。
ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。
ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。
ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎた。

まさにこれと同じことがfgを発端として起きようとしているのになぜこんなにも声を上げようとしないのか。残念と言うより驚きでした。

2008年10月の開設から運営会社変更の2011年10月までの3年間で旧fgが日本の模型シーンに及ぼした影響はまさに計り知れないものでした。
ネットの普及によってようやく横の繋がりが生まれはじめていたものの、模型は相変わらず部屋に籠もって独りの中で完結する趣味でした。
フィギュアはフィギュア、ガンプラはガンプラ、スケールはスケール、Ma.KはMa.K、艦船は艦船。個人で掛け持ちする人こそいてもジャンルとジャンルの間には大きく分厚い隔たりがあったように思います。
その隔たりを打ち破り、艦船模型にしか食指の動かなかった人がPinkyに興味を持ち始めるきっかけすら与えることに成功した旧fg。
自分とて恐らく旧fgがなければMa.Kに興味を持つこともなく過ごしていただろうと思います。
技術交換もかつてないスピードで進み、モデラー全体の技術の底上げにも大きく貢献しました。
旧fgは全てのモデラーにとっての理想郷とも呼ぶべき素晴らしい遊び場、でした。

ここで一つだけ、たられば的なことを言わせてください。それは「自分たちユーザーの手でこの遊び場を守り通すことは果たして不可能だったのか」です。

旧fgを奇跡的な存在にしてくれたエンタースフィアに敢えて苦言を呈するなら、なぜもっと早い段階で採算性の低さを公表し、ユーザーに意見を募ってくれなかったのか、ということです。
不採算とその緊急性を明るみにし、ダメモトで寄付を求めてみてもよかったのではないでしょうか。
寄付に応じるユーザーの数如何によっては変わらぬエンタースフィア運営下で課金システム導入へのロードマップ作成も無理な相談ではなかったと思います。fgを閉鎖するか売り渡すかの判断はそれからでも遅くはなかったのではないでしょうか…。

今となってはTINAMIの存在が自分にとっての希望です。

前にも述べたようにTINAMIは長く主に同人活動を行なっているユーザー向けに運営されてきたサイトということもあり、版権や表現に対する意識が非常に高いと言えます。
その一種独特とも言える交流システムもユーザー同士の距離を離しすぎず縮めすぎない絶妙なバランスを保つため考えに考え抜かれた結果であり、そこには常にユーザーを第一とする運営理念、「こんなSNSでありたい」という明確な方針が見て取れます。

そして「その3」で述べたようにTINAMIはちょうどfgリニューアルからWFまでにあたる3ヶ月間で「モデル」カテゴリの大幅な刷新を行ないました。
画像複数枚投稿機能の実装は先に紹介しましたが、WF直前にはTINAMIの既存機能であるコミケサークル参加者向けのTwitter連動型ソーシャルマップ「Twitcmap」を流用したWF出展ディーラー向けソーシャルマップ「WFmap」の導入に踏み切ったのです。
WFmapには延べ288のディーラーが登録され、稼働開始がWFの2日前とぎりぎりだったにも関わらず一定の成功を収めました。
また8月10日にはfgで言うところの画像メモに相当する新機能「作品メモ」が追加されています。

そして重要なのが、これらの新機能はいずれもユーザーからの要望を精査した結果実装・調整が行なわれたものばかりであるという点です。
実際にTINAMIフォーラム内の新機能要望スレッドにWF向けソーシャルマップ導入の要望を寄せたのは実は自分だったりします。
今回の夏コミ向けTwitcmapが稼働開始した当時から「こういうのがWF向けにもあればいいのにね」という声自体は挙がっていましたから、書き込んだ自分の手柄だと威張るつもりなど毛頭ありませんが、冬WFに間に合えばいいな程度のつもりで書き込んだ要望をわずか1ヶ月で実現に漕ぎ着けてくれた事実はやはり嬉しく感じました。
TINAMIはバランス感覚を念頭に置いているため今後しばらくはモデルカテゴリへの機能追加に関する優先順位は下がる旨表明されていますが、また機会が巡ってくればただのfgの代替に留まらない新機能が導入される可能性もあるでしょう。
そしてその新機能案は自分たちユーザーの発想に委ねられていることもまた事実です。

モデラーでの登録ユーザー数はfgと比較すれば(アクティブユーザーがそのうち何割いるのかは不明であるにせよ)確かに足元にも及ばないのが現状です。そのためfgに慣れたユーザーには盛り上がりが足りないと感じる人も少なくないと思います。
ですが盛り上がっていないなら自分自身が盛り上げ役になろうとすればいいだけの話。
投稿型SNSは作品を投稿し続けていれば自然と盛り上がるものです。
作品が人を呼び、人がまた更なる作品を呼ぶ。延べ20万を超える投稿を数えるfgも開設したその日から20万の作品が並んでいたわけではありません。

SNSの育ての親はそこへ投稿するユーザー全員です。運営はその手助けをする裏方的な存在以上でも以下でもなく、自身の都合のいい方へ世論を誘導する運営は必要ないのです

そして模型SNSの主役は絶対にモデラーであるべきです。ROMユーザーの存在も欠けてはならないものではありますが、だからといって本来主役であるべきモデラーを蔑ろにしてまで採算化のためROMユーザーを厚遇するシステムを打ち立てようとしているクロメアに模型SNSを運営する資格はないと敢えて断言します
製作中の作品をランキング対象から排し、イベントルポや購入品レビューをランキング対象に組み込む模型SNSなど言語道断です。まるで模型を作った本人よりもそれを広めるカメラ小僧の方が立場は上だとでも言いたげな運営方針には吐き気さえ覚えます
いつの日か海洋堂の専務が思い描くような「模型がアートとして認められる日」が来るかもしれません。しかしこのような心得違い、獅子身中の虫がいるかぎりその日は決して来ないと自分は確信しています。
これは撮影ばかりで手を動かすことにとんとご無沙汰な自分自身への戒めでもあります。

最後に再び言っておきますが、一人の表現者として自分はクロメアの蛮行を許すつもりはありません。
そして一人の模型愛好者としても、自分はfgというかけがえのない遊び場をユーザー同士がいがみ合うスラムに変貌させてしまったクロメアが許せません。
また著作権・版権と切っても切れない関係にあるガレージキットを取り扱うSNSの運営が、かように表現の自由に対して鈍感であっていいはずがないと思います。
今のfgを支持することはとりもなおさずクロメアのこうした愚昧な著作権・版権意識をも支持することにつながりうるとさえ思うのです。

誰に賛同してくれと言うわけではなく、これは自分自身のfgとの訣別表明です。
ユーザー数、投稿数、盛り上がり具合…数あるSNSの中から活動拠点に選ぶ基準は人それぞれです。
自分にとって何より大事な基準は「運営のクリーンさ」であると、それだけのことです。

8月22日に退会フォームが形ばかりとはいえ実装されたのを受け、8月29日にまず旧fgの退会申請を行ないました。
9月5日朝の時点でクロメアが公表しているスケジュールによれば本日の昼に予定されたメンテナンスにおいて旧fgの自分の投稿、および画像データの削除が行なわれると思われます。
旧fgの退会処理、およびそれらの完全な削除が確認でき次第、現fgからの退会申請も行なう予定です。
ありがとう旧fg。あの3年間を忘れません。

※9/5 17:00追記
旧fgアカウントの失効は確認しましたが、プロフィール画像を含むすべての投稿画像が未だに残っていることも確認しました。
これを皮切りにクロメアと完全に縁を切れるかも、とわずかな望みとともに申請した旧fg退会だっただけに非常に不本意というか面倒きわまりないですが、クロメアの監視はまだ当分続けざるを得ないようです…。

カテゴリ:fg問題, フィギュアとか

ページトップ▲

fgがおかしい!〜その4〜

5/12に「製作中の作品」がランキング対象外扱いになった影響で11日の獲得スター1393が集計されず新fgランキングから弾き出された空条さんの投稿「引越しのお知らせ」。
それだけで済めばまだよかったのだが、この投稿に対してfg現運営クロメアから「立体造形物の紹介と関連のない投稿と判断し非公開とした」との通達があわせて届いたことで事態は非常にややこしくなってきた。
「その3」ではクロメアからの返答に突然「専門家」なる人物が現れたところまでの経緯をお話ししました。

この投稿がランキング入り→ランキング対象から除外されるのと前後して、TINAMIの公式Twitterアカウントが5月14日に以下のようなツイートを連投します。

https://twitter.com/tinami_info/status/201913234012381184

モデラーの方にお願いです。他の投稿サイトを退会/利用凍結する際に、キャプション等にそのことを書かざるを得ない事情はわかりますが、出来るだけ投稿画像の中に大きく「TINAMIに引っ越します」と書かないで頂けますと助かります。(続く)

https://twitter.com/tinami_info/status/201914217991913472

(続き)個人で抗議したり告知したいことがあったり、それぞれ事情はあると思いますし、外部サイトでの挙動まで我々TINAMIがどうこう言う権利もないのですが、そうした行為が荒らしに見える方もいらっしゃって、かつこちらに対応を求められております。(続く)

https://twitter.com/tinami_info/status/201915005191467010

(続き)とはいえ、外のサイトのことはこちらではどうにもならないところです。不満点は当該サイトへ直接お願いしたいのですが、もし先に該当する方がいらっしゃった場合、そのように不快と考える方もいる、ということを考慮に入れて冷静な対応を期待いたします。よろしくお願いいたします。

https://twitter.com/tinami_info/status/201918980204670977

というわけで、今後は「外のサイトの出来事をなんとかしてください」という問い合わせには(返信はしますが)対応できませんので。この話も今回だけにしますので、あまりツッコミ入れないで頂けると助かります。

このころ「引越しのお知らせ」の画像にはサムネイル表示でもはっきりと読める大きさの文字で「TINAMIに引越しました」と書き込んでいたので、これらのツイートは他の引越し投稿も含め自分の投稿を指してのお願いなのだろうと判断しました。

これを投稿した4月8日当時に抱いていた現fgに対する自分の遣り場のない怒りは今になって思い返しても相当なもので、その憤懣から些か冷静さを欠いていた部分がこちらにもあったと言わざるを得ません。
投稿から1ヶ月を経ていきなりランキングのトップに躍り出たことそれ自体の責任は自分にはないにせよ、この画像を見て競合サイトへの悪意ある誘導行為と解釈する人物がいても仕方がない内容だったと思います。
寄せられた苦情は当のTINAMIにとっては極めて筋違いのものだとはいえそうした誤解からの先走りに関する責任の一端が自分にあることには変わりなく、TINAMIへ迷惑を掛けてしまったことも事実です。
と同時にTINAMIがこれらの抗議行動の真意を正しく酌み取ってくれていることがとても嬉しく、心強く感じました。

この件については率直に反省し、5月15日に上記文言をサムネイルでは判読できない大きさに変更。引越しと謳ってはいても、クロメアのモデラーに対する姿勢含めfg全体が正常な運営状態に戻ればまた活動を再開するつもりだったため、アカウントそのものはこの時点では消す予定はなかった(というより退会フォームが8月下旬になるまで実装すらされず、わざわざ運営宛てに問い合わせる以外に退会の方法そのものがなかった。また現在用意されている退会フォームもこれまで同様に退会申請を含む問い合わせを運営にメール送信しているだけで、フォーム送信がそのままデータベースへの退会処理クエリに直結していない以上はシステム的に何ら進展していない)ことから、翌16日にはタイトルも「引越しのお知らせ」からより事実に則した「活動休止のお知らせ」に書き換えました。

こうした作業と同時に先ほどのクロメアからの返答の30分後、5月15日20時頃に送信した問い合わせが以下。

「引越しのお知らせ」の再度の非公開措置について質問致します。
本投稿に関する私自身の意図はあくまでもfg上での一時的な活動休止を宣言しているだけで、ユーザーの皆様に不快感を与えサイトを混乱に陥れる意図は全くありませんでした。
先ほどのご返答を受けて私も当該作品の及ぼす影響を意識し、外部サイトへの移行を助長すると解釈されうる文言を1枚目画像より削除するなど、公開続行のため最大限の努力を行なっているつもりです。
ページ内の文言に関しても全て既存の事実に基づいた私の個人的な印象・感傷の域を出ず、fgを不当に貶める誹謗中傷の類ではないと認識しております。
さいわい当該作品には個別に対応いただけるとのことですので、これから当該作品のどこをどう修正すれば問題ないと判断いただけるのか、専門家の方も含めてご検討のうえ返答願えませんでしょうか。
数少ないながらも私をお気に入りに登録してくださっているユーザーの皆様のため、fg上での活動休止が一時的なものであり現時点で退会を考えていない旨どうしても伝え続けたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。
また先ほどの質問に於いて「ファイル名管理状態の検証・1」「同・2」の扱いの変節に関してのご説明が頂けませんでした。改めてご返答願います。

文中にある「ページ内の文言」はこの時点では以下のようなものでした。

レイアウトの崩れ、サイトデザインの稚拙さ、自分でした約束も守れない誠実さの欠片もない現運営・クロメアの態度、そして何よりモデラーの気持ちを蔑ろにした新システム…
4/1未明のオープン以来いつか改善されるだろうと信じて過ごしましたが、さすがに付き合っていられなくなりました。
折良く老舗のTINAMI様が模型カテゴリの複数画像投稿対応を実装してくださったので、これを機に活動拠点を移そうと思います。
旧fgには本当に開設直後から入り浸っていて(ID3桁でした)、今回の決断もまさに断腸の思いです。
まだカテゴリが「自作フィギュア」と「改造フィギュア」しかなく投稿者の間にタグの使い方も浸透していなかった頃「ここはこんな使い方して遊ぼうよ!」と提案するつもりでガレージキットの投稿作を開いては「ガレージキット」タグやディーラー名、原型師名のタグを付けて回ったことが思い出されます。
そういう意味では「 ど も 、 育 て の 親 で す 」。
これからfgの運営が正常化され、課金システムの根本的な見直しが図られ、往時のfgの良さを本当に理解した人の手によってリニューアルが成された時のためアカウントは削除しないつもりですが、fgでの活動はその日まで休止します。
お気に入りユーザーに登録してくださった皆さん、マイリストや評価を入れてくださった皆さん、これからはTINAMIで引き続きおつき合いいただけると幸いです。今のところは過去作の再掲ばかりですが一部は撮り下ろしてますよ(勧誘)。
TINAMIプロフィールページ→http://tinami.jp/c/11574

ちなみに文中にある「ども、育ての親です」とはfg運営会社の変更が最初に発表された際に現運営クロメアの代表・八十八氏がユーザーへの挨拶として発した噴飯ものの第一声です

返答を待つ間、いい機会だと思い少し冷静になって考えてみました。自分に落ち度があるとすればそれはどこなのか。
5月15〜16日の自分のツイートで振り返ってみます。

参考(Twilog)

こちらとして一番わからないのが、一ヶ月前に投稿した作品をランキングの実装された今になって急に、それも後付けの理由で違反扱いにされた点。いわゆるカラ上げができない現仕様でこんな古い投稿がわざわざランキング入りするほどのスターを投じられるとは全く思ってなかった。

引越しがデイリー4位に入った5/10も、1位になった5/11も敢えて黙っていた。fgハッシュや自分のツイログを振り返れば分かると思うけど、少なくとも引越しのページのURLを含むツイートはこれを投稿した直後の4/8の1度きりです。そして2度目がランキング除外確認後の5/12朝。

匿名掲示板での煽動については自分には無実を証明する方法がありません。ただ一つ言えるのは引越しを投稿してからGWまでの1ヶ月は仕事でもプライベートでもマンガ描きっぱなしだったのでそんなくだらない工作に費やす時間なんかビタイチなかったってこと。まあPSO2βはやってたけど…。

だから自分としてはほんと自然と浮かび上がってきて1位になっちゃった、って印象なのです。むしろ自分に言わせれば1回こっきりの投稿で気が済んでたのに、fgのシステムのせいで衆目を集める場所に長時間さらされ、あまつさえ「不愉快だ」とか言われてるわけですよ。

文言には確かに当時の感情が露わになっている部分もあります。事情を知らない人からすれば「こいつ何カリカリしてんだ?」とも思われるでしょう。でも実際にスターが集まってしまったって事実は曲げようがない。あらゆる意味で。

匿名で「ヲに投票しようぜ!」なんてバカげたこと一度もやってません、ってのは…どうすれば潔白が証明できるのかしら。親と嫁に誓うぐらいしか無理だわ。

「目立つかたちでやるな」というご意見は、だから自分にとっては全くお門違い、前後関係が逆なんですよ。目立たせたのはランキング。そしてこの投稿自体はランキングがスタートする1ヶ月以上前。掘り起こしてでもスターを投じるべきだと考えたユーザーの方の意思が結実しただけのことです。

自分では全く宣伝活動を行なっていない投稿に『「利用目的に沿わない作品群」に対して対応を求めるご要望が多数のユーザー様から』届くほどに5/10〜11という平日二日間だけで果たして閲覧されていたものなのか…甚だ疑問です。

たぶん運営の方にも問い合わせのログとその日時は残ってると思うから、ランキング開始を境に増加したのか、それとも投稿直後から毎日1件ずつでもあったのか、そのへんディスクロージャーしてもらえないものかね、個別対応って言うからには。いくらなんでも会社がこれ詐称したら犯罪だし。

何度も言ってますし投稿ページの中でも言ってましたが、fgの運営が本当に以前同様のレベルまで正常化したと判断した際にはfgでの活動も再開するつもりでいます。「別館で営業中です」であって三行半ではありません。三行半ならとっくにメールして退会処理終えてます。

ところで「製作中の作品は本来の仕様のとおりランキング対象ではなくなりました」ってのはTOPで明言しないといけないレベルで重要な変更じゃないの?具体的にどこをどういじったかボヤかすのは昨日今日に始まったことじゃないけども。

5月16日、クロメアからの返答。
これまでの返答でもたいがい驚かされることばかりでしたが、これには目を丸くしました。

 ヲ様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

ヲ様の意図することは了承いたしました。
運営としても引き続きアップデートを順次行い、よりよい環境にしていくべく
鋭意努力していきます。

しかしながら、ヲ様がそういった意図だったとしても、
他ユーザー様からの当該作品へのご意見・ご要望が数多く上がったことも事実です。
それを踏まえ、専門家から現行の利用規約・ガイドラインに則り、
非公開化は可能との判断を頂いております。

修正指示などを行いますと、いわゆるグレーゾーン的なモノの線引きを
ハッキリと行ってしまうことになります。
 
fgというサイトそのものが版権物、二次創作物を扱うサイトとして
線引きをハッキリと行うことは、グレーゾーンの存在そのものを否定することに
なります。

とはいえ、そういったところにもある程度の線引きがあります。
公序良俗に反するもの、性的・暴力的表現、そして多くの人が不快と感じるもの。
こういったものに対し、運営側としては通報・ご意見を頂いたものから優先的に
判断・対処をさせていただいております。

またガイドライン・利用規約などを厳密に解釈するとなると、殆どの版権モノを
削除・非公開化できてしまうのも事実です。

しかしながらそういった事はするつもりもないですし、しようとも考えておりま
せん。

だからこそ「ユーザー様のご意見・ご要望」を踏まえ、専門家と相談の後、
当該作品に対し非公開化対応などをさせて頂いております。

申し訳ございませんが、そういった方針である為、運営側として「何処をどう修
正すれば
掲載可能か」という事については線引きをハッキリと行う事はできません。

何卒よろしくお願いいたします。

なお、そういった活動状況等ユーザー様自身の情報を他のユーザー様に
ご連絡されたい際は、プロフィール欄・メッセージ機能などをご活用
いただければと考えております。


また、
・ファイル名管理状態の検証・1
・ファイル名管理状態の検証・2
に関しましても同様に
専門家等の意見を伺いながら利用規約・ガイドラインの適用範囲を再検討の上
今回、当該作品に対して個別に対応を行わせていただきました。


ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。


fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

……………専門家の次はグレーゾーンとか言いだしましたよ……。
というかこの返答、平たく言うと「ガイドラインには抵触してないからfg的には問題ないけどやめさせろって声がいっぱい来てよくわからないからとりあえず非公開にするよ」という意味です。この場合クロメアの主張する「グレーゾーン」とは「自分の頭では善悪の判断がつかない事象」の言い換えで間違いないでしょう。
それにしてもなんということでしょう、「利用規約もガイドラインも有名無実」との言質が図らずも取れてしまいました。
専門家がどうだとか御託を並べていますが何のことはない、恨むなら苦情を入れてきた奴らを恨めとユーザーに責任転嫁しているも同然です

クロメアはまた「どうしても告知したいならプロフィールページやメッセージ機能を利用しろ」と言ってます。
こちらとしても旧fgのお気に入りデータがすべて統合されていればその方法を採ることだってできましたが、この時点でお気に入りのデータは未統合。旧fgで自分をお気に入りに登録してくださっていたユーザーは全部で200人を軽く超えているというのに、それらを一人ずつ、旧fgと新fgを別ウインドウで突き合わせて同一性を照合しながら手作業でメッセージを送れとでも言うんでしょうか。こんな手段をとらざるを得なくしたのは他ならぬクロメア自身が約束を反故にし続けているからだという事実を棚に上げて。

意味がわからないなりに精一杯解読して、それでも意味がわからない部分(ほぼ全文)について再び質問を投げかけてみました。

先ほど頂戴したご返答のメールについて再度質問させていただきます。

「ヲ様がそういった意図だったとしても、他ユーザー様からの当該作品へのご意見・ご要望が数多く上がった」
ということですが、つまり私の今回の修正そのものには何の問題もなかったと運営側としては認識していて、そのうえで
私に対するいわゆる「アンチ」の活動を沈静化させるため泥縄的に、運営の言う「個別の対応」をしたという意味にとらえて差し支えないでしょうか?
私を含め投稿者が作品に込めた意図よりも、それを見た他ユーザーの意思が常に公開基準に於いて上位にあると解釈してよろしいでしょうか?

「またガイドライン・利用規約などを厳密に解釈するとなると、殆どの版権モノを削除・非公開化できてしまうのも事実です。」
とありますが、今回の対応はガイドラインに基づいたものではないと運営様自ら仰っているように解釈しました。
実際私は利用規約とガイドラインに抵触しないよう最大限の配慮を行なっているつもりです。 それでも「ユーザーの声があがっているから」という私には不可視の事情をもって非公開扱いとされるのはどうしても納得がいきません。

そこで一つの疑問が上がってきます。
私が「引越しのお知らせ」を投稿したのが2012年4月8日、それからランキング機能の実装、ランキング1位入りを経て今回の非公開措置という時系列になりますが、
運営様の仰る「他ユーザー様からの当該作品へのご意見・ご要望」は投稿日である4月8日から慢性的に届いていたのか、それとも当該作品がランキング4位に入った
2012年5月10日を境に増加したのか、という疑問です。

慢性的に届いていたのであれば、いわゆる「カラ上げ」が不可能な現在のシステムでそれだけ継続して不満の声を上げる人の中には
すでに作品の善し悪し云々ではなく私自身へのストーキング行為にも似た思考の人物も含まれているのではないかと考えます。
現仕様では同一人物による複数アカウント取得など不正行為はいくらでも可能と言える現在、その不満の声の内訳がわからない私としては
そのような悪意によるアンチ活動でないことを祈るばかりです。
またこの場合はアカウントの不正取得について迅速に調査いただきたいと思います。

翻って、もしも5月10日を境に増加したのであれば、それはあくまでも現行のシステムが仕様のとおり正常かつ健全に運用された結果であり、
1ヶ月以上も前に投稿した作品が今ごろになってfgのトップに長時間表示されたことそれ自体は私の責任ではありません。
ましてそれを見て不快に思う人がいたとして、それが多かろうと少なかろうと作品自体に責任をなすりつけられるのは到底看過できません。

具体的な数やユーザー名などはもちろん不要ですので、上記の疑問点についてだけお答えいただけませんでしょうか。
場合によっては消費生活センターなど適当な公的機関に相談せねばならないとも考えておりますので、一般的な企業のコンプライアンス精神に則った
嘘偽りのない実情をお知らせいただけますと幸いです。

「fgというサイトそのものが版権物、二次創作物を扱うサイトとして線引きをハッキリと行うことは、グレーゾーンの存在そのものを否定することになります。」
とのことですが、版権物、二次創作物を扱う「商用・課金」サイトであれば、グレーゾーンの存在は即サイト自体の法的立場を揺るがせることになります。
むしろグレーゾーンをグレーゾーンのままに課金を行なおうとしていたことに少々愕然としています。
分野は違えどマンガという著作物を扱う仕事に就いている人間として理解に苦しみます。
その理念が遠からぬ未来にfg自身の首を絞める結果にならないことを切に祈ります。

プロフィール欄は自由に使って構わないとのことでしたので、今回のやりとりは今後もすべてテキストファイルとして当方の持つサイト内ページに転記し
プロフィールからリンクを張らせていただくことにいたしました。(※1)
今回の措置は私だけに留まらずfg全ユーザーに知っていただくべき重大な事態であると判断したためです。
また―これはなんとしても避けたいところですが―私が何らかの法的措置を執らざるを得なくなった際に私の主張の一貫性を担保するためでもあります。
また旧fgとのデータ統合が行なわれていない以上、メッセージでの個別な連絡が不可能であるための投稿であったこともご理解いただきたく存じます。
もろもろ悪しからずご了承下さい。
またプロフィールページの仕様にHPリンクが不正なURLになる(リンク先URLの頭にfgプロフィールページのURLが余分に書き込まれる)不具合があります。
こちらの対応も併せてお願い致します。(※2)
修正後には「一部不具合の修正」といった漠然としたものでなく、何をどう修正したのか具体的に告知していただきたく存じます。

最後に、「ガイドラインが必ずしも全てではない」という運営の基準は利用規約と同様に重要な事項ですので、このようなメールでの個別対応でなく
誰の目にも見える場所に明記せねば、これからも起こりうるであろう同様の事象に対して個別対応を強いられ、ひいてはサイト運営に無用な負担と
さらなる改善作業の遅延を招きかねないと非常に危惧しております。
熟考の上、対処いただきたく存じます。

※1:http://www.mohorovicic.com/fgmail.txt
※2:この点に関しては恥ずかしながら筆者の単純なURL書式のミスで事実誤認だった。

この質問を送信した後に先程述べたタイトル変更と、同時に作品ページの文言を以下のものに差し替え。

4/8の投稿当時は何の問題も指摘されなかったのですが、5/10にランキング4位入り、5/11に1位入りしたタイミングで非公開扱いとされました。
最初こそ文言もしくは画像にガイドラインに抵触する箇所があったのかと思ったのですが、その後5/16に「他ユーザーからの対応を求める要望」を理由に非公開にしたとの返答をいただきました。 自分としては旧fgとのデータ統合が遅れている現在のfgの仕様でお気に入り登録してくださっているユーザーの皆さんに声を伝える以上の意図はなかったのですが、それを悪意と取られる人がありうることまで考えが及びませんでした。反省しています。
不愉快に思われた方、本当に申し訳ありません!

自分なりに公開続行に向けて最大限の努力をしているつもりですが、さいわい運営からはこの作品に対して「個別に対応する」との言質をいただいているので、私と運営とで落としどころを見つけていく泥縄的な投稿になってしまいそうです。

ともかくこのページは旧fgに投稿した作品でアップの際にボツにした、または最近撮りなおしたけどイマイチだったので陽の目を見てない一部写真のアーカイブです。
現fgが自分には非常に使いづらいので、旧fgなみにまともに運用できるようになるまでは老舗TINAMIを活動拠点とします。
同じく「ヲ」で検索してみてね。

画像についても以前のものは綾波の投稿で使用済みだったため、撮影はしたもののweb上では次点として未公開だった写真、プラスその他これまで自分が完成させたキットの未公開ボツ写真2枚の計3枚に変更。画像内の文言も「fgでの活動を休止しました。これはボツ写真供養の投稿です」に書き換えて、ページ内では極力「TINAMI」の名前を出さず、また運営批判ととられるおそれのある旧文言はそのままプロフィールページの自己紹介欄に移動させ、以下の追記を運営宛てに送信しました。

重ね重ね失礼します。
当該作品「引越しのお知らせ」を「活動休止のお知らせ」にタイトル変更し、文言にも修正を加え公開状態にしました。
何度も非常に泥縄的な対応をさせてしまい申し訳ありませんが、これも私にかけられた「荒らし行為」のような不当な汚名をそそぎ、作品を公開するための努力とお考えいただき、協力いただけますよう伏してお願い申し上げます。

とにかくクロメアによる不当な非公開扱いや削除を免れるためのいわば全面降伏と言ってもいい変更でした。しかしこの投稿は「現時点のfgで活動を継続する意志がない」ことをお気に入り登録してくださっているユーザーに報告するのが最大の目的であると考え、その目的から逸脱しない範囲での変更であったとも思っています。
いずれにせよ「個別対応する」とクロメアも言ってくれているわけで、以後クロメアと自分との間で公開継続のための落としどころを探ってゆけるならそれに越したことはありません。

5月18日、クロメアから返答。

 ヲ様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

ご質問いただきました件につきまして下記ご回答申し上げます。

●「私を含め投稿者が作品に込めた意図よりも、それを見た他ユーザーの意思が常に
 公開基準に於いて上位にあると解釈してよろしいでしょうか?」というご質問
について

ご投稿者様が作品に込められた意図につきましては尊重すべきものと考えており
ますが、
SNSは、交流・他の人に見られることを前提として運営されているサイトでござ
いますので、
利用規約・ガイドラインを踏まえた上で、同時に閲覧者様がどのように感じるか、
またサイトの方向性(作品を紹介し、交流するという主目的)に沿っているか、
などを総合的に検討した上で判断しております。


●「対応を求める問い合わせの件数」について

具体的な件数などについてはお応え出来かねますが、投稿時からお問い合わせは
ございまして、ランキング実装時期を境に件数が大幅に増加いたしましたことから
今回の再検討を行う経緯となった次第でございます。
本件につきましても、あくまでも利用規約・ガイドラインに則った対応で
ございますこと事を重ねて申し上げます。


ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。


fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

この変更がいずれ妥当だったのかクロメアによる不当な非公開扱いからはひとまず免れるに至りました。
しかしだからといって全ての問題が解決したわけではありません。事によっては更に悪化していると言ってもいいでしょう。
なにしろ利用規約にもガイドラインにも抵触していない作品を「対応を求めるユーザーからの声」だけを理由に一度は非公開扱いにされ、場合によっては一方的に削除さえされてしまうかもしれなかったのは厳然たる事実。
そこだけはしっかり釘を刺しておかなければいけません。

寄せられた要望の数の状況につきまして、非常に答えにくい質問にご返答ありがとうございます。
また当該作品が現在も公開状態を維持していることから、この作品に対する不当な削除要求が 漸く落ち着いたものと解釈しております。公開のための努力にご協力いただき感謝します。

さて、投稿作に込めた私の意図が運営の判断に無関係であるのと同様、今回運営が提示されたデータは
私にとって依然状況証拠の域を出ず、主張の取り下げや変更に足る根拠とはなりません。
当該作品は現在も公開中ですが、それを以て過去に受けた不当な措置、運営とユーザーとの間に横たわる
決定的な認識の違いをを不問にしてよいとは考えておりません。

利用規約・ガイドラインが常に全ての可能性を想定しているべきであるとは思いませんが、
『対象となる作品が利用規約・ガイドラインに抵触していない=一定の公開基準を満たしている作品で
かつ利用規約・ガイドラインに想定されていない範囲でも特段の問題がないと運営が判断したのであれば、
運営が批判の窓口となって作品と投稿者保護のため最大限に対応すべきであり、そこには何ら 「グレーゾーン」などといった茫漠とした概念が介在する余地はない』という私の考えに
影響を与えるものではなく、一般的社会通念に照らしてもこれは至極正当な主張であろうと予想します。
でなければ利用規約もガイドラインも存在する意味がありません。
これは運営の重大な業務怠慢と考えますが、いかがお考えでしょうか?

また上記について、残念ながら運営様は当該作品に寄せられた要望の内容と正当性を精査せず、ただ
「絶対数が多いから」という理由一点のみによって予告なく当該作品に非公開措置を施されたようにしか思えません。
仮にこれらの要望が運営様の業務に遅滞を及ぼす規模で寄せられていたとしても、「問題のない投稿」である限り
その責任について追及されるべきは依然として作品や投稿者ではないと考えます。
運営様が現在行なっている措置は、これらの責任を私に負わせるために理由を後付けし、問題をすり替えているだけです。
過去そして現在fgを彩る多種多様な投稿作品ですら「長期間ランキングに居座っている」
「タイトルが気に入らない」「文言が〜」など様々な所謂難癖レベルの要望であろうと、その絶対数さえ多ければ
今後も一貫して非公開・削除措置を執行するおつもりであるという不退転の決意の元で判断された
結果であると解釈してよろしいでしょうか?

予告のない非公開措置そのものに関しては規約にその文言がありますが、これはそもそも利用規約および
ガイドラインに即して判断を下した場合のことであり、私の投稿に対する措置がガイドラインから逸脱した
超法規的なものである以上、予告なき非公開措置に関する規約文言も同様に「超法規的に」効果を及ぼさないと考えます。

重ねて申し上げますが、「ランキング実装時期を境に件数が大幅に増加」したのであれば、それはあくまでも
現行のシステムが仕様のとおり正常かつ健全に運用された結果であり、1ヶ月以上も前に投稿した作品が今ごろになって
fgのトップに長時間表示されたことそれ自体は私の責任ではありません。
運営自らがゴーサインを出している仕様に基づいたシステムが導き出した帰結の責任を投稿者や作品に押しつけることが
「交流・他の人に見られることを前提として運営されているサイト」の判断として正しいとは到底思えません。
この点について改めて見解を伺いたく思います。

また当該作品で行なった「お気に入り登録してくださっているユーザーへの告知」は、そもそもの発端が
4月の仮オープン以来1ヶ月以上、旧サービス停止から起算すれば既に2ヶ月以上もの長期間を経て
運営様が当初に約束された交流システムの大部分が未だに実装されていないか、またはユーザーには到底把握不能な
夥しいバグを抱えた状態でのサイト運用を行なっておきながら、それらの修正状況、各バグの深刻度、修正の優先度、
修正完了に至るまでのロードマップなど、ユーザーの持つ不安を払拭するために考えられ得る如何なるケアも怠り、
「ベータ版だから」のひと言で片づけている運営の不誠実さゆえ致し方なく採った行動でもあります。
旧fgのデータが統合され、過去のお気に入り登録ユーザーが把握できるならば運営が仰るように個別での
メッセージのやりとりで済ませることも可能でしたが、それすらままならない状態ではこうするより他に手段がありませんでした。
私は以前にもこれら不具合の質と量をユーザーに可視化する旨要望をお送りしましたが、その際にも

>●不具合全般の報告について
>貴重なご意見承りました
>スタッフ一同真摯に受け止め、検討を行い修正・改善に努めさせて頂きます。

と木で鼻を括ったような回答しか戴いておらず、事実その後も「一部不具合の修正」など最低限の内容すら明かさない文言で
事足れりとする態度には一向に改善の跡が見られておりません。
このように、不具合や運営の怠慢が一見して全く不明である現在、サイトへのアクセス頻度が低いユーザーの目には当該作品や
その他ユーザーの「引越します」などの投稿が不愉快なものと映っても仕方がありません。
この状況にあって運営の目指す「サイトの方向性」が正しく伝わるはずがないのではありませんか?
現に実情を正しく把握していない一部ユーザーには「勝手に引っ越せ」といった中傷を含む投稿を行なう人も見られ、極めて遺憾です。(※)
当該作品を含むこれらの投稿群が「交流・他の人に見られることを前提として運営されているサイト」の運営を
妨げているとお考えなら、それこそ本末転倒と言わざるを得ません。
現在の状況を生み出した元凶がどこにあるかについてのさらなる熟考と、一刻も早いユーザーへの態度の改善を求め、
この件に対する回答は私個人宛でなくfgサイト上で誰にもアクセス可能な状態で行なっていただきますよう要望いたします。

もう一つ、先日からのやりとりの中で繰り返し現れていた「専門家」とは具体的に如何なる分野の専門家の方なのかが
判然としないため、運営の措置・主張がいかなる立脚点に基づくものなのかがわからず、その指針についてどの分野に絞って
議論を展開すべきか迷っています。
弁護士など法的な分野の専門家であれば私としても法的見地で議論させていただきたいですし、経済的・倫理的・情報科学的分野、
いずれにせよその専門家が立つ土俵がわからないことには水掛け論にさえならない無用な時間を浪費せねばならず、
それによっていつまでも運営様の貴重な時間を割かせるのは心苦しく思います。
お忙しいところ恐縮ですが、この点につきましてもご返答いただけますと幸いです。

※:一連のランキング結果の異常事態を快く思わないらしいユーザーがこのような文言を画像内に入れた投稿を行なっていた。

返答はありませんでした

再公開以後「活動休止のお知らせ」は再びランキング上位に食い込み、事情を正しく把握していないユーザーの一部が今度は作品ページのコメント欄に直接中傷・罵倒のコメントを書き連ねるようになりました。
どのようなコメントが送られ、それに対して自分がどう返答したかについては5月24日のweb魚拓をご覧ください。

事情を正しく把握しているユーザーの方からの励ましもあったものの、やはり謂れなき中傷への対応には非常に神経を磨り減らされました。
責められるべきは数々の不具合を放置したせいで批判を受けてなおダンマリを決め込むクロメア自身であって、自分やその他の祭り上げられたユーザーは寧ろ現fgの惨状による混乱が生んだ猜疑心の捌け口としての立場を強いられている被害者のはずなのに…。

なんともやるせない気持ちで過ごしていた5月24日、クロメアからの通達が届きました。
それは一種の最後通牒とも呼ぶべき内容でした。

 ヲ様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

先日より対応させていただいております

[活動休止のお知らせ]
http://www.fg-site.net/archives/186987

に関しまして、16日再公開以降もユーザー様より多数の通報があり、
確認いたしましたところ、

利用規約・ガイドラインに抵触する投稿と判断いたしましたので、
公開範囲の非公開化を行いました。
本メール送信後72時間以内に該当作品の削除をお願いします。

再度公開されていることが確認されましたら
内容変更の有無に関係なく運営にて投稿作品の削除をさせていただきます。


また、利用規約・ガイドラインに則りまして
本サービスの利用において、利用規約・ガイドラインに抵触する行為を
続けられました場合、運営会社は、会員の強制退会、利用停止、
画像等のデータの削除、公開範囲の変更等の処置を
適用させていただく場合もございます。


ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。


fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

続きます。次回で最後にしたいな…。

カテゴリ:fg問題, フィギュアとか

ページトップ▲

fgがおかしい!〜その3〜

「その2」で主に解説した新fgの画像ファイル名に関する致命的バグ。これと時を同じくしてfgの外ではあるサイトが動きを見せていました。
そのサイトはTINAMI。古くはファン向けポータルとして、近年は作品投稿型SNSとして10年以上の実績を誇る大手サイトです。

TINAMIでは実は旧fg開設よりわずかに早い2008年6月にはマンガ・イラスト・小説などいわゆる二次元の創作活動むけジャンルの他に「モデル」という模型やドール、小物などの作品を対象とするジャンルが設けられていましたが、複数の画像が投稿できたり画像メモが付加できたりと旧fgの使い勝手が完璧に近いことでモデラー界隈に一気に広まったため、長く日陰の存在となっていました。
ところが新たなfg運営クロメアが発表した「スター課金システムを中核とするリニューアル案」に不満を覚えたユーザーが移住先候補としてこのTINAMIに画像複数枚投稿や画像メモなどの機能追加を要望。これらの要望を受けたTINAMIが4月3日、突如Twitter上でこれらの新機能に関する意見を募集(ソース)。そのわずか三日後には画像複数枚投稿機能を実装し、fgの行く末に危惧を抱く多くのユーザーに希望の光を照らす形となりました。

一向に改善の兆しを見せないどころか進捗はおろか不具合の数さえ明かさない自分本位の新fgと、老舗ならではの意識の高さでユーザーの要望に真摯に耳を傾け可能な範囲で迅速に対応してみせる有言実行のTINAMI。
自分が活動拠点とすべき場所はどこなのか、この時ようやく気づいた自分は4月8日、fgに「引越しのお知らせ」と題した投稿を行ないました。
活動拠点を移すと言っても自分はそれこそ10年近く昔にTINAMIのID自体は取得していたので、「TINAMIで本格的に活動を開始することに決めた」が正しいかもしれません。
画像は自分にとって一番fgでの思い出が詰まったクルシマの綾波を流用しました。

引越しを決意した理由はこれまでに述べた問題点も勿論ですが、旧fgのデータが統合されていないせいで旧fg時代のフレンドやお気に入りのデータが正しく引き継がれていなかった点も大きな要因の一つでした。
特に精神的に辛かったのはやはり裸族たんとのフレンド状態が反映されていなかったことです。
というのも当時のfgの仕様では全ユーザー中でアクティブ(リニューアル後1度でもログインしている)なユーザーに関してのみフレンド状態が反映されるため、このままだと既に亡くなっているユーザーとのフレンド関係は永久に復活することはありえなかったのです。

彼が荼毘に付されたその日、自分は大阪の「がれ喫茶 猫鯖」でこの綾波を塗装していました。
このキットにはかねてから裸族たんが眠眠ちゃんの魔改造作例で提唱したクリアタルゲルによる水滴表現を試すつもりでいたのですが、グズグズしていたばかりに本人に見せられなかったのがとても悔しく、訃報を聞いた直後「これを完成させなきゃ」という使命感にも似た思いに駆られたのを今でも覚えています。
無事に綾波は完成し、fgへの投稿は自身初のデイリー・ウィークリー・マンスリー1位獲得を達成しました。
…この話題、故人をダシにするようで触れたくなかったんですが、自分にとってfgと裸族たんの思い出は絶対に不可分なものだったのは紛れもない事実ですし、それだけに「データ統合の失敗」などという運営のくだらない勝手な都合で思い出を踏みにじられた気がして許せなかったので、熟慮の末あえてここに書きました。
結局その後フレンド情報だけは比較的早期に反映されはしましたが、事はそれだけではありません。

「旧fgで獲得したスターの情報はデータ統合後完全に失われる」という信じられない発表です。

よほど多くのユーザーからの反発があったのか後日クロメアは「数値のみ移行する」と慌てて撤回するのですが、これらの対応からはクロメアがフレンドやお気に入り、獲得スターを単なる「記録」としか見ておらず、フレンド登録した側された側、お気に入りに登録した側された側、スターを投じた側投じられた側のユーザーそれぞれが持っていたであろう様々な思い、「記憶」を如何に蔑ろにしているかが実にありありと伝わってきます
「その1」で現fgが抱えている一番の問題点として「モデラーの目線を持っていない」ことを挙げた根拠にはこうした経緯での所感もあるとお考えください。

引越し宣言こそしたものの、まだfgには一縷の望みを託していました。なにしろID3桁で会員登録して以来毎日のように来訪し、少ないながらも作品を投稿していた大事な場所です。遅きに失しても今の運営が自らの非を率直に認め、ユーザーの意見に耳を傾けるよう努力し、まずは一刻も早くこの無茶苦茶なサイトの状態を是正するなら再びここへ作品を投稿する日が来るかもしれない…と信じていました。

そんな思いとは裏腹に遅々として進まない修正作業にイライラしながら一ヶ月足らずが過ぎた5月3日。新fg上でランキングが稼働開始するとfgの現状を揶揄するかのように「うんこ」を象った作品が次々に投稿され、「fgうんこコンペ」のタグを付けられたいろんな顔をしたうんこがランキング上位に居並ぶ不思議な光景が広がりました。
これらのうんこ投稿がランキングを占めている状態に苦情が寄せられたのか運営は片っ端からこのうんこを非公開・R18扱いとし、全てをランキングから排除してゆきました。
おそらくうんこへ投じられたスターの大部分は現fgに対する批判・抗議の意味が強かったであろうと推測されます。
一日15ポイント、最大で三日分45ポイントまでしかプールできない現在の仕様でうんこ投稿のほぼ全てがランキング上位に入るほどの抗議の声。題材的にR18が相応であるとかそれ以前に無視してはならない大きさの声であったことは確かだと思うのですが
そもそも一連のうんこの中には旧fgに投稿済みの作品も含まれていて、実際そのうんこは旧fgでは一般向け扱いで何の処分も受けていませんでした。時流に合わせたガイドラインの見直し自体はあって当然でしょうが、このタイミングで見直される理由は運営にとっての不都合以外に考えにくいと個人的には思います。

うんこに代弁してもらう機会を失った新fg批判派ユーザーは次に自分や他のユーザーが投稿した「引越し告知」投稿を新たな代弁者として選び、自分の投稿が5月10日にはランキング4位に、翌11日にはランキング1位に祭り上げられる結果となりました。
すると5月12日、なぜか自分の投稿が突然ランキングから姿を消してしまいます

現fgではスターが投じられると投稿者にメールでの通知があるので投票状態が詳細に把握できるようになってるんですが、11日に送られたスターは「すごい」「これ好き」「なるほど」合わせて実に1393。12日もぶっちぎり1位は確実だったであろう数です。
すぐに運営宛てに理由を問い合わせました。それもかなり強硬な態度で。

私が4/8に投稿した「引越しのお知らせ」http://www.fg-site.net/archives/186987が本日のデイリーランキングに反映されておりません。
私の元へ届いたスター通知メールを精査したところ、本作へは5月11日午前5時から5月12日4時59分までの間に99人の方からスターをいただいており、私の計算が間違いでなければ合計503スターとなるはずです(※)。本日の総合ランキング1位の作品が「昨日のスター数:238」ですから、純粋にスター得票数で考えるなら私の「引越しのお知らせ」は少なくともこの作品より上にランキングされていておかしくないと思います。
以上の事実を踏まえ、なぜ私の投稿がランキング対象から外れてしまっているのかご説明を願います。もし明確かつ納得のいくご説明がない場合は運営様の意図的な改竄、ユーザーを相手とした詐欺行為と見なし、それ相応の対処を考えます。
今後スター評価システムに課金を予定されているご自身の立場を熟考の上、お返事頂けますようお願い致します。

※:問い合わせ時の単純な計算間違い。正確には前述したように1393スターで、この問い合わせ後に修正値を報告している

現在の投稿の状態で果たして自分に非があるとするならどこか…返答を待つ間あれこれと考えを巡らせました。

5月13日朝のツイート群で振り返ってみたいと思います。
参考(Twilog)

いちおう報告。fg「引越しのお知らせ」に寄せられた昨日(※筆者注:5月12日)の集計分に該当するスター通知は合計30件、すべてオール5で合計450スターでした。昨日だけなら何かシステム上のトラブルもあり得ましたが、これで何らかの意図が介在する可能性が格段に上昇しました。

ランキング排除の理由を昨日からずっと自分なりに理屈づけようとしてますが、どう辿っても筋が通らず困ってます。考えつく最も常識的な線は「批判的な文言」、「外部サイトへの誘導行為」、「組織票の疑い」といったところでしょうか。

批判的な文言を理由とする場合、そこには運営を「不当に」貶める意図が誰の目にも明らかである必要があると思うのですが、自分は現fgに対する所感を包み隠さず述べたにすぎず、「同意されたら評価お願いします」などの煽動も行っていません。

「外部サイトへの誘導行為」と取られたと解釈した場合、誘導先はTINAMIに限らずヤフオクでも除外要件を満たしますし、拡大解釈するまでもなく「製作過程はblogを見てね」すら不可と言えるでしょうし、プロフに外部サイト記入欄があること自体矛盾します。

最後に「組織票の疑い」。5/11の1400近いスターが異常な得票数と判断され、リファラに組織票を疑うに足る証拠が残っていたのかも知れません。確証があるなら情報開示を希望します。自分は誓って組織票を求める行動などしていませんが、こちらの証明は難しいでしょう。

しかし仮に組織票があったとして、外部での宣伝が組織票の誘致であるとするならば、このハッシュタグを用いた告知さえも除外要件になるでしょう。運営自身も利用しているこのハッシュが規約違反になるんでしょうか。

さらに組織票があったとしても、問題にすべきは組織票でランキングが簡単に塗り替えられる現在のスターシステムそのものでしょう。投稿者のあずかり知らぬ外部で話題になり票を伸ばした作品は今後もこうして除外されてしまうのでしょうか。

自分としては今回のランキング1位はあくまでも現行のシステムが仕様のとおり正常かつ健全に運用された結果だと感じています。システムの仕様が生んだ当然の帰結が運営に都合の悪いものだったとしても、その責任を投稿者に擦り付けられるのは到底納得いきません。

いつまでも喚いてないで退会しろと思われる向きもあるでしょうが、自分としては数ある選択肢の中で活動拠点をfgからTINAMIへ移したまでのことです。メールでの個別対応で退会可能なのは知っていますが、今のところそこまで積極的に退会処理を行うつもりはないです。


結局これに対するfg運営クロメアからの回答は三日も待たされた5月15日にようやく届くのですが…

 ヲ 様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
下記の作品について、通報を受けて
運営にて確認させていただきましたところ、
立体造形物の紹介と関連の無い投稿と判断致しましたので、
当該作品を非公開化いたしました。

http://www.fg-site.net/archives/186987(※筆者注・「引越しのお知らせ」のURL)
http://www.fg-site.net/archives/176142(※筆者注・「ファイル名管理状態の検証・1」のURL)
http://www.fg-site.net/archives/176137(※筆者注・「同2」のURL)

恐れ入りますが、数日以内に投稿作品の削除をお願いいたします。
再度、公開されていることが確認された場合、
運営にて投稿作品の削除をさせていただきます。

fg/cgについての利用規約及びガイドラインにつきましては
下記、URLをご参照ください。

http://www.fg-site.net/terms
http://www.fg-site.net/guideline

また、お問い合わせいただいております

「引越しのお知らせ」
http://www.fg-site.net/archives/186987

がランクインしない件に関しまして
5月12日にプログラム修正させていただいた際に、
[製作中の作品]はランキングの対象外とする処理を実装いたしまして
当初からの仕様にプログラムが更新された為となります。

ヘルプページにも記載させていただいております為
該当箇所は下記URLをご確認ください。

http://www.fg-site.net/help#q3-5

ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。

fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

…徹頭徹尾、実に不可解な回答でした。
まず何よりなぜこれらの作品を削除せねばならないのか。
いずれも自分で購入、もしくは組み立てた模型を撮影した画像なのに「立体造形物の紹介と関連の無い投稿」と判断されたのか。
そしてなぜ「製作中の作品」はランキングの対象から除外されねばならないのか。
完成までの「記憶」はクロメアには不要で、完成品の「記録」だけが大切なのか。
仮にその判断が正しく、クロメアの言う「当初からの仕様」どおりであったとして、他に優先すべき修正作業が山積していると誰の目にも明らかな状況下、なぜ今このタイミングでわざわざ修正したのか。

この返答が届いた当時も相当首をひねりましたが、このエントリを書くにあたって改めて読んでみても見事に一行たりとも意味がわかりません

とりあえず「引越しのお知らせ」はカテゴリをランキング対象となる「組立・改造した作品」に変更して再び公開状態に戻し、この返答が届いてから30分ほどで二度目の問い合わせを行ないました。

先日お問い合わせした「引越しのお知らせ」がランキング対象から除外された件について、ご返答ありがとうございました。
適切なカテゴリを選択していなかった私の落ち度だったようです。
当該作品につきましては写真を変更し、カテゴリを「組立・改造した作品」として再び公開させていただきました。

あわせて「ファイル名管理状態の検証・1」「同・2」を「立体造形物の紹介でないため非公開とした」旨ご説明いただきました。
こちらについては特に異存はありませんが、そもそもこの作品を公開した数日後の4/8に同作品ページ内で発生したファイル名の不具合について報告した際になぜ当該作品を「立体造形物の紹介でない」と判断されずそのまま公開状態を続行されたのかにつきましてもご説明いただけるとありがたく思います。

「ファイル名管理状態の検証・1」「同・2」に関して異存なしとしたのは既にこの投稿の主目的である「ファイル名管理のバグによる画像上書き現象の再現性実証」は果たしており、仕様変更前の画像には脆弱性が残っているとはいえ注意喚起の役目もこの時には薄れていると判断したためです。
そしてこの問い合わせにあるようにクロメアが不具合を公表すればひとまずの混乱は招かないだろうと思ったのです。

約1時間半後、クロメアから届いた二度目の回答は輪を掛けて難解でした。

 ヲ 様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

お問い合わせいただいた件に関しまして、
送らせていただいたメールにも記載させていただいております通り、
立体造形物の紹介と関連の無い投稿となりますので、

作品名:引越しのお知らせ
作品URL:http://www.fg-site.net/archives/186987

上記に関しましても作品の削除をお願い致します。
改めて非公開化させていただきました為、
再度公開が確認された場合は運営より削除させていただきます。

今回、ご指摘いただいている作品につきましては
利用規約・ガイドラインにおいて違反とは一概には言えない
ものではございますが、「利用目的に沿わない作品群」に対して対応を
求めるご要望が多数のユーザー様からございましたので、
専門家等の意見を伺いながら利用規約・ガイドラインの適用範囲を再検討しました。
つきましては、現在当該作品に対して個別に対応を行うことといたしました。

ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後とも、fg/cgをよろしくお願いいたします。


fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.cg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

………専門家…?

不本意ですがまだ続きます…。

※9/1追記:
5月13日朝のツイートについて追記しました。

カテゴリ:fg問題, フィギュアとか

ページトップ▲

fgがおかしい!〜その2〜

「その1」では現fgが孕んでいる一般的な問題点について述べ、「しかしこれらのことは実は自分が現在もなお憤っている本当の理由ではなかったりします」と締めくくりました。
ここからは空条さんが現fgに対して最も怒っている問題点、個人的に絶対に看過してはならないと思っている点について、その前段とでも言うべきお話です。

最初に言っておきますがここからのトピックは時系列がとても重要です。現fgで何が起こっているかを掴みかねている人はたいていこの時系列を見誤っているのが原因だと言っていいでしょう

当初3月17日と謳っていた現運営クロメアによるfgのリニューアルオープンはその前日16日に「デバッグ作業工数見直しの為」を理由に17日11時まで延長。
ソース
が、17日未明「デバッグ作業により予期せぬ事象が発生し、作業の工数見直しが発生した為」リニューアルオープンは「3月中」を目処とする未定延期に。
ソース

このリニューアル工事に先立ち旧fgでは2月末をもってランキングが凍結されていました。
あるユーザーがシステムの穴を突いて不正にスターを投じる方法を公開し、剰え自身のTwitterでその方法を暴露したためやむを得ずとった措置です。

これからスターのシステムに課金を行うと発表した矢先の事件だったこともあり、取り返しのつかないことになる前に脆弱性を明るみにした当該ユーザーを評価する声も一部にはありましたが、自分としてはこうした善意のハッキングに準ずる行動を起こす場合はまず迅速かつ秘密裏にシステムの脆弱性を運営者に指摘し、全ての資料が当事者間以外の誰にも漏洩しないことに全責任を負うべきだと思っています。
それを相手が黙殺したのならともかく、返答も待たず訳知り顔で実行に移し、かてて加えてその方法を全世界に発信してしまった時点で自分の中での彼の評価は単なる愉快犯で確定しました。残念で嘆かわしいです。

このランキング停止を決断した際、運営はスターとランキングをfgの「根幹を成すシステム」であるとの見解を明らかにしました。この時点では自分もその考えに異論はなかったし、事情が事情だけにランキング停止もやむなしと思いました。
今にして思えばこれこそがクロメアfgに目に見えて大きな暗雲が垂れ込める最初の瞬間だったわけですが…。

それから約一週間後の3月7日、新システムへの移行作業を名目として旧fgは一時閉鎖。当初の予告どおりなら10日間で済むはずだったこの閉鎖期間は結局20日以上に及び、リニューアル完了まで閲覧することさえできない状態となりました。
仮にDB移行作業があるとしてもその期間の閲覧そのものを止める必要はないように感じた(そもそも新システムへの載せ替えなんて長くても1日あれば済むような気もする)のですが、ここでクロメアの技術力をとやかく言ってもはじまらないので割愛します。

そんなこんなで「3月中」の予告も華麗に破って4月1日未明、散々待たせたfgリニューアルオープンが遂に実行されました。
しかしこのオープンもDNS浸透待ちのためオープン宣言から約1〜2時間の待ち惚け。ようやく漕ぎ着けたオープンすらすんなりとはいかないあたり見事としか言いようがありませんでした。
リニューアルまでサイト閉鎖してたんだから普通に考えればその間にドメイン移管しておけたと思うんですけどね。謎です。

やっとオープンした新fg。喜び勇んでログインしてみれば…IEでは何がなんだかわからないレベルでレイアウトが崩れていたり、それ以前になぜかBASIC認証のウインドウがポップしたりとそれはもう散々なありさまで、この状態を措いてなお迅速に修正すべきだったバグとは果たして存在しうるのかと首をかしげるほどの…なんというか「稚拙」とかそんなチャチなものじゃ断じてねえ惨状が繰り広げられました。
当然この日を首を長くして待っていたユーザーは阿鼻叫喚。苦情を入れようにもどこから突っ込めばいいのかわかりません。
こんな開発技術レベルですから旧fgのデータ統合も当然失敗。結局旧fgは「リードオンリー」として今日もなお残り続けているわけです。どうせ残しておくならなぜわざわざ3週間以上も閉鎖したんでしょうか。謎です。

それからの数日は正直よく覚えてません。
ただ一つだけ、「もうあの頃のfgは戻ってこないんだ」という絶望感が忘れたくても忘れられないほど強く刻み込まれたのは確かです。

4月3日。
それでも自分たちヘビーユーザーがバグを洗い出し辛抱強く改善要求を出し続けていけば少しは前進するだろうと死んだ魚のような目で新fgを眺めていると、新着にある投稿のサムネイルに付与されたalt属性が「サイト内で生成された管理用ファイル名」ではなく「投稿者がアップロードした際につけていたローカルのファイル名」のままであることに気づきました。
さすがにそんなことは有り得ないだろうと思って画像のURLを確認してみると、アップされた画像のURLはなんと"yyyy(年)/mm(月)/ローカルのファイル名.jpg"となっていたのです。

fgに投稿する時、大抵の人は自分で順番がわかりやすいように「01.jpg」〜「10.jpg」といった感じでリネームしていると思いますが、つまりこの仕様では2012年4月いっぱいは「01.jpg」は一番乗りで使った誰か一人しか利用できないことになります。

それだけではありません。
システム側で管理用にナンバリングするのは「万が一にもファイルの取り違えが起きないようにするため」で、不特定多数がめいめいに、1バイト文字か2バイト文字かさえもまちまちな書式のファイル名でアップしあう環境でローカルのファイル名そのまま使うなどもってのほかです。2バイト文字のファイルをアップした場合、サーバ側の仕様によってはディレクトリ丸ごと削除しなければそのファイルの削除自体ができず半永久的にゴミファイルとして残り続ける危険さえあります。
そして最悪、このシステムによればファイル名のバッティングから他の投稿の画像が不慮の上書きで失われるおそれがあるばかりか、悪用すれば特定の投稿の画像を決め打ちで上書きして乗っ取ることさえ可能なのです
方法は簡単。乗っ取りたい画像と同じファイル名で新規投稿するだけです。
ちなみに旧fgでの画像ファイル名生成ルールでは"image/org/xxx(作品番号の上3ケタ+1)/org*****(作品番号)_n(0〜9の1ケタの番号。このまま画像リストの並び順になる)_yyyyyyy(全体での通し番号).jpg"と、複数の条件を並列で用いて生成することで万全に管理されていました。なぜこの仕様を継承しなかったのか甚だ疑問です。
リニューアルと同時のタイミングで旧fgの投稿データを統合しそこない、リードオンリーとして旧fgを残さざるを得なくなったのもこの仕様を継承しなかったため一括管理できなくなったことが大きな理由でしょう

もしも本当に乗っ取りが可能なら、これは画像投稿型SNSでは致命的なバグ。さっそく検証のため「ファイル名管理状態の検証・1」「ファイル名管理状態の検証・2」という二つの投稿を用意し(現在は削除済み)、互いの投稿の間で画像が上書きされる現象の再現を自家的に実証。
さらに協力者を募ったところ、自家的なものに限らず第三者による投稿画像の上書きも可能であると4月8日に確認するに至りました。
この日、これを証拠として運営に以下の文面で改善要望を提出しました。

http://fg-site.net/members/306のギャラリー「ファイル名管理状態の検証・1」のサムネイル画像が第三者によって上書きされているのを発見しました。
現在の仕様では不可能かも知れませんが()、少なくともリニューアルオープン直後から仕様変更までのファイル名管理方法で投稿された作品についてはごく簡単な方法で他ユーザーの投稿作のサムネイルを乗っ取れることになります。
ファイル名管理状態の検証・1」「同・2」はバグの検証のための投稿でしたので、画像を上書きしたユーザーは善意の第三者、バグ検証の協力者であると認識しており、責任を追及したり処分を求めるつもりはありません。
また、この不具合を認識していながら現在もなお仕様変更に関して具体的な発表を行っていない運営様にも責任を問える権利はないと考えております。 まずは早急にこれらの不具合を公表し、仕様変更前の画像についてどのように保障されるのかを明確にしていただきたく存じます。

※:検証開始と同時に運営にはファイル名の不具合を報告しており、この時点ではシステム側でユニークナンバーが割り振られるよう仕様が変更されていたが、仕様変更前に投稿されたものには当然遡及せずローカルのファイル名が与えられたままだった。

これに対する以下の返答が翌日の4月9日。

 ヲ 様

平素はfg/cgをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
またこの度は、ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。

複数お問い合わせいただいております件に関しまして
恐縮ではございますが、まとめて返答させていただきます

●不具合全般の報告について
貴重なご意見承りました
スタッフ一同真摯に受け止め、検討を行い修正・改善に努めさせて頂きます。

●サムネイル画像の第三者による上書きについて
現在修整対応中となっております。
申し訳ございませんが修正までお待ち下さいますようお願い致します。

β版ということもあり、使いづらい印象をお持ちになることもあるかと思いますが
何卒ご理解のほどお願いいたします

fg/cg運営
-----------------------------------------------------------------
フィギュアコミュニティサイト fg  http://www.fg-site.net
3DCGコミュニティサイト    cg  http://www.fg-site.net

Copyright(C) entersphere / Cromea All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------

さっきも言ったようにこれは画像投稿型SNSで絶対に起こってはならない深刻な不具合のはず。この文面でわかるように自分は不具合の修正と同時に運営の透明性向上も求めていたつもりなんですが、ご覧の通りクロメアはその点については返答せず、fgサイト上でも今日に至るまでこの不具合について修正の事実はおろか存在自体についてもはっきり言及しておらず、事実上このバグは闇から闇へ葬られています。
しかし仕様変更前に投稿された作品が今もこの脆弱性を抱えていることに違いはありません。リニューアル直後の当該期間に新規投稿した覚えのある人は一度自分がアップしたすべての画像をチェックしてみた方がいいでしょう
「聞かれれば答えるけど自分からは不都合を公表しない」。隠蔽体質の典型ですね。

自分としてはサイトの出来の悪さまではまだギリギリ苦笑いで済ませられたのですが、この対応でクロメアに対する不信感は最高に達した…つもりでした。

まさかあんな事が起こるとは。
続きます。

カテゴリ:fg問題, フィギュアとか

ページトップ▲