Syndicate this site(XML)

-フィギュアとか-

全35ページ中35ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 OLD >

Syndicate this site(XML)

フル可動レイキャシールと戯れる



浅井真紀レイキャシール完成ー。


今回は青ボディ・黒ヘッドに格闘戦仕様。写真の武器はファルクロー。


相変わらず重心をかなり後ろにとっても自立する安定性。
今回の改修(後述)によって重心がほんの少し下がったからより安定したかも。


内股になると途端に可愛いさが増したじゃねえですかハァハァ。


5月に買った時は完全素組みだったのでせっかくだから今回はスミ入れだけでもというわけで水性カラー投入ー。
インディブルー・グレー・メタルブラックを適当に混ぜてちょいちょい。はみ出した部分は薄め液を染み込ませた綿棒でふき取る。
下地が成形色そのままなので拭き取り作業によって塗幕を傷める心配もなく。おかげでわりといい加減にやっててもきれいになるもんだな。


IDっぽいエンブレムもがんばってみたぜ。我が家にはレイキャシールの持ちキャラはいなかったんで長男アフロのORANで。
人工皮膚部分のシャドウはIDに使ってるのと同じオレンジ。


イマイチわかりにくいけど瞳にはホワイトを。

さて今回の発売は"Reference version 2.0"ということで、脚まわりの改修が色々と為されている。

そのうちの一つ、スネパーツの寸詰め。といってもこちらは原型師の浅井さんが作業中に原型パーツ両脚とも折っちゃったからというのが真相らしいが。 右が5月購入のversion1.5、左が2.0。 大体2〜3mmほど縮んだかな。


2.0での改修のメイン、開脚機構の見直し。
エヴァ9巻付録のフル可動綾波に盛り込まれた太腿付け根部分の可動軸をこっちにも設けようという試み。
可動軸の位置関係上おもいっきり大股開きにさせた時のシルエットはちょっとだけ難があるものの、プレイアビリティが大幅に上昇したのでこれはこれでアリじゃなかろうかと。
しかしこうして並べてみるとやっぱりスミ入れしただけで随分と印象が変わるもんだ。前のボディが膨張色だから余計にそう感じるのかも。


こっちが1.5のお尻。いやーんじろじろ見ちゃダメーん。


んでこっちが2.0。ロール可動軸が1軸増えてるわけですな。

5月の時にも書いたけど、このキットはオレみたいなぬるモデラーにもガレキやフィギュアの楽しみを味わえるという意味でちょうどいいエントリーモデルだと思う。値段もお手頃だし。
さらに今回からは穴開け作業に失敗した時の補修用レジン棒も色別に付属するという親切設計。「ガレキは組んでもらってナンボ」という原型師さんの想いがこのへんからにじみ出てるよなあ。こういうキャッチボールはマンガ描きにはなかなか得がたいものなので単純に羨ましい。

オレみたく遊んでいるうちにボールジョイントがねじ切れるという報告があったからなのか今回は高強度レジン製のボールジョイントも付属してたんだが、あたらパーツの精度が通常のパーツよりさらに求められるジョイント部分だけあってわずかな個体差でもかなり甘いものになってるなあと。
結局レジン製では充分な接合力を得ることができず素直にポリ製を使うことに。
とこんな感じでバグフィックスをレポートすれば巡り巡って本人さんにも伝わるかもだし、それで次回以降の製作の参考になるかもだし。応援してます浅井さん。



いやホント遊べるよ。うん。

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

WHFルポ

5月のWHF神戸でゲットできた浅井真紀さんのレイキャシールはその直後の関コミで見せびらかしてたらうっかり左足首のアンカーを折るというバカをやらかしたうえに片方の腿のボールジョイント軸がねじ切れてしまう大惨事に。
もともととてもいいキットだったのでチャンスがあればまた組みたいと思っていたこともあり、今回のWHFにはちゃんと開場前から乗り込むことに。

一般入場30分前ぐらいに会場に到着するとすでにけっこうな長さの列ができてるものの混雑対応スタッフの手際はあまりよろしくねえ感じ。いやコレはきっとオレの中でのイベントスタッフの質的基準値がコミケスタッフになってるのが悪いだけなんだ。うんきっと。

入場10分前ごろ、『F-FACE』販売物購入希望者だけが抜き出され別室送り扱いにされる。ぬう今回も最大手か。
整理券番号は154番。でも整理券をもらえたということはこれで100%購入可能なわけだバンヂャーイとのんびり開場を待っているともうどっから見ても並び屋以外のなにものでもねえおっさん集団が。同人誌イベントではこの手合いは見かけたことねえなあ。やはりコミケなどでの大手回りの技能は他とは一線を画するほどの特殊性を備えているんだろう。

列さばきのスピードもかなりのもので入場開始から20分ほどで無事購入イエーイ。でも声グラの原稿やんなきゃいけねえから組み立ては明後日以降かのう。

さて写真入りルポは以下。
『雨の日晴の日』村田蓮爾の画集に収録されたイラストの女の子。
向かって左側のスエードっぽい質感の塗装がキレイだったんだが残念ながらブレブレ。




『T's System』ステルヴィアの半脱ぎしーぽんとお嬢。
キャシール買って開場を眺めて回ろうと最初に訪れたらもうすでに完売ってどんな勢いだ。

同じく『T's』萌え単インクちゃん。
ちょっと目線より下にカメラ構えたらぱんつ写っちゃったえへへ(わざと)。




『S-MIST』パソゲー『紅蓮』のキャラ、茜。
よく知らねえのだがイベントグラフィックの再現かにゃ?こういうディスプレイも面白いですのう。
これまで神戸ではずっと版権が下りなかったらしく今回は初めて版権が取れた記念半額セール。


『Korova Milk Bar』2kたん。

写真では見たことはあったが...デカすぎねえですか(何が)。



『らくがき塗料箱』セーラーさん。
フリルやラインの塗装が丁寧で可愛かった。



『鹿鳴館』アティ先生。
マントはこれぐらいのボリュームがあると量感が伝わってよろしいですな。



『紙々工務店』レゴ式のカスタムものロボ。
これ方面は手を出しはじめるとキリがなさそうだ。無闇にときめくぞ。




『Vispo』マミー=シルアビル?世(『大番長』)。でけーぇ。
写真ではわかりにくいけど頭飾りはLEDで発光してます。


上のセヤダタラの耳も発光ギミック。





『張り子とロケット屋』
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |   クマー!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

釣られクマーはすでに完売。ちょっと欲しかったかも。




『夢のカグツチノ王国』、沙耶と郁紀。
撮影の時に台に手をついてしまいました。申し訳ない。




ずーっとナディアを作り続ける『チェリーブロッサム』の最新ナディア。
貞本義行のいい感じだったころのプロポーションがうまく再現できてます。
今は...なあ





韓国のディーラー『Cerberus Project TM』、『大番長』からシオンと扇奈。
シオンのフリルやーらけー。




『いなばや』綾瀬さん。
脚のラインになかなかの拘りというか執着を感じさせる。
網タイツが写真ではつぶれちゃってるなあ。





『卓球模型』、『ホワイトアルバム』由綺とマナ。
撮影に使ったPowerShotの横幅とほぼ同サイズ。
この小ささでいろんな萌え記号がきちんと盛り込まれてるのがすげえ。




『いわし工房』アファームド系セット。
今回は「秋のVOX祭」と題してVOX系がずらり。




『ゲル世界征服堂』さんりお。
あのゆるーいラインが非常に忠実に再現された愛を感じる逸品。


同じく『ゲル世界征服堂』だばぁMe。
何度見てもいい顔だ...。




『Be-J』、『ストラトス4』より菊原香鈴とストラトスゼロ。
作品よく知らなかったんで帰宅して調べてみたらすげえダメアニメ感漂う作画でびっくり。
フィギュアの方が2万倍かわいいじゃん。




『青銅CIRCUS』、メデューサXr.D。
これも食玩なみの大きさ。
最近このサイズ流行ってるなあってえかみんな米に顔が描けるんじゃなかろうか。

『F-FACE』もはや別キャラじゃねえのかと噂される少年エース誌上販売予定のアスカ。
開場直後は混雑していて見られなかったので後からじっくりと。
ちょうどこれを撮影しているころにレイキャシールの最後のヘッドパーツが売れ、本日分すべて完売。

便乗して拍手ー。

やまとから年末発売予定の1/12スコープドッグに搭乗させるという1/12キリコ。
下にちっぴし写ってるのはエヴァ9巻付録の綾波で、座ってるベースがアスカに付属予定のもの。
キリコはまたもや超絶な可動を実現してるそうなので詳細はご本人のサイトで。
キリコchiccheeeeeeeしスコタコDekeeeeeeeeeし!!!



...あ、エアマスター撮り忘れた。

カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲