Syndicate this site(XML)

-フィギュアとか-

全35ページ中32ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

Syndicate this site(XML)

WHF神戸20ルポ

無事に新刊も脱稿したしとWHF神戸に行ってまいりましたよ。
前日うだうだしてたらほとんど不眠状態で出発するハメになって軽く死にかけたっていうか三宮で電車降りるはずが神戸まで乗り過ごしたりもしたけど。それもこれもエウレカセブンがゾロリ先生のウラなうえに再放送が土曜28時半なんかだからいかんのだ。起きてなきゃしょうがねえじゃん。

昼から雨との予報だったが開場1時間前に三宮に降り立つころにはすでに本降りの気配。待機列はポートライナーの高架下なので濡れることもなくのんびり座り込んで待つことに。おもむろにニンドスをたちあげてみたら案の定というかメテオス対戦組を2人発見、いい時間つぶしになる。

いよいよ雨足が結構なことになりだしたころ一般入場開始。今回は特に狙ってるディーラーもねえのでまったりと入場する。
しかし秋に比べて明らかにいかにも転売ヤー然としたおっさんおばはんホームレスが見あたらねえような。いつもなら瞬殺のT's Systemなんかも比較的ラクに買えてたっぽいし。みんなこないだのワンフェスでフィギュアは金になりにくいと懲りたんなら万々歳なのだが

さて今回は実は『ヱビス堂』さんが5月の新刊『フィギュアモデラー翔子・完全版』の元ネタ作品、『うにへえ』の『フィギュア大好き翔子ちゃん』をご厚意で委託販売してくださることになり、青本はそちらのスペースで売り子の手伝いをしてたのだった。
しまった販売中の様子を撮影させてもらうの忘れてた。

そんなこんなで以下ルポじゃよー。

『完成品工房かっぱ堂』で飾られてたデストロイア。
羽根の質感とかいいゴワゴワ感が出てますな。

『亜野MEGA郎』ちびムーン。
写真で想像してるよりずっとちっちゃかった。瞳の塗装が精細だと写真ではスケール感を見誤るんだな。

『G.T.OFFICE』、『大番長』久那妓。
しっぽはふさふさで置き換えてもいいかも知らん。

『T-CLUB』新作は前回の『おーじさんとこのイヌ』に続き『おーじさんとこのネコ』。
イヌの腕の部分がなかなかいい感じに組み付けられねえので軸打ちのコツとかないですかと訊いてみたところ、ヘタに軸打ちせずに袖パーツに瞬着で固定した方がいいとのこと。そういや袖が結構タイトだったからそっちで充分じゃよね。

『T's System』、『月詠』葉月。
ネコミミモードはもっと出るかと思ってたが他にあと1件ぐらいしか見かけず。

同じく『T's System』、『マグナカルタ』リース。
ミヤガーさんにしてはなかなか珍しい方面へのチャレンジなんじゃなかろうかという。

キャミィがWSCに選出された『REFLECT』の新作、セラちゃん。
ええわき腹したはりまんなあ。
オリジナル絵に忠実なぱんつ丸見えの様子。

『POLYGONIA』ベアトリーチェ。
今日は散財は控えるつもりだったがちょっと買おうかどうか迷った。この人ほんとフトモモ好きだなあ…。

『無計画』、大番長キャラの面々。
散財は控えるとか言ったそばからシオンはカッとなって買ってるわけだが

『Be-J』、トップ2ノノ。
フィギュア雑誌の写真ではわりと顔を正面からとらえたものばかりだった気がするがやはりこの子はアホの子なのでぱんつも同フレーム内に収めていくべきだと思った

『CARERA.G.T.』オリジナル、瑠璃姫。
畳のディスプレイがよろしいなあ。もっと畳に対して平行になる位置で撮影すべきだったかも。全身にわたる刺青の塗装がタイヘンそうだ。

『アセトン』SDナコルル&リムルル。
心なしか真ん中のナコルルが必死でママハハを支えてるように見える

バイクキットの完成品販売ディーラー『2nd Gear』『Mie's Laboratory』

そのままでは幾分ディテールの甘いまほろさんバイクもかなりのレベルに。

『83℃』での委託販売っぽい『G・Kオペレーション』レインコート。
そのフードで頭が収まるのかとかつっこむのは無粋なんですよ。

『雨の日晴の日』春麗。
20才ぐらい若返ってるなこれは。

『G-DOME』、スーパーブラックジャックのリオ。
…けしからん身体だ。

『Pilot』アスカ。
エヴァものが軒並みオリジナル解釈やオレ造形で付加価値をプラスしにいったがために奇形化が進みはじめてる最近の流れの中ではわりと貴重な部類に入るかも知れねえ感じの直球勝負。

『PAPER MOON』等身大アル・アジフ。
デモンベイン全然知らんのだが130cmぐらいで等身大なのか。なんてけしからん設定だヽ(`Д´)ノ

『でっど・すとっく』オリジナル、韋駄天・鉄華。
こういうのに弱いのでこれも買おうかどうか結構迷った。

『くろすぽいんと』、ガチャフォースのマナ。
ガチャのオフィシャルサイトでもおまけページで遊んでもらわれてたなあ、ああいうの原型師冥利に尽きるだろうなあ。

同じく『くろすぽいんと』、『しまいま。』静流おねーさん。
このおねーさんは人をダメにするなにかを持ってると思います(ダメにされたらしい)。

『ラビドリーアーツ』、彩乃。
躍動感あるポーズは撮影アングルを探し回るのが楽しいので好き。ついカメラ目線にこだわりがちになるんだけどこの手のポーズの場合は目線はずした方がカッコいいケースが多い。

『Vispo』アスカ。
Vispoのキットはとにかくそのカサバリ具合が毎回目を引くなあ。

『YES HOUSE&俺のッ!フィールド立体形』、扇奈。
なんか大番長キャラばっかり撮ってる気がしてきた。

同じく『YES HOUSE&俺のッ!フィールド立体形』、リンツと1/1PSOジャスティス。
こうやって立体化されるとジャスティスってかなりドンブリ勘定なエイミングで撃たなきゃならん銃なんだなあと。そりゃ命中も低いはずだ

『Cerberus Project』、上から『Be-New』表紙の女の子、『爆裂天使』メグ、吉崎観音画集『Mine bluE』の女の子。
ここのキットはどれも見所がたくさんあって飽きさせませんなあ。

『ぐりむろっく!』新作プレネールさんはボトルキャップ除いて全高約3cm。
購入するつもりだったのに頂戴してしまいまった。1パーツで気泡も見あたらないのでサフレスでさくさく楽しめそう。

レイレイは結構な数を投入されてたのか昼を過ぎても買えた模様。

フェンサー。この脚線に毎回ヤラれるんだオレわ。

遠坂凛。
このコスプレ衣装をヤフオク出品してる人がいるあたり既にフィギュアで一人歩きしてる感じじゃよねー。

『卓球模型』は新作の初音のみ。

かねてから後ろ姿がどうなってるのか気になってたのだが確認できず。

こちらも相当数持ち込んでたみたいで帰り際まで販売してた。
あと左側の展示パネル、島田フミカネさんのアルファベット表記がHUKAMINEになってたのは指摘してあげるべきだったんだろうか。

コンペ出展作品にビッグダイXなんてものを見つけてしまい思わず撮影。
超合金(っつか大部分のパーツがプラ製だったが)持ってたなあ。

とまあそんな感じで2時半ぐらいまでぶらぶらしてきたよ。今じゃ入手が難しいニューマテリアルの∀が5000円だったりダイキ工業のスペースでなぜかボトムズDVDが80000円だったりいろいろと誘惑は多かったけどなんとか持ちこたえた(そのシオンはなんだ貴様)。

『世界征服堂』実装石。
うん普通に怖い

カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

スコタコギャラリー、のち近況その2

週1ペースで整体に行きはじめて約1ヶ月。ギシギシ言ってた身体のふしぶしはかなり良くなってきて、うっかり枕なしで寝ても起きるのに死ぬ思いをすることはなくなってきた。もうこれは関節を動かすにあたって当たり前みたいに思いこんでいた部分の痛みまで取れてきて、いかに今まで知らず知らずのうちにガマンして溜め込んでたのかをこの1ヶ月で思い知らされた感じ。長時間原稿やったあとの左首筋の痺れもなくなったし、まず座る姿勢が以前と変わってきた。
整体士の先生によれば件の骨盤のズレはほぼ矯正できているので、それによって改善された血行にともない首に残る筋肉の強張りも自然となくなっていくだろうとのこと。指ツボマッサージと足湯で自律神経・副交感神経を自主的に整えつつちょっと様子を見ていくことに。いやあ健康っていいね(説得力皆無)

先日ついに完成の日を見た1/1スコープドッグをはじめとした『なんでもつくるよ。』kogoroさんのギャラリー会場の詳細が出ましたよ。場所は中央線水道橋駅から徒歩2分の特設会場。スコタコ以外の作品の展示&おみやげグッズや本の先行販売もあるそうな。タイプライター型Macは是非とも実物を見てみたいんだが展示予定あるんじゃろか。コミティア翌日は直下型地震が来ても絶対行くぜヽ(`Д´)ノ

えーとコミティアはK-18b『モホロビチッチ不連続面と踊る男』でやす。途中でWHF覗きに行くから2時半ぐらいには撤収してしまうかもだ。さあ原稿原稿ヽ(`Д´)ノ

※4/18追記
会場での写真撮影について、スコープドッグは撮影NGとのこと。まあ許可しちゃったらそこにばっかり人が群がって見えなくなるからしょうがねえでしょう。2月のワンフェスが奇しくも最初で最後の撮影チャンスとなってしまいまった。
ただしその他の作品については撮影OKだそうであります。行く人はみんなマナー守って作品を楽しみましょう。

一眼レフやデジカメだけがカメラではありません。写メール撮るのも立派な「写真撮影」行為です

ワンフェスでも「撮影不許可」となってる参考出品アイテムに向かって携帯のカメラ向けてるのがいたからなあ…なんか美術館でも平気な顔して写メ撮ってるバカヤロ様が最近はちょくちょくいるらしいしちょっと心配だヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

スコープドッグ個展、のちレゲー

WFルポで取り上げた際にリンクいただいた『なんでも作るよ。』kogoroさんの個展がゴールデンウィーク真っ只中の4/28〜5/12にわたって水道橋の特設ギャラリーで開催される予定ですってよ。やったあコミティアの日程と重なるじゃん!連休中だしWHF帰りのお客さんも相当数流れ込むだろうけど絶対行くぜコンチキショー。

昨日は久々に大阪までお買い物に。来阪の折には毎回通うと決めた2ビルのゲーセンに置いてあったガンフロンティアはグリッドシーカーに入れ替わってたよ…。
そのかわりウルフファングワーヒー1が入ってたムヒョー。とことん趣味だけで営業してるなあこの店。
場所は2ビルB2F上りエスカレータ正面の店『あくてぃ・ろいやる』。上記タイトルに因縁浅からぬ人は早めにゴーだ。エドワードランディ入れてくださいおながいします。

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

ワンダーフェスティバル2005冬・Part4

なんとなんと。
パート1で写真を掲載した1/1スコープドッグの制作者kogoroさんのblog『なんでも作るよ。』からリンクしていただいてしまいまった。
本人さんに見ていただけるとは思ってもいなかったので光栄の至りですよ。こんなクルイの運営するページでなんだか申し訳ねえです。
応援してますのでこれからもがんがってくださいませ。
というわけで更新する手にも思わず力がこもっちゃうよ。第4弾まいりましょう。

『いじめて撃退企画第八回!!』、『プリンセスクラウン』グラドリエル陛下。
評判に対してソフトの出回った枚数は極端に少ないのに未だ根強い人気。

『マルタカヤファンファンカードOBの会withSA-ss』
最新のタイムスリップグリコ、大阪万博シリーズで原型を手がけているSA-ssさんの1/500富士グループ館(上)と日立グループ館、みどり館(下)。それぞれ手前にグリコの方の実物が置いてあるが、縮尺そのまま正確に小さくしてあるのがよくわかる。
特に富士グループ館の精密さと塗装の質感表現は素晴らしいの一言。

ディーラー名わからず、ふわふわのもこもこのょぅι゙ょたん。
ふわふわのもこもこを外すとちゃんと作り込んであったよ

『リサセッズ』スイートとWSC選出作品マドレーヌ、そして新作。

同じく『リサセッズ』ワンダちゃんとリセットちゃん。
リセット「あんたらガレージキットスピリットが足りないのよ!また終了するぞ!」
ワンダ「ンなこと言ったって完成品が出りゃみんな買うのはしょーがないって」

『essence』nana.5。
あちこちで露出があった作品ですがさすがというか細かいところが丁寧に作られてますなあ。

同じく『essence』の干支シリーズ最新作『ROOSTER BOOSTER』。
来年の戌はともかくとして亥ってどうまとめるつもりなんだろうと今からちょっと気になるよ。
唐突にイシシとノシシ作ってきたらみんなド肝抜かれるだろうな、いろんな意味で。

ディーラー名わからず、改造ピンキーのスマートレディ。
最初にピンキー見た時は正直さほどコアなフィギュア好きには受け入れられねえだろうと思ってたんだが、改造の裾野を一気に広げたという意味ではむしろピンキーがフィギュアシーンの新たな発信源になってるのかも知れねえなあなんてことを考えたりもする。

おなじみ彼岸の造型師『アーティマ』荒木元太郎氏の最新作、綾波。
人だかりが大変なことに。

毎度のことながらここはもうそれこそ纏ってるオーラが他とは一線を画してるね。
凄まじいとしか言いようがねえですよ。

植毛でもレジンの髪の毛と遜色のないシルエットをきちんとまとめてくるあたりもさすが。
もう言葉は要りませんなあ。

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ

回転ディスプレイテーブルに載っかってる一体がおしりを向けたところを狙いすまして。
(;´Д`)ハァハァ

『KITTY HAWK』で参考展示されていた『TODO工房』の作品。ぬこがすずなりに。

ぬこぬこ。

こちらは販売品。
すでにもらい手が見つかっていた模様。

ディーラー名わからず、オリジナル擬人化フィギュア。

gunteとsuzu。

一人ぽつねんとうずくまるsainome。

これもディーラー名不明、XPたん。
いくらなんでもメモリの量が多すぎやしませんか。

えーと…上のXPたんと同じところだったっけか…。
そろそろ記憶が怪しくなってきましたよヽ(`Д´)ノ

『モデラーズ・ハイ』アスカ。
とてもよいはいてないだったのでこちらもとことんはいてないラインを追求して撮影させていただきました。

同じく『モデラーズ・ハイ』ガーゴイル。
スーツの塗装と椅子がカッコいい。

『紅塑会』ねこメイド。
少しずつ異なるタイプがいくつもあってにぎやかで楽しい。

そしておなじく『紅塑会』、『エマ』の…




Σ(゚Д゚)作者かよ!!
写真には撮ってねえですがこのフィギュアは哀愁漂う後ろ姿の再現性がピカイチでした。もうバカだなあ(いい意味で)。
そう言えば別のディーラーさんが1/1俺スイッチ作ってたっけ。

『ねり会』プリキュア。

黒かわいいよ黒。

白かわいいよ白。

『まつたけ山』、カレイドスター苗木野そら。
ディーラー名確認のために調べてるとどうやら昨年の夏の発表からだいぶあちこちいじってた模様。夏の時より表情がいきいきしてますな。

『軽音堂』、『Quartett!』ユニ・アルジャーノは光の速さで完売。
コミティアほっぽって朝から並んでた青本が買えなかったと嘆いてた。

『夢のカグツチノ公国』、デモンベイン。
あんまりにもちっちゃくてピント合いません。無理。

おなじく『夢のカグツチノ公国』Littlewitchマスコットキャラ、リト子さんクロック。
10cmにも満たねえちっちゃさの前にピンボケ仮面が猛威ふるいまくり。
ヽ( ´ピンボケ`)ノ<フハハハハ

『ガンドール』オリジナル、マイリトルファッションショー。
写真ではわかりにくいけどくるくる巻き毛とかサンダルのモールドとか丹念に作り込まれててかわいすぎですよもう。

『B・M・W(ビルド・マスター・ワークス)』るくさん。
白・黒・肌色の3色カラーレジン+ほとんど接着剤や真鍮線を使わず組み立てられるキットでこの出来。
そりゃ完売するよなあ。欲しかったー。

電脳なをさんキャラを数々送り出している『GRIFON'S GARDEN』の『アップルの一番長い日』と越獣。
越獣はパート1で紹介したオニゴンと合わせて揃えたいところ。

あらし出っ歯19本版は購入させていただきまった。
やたら「出っ歯は一体成形ですよ!」と推されたので見てみたら

Σ(゚Д゚)マジか!

『ぐりむろっく!』レイレイは青本が購入。

パッケージが可愛かったので撮影させてもらった。

今回が初のディーラー参加という『マーブル』、コミック快楽天の表紙の女の子。
初参加でこのクオリティはなんだかむやみに今後を期待させますよ。おしりとか。

企業ブース側、『FLYING MEGALOPOLIS』で展示されていた謎の機械生命体の方々。

サイトも2003年の5月から更新されてねえのでなにがなんだかさっぱりわかりませんよヽ(`Д´)ノ

神戸WHFで見てから気になっていた『卓球模型』森川由綺&観月マナが今回選出のWSCのひとつ。
というわけで購入してしまいまった。ホワイトアルバムとか全然知らねえけどこのちっちゃくてムチムチ感が脳みその後ろ左下あたりを妙にくすぐりやがるもので。

Σ(゚Д゚)山口可動でガンバスターが年内発売だってーーー!?
いやエヴァとかどうでもいい!ガンバスターを出せ!

『天上天下』のアクション胸像ガチャ。
チチの付け根がスプリングになっててぶるんぶるん揺れるんですって。
アホや。アホがおる。

揺らしてよ(もっと)

マックスファクトリーから発売予定のキングゲイナー。
写真はあきまんカラーバージョン。

『プラギルド』のしーぽんとカニもPVC完成品で発売予定。
たいした時代になったもんだ。

…と、そんなこんなで壊滅的に使い物にならねえ写真含めかれこれ撮影枚数220枚以上となった今回のワンフェス。
じっくり見て回ったのは今回が初めてだけど、こうして色んな造型を目にしてると何かと意欲が湧いてくるものですのう。
撮影させていただいたディーラーの皆さまどうもありがとうございました。コンパクトデジカメでの撮影ってことで我知らず随分とキットに接近してしまいハラハラさせたかも知れません。もちろん撮影にあたって細心の注意はしてたつもりですがお気を悪くされたようでしたらこの場を借りて謝罪します。


がんばれ我らがフィギュア萌え族(いい意味で)

カテゴリ:WF2005冬ルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

ワンダーフェスティバル2005冬・Part3

さあさあ第3弾ですよ。さくさく参りましょうさくさくと思ってたら書いてる途中ですげえ眠たくなって更新が遅れてしまいまった。いやん。

※3/3 『俺道』さんのルポを参考に一部ディーラー名不明、誤りを修正。

『CLUBピストルディスコ』ハメコミ式可動ロボのキット群。なにがなんだかわからんことになってるけど2枚目はゾンビドラゴンっぽいシルエットで胸の部分に女性像が組み込まれてる。

『R.GLATT-CC』鹿山ちゃん。
ちょっと欲しかったんだがすでに50個完売。

ヘビーゲイジで委託販売されていたmusukeさん作のタチコマは瞬殺だったもよう。

ディーラー名わからず、横山光輝チビキャラが山のようにあったんだがことごとく背景にピントが合ってしまいボケボケに。

有限会社ユウユ、Meたん。
春にPVC完成品で発売予定とな。うーでもキットで欲しいー。

完成品販売のお店『オーバーグラウンド』。
ピカード「あー…ライカー、すまないが向こうで売っているょぅι"ょたんを買ってきてくれないか。ワープ6で頼む」
ライカー「艦長…お言葉ですが、いつからご趣味が変わられたので」

白怒火は小さなモールドまでものすごく精密に作ってあってシビレた。
サイトを見てみたら閉店とのことだったのであるいは店じまいセールだったんだろうか。

『夢創軒』おーじさんのねこメイド。 おーじさんと言えば黄金律の縞ぱんに定評があるわけですが(また言いやがった)。

こっちはしっかりはいてました。写真だとわかりにくいけどばっちり黄金律の縞。えらいっ

『ONe』ヴィネットクラフトシリーズ『シュレディンガーの猫耳少女』。
独自の世界観の構築にコダワリを持っておられる様子。

『アルマイト』、『To Heart2』のはいてないいいんちょと『天使のいない12月』はだかオーバーオール恵美梨。個人的には剥かれちゃうよりもこれっくらいの方がいやいや。

『INTERLUDE』オリジナルの羽根娘さん。
鳥の羽根だったり片方だけメカ羽根だったり微妙に異なるタイプが数種類。

『ATOMIC-BOM』、『フリクリ』ハル子5話バージョン。だーいこーんぶーーい。

同じく『ATOMIC-BOM』アスカ。
このアスカはなんだか他と一線を画するオーラというかそんなものをまとっているような気がしてちょっと見入ってしまった。そのうちキットか完成品で一般販売される雰囲気がもりもり。


『Y's PLUS』シノブ&スーパーハンサム。 シノブ関連の中では一番のおっぱい具合だった。うぅんおっぱぁい。

ディーラー名不明、鉄人のサターン。
重量感とか手つきとかなかなかグッとくる。

こちらもディーラー名不明のオリジナル試作品とデビルくん。
制作途中ながら綺麗にまとまってて楽しげですよ。

『かぐや姫』オリジナルフィギュア、春奈さん。
細身のシルエットについカッとなって購入。いろいろと手の入れ甲斐がありそう。

『TUCHY's』、『ゼルダの伝説』チンクルさん35歳。これは風のタクト版ですのう。
他にも塊魂の王子とかアイテムセレクトしてるあたりつくづくユルキャラが好きなんだなあと。

『怒涛の殿様(ディーラー名自信なし)』…『エレキング』!?
まさか大橋ツヨシのキャラで立体モノを拝めるとは。まあ言われてみれば確かに造形意欲というか興味本位で図面引いてみたくなるようなラインではあるかも知れねえが。

『Take Ten』、アンソロジーコミック『貧乳日和』表紙の女の子。元の絵を見てみると肌の色はもう少し健康的でもよかったんじゃないかしらという気にもなるね。

同じく『Take Ten』、『ICE LOLLY』表紙の女の子。展示品はチョメチョメ(死語)の前にスキン置いてなかったような…。

『COW MOUNTAIN DESIGN OFFICE』、『fifth』マナ。
パーツがカラーレジン製だと透明感があってよいね。光量の少ないイベント会場でも肌や髪の毛が綺麗に撮影できるよ。複製はてしなくめんどくさそうだけど。
目の部分はくりぬいてあって裏側から透明パーツを取り付けるようになっている。

今回のワンダーショーケースに選出されていたうちのひとつ、『LONG LONG』メイフェア。これはショーケース展示の方とは別に本人氏のブースで展示されてた筆塗りバージョン。基本造形の手腕もさることながらこれだけのクオリティの塗りができる人じゃなきゃせっかくショーケース選出されていっぱい売れたとしてもみんな満足に完成させられねえよ!ヽ(`Д´)ノ

こちらは制作途中の新作と思しきもの。ディテールの異なるボディがこれともう一つ並べて展示されてて、どちらでいくべきかお友達と迷っておられた様子。

第3弾はこのへんで。今日はスターフォックスアサルトをフライングする予定につき更新できそうにねえですが悪しからず。

カテゴリ:WF2005冬ルポ, フィギュアとか

ページトップ▲