Syndicate this site(XML)

-マンガ者-

全4ページ中1ページ目
< NEW 1 2 3 4

Syndicate this site(XML)

すこしふしぎのインターステラー

事後も事後のお話ですが3/28幕張メッセのコミケSPにサークル参加してきました。
せっかくだからなにか新刊を用意したいとギリギリまで頭をひねるもオリジナルネタはさっぱり浮かばず、さてどうしたものかとぼんやり風呂で〆切までの猶予時間を逆算していた時のこと。

「俺が今いちばん描きたいのってこれじゃないか…?
っていうかこれ出力しないでいるからいつまで経っても頭が創作に切り替わらんのじゃないか?」

で、こんな本作っちゃいました。

『インターステラー』は初日にIMAXで観てスクリーンから溢れんばかりのスコシフシギズムに圧倒され、興奮冷めやらぬうちに(でも即日だとネタバレがひどすぎるので一週間ガマンして)Twitterでこんなのこんなのを投稿してたんですが、どうやらこの2枚だけじゃ満足できなかった…いやむしろこの2枚を描いてしまったばかりに火がついたようで。ちょうどそろそろSFもの描きたいなあって気持ちがあったのも一因かな。

…とまあそんな感じでコミケSP終了後とらのあなに卸していたところ今日「担当者イチオシのページを作ってましたよ」とTwitter経由でタレコミをもらいまして。

これがまたちょっとビックリするぐらい丁寧にレビューされてるんで是非ともみんなに見てもらいたいと思い久々にイベントルポ以外でblog記事をしたためている次第にございまする。

藤子・F・不二雄先生の凄い所はSFとしてのテイストはしっかりと残しつつも、 セリフや言い回しが子供にもわかりやすい説明と説得力を持っている事だろう。

つまり映画で伝わりにくい描写であっても藤子漫画を通してみると
不思議と理解できてしまうのである。

そうそれ!!
Fさん作品はチビッコがSFに目覚めるための最高の教材なんですよ!!
こいつよくわかってる!!

映画には映画の良さがあり、漫画には漫画の良さがある。
それを踏まえた上で、この作品を読んだ後にもう一度映画を観て欲しい。

そうそれ!!
BD見終わった余韻に浸りながらページをめくってほしい!!
この人よく理解してる!!

『インターステラー』の脚本を作ったノーラン兄弟。 藤子・F・不二雄先生。

この作品はSFという絆によって結ばれた意思がある。
そしてSFに敬意を払い、意思をとても尊重している。

もちろんネタだと言われれば否定はできない。
しかしそれはSF作品を好きだからこそのご愛嬌。

藤子・F・不二雄先生がご存命で、もしも『インターステラー』をコミカライズしたら。
そんな空想にふけりつつ、スコシフシギな体験をしてみても良いのではないか。

そうそれ!!!!!
Fさんご存命なら諸手を挙げてこの映画絶賛してたはずだよな!な!!って気持ちで描いてたの!!!!
この方わかってらっしゃる!!!!!!!!!

と手前味噌はこのぐらいにして。

この映画からは『マトリックス』以来久しぶりに今後のSFファンの共通言語になりうるパワーをひしひしと感じました。
『パシフィック・リム』も大好きだけどアレは怪獣アトラクションだしね。
『グラビティ』も大好きだけどアレは宇宙スリラーアトラクションだしね。

すぐ「これの○○って『△△(先行する作品)』のアレだよな!」としたり顔で言ってしまうのはSFおじさんの悪いクセ。
そこには大抵「俺もう知ってたからそんな驚かなかったし!泣いてないし!20年ぐらい前に見たし!」という誰に向けてるのかよくわからない強がりが潜んでます。
そうしたオマージュを照れずにさらけ出しなおかつ新たなセンスオブワンダーを加えて提示して見せた本作。
『バットマン』3部作にしろ『インセプション』にしろ、ノーラン作品には「ヒトがヒトのままヒトの領域を外れていく様子」が描かれている共通点があります。
特に『バットマン』原作では不死身のバケモノであるラーズ・アル・グールの「肉体」ではなくその「思想」に不死性を見出す解釈に唸らされました。
最大のオマージュ先である『2001年』でヒトの進化した姿としてスターチャイルドが描かれているのに対し『インターステラー』では「ヒトはヒトのまま上位の次元を支配する存在に進化してゆくだろう」というテーマが見て取れます。
そんなノーラン作品が大好き。
とうとう人情ものを撮れるようになった彼の次回作が空恐ろしくまた楽しみでもあります。

ぶっちゃけコミケSP会場でも委託でも出足は不調と言わざるを得ないんだけどこの記事を読めただけで出した甲斐あったなってぐらい満たされてしまいまった。
記事を読んで興味が出てきた人にも手に取ってもらえるとうれしいです。
委託部数が少ないせいで店頭販売はなく通販のみなので悪しからず!

とらのあな『すこしふしぎのインターステラー』購入ページ

まあこれで次の新刊こそコミティアで並べられるなんて保証どこにもないけどな!

カテゴリ:マンガ者, 告知, 雑記

ページトップ▲

夏コミお疲れ様でしたとかなんとか

WFに引き続き本業のほうのイベントであります夏コミがスタート!

って終わってるーーーーー!!Σ(゚д゚)

いやもうね...気力使い果たしててね...スペースの写真すら撮ってないという(;´Д`)

というのもですね担当さんに見せようと行きの列車でネームやってたんですけどもね。ちょいと息抜きのつもりで始めたDSシレン・フェイの最終問題がですね。

まずいきなり合成・強化・うっぷんばらしの壺が確定とほぼ同時に透視の腕輪を拾いまして。
ブフーの杖も保存の壺もかなり早い段階で確定しまして。
復活の草は飲んだり飲まされたりしつつ。
ドラゴンが出てくる直前のフロアで白紙の巻物売ってまして。早速ドラゴンをジェノりまして。
モンハウも40階を越えるぐらいまで出会わず、70階あたりで開幕モンハウにぶつかったものの即ぜんめつ読みまして。

気づいたら地球の裏側。窓の外は品川。

一睡もしてませんよ。それもいつもみたいな「うー眠れねえー」じゃなくガチで寝てませんよ。

とりあえず新橋のドトールに入って(徹夜で胃袋が気持ち悪くてとてもご飯ものとか無理だった)7時までネームの続きやって会場入り。設営後の1時間ほどをまたネームに費やすも残り2ページ弱というところで時間切れ...結局担当さんにお土産は渡せずじまいという体たらく(つД`)

なんなんだろうね。なんだって〆切前とかそういう微妙な時に限って最終問題は鬼ヒキが来るんだろうね。それにしても2度目だと裏側マムルのセリフがちょっと変わってるのが少しだけ嬉しかった。消え去り草売ってなかったけど。

まあそんなこんなで。コミケ自体はなかなかいい感じで盛況でありました。館内から売店が追い出されたもんで目につく場所に飲み物売り場がなく、通りかかる友人知人を捕まえてはパシらせるという外道なマネをせざるを得ず。
使っちゃったみなさん申し訳ない&ありがとうヽ(`Д´)ノ
感想とかいろいろくださってありがとうヽ(`Д´)ノ
『翔子』はひとまずおしまいですが、まあそのうち気が向いたらなんか短いのとか描いたりするかも知れませんし描かないかも知れません。まずはとらの通販もよろしくね的な。
次のイベントは9/9ホビコン神戸。東京は11月のコミティアまでお預け。なんか新刊用意できるかしら...。

最初の写真は帰りの水上バスから見た都心方面上空を覆う巨大な積乱雲。ビッグサイトとかの資料写真もっと撮影するつもりがとてもそんな体力残ってませんでしたよ(つД`)

ところで先日のWFルポについてコタツガさんとこでなにやらお褒めにあずかってしまってる様子。
本人的には別にヨソとの差別化を、とか息巻いてるわけでもなんでもねえです。
ただ、どうせヨソの大きなところとか雑誌とかがもっとキレイな写真を撮るに決まってるベストアングルを撮影するより、そのほかにキマるというか面白いアングルを見つけてそれを写真におさめるのが楽しくてやってるってのが大半です。もっともそうやって何かしら意識してシャッターを切っているから結果として「観覧者目線」になってるのかもですが。
だからってベストアングルなんか意識して外してやるぜーとかいうわけでもなく、まあそこは「こんなんあったよー」的ルポとして最低限あるべき写真との区別は頭の隅でやってたりやってなかったり。一応ウチは同人サークルのサイトですから造形方面に疎い人のアクセスもあることですし。
...あるよね?なんかこの2年ぐらいアクセスログにガレージキットがらみの検索結果しか挙がってねえ気がしなくもねえんですけども(;´Д`)

カテゴリ:マンガ者

ページトップ▲

『翔子4』入稿ヽ(`Д´)ノ

本日無事にWF合わせで『フィギュアモデラー翔子4ever』入稿済ませましたよ!
今度こそ完結であります。やー長かった長かった。とりあえず中身は見てのお楽しみということで。

完結巻ってことでちょいと奮発して表紙はフルカラー+銀インクで発注してみたよ。グレー部分が銀になる予定。ウヒョーイ大手みたい。

ここしばらく原稿にかかりっきりだったせいで通販の処理が大幅に遅れてます。週明けには発送しますので申し込みいただいてる方はすいませんがもう数日お待ちください。

WF卓番決定しました。A33-04『モホロビチッチ不連続面』です…ってウチみたいなよくわからんもんがAなんかに配置してもらっていいのかしら…(;´Д`)

入稿帰りにDSのゼルダ買おうと思って梅田のヨドバシに寄ったらMG∀のデモ品が飾ってありまった。まさか置いてるとは思わなかったからカメラ用意してなかったよ。
エッジのギンギン具合はちょっと目を疑うほど。ゲート痕はさすがにそこそこに処理しないとダメみたいですがフォルムは素晴らしく個人的には無改造で全然文句ない感じ。強いて言えば頭の横幅が若干ボリューム不足かなって程度。
ガンプラの発売日を指折り数えるほどの気持ちなんて20数年ぶりですよヽ(`Д´)ノワクワク

カテゴリ:マンガ者, 告知

ページトップ▲

COMITIA76新刊

WHF名古屋以降ダマで新刊作ってましたヽ(`Д´)ノ


新刊タイトル『Super SUKUMIZU Time!』
ひさびさの『翔子』シリーズじゃない本。完全オリジナルは2年前の5月以来と気付いて愕然とした。しかもその2年前のがコレって。進歩してるんだかしてねえんだか。
そんなわけで5/5はイ-17aにてお待ちしておるよ。そしてWHF有明ではセ-11・12『ROUGHNESS』さんで『翔子』『SATCHIN』委託販売。

あともう2日後だけど4/30のWHF神戸23には直参ですよヽ(`Д´)ノ
『ヱビス堂』さんと隣接で『翔子』大キャンペーンをブつ予定。売り切れることはないと思うのでお買い物が終わったらゆっくり見に来てね。卓番はヒ-01ですよヽ(`Д´)ノ

と原稿も終わったので中断してたマザー3を再開。現在7章。
さらに入稿ついでにテトリスDSも買ってきた。キャッチモードがすげえ熱いぜこんちくしょうヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:マンガ者, 告知

ページトップ▲

『サッチン』立ち読みページ公開

早くもWFから一週間、ちょこちょこと『How to SATCHIN』を取り上げてくれてるサイトが。
こちらで捕捉してる順に逆リンクをば。

『HK-dmz PLUS.COM』さん(2/19)
『とある日のコタツガ』さん(2/19〜20)
『Irving lab』さん(2/20)
『大日本技研』さん(2/21)

ってわけで、通販ページから『How to SATCHIN』冒頭数ページが立ち読みできますよ

「作ってはみたけどこれボッコボコにブッ叩かれたらどうしよう(;´Д`)」とオレもスガワラさんも戦々恐々だったんだけど概ね好意的に受け入れられているようで一安心ですよ。スガワラさんのメンツ潰しちゃうようなことにならなくてホントによかった。特にコタツガさんのようにTipsをいっぱい公開してるところから評価してもらえたのがもう嬉しい限り。
でも

ああ、この本あったらコタツガさん要らないな、という感じです(笑)。

そんなことないよう(;´Д`)むしろコタツガさんや芸人さん達みたいな活動へのリスペクトで始めた企画なんだからなくなってもらっちゃ困る!

あとはこの本をたよりに実際に組み上げた人からの感想とか完成写真とか来たらうれしいよねえ…(* ´∀`)←催促
っつか写真送ってきてくれたら問答無用で全部公開するからどしどし送ってくれ!拒否権などない!
いやうそ。

通販のほうもぼちぼちと注文していただいてます。ありがとうありがとうヽ(`Д´)ノ
こっちの不手際で銀行口座の開設が間に合わないうちから通販スタートしてしまいマゴついて申し訳ない。金曜日にようやく口座開設が完了、すでに注文いただいてるみなさんには詳細お知らせしてます。早い人にはもう発送も済ませてるんで週明けには届くかと。もうちょい待ってね。

前のエントリで告知したフィギュア通販仮予約も順調に申し込みいただいてますよ。案外スムーズにいきそうな予感。仮予約はいちおう今月いっぱいの予定につきお早めによろしく。
「同人誌と同時購入もできるのか」という質問もいくつか頂戴してますがもちろんOK。これまでの顧客情報は全部管理してるので、先に本だけ通販で手に入れちゃった人なんかにも柔軟に対応させてもらうですよ。

あとまだ具体的に決まってないけど4/2のWHF名古屋、4/30のWHF神戸ではまた『ヱビス堂』さんとこに間借りして『翔子』『SATCHIN』置かせてもらうことになるかも。
諸々の調整がうまくいったらフィギュアのほうも置く気まんまんなので乞うご期待ヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:How to SATCHIN, フィギュアとか, マンガ者

ページトップ▲