Syndicate this site(XML)

-フィギュアとか-

全35ページ中7ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

Syndicate this site(XML)

ワンダーフェスティバル2011Winterルポ・Part1

日本の冬。WFの冬。そんな感じのアレで今年もワンフェスの季節がやってきましたよ。
今年の記録的な寒さの前には暑がりの空条さんもさすがにステテコ&腹巻きの重装備で朝5時すぎから参戦してまいりまった。
…といっても正しくは6時からみたいなもんなんだけどね。まあ聞いてちょうだいよ。

始発組の到着時刻に合わせて会場前には5時20分ごろに着くようホテルを出ましてね。そしたらエントランスでは昨年の冬に見たのと同じような感じで正面玄関2階への階段を上るよう誘導してるんですよ。
あ、こりゃまた徹夜組扱いされるなと。だったら始発組が着いて先頭へ誘導される時刻までここでしばらく待っていようと。
そうこうしているうちに始発列車の到着時刻から5分ほど経った頃ですかね。

ここの2階の広場は奥の方で海浜幕張駅からの歩道橋が接続してるんですけども、そちらの方から1階広場へむけて誘導されてくる大きな列が見えてまいりましてな。
1階広場はすでにその列を誘導してゆくとおぼしき簡易フェンスが張り巡らされ、我々の目の前を悠然とその列が通り過ぎてくわけですよ。

…え?なに
今回は徹夜列生かすの?
それともこれは始発組を駅から直接誘導してきたの?

あれよあれよと眺めている間にもう始発2本目っぽい集団までやってきまして、おいおいそりゃねえよと慌てて2階へ上がり列に合流したものの時すでに遅く。
前日宿泊のアドバンテージは見事消え去り始発2本目集団の後ろにつかざるを得なくなっちゃった空条さんでした。
こちとら徹夜などというマナー違反はせずにきちんと始発の時刻に合わせて来てるってのにンモーなんなのこの宿泊組に優しくないシステム!?
いやまあしょーもない知恵を働かせてず諾々と誘導に従ってりゃ済んだ話なのかもだけど。ちぇー!!

…で、これが待機列の確定した直後の様子。位置的には4ホール搬入口の前あたり。すーっかり出遅れちゃいました。
まあ今回は絶対に欲しい!!ってほどの稀少アイテムもなかったからいいっちゃいいんですが朝からいきなりミソついた気分はやっぱりそんないいもんじゃないよね…。

といつまでグジグジしててもしょうがない。気持ちを切り替えてお祭りを楽しもうじゃあないですか!ってわけで写真ルポいっくよー。

前回のTF神戸から導入したおニューのカメラとレンズでばしばし撮りまくり、合計200枚を軽くオーバーしてしまいまった。ボツ写真含めると350枚。
そういうわけでかなり長丁場のルポになると思いますが飽きずについてきていただけるとありがたいです。撮影許可くださったディーラーの皆さんに感謝!
キャプションとか要らないからとっとと写真見せやがれって方には今回からFlickrを用意したのでそっちをご覧あれ。
fgへのリンクは捕捉できるかぎり網羅していきたいので、エントリ公開後も逐次更新の可能性があります(ブログパーツを配布している作品のみ)。
例によって例のごとく東方・化物語・けいおん!・らき☆すた系は全スルーにつき余所をあたってください。
写真はすべてクリックで大きいのが見られますよ。

使用カメラ:Canon EOS50D
使用レンズ:TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
&SP AF17-50mm F/2.8 LD Aspherical

まずは今回のお買い物から。夏WFで参考出品されてた『RCベルグ』アサルトのマイタンク。

もちろん反転状態のディテールもこのとおり。パッケージは当時のポスターやインストカードで使われてた模型写真のイメージで撮影されてます。

『SOY-YA!!』劇場版クラッシャージョウのスリーピングビューティーことマチュアさんのカプセル。
この絵は公開前に雑誌で見てえらいコーフンしたっけなあー。

カプセル内のマチュアさん。
当時から不思議だったんだけど乳首にコードつないで一体なにモニタしてるんだろうね…?

カプセルの方もスタジオぬえ独特のソリッドなライン構成がよく出てます。

TF神戸ではサフ状態だった『ワンダーバングル』のワイルドの君・リコさんが塗装されてたので改めてパチリ。

柔らかいラインと直線的なラインがいい案配に共存してまする。八重歯も可愛らしいね。

展示のみだったマキさんはリコとのまとまりを優先してるっぽいポージング。
髪の毛の空気感とかいいね。

会場全体が暗いわりに照明はギラギラ→シャッタースピード稼ぐため絞り開放→ピンがこない&白トビ…。
なんか今回そんな写真ばっかりです。せっかく撮らせてもらったのに申し訳なさすぎる!

『ボーメ屋』ミクとはちゅね。
ムッシュはけっこう余所のディーラーの作品を見て「俺も作りたい!」って作っちゃう御仁のようなので、これもたぶんWSC選出の『とらbrindle』のミクに触発されたんじゃないかと。
髪パーツだけで何キロあるのかな…。

『GREEN LILY』あーちゃん。
肩のひねりと膝からふくらはぎのラインが絶妙な華奢さを演出してます。

『こえだちゃんデータベース』の新作はまさかの実在人物、ねんぷち風・橘高文彦。
よくよく見るとギタリストな指先の表情までがっつり作り込んであってうひゃーってなる。

『METAL BOX』エヴァ初号機『ira』。
うん全然ピン来てないし開放ボケしまくりでなにがなんだかわかんなくてごめん!!

口の中までえげつないことになってます。蛍光色の差し色がかっちょいい。

こっちは零号機『avaritia』。ポジトロンライフル引きずるのは初号機の役目なんだけど…まあカッコいいからいい!

フィギュアマニアックスで「はじっこ模型道場」を連載中の『小型模型研究会』小瓶に入った極小サイズのどうぶつたち。
こんな吹けば飛ぶような大きさでもちゃんとレジンで複製されてます。

『つるぎや』ねこのひと(冬)。
ねこのひとシリーズを構成する記号「はいてない&アンニュイな顔」をこっち方面へ直球に振ってる人はまだあんまりいない気が。

前髪の後れ毛と睫毛が植毛で表現されていて、より表情がセクシーに見えまする。

『ZOOMOTH』ではキン消しフォーマットで作られたベラボーマンや景清、金剛番長なんかが。

ベラボーマン。キン消し体型でもあんまり違和感ないのがおもしろい。
おみやげに買おうかと思ったけど完売でした。

ブラックベラボー。ゲーメストなしでは18面のゾルタンとの混合攻撃を越せずに終わってたろうなあ…。

『てくてく堂 造型部』スタトレTOS世界でも最強の部類に入るドゥームズデイ・マシーン。
わりと有名なエピソードとはいえこんなものにまで版権を下ろしてくれる大らかさは昨今のガレージキット事情にあって非常にありがたい存在ですよ。

以前サフ状態だった『ACCEL』あざみがまた矢竹さんのカッチョいい塗装を施されてお目見えしてましたよ。

サフ状態でも充分に伝わってきた凛々しさに肉感が加わってなんともこれはなまめかしい。

『はるまき工房』可動素体CHOKKA。
女性のお腹をボールジョイントのシルエットだけで表現する思い切りのよさが面白くてパシャリ。アッセンブルボーグの設計思想も似通ってはいるけどここまでの大胆さはなかったなあと。

Part2へつづくよー。

カテゴリ:WF2011Winterルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

トレジャーフェスタin神戸2ルポ・part4

これでラストのpart4。撮影を快諾いただいた各ディーラーさんに改めて感謝であります。
WFまでにはなんとかして新しいレンズを導入したいなあ。EF-S60mmかタムロンの90mmあたりの単焦点一本でチャレンジしてみたい。

『妖精の箱庭』スズメっ娘さん。
ぽやーんとした顔や身体のラインと羽根のディテールのコントラストが可愛らしい。
こんな絶滅危惧種ならみんな守らなきゃだよね!(何か重要なことを忘れている)

『GRANDE WORKS』ねんどろいど綾波。
あまりに完成度の高いねんどろフォーマットなので実際の商品にも携わってる人なのかなと思ったけどそういうわけでもない...?
ってかこれこのままグッスマから出てもおかしくないとすら。

『TAIL-SLAP』綾波。
全体通して佇まいがとても綾波してていいなあ。個人的にアスカのプラグスーツはテラッテラの光沢、綾波はしっとりマットって感覚があるから余計に。

テストスーツアスカ。
シンさんが松代に同行してたらこんなポーズでからかったりしたのかもね。

仮スーツのマリ。頭と腕はバイザー装着状態・ヘルメットを肩に担いだ状態とのコンパチ。
いかにも窮屈そうなおっぱいまわりがいいね。わかってるね。

『LongLong』で展示されていた新作は遠子先輩に続いて文学少女から琴吹ななせ。
仮組するだけでも大変な遠子先輩に較べるとずいぶんとオーソドックスに作りやすそうな感じ。完成後に期待ですよ。

『なかはらワークショップ』橘みかん。
正直『ハローキティといっしょ!』のコラボ自体はなにがやりたいのかよくわかんないんだけどこれは可愛いなー。

1/10と結構小さなキットですが細部まで手を抜かず作り込まれてます。
柔らかそうなニットとエッジのきいたバッグやエアバイク(?)の質感差もステキ。

『popstick!』おおかみさん。野性味溢れる立ち姿とキリリとした眉が印象的。
...こんなアニメがあったこともラノベ原作だったことも全く知らなかった...。

『桜前線』ビリビリさん。
ひろしさんはホントになんでも高い次元で再現してくるなあ...。

デレ顔がまたかわいいのう。
あ、超電磁砲は全部見たけどインなんちゃらさん2期は2話で切りまった。あの『そげぶにいくヨ!』はどうにも肌に合わなさすぎる。もっと黒子を映せ黒子を(そこ?)。

いつもながらムンムンとアングラ臭さを漂わせている『サンダーロードスタイル』

ビフォーカツトシ。サイトを見てもなにがビフォーなのかはもう理解の埒外にすっ飛んでます。
でもそんなこたどうでもいいの。カッコいいヤーさん。それで充分じゃないすか。

梵鐘奇遇(つりがねちょうはん)。
この残念な老け方したジョージ・タケイみたいな顔が千両すぎる。

しかし釣鐘でやる丁半博打ってどんなサイコロだ。
オモッチャマなのか。

『サイレントマイノリティ』バカテス瑞希の召喚獣。ちまっとしたデザインが作風によく合ってます。
バカテス放映当時うちはまだテレビ大阪が入らなかったんでよく知らなかったんだけど、なんで召喚獣は固有名がないんだろう...。

なんだか砂糖菓子みたいな印象の綾波。
マニュアルフォーカスで顔に寄ろうとしたら椅子にピン行っちゃった...。

桜ミk...もといオリジナルのパイン・パナシェさん。
この適度にゆるっとしたゆらぎのある造形は個人的には無理に洗練させず大切にしていただきたいところ。

『三元堂ついでの奇楽亭』ここな。
旅行鞄にギュッと詰まったディテールがいいアクセントになってます。

なな。どちらもカラーレジン製みたいだけどこの2作品はキャンバスとして好きなように塗るのが楽しそう。

『チェリーブロッサム』お着替えリンコうおおおおおお半脱ぎぃぃぃぃぃぇぇえええああああ!!!!!!

スク水着替え半脱ぎぃぇっしゃらぁぁあぁあぁああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!11

わきばらスリットぉゎっへゃっへらぁぁあああぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁああ!!!(撮影中ずっとこんなだったのでネネさん撮り忘れました)

そして隣接の『the poppy puppet』お着替えマナカ...おいちょっとこれかわいすぎんだろ...。

先日オープンしたばかりの京都ヨドバシでねんどろリンコとネネさんは通常価格だったのにマナカだけが特価半額で世間のキャラ人気をまざまざと思い知らされたんだけど、そのぶんマナカレシの思い入れは密度が濃い気がするのですよ。
そしてここにもその発露が見て取れるわけですよ。

ぬぐぐ...しかしオレはもう実質元カレシ...これは現カレシの手にこそ渡るべきだ...ッ!!

というわけで今回の購入物は次の1点のみでした。

『アリヌの工作部屋』あの顔。くっちっずっさむっ メッロディーがっ(イェー)
最初にfgで見た時は腹かかえて笑い転げたんですがまさか販売されてるとは。迷わず即買い。
裏側の接続はねんぷち完全互換なので、ねんぷちを持っていれば家に帰ってすぐ遊べます。

こんな風に(これは会場で撮影した使用例)。
ああー腹立つわーこの顔ー!!←褒めている

...といった感じのトレフェス神戸。
これだけのディーラーで賑わっていたにもかかわらず売れ行きの芳しくないところが多かったのは、関西での開催間隔が前回から1年以上も開いてしまったことで「飢餓感を煽る」プラスよりも逆に「WFや東京のトレフェスまで遠征するほどではないレベルの人がガレキの買い方を忘れてしまった」マイナスのほうが強く働いたせいなのかもと感じたり。
「継続は力」は真理。地方ガレキイベントの現状での最後の砦としてトレフェスにはより奮励努力してもらいたいものです。
しっかり根付いてくれるなら入場料が1500円とえらい高くなったことにも目をつぶるからさ。

カテゴリ:イベントルポ, トレフェス神戸2ルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

トレジャーフェスタin神戸2ルポ・part3

矢継ぎ早にpart3。
コンデジ時代のクセ的なアレでISOをケチってしまったせいで全体的に手ブレがひどいね。実際1250ぐらいまで全然実用範囲内みたいなのでこれを教訓に次回からは躊躇わず増感していこう。

『本田浩二商会』見るを持った。元になったイラスト絵はがきも一緒に販売されてました。
バクのすっとぼけた顔とタイトルの力技に負けた。

『ミリメートルモデリング』の両セイバーは以前にも撮影させてもらったけどカメラ新調記念にもういっぺん。

やはりこのオルタさんからは誰が働いてなどやるものかという断固とした決意を感じるね。

ミニセイバー。
いわゆるねんぷちサイズなんだけど単なるねんぷちフォーマットの模倣に留まらず、一目で倉本さんの作品とわかる作家性が乗ったまま破綻なくデフォルメされてるところに才能みたいなものを感じますよ。

『Works-札幌』ネネさん。
似てる似てないだけを基準に評価すると確かに似てないんだけど「これはうちのネネさんだぜ、これがうちのネネさんだぜ」という確固とした意思のようなものを感じる一品。

この楽しそうな表情があるからそんな風に感じるのかな。

最近の塗装作業では毎度お世話になっている『がれ喫茶猫鯖』でおなじみ『猫鯖のパテ缶』ではオープン1周年記念の猫鯖キットが。
無駄な才能が無駄に集まって日々無駄に明け暮れる『がれ喫茶猫鯖』を空条さんは応援しています。

『MINE』今のところ21世紀不健全アニメベスト10に入るであろう『聖痕のクェイサー』のまふゆ。
かなり下半身を強調したバランスなのに下品さは感じない(アニメは下品なだけなのに)のが面白いね。

DIVAミクP-スタイル。
張りつめた空気感と凛々しさがよく出ていて、とてもカッコよくて可愛い。

こっちはスペチャン5モジュール。
P-スタイル同様に静かな躍動感の演出が非常に巧みだなあと。

『春愁堂』のメイン展示はオリジナル3作品。

左に控える狛王・藍樹(こまおう・あんじゅ)。

右におわすは獅子王・燕樹(ししおう・えんじゅ)。

結界を司る鳥居さん。
顔や頭身のバランスの独特さが意外と和風テイストにマッチしていて、流行とはまた違った趣があります。
サイトの考証とか読んでるだけでもなかなか面白いよ。

『P.S.すりーさん』のうぃーさん。
原作まっっっっっったく知らないけど白と青が基調色になってるのはいいとして緑はどこから来てるんだろう...。

これまた面白い構図のセイバー。
スカートのシルエットのおかげで正三角形の印象が強いところを大胆に跳ね上げて逆三角形にもっていってるのは単純にありそうでなかった感じがするのですよ。

『ポヨンマックス』ミニイカ娘でゲソ。
会場を一回りして撮影しに戻ってきたころにはすでに侵略完了(完売)されていたでゲソ。
いイカんじにイカちゃん旋風が吹き荒れているじゃなイカ。

『もぐらのやま』梨穂子。
もう一回りぽっちゃり具合が欲しいところだけどきっと梨穂子自身にはこう見えているんだからつまり梨穂子は可愛いなぁ!!

『CARREY』改め(?)『金魚鉢ぷらねっと』バニー大河&みのりん。
大河を作る人は総じて造形レベルが高いなあというのが今回のトレフェスでの主な所感のひとつでありまった。

『coco@』リンコ胸像。
なんとなくだけどこの人からもスク水ばかり延々といじっていたい人の香りがする(勝手に同類呼ばわり)。

『ちぐさ☆りょ』のマナカはドールサイズの1/5、ニットつき!
執念すら感じさせるこの存在感。

なんでだろう...なんだか...なんだかすごくいやらしい...っ!
っていうか服の下も作り込んであるの!?コナミ版権でそれは可能なの!?どうなの!?

...と取り乱した自分を押しとどめるには充分な『GILLGILL』のすんげえ怖いゾッド。
ああすいませんでしたごめんなさい助けて。

part4に続いてくれるわッ。

カテゴリ:イベントルポ, トレフェス神戸2ルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

トレジャーフェスタin神戸2ルポ・part2

たいへんながらくお待たせしました。やっと手が空いたのでpart2いくよー。
神戸国展は館内の照明が白熱球なみに黄色くて前の現像結果もそれに引っ張られた感じだったんだけど、ちょっと色味があんまりだったのでpart1をUPした直後に現像しなおしまった。RAWはこういう融通が利くのがステキやん。

『カインドオブマジック』水戸コミケ記念に作られた梅酒『うめ物語』のラベルの女の子。
ここのディーラーさんはキムタク専門だと勝手に思いこんでたので素直にびっくり。

帯締めもかっちりした出来だし振り袖のシワの入り方とかちゃんと研究してあるし、それでいて立体にはムリのあるうめてんてーの絵の再現も両立しててなかなか完成度高いですよ。

『スワンボートのスーザ』とらドラ大河。
大河もずいぶん沢山見かけるようになったね。

細っこい二の腕とウエストがなんともえっちいですよ。

『monocana』オリジナルのアキノコちゃん。
隣の木の実がパチンコ玉よりちょっと大きいぐらいのちんまりしたサイズだけど、なんだか随所がかわいらしい。

『makeplus』このみママの上半身はスエット姿とコンパチ。
こんな扇情的なママがいるか!

バニーアスカ。
ポーズはシンプルだけどバランスがすごくいい。手に持ったシャンパンボトルとか細かいところまで緊張感があってカッコいいなあ。

『Alchemist』なんか異様に凄味のあるブラック☆ロックシューター。

全身に施された鋳鉄的なディテールが不気味なまでの迫力を演出してますな。

右手の得物からも油の臭いが漂ってきそう。

『HEADLONG』制作中のピラルクー。
なるほどよく見ると背びれの下あたりのウロコが作りかけ。こうやってディテール詰めていくのか...気が遠くなる作業だ...。

12月から塗装済み完成品で発売予定のガラパゴスゾウガメ。
実に勇ましい佇まいであります。

今度のゾッドは胸像。
いつもながら隙のない仕上げに目を奪われまする。

『結晶洞窟』で展示されてた制作中のだぼだぼセーター幼女たん。
アランセーターは是非ともごりごりに作り込んでいただきたい。

『Y氏』ネネさん半身像。
こ...この菩薩の如き慈愛に満ちたアルカイックスマイル...まさしくネネさん!

数あるネネさんフィギュアの中でも再現度は突出した部類に入るかと。
っていうかY氏の造形の変幻自在っぷりに驚きますよ。

『Echo』カルテットの三人娘(すごい自己矛盾的表現)。
シャルロットはけっこう前の作品で既に完成品にもなってますのう。

スゥファ。
あばらと骨盤の表現がシャルロットから更に深化してます。

最新作のユニ。
そしてあまりにもあまりな主人公の扱い...。

『夢のカグツチノ公国』赤セイバー。
もうなんかすごいを通り越してえげつないわ!

相も変わらぬこの精密感、そして相も変わらぬオールスカルピー...。

素材としてのセイバーを遊びたおすぞ、という戸田さんの気迫みたいなものが随所から伝わってまいりますよ。

『美の丈』で破格値で販売されていたアクリルケースいろいろ。セイバーが入っているケースがたしか6500円ぐらい、ねんどろミクのケースはなんと2000円!
ここに写ってる以外にも六角形の「EMERGENCY」デザインが全面にあしらわれたエヴァもの専用のケースなど、今までありそうでなかったデザイン性に富んだものも。
話を伺ってみたところ模型イベントへの出展は今回が初めて。本業の合間に端材を使って製作しているそうで、今後もイベント特別価格で参加したい、とのことでした。

『O-mesallue』の初春は開場後即完売だったみたい。
このポーズにこのへそチラ!あざとい!あざとすぎる小学7年生!

全然ピンが来てない上に手ブレしまくってますが頭の花もかっちり作り込まれてました。うーんあざとい。

part3につづくんじゃぜ。

カテゴリ:イベントルポ, トレフェス神戸2ルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

トレジャーフェスタin神戸2ルポ・part1

昨年のGWから1年半を経てやっと開催された2度目の神戸トレフェス。久しぶりの関西圏でのガレージキットイベントということで遠征のディーラーも多く、神戸国展にしてはずいぶんと賑わってたなあって印象でありまった。まあ売れ行きのほうはいつもの神戸っぽかったけどね。

そんな感じのアレで写真ルポであるよ。例によって写真はすべてクリックで拡大、fgのリンクは可能な限り網羅してます。
つい一週間前に購入したばかりのEOS50Dの試し撮りも兼ねて...と気づいたら写真点数が夏のWFより多くなっちゃった。まあWFでは結構取りこぼしが多かったからねえ。せっかくのデジイチなのに手持ちのレンズが銀塩のころのズームしかないので写真自体はしょっぱいですが、これから4回ほどに分けてのんびりルポります。
この調子でWFに臨んだらえらいことになりそうだがまあそんな心配はWF当日にすりゃいいや。

『くーまる工房出張所』のオリジナル宇宙船、有人超光速宇宙船「ひかり」。
これ自体も勿論よくできてるんですが、今回はこのキットの販売というよりもむしろ...

その「ひかり」がすっぽり収まるこのドックのお披露目がメインだったんだろうなあと。

この情報密度と緩急の具合はなかなか見飽きるもんじゃないですよ。
劇場版スタトレ(TMP)的なドックを目指したそうですが、確かにジェリー・ゴールドスミスの音楽が似合う雰囲気。

「ひかり」はこんな感じで係留されてます。
作業員とか浮かべると更に臨場感がアップしそう。

『鋼鉄飯店』の新作、「勇者無職」君主モーナ。
すっきりしたラインの作風が原田たけひと作品との相性を引き立ててるね。

『NIGHT-BLUE』八宝備仁画集の女の子。
この画集モチーフからはすでに2点ほどPVC完成品が発表されてますが顔の面構成はこれが一番イメージに近いのではと。

『てけれつ工房』の卓を埋め尽くす折り詰め各種。すげえ!!

こちらは和菓子詰め合わせ。
すのこのサイズからスケールがわかるかな?

松花堂弁当。もうなんか職人芸のレベル。ずっとタメイキ。

『ACCEL』新作、あざみver.2。
前のバージョンよりも一層凄味というか凛々しさが増したというか、矢竹さんの趣味が前面に出まくったというか。とにかく塗装後が楽しみ。

『83℃』黒子。黒子はバカ可愛いなあ!

「やはぁ?んお姉様ぁ?ん(変な声で)」

『Kuni20xx』バカテス瑞希。
健康的なむっちり感が可愛らしいね。

バカテスのフィギュアも結構目につくようになってきまった。
長く親しまれるアイテムの一つになるのかしら。

オリジナル、ろけっと・pizza。
帰りはどうするんだろうといつも思う。...徒歩?

こッこんなけしからんところにタトゥーがッ。

『ワンダーバングル』恋愛ラボの莉子。
よく知らずにこういうこと言うのもなんですが原作の絵よりはるかに可愛いじゃないですかこれ。

キャラ本体だけでなく通学カバンもシャープでカッコいい出来なのであるます。

『プラヅマ法力模型』とらドラ大河&竜児。
どちらもカラーレジンですが竜児のテキトーなキャラデザはまさに多色成形向きであるといえよう。

世界樹ゾディ子。
つるんとした表面にパール塗装がよく似合ってます。

『QuaileEGG』のオリジナル作品。
なんとも不思議な、奇妙な雰囲気を持った一品。

『鶴の館』ビリビリさん。
この水着の絶妙すぎる似合ってなさがたまらん。つるつるてかてかのゲコ太も可愛いね。

『とらbrindle』ミクとはちゅね。
以前のルポで紹介したおすわりミクといい、ここのミクは他にはない清潔感みたいなものがあって好きなのよね。

撮影時におすわりミクが1体だけ残ってたのでフラッと買ってしまいそうになったけどいやこれは自分なんかよりもちゃんとボーカロイド好きの人に買われるべきだと思ってガマンしたのでした。

...ってところでpart1おしまい。part2はまた後日。

カテゴリ:イベントルポ, トレフェス神戸2ルポ, フィギュアとか

ページトップ▲