Syndicate this site(XML)

-フィギュアとか-

全35ページ中15ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

Syndicate this site(XML)

菜々できたーヽ(`Д´)ノ


粛々と菜々の塗装を進めるよヽ(`Д´)ノ
まずは今までの完成品と同じ要領でPhotoshop上で眉や睫毛、瞳の形状を検討。
原型は左右で眼窩の形と大きさがかなり異なっているのでそれを補いつつオリジナルに似せるためのポイントを見つけていきます。


今回のポイントは睫毛の上側と下側にそれぞれいくつのピークがあるかの見極め。
元絵をチェックしてみると図のような感じで上側には3箇所、下側には1箇所のピークがあるみたい。ここをうまく描いてやればきっと似るだろうという。


そんなわけで一心不乱にエナメルで描いていきます。まず眉と睫毛から。使用色はタミヤエナメルのブラウンにブラックを微量。コツはいいんちょの時と同じように「あとで形を整えること前提でとにかく発色させることを念頭に」。ハミダシはガイアノーツの精密綿棒・クレオスのMr.綿棒とティッシュでこつこつ拭い取っていきます。

ホントに一心不乱だったので途中経過の写真とか撮ってる余裕なかった(;´Д`)

…2時間ほど描いては消ししてなんとか決まったのでスーパークリアでコート、次に瞳を描きます。
最初に虹彩をピンク4:クリアレッド1で塗ってコートしたら1段目の暗部をブラウン1:レッド1:ブラック少量で描いてクリアコート…とやったところまでが上の写真。
このあと2段目の暗部&瞳孔をさっきの色に更に少量のブラックを混ぜて描きクリアコート。ホワイトでハイライトを描き込んで…

光沢調整とスミイレして完成ー!ヽ(`Д´)ノ

ノンスケール キミキス 菜々(胸像)
原型製作:戸田聡(夢のカグツチノ公国)

ベースは篆刻用の高麗石と、以前ハンズで買ってたスモークブラックの円形プレート。
顔の大きさがほぼfigmaサイズだから改造用にキットを購入するのもいいかも?1000円だし。

袖の校章ワッペンはモールドされてます。エンブレム部分は黒地に白ヌキ、学校名のローマ字は白地に黒文字。
エンブレムはモールドごとベタ塗りしてから綿棒で表面を拭い取り、マイクロファインのスポンジヤスリで撫でてやります。ローマ字は逆に表面だけを撫でるように塗って。
スジ彫りは表面処理の段階であらかじめハセガワのエッチングノコでけがきなおしておき、光沢調整前にタミヤエナメルのダークシーグレーでスミイレ。シャブシャブに溶いて面相筆でチョンと乗っければあとは毛細管現象で勝手にスジ彫りに沿ってスミが入ります。

戸田さんが作る顔は面構成がしっかりしてるのでどこから眺めても表情に破綻がなくていいね。

画像クリックで拡大。このへんの角度が一番好きかも。

おなか。
きっとはいてない。

スカーフと襟の境界線のマスキングは、襟に大きめに切ったマスキングテープを貼り付けて爪楊枝などで境界線の形状に沿って押しつけ、そのままおろしたてのデザインカッターで切ってます。チェック柄の折り返し部分も要領はおおむね同じ。エアブラシを吹く直前にもう一度これらの折り返しを爪楊枝で押しておくと失敗しにくいかと。

…ってなわけで春の陽気を利用して一気に作ってみましたがまずまず満足のいく出来になったかなと思うです。梅雨に入る前にもう1体ぐらい完成させられるといいなあ。

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

WHFファイナr…もといCOMITIA84

お目当ての品は買えたとか買えなかったとか以前に再販自体されてませんでした!
ウヒャッホーイ!そういうわけでおいらのWHFファイナルは5時間並んで5分で終わりまった!みんなまたねー!!

…で終わっちゃダメですか(つД`)

12時頃からの販売とか言ってたコミティアは結局11時20分ごろには販売開始できたというオチ。まあ口から魂ぶら下げながら入ってきたコミティア会場でいきなり出迎えてくれたむちゃくちゃ可愛いメイド姿の幼女たんのおかげでわりとMP回復できたからいいけどね…。

とそんな感じで意気消沈していた空条さんのもとにコタツガさんがステキなお土産を持ってきてくださいましたよ!

じゃじゃーん!1/12サッチン2Pカラーwith魔改造娘ララ@利休屋工房!!
あの極小ララたんを本来の用途で活用してくれてます。素晴らしいヽ(`Д´)ノ

「模型なんてものは好きな色で好きに塗ればいい」をそのまま体現するパステル調のカラーリングでまとめてくださいました。聞けばサッチンを塗りはじめたのは日付が変わって当日になってからとのこと。このフットワークの軽さとバイタリティは見習いたいもんであります。

ララたんの方は以前にWFで購入後すぐに完成してたもの。一人でちょこんと立ってるのとは違ってもうこれで寂しくないね。

このお土産とメイド幼女たん(まだ言うか)によって空条さん完全回復。コタツガさんわざわざありがとうございました!

結局コミティアの店番でこのあとの時間を全て費やしたのでWHF会場にはホントに5分ほどしかいなかったんですが、閉会後に自分の片づけが終わってから撤収の模様だけ邪魔にならない程度に眺めて帰ってきました。

10年間ありがとうWHF。
「またね」っていうのは期待していいの?
あとやっぱり今回のエントリはコミティアでも何でもない気がするけどいいの?

そうそう、早速とらのあなで新刊『スクミズムアゲイン』の通販取扱がスタートしてます。秋葉原1号店、池袋店、名古屋店、なんば1号店にも並んでるみたいなのでよろしくヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

あと一息


...というわけでまたしても唐突ですが入稿後のこの数日は『夢のカグツチノ公国』のキミキス菜々胸像を作ってましたよ。せっかく塗装日和のいい天気も続いてることだし一気に完成させようという。
原型師・戸田さんの作風は全高6cm足らずのちっちゃなキットとはいえ存分に味わえる良品。
...表面処理の荒っぽさとかも含めて。
パーティングラインとあんまりにも目立つ箇所以外はもう味として割りきることにしたのでヤスリがけもパテ埋めもほとんどやってません。前髪パーツの後ろ髪との合わせ目に気泡が出てたのと背中側のちょっと大きめの傷を光パテで均した程度。

んで今日は制服のスカーフのマスキングをずーっとやってました。
まずは1枚目の写真のようにスカーフ全体をイエローで塗ったあと細く切ったマスキングテープでチェック柄をマスクして...


明部はクレオスのあずき色、暗部はあずき色15:ブルーFS15044 2の割合でエアブラシして完成ーヽ(`Д´)ノ
襟のラインといい我ながら大成功じゃないっすかね。スカーフのイエローはもう少し薄くしてもよかったかも知れないけど光沢調整で落ち着くかしら。

これにてラッカー塗装はおしまい。WHF...もといコミティアから帰ってきたらエナメルでスミ入れして顔を描くよヽ(`Д´)ノ

それではビッグサイトでお会いしましょう。12時頃から。

カテゴリ:フィギュアとか

ページトップ▲

WHF神戸28・FINAL


なんとかかんとかコミティア合わせの新刊を入稿して明くる29日は神戸最後のWHF。
モホ面さんも急遽ディーラー参加してまいりまった。
というわけでWHF神戸28FINALルポはじまりはじまりー。

まずはコンテスト出品作から目についたものをピックアップ。
LED100個を各所に仕込んだファインモールド製ミレニアムファルコンは先日のWHF名古屋でも受賞していた模様。
青色LEDの放つ光が劇中イメージを彷彿とさせる力作。

コックピットに乗り組むのはもちろんハン・ソロ、チューバッカ、ルーク、レイアの4人。

ミレニアムつながりでこっちは某所のスレで見かけた遊戯王の千年パズル。
あとうっかり見落としてたんですが同じ場所で話題になってるでっかい100円玉の人の作品もいくつか出品されていて、そちらは金賞を受賞してたそうですよヽ(`Д´)ノ

フルスクラッチのデフォルメ千早・雪歩・あずささんとピヨさん。

さてここからはディーラーブース。まずは2月のWFで1/12翔子ちゃん用ララたんを作ってくださった『利休屋工房』…
Σ(゜д゜)塗装されてるーーーーー!?
この小ささで塗装とか…瞳のハイライトとか…えええええええ(;´Д`)
ちなみに肌はコピック、それ以外はアクリルガッシュだそうです。やっぱ色が入ると違うよねえ。

『やっおあら』。
こっちは我らが「まかスピ」のセイですよ!等身大ヽ(`Д´)ノ

けっこう早い時間帯に完売してたようでめでたしめでたし。

HEADLONG』、サイレントヒル2の赤い三角コーンの人。

以前の不死のゾッドといい、こちらは異形を作らせると単刀直入に見る者に畏怖の念を抱かせる造形力が相変わらず凄まじいです。

こっちはサイレントヒル3のバルティエル。フィニッシュワークはおなじみ『ACCEL』矢竹さん。

『りゅんりゅん亭』、黒を基調にしたカラーリングから一新した魔法人形あやか改めハートキャプターアヤカ。
やっぱアレですか、ぱんつが黒いと不満が出たりしたんでしょうか。

そして今回の問題作、2月のWFでの白レジン版発表時は予想だにしなかった「もえハン」ゲリョスS装備・まさかまさかのカラーレジン版!
もちろん見本もカラーレジン版をベースにしてますよ。信じられないって人は画像をクリックして腰のベルトの辺りやアイルーの塗り分けラインなんかをチェックしてみようヽ(`Д´)ノ
しかしここまでくるともはや遠那さん(とRCベルグ)の中で手段と目的がベクトルおかしくなってやしないかと心配にさえなるよ(;´Д`)

今回お隣だった『チェリーブロッサム』のイサコはWF発表時のものにジャケットをはだけていない状態のパーツが追加。
はだけたポルノさもいいけどこの凛々しさもいいねヽ(`Д´)ノ

ウチの斜め向かい『スライスフィギュア ヘリオス』で異彩を放っていたフルートを吹く女性の半身像。
中部日本工業のWizaray-Rというソフトを使って製作してるんだとか。

これ見て『七夕の国』の丸神の里の模型を思い出したのは空条さんだけではあるまい。
しかし…ちんこのスライスはなかなか見てて痛々しいね…(;´Д`)

ふうきたんプロジェクト』…
Σ(゜д゜)とうとう脱ぎだしたーーーーーーー!?
なにそのいまいちブレイクしきれないアイドルの末路的展開!?だいじょうぶ?ほんとにだいじょうぶ!?

硫黄泉』東儀白。
褒め言葉になってるのかわかんないけどこの人が作るべっかんこうキャラは毎回べっかんこうの絵よりもべっかんこうだと思うよヽ(`Д´)ノ←日本語でおk

団扇と浴衣の柄はどちらもデカールで用意されてるそうですよ。

今回の衝動買い、『Go to GARAGE!!』トップうさ。いやこれ発表当初から完成を待ちわびてたんですよ。

商品には耳のバニーマークと腰の名札のデカール(どっちも黒)が付属してました。
ホントは現在も準備中のカラーレジン版(製作ガイドつき)が本命だったんだけど完成のご祝儀と応援の意味も込めつつ、なによりかわいいから買っちゃった。

シンプルなデザインながら太股やおっぱいまわりの肉付きなど健康的なえっちっちさが見てて気持ちいいですよ。成型状態も良好で作りやすそう。
…ただ肩からつま先まで両脚もろとも1パーツなんでマスキングで死にそうですが(;´Д`)
ニーソのラインで分割すれば楽だろうけどここのラインは損ないたくないしなあ…がんばるか。

kuni20xx』、リリカル☆りりっくのアリエッタ。
またなんだか上から目線なこと言うようでやらしい感じかも知れないけど、これまでの作品と比較して鼻のあたりの面構成がグッと上手くなってこられた気がするです。期待期待。

顔のバリエーション。
なんかこの区画だけ会場内の照明の色温度が妙に低かったのか写真が真っ赤っかでした(つД`)
かなり補正したけど限界…ごめんなさい。

青銅CIRCUS』ひぐらし梨花×沙都子セット。
こちらの作品は相変わらずその小ささにそぐわない情報量が目を惹きます。これで 1/12サイズ。

天立ヴァルキリー学園3人セット。これもまたちっちゃいちっちゃい。

プリズムアークのテレサ。最近プリズムアークもののキットが増えてきたけどぶっちゃけ公式サイト見てても誰が誰か区別が付きません(;´Д`)

『nico-labo』。
WFに続いて初音ミクものは今回もスルーするつもりだったんだけどこれだけはビビッときちゃって撮影ーヽ(`Д´)ノ

正直に申し上げてミクのデザインにはビタイチくるものがないんですが、独自のアレンジが利いたこの作品にはそれらを補う魅力を感じるですよ。

…なんだろう、なんでこんな気に入っちゃったんだろう。

ってなところでルポはおしまい。
先日の角川ショックとWHF消滅のダブルパンチでこれからしばらくディーラーの皆さんには厳しい時期が続くのかなあ。歩き回っててもそこかしこで「ホビコンどうします?」「インテックスは不便だからねえ…」みたいな会話が聞こえてきて、そうだよなあと思うことしばしば。
そのホビコンもこないだの有明はかなり苦戦していたそうで、このままじゃ分裂時に危惧していた「両雄並び立たず双方共倒れ」が現実になっても不思議じゃないって状況に片足つっこもうとしてるのは確か。
同人イベントとは違い模型イベントは「イベント自体のネームバリュー」にはあまり意味がなく、結局は「どんな有名ディーラーが名を連ねているか」がキモ。
ガレージキットを盛り立てるのは他ならぬディーラーの責務。多少のリスクは覚悟して、今は実りの秋を祈りつつみんなで種を蒔きにかかるべき時期なのかも知れません。

そうは言っても正直インテックスなんてもう二度と近寄りたくないもんなあ…神戸でやってくんないかなあ…(;´Д`)

さようならワールドホビーフェスティバル。今までありがとう。

カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか

ページトップ▲

WF2008Winterルポ

ぱーとよんヽ(`Д´)ノ

『ATOMIC-BOM』アスカとペンペン。
ゴスパンクシリーズも一段落、新劇場版のおかげで追加要素をゴテゴテつけずとも売れるエヴァものがまた主流になるといいなあ。
なんか今さらドレスアスカ欲しくなってきた。

『Honky Tonk』、蟲師から簾子をオールクリアパーツで。
この状態だと肝心の造形がどんな感じなのかはわかりにくいけど抜きは非常に良好のようでした。

『工作部屋』、大神アマテラス。

好きでたまらない感がそこはかとなく出ていてとても微笑ましいですよ。

だってもう好きが高じてこんなはずかしいポーズ取らせてるんだもん。いやーん。

『White Blue』、オリジナルのイルカ少女。
むしろ作りたかったのはこっちのほうなんじゃないかってぐらいシロイルカがかわいい。

『りゅんりゅん亭』新作、もえハン・ゲリョスS装備。
遠那さんの「MHものは作りたい、でも自分の作風や客層には...」とかそういうアレが透けて見えるコンセプト。

「No.01」ってことなので今後もシリーズ展開していく模様。

おなじみぷにカラーシリーズ最新作、大田区オーたん・ホワイトレジン版。
早くも彼女のコスプレをした女性がいたようでファン層の厚さを思い知らされまする。

『F.A.S.』ネイキッドスネーク胸像(画像クリックで拡大)。
むっっちゃくちゃかっこいいヽ(`Д´)ノ

ああもうかっこいいなああ...。

ああんもうああんもう。

『ぐりむろっく!』新作のダリー。
グレンラガンはかなりのディーラーが作ってたけどダリー作ってるのはかわにしさんぐらいしかいなかったかも?
ちきしょうなんでウチはテレビ大阪映らねえんだよちきしょうヽ(`Д´)ノ

『のべつまくなし』、時かけ真琴。
なんのポーズだろう、もしかしてPinkyのアレ?とか思ったらどうもカバンがなかっただけっぽい。
じゃあなんでカバンないんだろう...。

『皇帝ブランド』で販売されていたアポロ宇宙船のペーパークラフト。

アポロ13号の再突入カプセル。内部まで緻密に作り込まれてます。

サターン?を宇宙へ押し上げたJ2エンジン。ロマンだねえ...。

再突入カプセルとそのキャリア。今さらだけどこれ買ってもよかったなあ。

で、これがダメモトでやっぱりダメだった『BUBBA&サイコロキャラメル』プリンセスチュチュ(画像クリックで拡大)。
かつてセーラームーンに血道を上げた身にとって遂に登場した伊藤郁子造形の究極的決定版。

ホワイト型×2、透明型×2で歴代2位の生産コストになってしまったそうで(1位はもちろん蒼・翠)次回再販があるようなら値上げもあり得るかもとのことですが、いやそれでも全然買います。
っていうか買わせてくださいお願いします...なんで5月のWHFはコミティアとカブりやがるんだよ(つД`)

『Alchemist』メタルスラッグ。
履帯やマフラーの質感、踏んづけられた車のサビ表現がお見事。

WF直前に紹介した『利休屋工房』さんにご挨拶。
そしてこれが1/12サッチン用・魔改造娘ララ!ちっちぇーマジちっちぇー!!
キャラは知らないけど小さいのが好きなので買っていったという人がいたそうですが、果たして全裸キャラだとその御仁が知ったらどんな顔するだろう(;´Д`)
改めて立体化ありがとうございました!

1/6セイに続いてK-PIEROさんが1/6ヨリさんの製作をスタートヽ(`Д´)ノ
これはいわゆる一次原型。

ウォーターラインでカットされてますが、脚を作るかはコストとかそういうのも含めて検討中とのこと。

青本の描く顔のラインがなかなかうまく立体に落とし込まれていていい印象であります。ちょびっと首が長いかな?
完成に期待だヽ(`Д´)ノ

※3/11追記※
青本のblog『本格青本』にて上記のヨリさんフィギュア製品化に関するご意見を募集してます
販売された暁には是非欲しい!という人はどしどし意見を送るのだ送るのだヽ(`Д´)ノ

フロイラインリボルテックで現在大忙しの榎木ともひで氏の『eyewater』ではほぼフロイライン仕様の可動キット、ホビーちゃんを販売。

これを見る限り榎木さん自身もフロイラインの素体が持つ弱点や欠点は重々承知で、でもどうにもならないもどかしさみたいなものを感じずにおられません。
既に元ネタがあったとはいえAラインワンピースにストンとしたブーツ、と一見してわかる「太ましい印象のelf素体を太ましく見せないライン」に特化したデザイン。これは言ってみれば反則っていうか少なくとも版権フィギュアを乗っけるための素体を開発している側の人間がやるのはどうなのかなあと。

肘や膝がリボ球じゃない時点ですでにelf素体はリボルテックの、あるいはアッセンブルボーグの設計思想と根底からバッティングしてる気がします。
フロイラインそのものを否定したいわけじゃないんだけど...うーん。どうにもちぐはぐ、片手落ち。
榎木さんはそもそも可動というか色んな角度から見て楽しむ造形向けじゃないと思うんで、せめて顔だけでも似せるのが得意な人に担当させた方がいいと思うなあ。

そしてこちらもfigmaで大忙しの浅井さん『F-Face』はMMS用の新作プライマリとアウタスキン。

あ、アウタスキン撮り忘れてら(;´Д`)

今回は企業ブースをのぞきに行く時間もありまったヽ(`Д´)ノ

遅めの昼食をとって企業ブースへ行くとちょうどマックスファクトリーのステージでMAX渡辺氏と浅井さんのトークショーが始まるところだったので観てたんですが、新作として今回アナウンスされたセイバーのスカートアーマーの可動機構はちょっとものすごいことになってるみたいです。グッスマのサイトで配信されてた「朝まで生ワンホビ」もチェックしましたけどね、TYPE-MOONにビタイチ興味ない空条さんもこればっかりは欲しくなりまった。あんなもん2800円なんて値段つけられたら余所のメーカーみんな首つっちゃうよ(;´Д`)
figmaブースには待ちに待ったプラレス3四郎・柔王丸と桜姫が!
当初の設計ではとても2500円とかの価格帯で出せるものじゃなかったけれど、この2体を叩き台にfigmaを設計していく過程で順番こそ遅くなったがよりよいものになった、とはトークショーでの浅井さんの弁。

正直なところ、『天獄』砂姫あたりの製品クオリティと浅井さんが目指しているもののギャップを見るに「マスプロダクト、少なくとも付録として許される価格帯の商品と浅井可動は根本的に馴染まないんじゃないか」という懸念がありました。そこへfigma長門が2500円という価格でこれほどのプレイバリューと製品としての信頼性を両立してきたのは未だに夢じゃないかしらと思うことさえ。
今回リボルテックのブースでフロイライン凛をちょっと触ってみたらいきなり肩や肘がポロポロ外れて(ブースに行ったのが3時前ぐらいだったからもう遊びたおされててヘタレてたんだと信じたい)、そこで初めて気づきました。そういや装着変身でもS.I.C.でも可動フィギュアって何かしらポーズつけようとすると何かしらのパーツが外れるから恐る恐る動かしてたんだよ。我が家のfigma長門はいくらいじくり回しても全然外れないんでそういう今まで当たり前だと思ってたことさえすっかり忘れ去ってました。だからといってパーツが外れない・外せないわけでは決してなく、きちんと「壊れる前に外れる」を実現している。なにげないけどすごいことです。
レイキャシールからのにわかファンではありますが、ロボアスカ・ロボ綾波・ヒューキャスト・BFC版セイバー・MMSほか連綿と続いてきた数々の試行錯誤がfigmaで結実していくのを目の当たりにするとなんだか熱いものがこみ上げてきます。そうだよこんだけ頑張ってきたんだから報われなきゃウソだよ!

鳥肌閣下。長門の作りから考えると製品ではこのスーツも軟質素材なのかしら。
っていうか「figmaは通常のフィギュアで大ヒットと呼ばれるレベルまで売れて初めてペイライン」とか言ってるそばでこんなものが動いてるんだからやっぱ頭おかしいよこの人たち!
トークショーによれば「ライブツアー中のため今年に入ってから本人とまるで連絡が付かないため監修の時間が取れず、その時間待ちでどんどん小物が増えている」状態だそうで。
そんなんでも当の浅井さんはビールケースのロゴが「アサイビール」になってることを今日MAX氏から聞かされるまで全く知らなかったそうです(;´Д`)

...とまあそういった感じの今回のWF。Part1で触れた「可動ものの盛り上がり」はやはりリボルテックやfigmaなど(あ、こいつわざとQ-JOY無視しやがった)完成品サイドの盛り上がりを受けてのことでしょう。武装神姫用のオリジナルパーツを販売しているディーラーもあちこちで見られ「MMS改造を通じてガレージキットが活性化してくれたら」という浅井さんの願いがゆっくりと、でも着実に伝わってるのかなあなんてことも思いました。

版権ものではらき☆すた・初音ミクが案の定そこら中に出てましたがどちらも前回のハルヒショックのようなこともなく、よっぽどアレレな出来でもなければきっちり売れていたような印象を受けました。
プリーツのないスカート・裾がヒラヒラもしていなければ大きな記号的パーツもない制服...とハルヒは造形的に見所が少ない分ごまかしが効かず、かといって似せてもその苦労があまり伝わりにくいとロクなことがなかったのに対し、らき☆すたならあの頭身バランスと手足のラインさえ押さえていればそこそこに見栄えがするし、初音ミクはそのカラーリングと特徴的な髪型で一見してわかりやすく、またそのカラーリング自体が単純かつ彩度が低いおかげで塗装のアラも目立ちにくい。
らき☆すた・ミクどっちにも全く興味がない観点からはその辺が一因じゃないか、なんてな分析を青本とやってたりしました。

今回のお買い物は2点。『プラヅマ法力模型』雪歩と『毒苦虫』ミドナ。ミドナはあとで撮影しようと思いつつすっかり失念してました...。ちっちゃいけど丁寧ないい出来ですよヽ(`Д´)ノ
しかし帰ってきてから気づくこのチェック漏れの多さよ...事前にここ見ようと思ってたとこもけっこう忘れてるし。時間さえあれば網羅できるってもんじゃないねやっぱり。

...あ、恒例の看板も撮り忘れたΣ(゚д゚)

ゆりかもめのホームからパチリ。お疲れ様でしたー。

カテゴリ:WF2008Winterルポ, フィギュアとか

ページトップ▲