Syndicate this site(XML)

-フィギュアとか-

全35ページ中17ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

Syndicate this site(XML)

かーみーちゅーヽ(`Д´)ノ

スーパーマリオギャラクシーを買いにソフマップへ行ったら売ってたので買ってきました。アルターのゆりえ様。

うそです京都駅前のソフマップにはなかったので朝っぱらからアニメイトだのかけずり回ってやっとこさ河原町のソフマップで見つけました(;´Д`)
京都はフィギュア全然売ってなくて困る。来年できるヨドバシに任せるつもりなのかビックカメラはそっち方面のアイテムまるで置いてねえしヽ(`Д´)ノ

そういうわけでさっそく開封ー。

あなたが神かΣ(゚д゚)
いやこりゃちょっとすごい出来ですよ?(画像クリックで拡大)

原型製作は数々の名作を生み出してきた稲垣洋さん。
ラストエグザイルのアルヴィスなどあどけない表情を作らせるとピカイチですな。
ガレージキットかと見紛うほどにエッジのきいた髪の毛がとても気持ちいい。

一段とばしで階段を駆け上がってきたのか胸に手を当てて息を切らした様子。
特に上気した頬の表現などはされておらず全体の情報のみでシチュエーションを見せる構成力と造形力は流石の一言。

汗ばんだ腕に貼り付いた袖から風を少し孕んだ背中への制服の流れが実に美しい。
かっこいいシワ表現をそれぞれに模索してきた結果がこの1年ほどで顕著に表れてきている一方「とにかく情報量の多いもん勝ち」みたいな感じで情報過多に陥り却ってわざとらしくなってしまってるフィギュアさえも見られるようになってきましたが、この作品ではそこの匙加減も絶妙。
綿の柔らかさとシワのかっこよさの両立という難題を見事にクリアしてます。

片足を宙に浮かせることで生まれる空間が視覚的アクセントとして巧くきいてます。これが手摺りだけで足下は普通のベースだったのではこうはいかない。
ヴィネット仕立てはたいてい周囲のオブジェクトがあって初めて成立するもので、それゆえか美少女フィギュアというジャンルにおいてはなかなか評価しづらく「扱いにくい存在」ってのがこれまでの位置づけだったような気がするんですが、このゆりえ様はフィギュア単体で既に高い表現力と完成度を持っているところへ更に「買いにくい」ヴィネットとして仕込むというチャレンジに出ていて、しかもそれを成功させているところが素晴らしいです。
それもこれも稲垣さんの造形力はもちろん『かみちゅ!』の提示する世界観、背景描写が丁寧だったからこその賜物でありましょうヽ(`Д´)ノ

石猫。塗装もタンポ印刷も綺麗に入ってます。

木の葉は透明パーツ。たったこれだけのことで足下に清潔感と明るさが出るもんなんですなあ。

いったいどんな向きで抜いてるのか、そもそもこれホントに金型で抜いてるのかと疑ってしまう後ろ髪。目立たない部分で巧みに2分割されてます。
一昔前なら襟足真っ平らにされてたよね…。

描く側として「立体映えするデザイン」を考えた場合ついヒラヒラをゴテゴテくっつける方法論で行っちゃうんだけど、最終的には記号性よりも性格付けや仕草、本当の意味での"Character"がモノを言うんだなあと。

タマの顔もかわいいです。

こういう点だけの目はコンマ1ミリでもずれると台無しになるもんですが全く問題なく表情がつけられてます。

先日のレウコテアといいここ最近の完成品フィギュアの出来はほんとに凄まじいものがあると改めて実感しました。正直このレベルまで仕上げてこられたんじゃそりゃみんなガレージキット買わなくなるわ、とも…。
ただこの作品に関してははじめから完成品のみでの展開を主眼において作られているのが明確でいいんですけどね。だってこれだけ大きなベースこみでキット出したら安くても10000円だもん。レウコテアも出来は確かにすごかったけれどこっちとはもともとの商品コンセプトから別の方向を見据えているというか、「今の完成品だからできることをやろう」という意気込みが見て取れます。

で。辛抱たまらなくなって外で撮影してきましたヽ(`Д´)ノ
ロケーションは近所の天満宮(画像クリックで拡大)。
やっぱりこれは自然光の下の方が映えるねえ。

周囲はこんな感じでしたヽ(`Д´)ノ

画像クリックで拡大。
定価7329円(税別)と昨今の1/8サイズにしてはやや高めの価格設定でそこを難点として挙げる向きもあるようですが、むしろ今後はこの価格帯が本来の適正価格だったんだと知らしめていくことで少なくとも粗製濫造による市場の冷え込みだけは回避できるのではと。もちろんそこには高い商品クオリティを維持する企業努力が不可欠なんですが。なにせ現状アルター・MAX・グッスマが他社に大きく水を開けてる状態だからなあ…。
でももしかするとこの辺にガレージキットと完成品が共存共栄していくカギがあるかも知れないなあと妄想とも希望ともつかないことを考えてみた。

そんなこんなでとてもいい買い物をしましたというお話。

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

れうれう

以前つい気絶したスキに予約してたアルターの『めがちゅ!』レウコクロリディ...じゃない、レウコテアが本日到着。
完成品フィギュアを購入したのはマックスファクトリーのコト姉以来じつに久々ですよ。そして原作ろくに知らずに造形だけで買っちゃうのもコト姉以来。よくよく考えたらガレージキットで完成させてるのも元のゲーム知らない子ばっかりじゃないかオレ!いいんです、フィギュアとして楽しんでるんだから。

幼女ヽ(`Д´)ノ!幼女ヽ(`Д´)ノ!

原型製作はシリーズ第1弾のファウナに続き、2月のWFでキミキス二見さんを発表して以来がぜん注目を集めている『Little Pink Summer』紅月一さん。
1/6ぐらいの存在感も捨てがたいけど、やっぱ1/8サイズの情報密度が個人的に一番好きかも。

画像クリックで拡大。
とても1/8のそれとは思えないシャープな髪の毛先。
アイプリントの網点グラデーションもかなり頑張ってて普通に眺めるぶんにはエアブラシ塗装と遜色ないレベル。

おしり。控えめな食い込みがこどもぱんつっぽさを演出してて素敵ですよ。
ワンピースのスカートのうねりとフリル部分の面構成を揃えないことで生まれる動きに紅月さんらしさを感じますな。

襟元や袖の造形も良好です。ラインの塗装も綺麗。

フリルの薄さとエッジのきき具合はちょっとしたガレージキットなみかも。
手首と太股、すね同士のすりあわせもカンペキ。指も女の子してます。

腕の筋肉のつきかたをよく把握した造形がうかがえるアングル。服のシャドウもきれいに入ってます。

いやー、グッスマやアルターの最近のクオリティはすごいと聞いてはいたけどここまでとは。たまに完成品買うとその技術の向上っぷりを余計に感じますよ。
なにより元絵より断然かわいいのがいい

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

WHF神戸27ルポ


台風一過の秋晴れのもと開催されましたWHF神戸27。ホビコンから2ヶ月弱というハイペースですが、新作を投入しているディーラーも数々あってなかなか盛況でした。
それじゃさくさくとルポやるよーヽ(`Д´)ノ
…と言いたいところなんですが今回デジカメのバッテリーが切れかけのまんまで参加するというマヌケをやらかしてしまい、だましだまし撮影するハメに。よく考えたらWFからこっち充電してなかった…。
そういうわけで また写真少ないです(つД`)

M's Factory』塗装済みのペンギンさんたち。

会場入り口から比較的近くに配置されてたせいか、すっとぼけた雰囲気がなんだか場内を和ませてた気がする。

雨の日晴の日』可符香はWF販売版に改修を加えたバージョン。
WF版に比べ仕草やボディラインにより女の子らしさが加わっていい感じになりまった。
とか言いつつ隣の無塗装状態のが改修版でこっちはWF版でした(つД`)

Milky doll』WFでは無塗装状態の展示だったアル&アナザーブラッドの彩色見本が。
アナのスカートの赤が一瞬カラーレジンかと錯覚しそうなほど綺麗でしたよ。

立体化のリ・マージョン』1/48シムーン・ウェントス。
ほとばしるシムーン愛がそのまま造形にぶつけられたようなその存在感は特筆もの。

「塗装が間に合わなかった」そうですがちゃんとアーエルとネヴィリルが乗ってるのが見えます。

うっかりホビコンで撮影し忘れた『リキッドストーン』スバルのパーツ構成。
見れば見るほどそこまでやるか感が(;´Д`)
新作のユニゾンヴィータは基本的に色替えだったので撮影せず。

本日1個目の衝動買いは『神聖マタンゴ帝国』の電動工具少女。
昨年のWHF名古屋で見たチェーンソー少女は今ひとつ雰囲気に固さが抜けなかった感じだったんですが、これはちと一目惚れ。2500円。やしいー。

桜前線』のローゼンメイデンシリーズは冬WF発表後のバージョン2。塗装はハイスピード&ハイクオリティで定評のある『あらくま's INN』あらくまさん。
クリックで拡大ヽ(`Д´)ノ

同じく『桜前線』エセルドレーダ。こっちも手前はあらくまさんの塗装かな?

どちらかというと当時よりも最近のNiθ氏の画稿イメージを意識した造形っぽく。「にし〜皺」らしきモールドもしっかり見えるあたり芸が細かいヽ(`Д´)ノ

ひろしさんもそうですが、いい意味で「自分らしさを持ってない」原型師の仕事は作家性を売りにしている人同様に毎回の新作が新鮮であります。

Echo』しけたうどんこさんの新作はエヴァ初号機。うちのお隣だった『らくがき塗料箱』いわたさんのお友達が購入されててパーツ見せてもらったんですが、どのパーツもエッジがギンギンに立ってて実に小気味良い造形でありました。
情報密度が高いのでスケール感を見誤りそうですがサイズ的にはほぼ1/144ガンプラぐらい。

ところでそのお隣いわたさんの名著『かわいい女の子フィギュアを作ろう!』の中文翻訳版が台湾で発行されてるとか!マンガでは国内でもマイナーの部類に入るものまでばんばか翻訳されてて珍しくもなくなってきましたが、ことフィギュアのしかもHow toものが海を渡るってのはちょっとした快挙ですよ。すげえ。

WFには塗装が間に合わなかった『キツテフ』新作・藍染の群遊。点滅するバッテリー残量に急きたてられるようにシャッター押しちゃってブレブレですよ(つД`)
やっぱりこのシリーズはカラーコンセプトが視覚的に明確にならないと評価は難しいですなあ。

再販メインだったこともあって3時を回っても全ての販売物が購入可能だった『夢のカグツチノ公国』ARIA3大妖精。
全高10cmもない中に凝縮された世界観と空気感はいつ見ても一級品でありますな。

ARIAシングル・ペアセット。
アリスのほっぺと腋がハァハァ(;´Д`)ハァハァ

本日の衝動買いその2、キミキス菜々。
今回初めて実物を見たんですが雑誌記事などで見かけたイメージよりはるかに小さくてビックリ。
戸田さんにとって作ってて一番楽しいサイズがこれなんでしょうな。
1000円。でも7パーツ。やしいー。

コンテスト出品作の中でひときわ目立っていた等身大フル可動ペーパークラフト(?)綾波。っつかこのインパクトに圧されて他の作品見るの忘れた(;´Д`)
これどうやって運んできたんだろう、助手席に座らせてきたんだったらちょっとロマンを感じるぞとかいろいろ考えてしまう存在感。

…今回は天気がよかったこともあってか一般参加の動員がかなり多かったように思うです。ディーラー数もここしばらくの神戸WHFでは多い方だったんじゃないかしら。中古トイディーラーはあまり数を見かけず終始和やかムード。
ただ動員数のわりには買い物してる姿がそれほど目につかなかった気が。その代わり写真撮影してる人は沢山。うちの販売物はどれもこれも古い部類に入るはずなのに今回はやけに撮影していく人が多く、全体的にイベント初心者が多かったのかなあとも。これが事務局の広告活動の賜物だとしたら(どこでやってるのか知らないけど)たいしたもんですが、それならそれで増えた動員をどれだけディーラー側で繋ぎ留められるかが課題になってくるわけで…まあそこらへんはまた別の問題ですな。
あと、有名どころのディーラーでも地方イベントでの再販など販売スパンを長めに設定しはじめたような気がするです。今回見て回ったのは2時過ぎたあたりからでしたが桜前線さんも新作のエセル以外は残ってましたし、関西初遠征のキツテフさんやLittle Pink Summerさんもギリギリ売り切れてなかったり(キツテフさんについては通販も行われるのでさほど危機感はないってのもありますが)。
1年ほど前ならカグツチノさんやケルベロスプロジェクトさん(こちらは先日のホビコンでポリゴニアさんとこの委託だったけど)あたりは神戸でも本気で狙いに行かないと買えないディーラーって印象があったんだけど、こうやって「気長に行き渡るまで売り続けてくれる」という姿勢が見えると購入する側としてとてもありがたいし、いわゆる転売問題に対しても一定の抑止力になるのではとも思うわけで、だから今は「WHFに関しては有明より神戸の方が欲しいアイテムを断然買いやすい」って事実をより広く知らしめていくのが現状最も実効性のある広告活動なんじゃないかしらとか考えたりします。いやホントに都内在住の人でも遠征してみる価値はあると思うですよ。
そしてディーラー側としてはそろそろ「イベント1回で売り切れる時代は終わったんだ」という事実と向き合った方が精神衛生的によろしいのかも知れないですなあ。

あとPIEROさんがすごいサプライズお土産を持ってきてくれました。サプライズの詳細は青本のblogを見るのだヽ(`Д´)ノ

で。
閉会は4時半だったんですが、4時を回ったころからスタッフがわらわらとディーラー撤収後の空いた机を畳みはじめまして

閉会2分前でこの状態ってどうよ…。
いくらガラガラになっててもふつう会場の撤収は閉会まで待つもんだろうがよ!スタッフどんだけ早く帰りたいんだよ!

カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

HOBBY COMPLEX 01神戸ルポ

さてWHFから袂を分かっての新規イベント、ホビーコンプレックス01にディーラー参加してまいりまったヽ(`Д´)ノ


と言ってもディーラー入場口もWHFと同じなら卓配置も同じと体感的にはまるで変わんない様子ですが。
本日のメインはもちろん関西初売となる『翔子4ever』。WFで完売したPIEROさんのララたんも連れて行ったよ。

列さばきなど具体的な運営手腕について開催前からあれこれと憶測が飛び交ってましたが、一番混乱を呼びそうなリキッドストーンやF-Faceに関しても事前の別列形成&一般入場開始前の誘導入場などまずまず的確な判断のもとつつがなく販売が行われてた模様。
途中とあるスタッフさんと話をする機会があったんですが聞くところ彼も元WHFスタッフだったようで、どうも主要なスタッフは代表以下ほとんどがWHFからこちらへ移ってたみたいですな。

まあまあそんな内情はともかくとして写真ルポですよーいヽ(`Д´)ノ
って言っても今回もそんなに数はないけどね。参加ディーラー数自体も少ないし。

『東商店』アモン。

D&Dにハマってた時期を持つ身としてこのクライド・コールドウェルやキース・パーキンスンを思い起こさせるディテールは惹かれるものが。

MA.GA.RA』マンドラちゃん。
カラーレジン製で髪の毛パーツは何色もある中から自由に選択可能。大きめの気泡などパテ必須な難アリのB品キットは500円引きとのこと。

かわいいけどちょっと病的なギリギリのラインをなかなか上手くまとめ上げてあって衝動買いしまったヽ(`Д´)ノ
WFにも出てたみたいだけど全然気づかなかったよ。

今回のホビコンではF-Face、リキッドストーンに次ぐ人気だった『卓球模型』ルイズ(画像クリックで拡大)。
ぶっちゃけゼロの使い魔にはまるっきり興味がないものでサイトで最初に制作状況として顔がアップされてた時には「あー…かわいいけどスルーかなあ…」と正直思ってたんですが、WF直前に完成画像を見てその相も変わらぬド変態っぷりに開いた口が塞がらず(;´Д`)
…そんなこんなで今回は特別措置として用意されてた別枠販売の恩恵にあずかって購入したです。

画像クリックで拡大。しかしこれ…見れば見るほどよくまあ版権下りたもんだよねと思います…。

べっ、別におしりが撮りたかったわけじゃないんだからねっ!
制作のための参考なんだからっ!!

髪の毛の分割がたいへんなことに。さすが全パーツ数のうち4分の1が髪の毛パーツ(8/32)なだけのことはあります。
るーこに比べてフリルの作り込みのクオリティがかなり上がってるのも注目どころ。

ポリゴニア』にて委託販売されていた『ケルベロスプロジェクト』イグニス(画像クリックで拡大)。WFではものすごい人混みで撮影できなかったんじゃよね。
関西イベントでケルベロスの販売は相当久しぶりだし、それでなくてもWFでの新作ほやほやだというのにもかかわらず2時を回っても残っててビックリ。ちょっと買いそうになった。

画像クリックで拡大。
これだけの情報量を余すところなく見せつけ、なおかつ綺麗で組みやすいと評判のディーラーさんなんですが…これで即完売しないってのは喜ぶべきなのか否か。

同じく『ケルベロスプロジェクト』プレネールさん。ここのキット、やっぱ一度は手にしてみたいものであります。

こえだちゃんデータベース』プレネールさんとうさぎ。
あっさりめだけど勘どころはしっかりおさえた造形です。ひざこぞうとか。

おなじく『こえだちゃんデータベース』ちびっこせら☆すくプレネールさん。
なんでこんなアングルしか撮ってないんだオレは(;´Д`)

WF直後のこのタイミングで『F-Face』はまさかの新アイテムラッシュ、和三盆モスグリーンバージョン。

そして呼子鳥レッドバージョン。この2点は人気があるようなら通販に乗っかるみたいです。

そして最新アウタスキン「玉兎」はキャミにドロワーズ!
新作ヘッドパーツ「プライマリ」は今後喜怒哀楽さまざまな表情違いをリリースしていく方向でプレイアビリティを追求していくそうで。アウタスキンと併せてどうやらPinky的な展開を視野に置いてるっぽいですよ。
でも浅井たんはお願いだからイベントの盛り上げより自分の仕事を優先してください…死ぬよ!
ちなみにこちらの販売は開場から1時間ほどで予定数終了、その後は例によって例のごとく浅井さんトークショーになってたみたい。

グッスマから完成品で発売予定の『夢のカグツチノ公国』牧本美佐絵。やや古いキットとはいえこれも残ってました。

WF新作、イメージキャラ・カグツチちゃん。ゴテゴテ感がどえらいことに。アンバランス寸前の頭身が不思議な印象を与えてます。

製作記を見てると手持ち武器とかもプラ板の削り出しは一切行わずすべてスカルピー造形だそうで…世の中にはいろんな人がいるもんですよ。

ソリッドシアターから完成品発売予定のアル&九郎(画像クリックで拡大)。
以前のinfectや沙耶の唄など戸田さんは二人一組ものにおいての視線誘導術が実に卓越してます。

画像クリックで拡大。
まず真っ先にどこへ目が行くってアルのフリルの作り込み!シリコン噛みまくるんだろうなあ…(;´Д`)

画像クリックで拡大。
Nitro+キャラの顔を原型段階で把握できてる人って今んとこ戸田さんだけなんじゃないかと思います。もうなんか顔パスで版権下りてるって言われても信じそう。

WFでも大注目株だった『リキッドストーン』新作はヴィータに続いて可動スバル。
服のラインまですべてカラーレジンで別パーツ化という既に目的と手段がひっくり返ってるレベルのことをやらかしてます。
ヴィータに比べてポージングによるフォルムの破綻がなくなっている点に単なるネタ分のみの追求じゃないやる気を感じる作品。

なんじゃこれー!?Σ(゚д゚)
もうここまで来るとRCベルグの複製技術プレゼンテーション用じゃねえかって感じですな。
あまりに呆れてパーツ展示の写真撮り忘れた(;´Д`)

…イベント自体は動員も悪くなく盛況な印象でした。ただその動員の大半が、各々に単独のお目当てがあってそこさえゲットできたらもう余所を見るまでもなくさようならといった風な、ホントに「WFの補完」としての機能しか果たしていなかったのがちょっと勿体ないかなあ。まあ開催時期が時期だしあっという間に一周できちゃう規模なんだから仕方ないですな。
何よりケルベのキットが売れ残ってることが個人的にショックでしょうがなかった…お客さんにとっては「出来のいいキットを手に入れやすい良イベント」として認識されるかも知れないけどディーラーにとっては「適正販売数が見込みにくく運転の難しい、できれば敬遠したいイベント」と認識されてしまいそうで、なかなかここの両立はハードルが高そう。
正直ウチも春のWHFと比べて売上はかなりしょっぱかったですよ。せめてWF同様に原画展示すべきだったかなあ。

まあひとつ言えるのは、現状において模型イベントに関しては運営側の『こんなイベントを目指したい』みたいな思惑とかは全く関係なく、要は質量ともにどれだけのディーラーが参加しているかに懸かってるんだということ。もちろんそこにはきちんと混雑対応ができるとか版権業務がスムーズだとかいうスタッフの質が問われるわけですが、それは別に模型イベントに限ったことじゃないだろうし(TAT-CONとかはまた別ケース)。
そんなこんなでディーラー各位には発表の機会が増えたとできるだけ楽天的にとらえて積極的に参加してみて欲しいです。少なくとも一部で噂されてるような「両雄並び立たず双方共倒れ」なんてことになる空気は感じなかったので。
そしてWHFにはこのホビコン立ち上げを発奮材料としてよりよい運営を目指して欲しいものです。後出しジャンケンみたいな女々しいマネしてる場合じゃなくなったぞ、と。

ただ…来年5月のホビコン会場…インテックス大阪はないわ…(;´Д`)
同人誌イベントならともかく模型イベントには照明が足りなすぎる…(;´Д`)
っていうかComic City切ったからもう二度とあんなところまで行かずに済むと思ってたのに…(;´Д`)
だりぃ…(;´Д`)

カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

HOBBY COMPLEX 01神戸

9/9開催のホビコンにディーラー参加しますよヽ(`Д´)ノ
卓番はD-08。

販売物はいつもどおりのこんな感じ。
同人誌:
フィギュアモデラー翔子〜完全版〜
フィギュアモデラー翔子?U
フィギュアモデラー翔子?V
フィギュアモデラー翔子4ever
How to SATCHIN

委託ガレージキット:
1/12サッチン
1/12翔子ちゃん
1/12魔改造娘ララ

新刊は充分に数を用意してるのでゆっくり買いに来てください。『How to』は残り20冊ぐらい?
K-PIEROさんの1/6ララたんはWFで完売につき持ち込めませんが塗装サンプルのみ展示予定です。
WFに持ち込んだ描き下ろし団扇はそろそろ涼しくなりはじめそうなんで検討中。でも神戸国展ってやたら暑いから需要あるかなあ。どのみち10本も持っていかないと思うけど。
そんなわけでよろしくー。

現在発売中のコミックアライブ10月号は『おまかせ精霊』巻頭カラーだよ!みんな5冊ずつ買って応援しよう!
そして9月には『おまかせ精霊』第2巻発売予定。各自30冊ずつ買おうヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲