Syndicate this site(XML)

-アルマイト・スク水いいんちょ日記-

全2ページ中1ページ目
< NEW 1 2

Syndicate this site(XML)

完成!


今日は最後の工程、水滴の表現をやるよヽ(`Д´)ノ
というわけで買ってきたのはアクリル水彩用メディウムの一種、クリアタルゲル。
裸族たんが眠眠ちゃんの魔改造で使ってるのを見て「これ使えばいいんちょも…!」って感じで塗装開始前から気になってたんじゃよね。
なんだか最先端なことになってまいりましたがこれを利用して肌に水滴を乗っけていこうという。
ちなみに当該記事の詳細は今月23日発売予定のフィギュアマニアックス最新号にも掲載されるっぽいのでみんな買おうヽ(`Д´)ノ

ガムテープの上にボトルからにゅるりとゲルを出して、ギンギンに尖らせた爪楊枝の先にとります。
出してすぐのゲルは画像のように乳白色だけど乾燥すると透明に。白濁液の表現がやりたければここに白なりなんなりの絵の具を混ぜて使いましょうヽ(`Д´)ノ
似たような用途のメディウムは他にもジェルメディウムとかがありますが、そっちは主にザラついたマチエールを出すのが目的のためこれより粘性が高く『透明のコンクリート』みたいな感じになると思います。これを提案したCHOCO先生はさすが変態の神様だヽ(`Д´)ノ←褒めているつもり

ちょいちょいと爪楊枝でゲルを乗せていきます。1/8スケールに見合うよう大体0.3〜0.5mm程度のしずくを作るつもりで。ミスしても別の爪楊枝で軽くこそげば簡単に落とせるから気楽にやれますよ。
裸族たんによれば水で薄めるとヒケがものすごいらしいので原液そのまま使ってます。しばらく経ってツノが立ちはじめたら新しいのを出して交換。


あと注意点として、このクリアタルゲルの発売元であるゴールデン社製品は同じアクリル絵の具の大手であるリキテックスとホルベインに押されているのか日本ではなかなか置いてる店がないです。東急ハンズとか同人さん御用達のToolsぐらいじゃ多分無理。ってかTools梅田店・心斎橋ハンズではゴールデン社製品そのものを扱ってませんでした。ネット通販でなければアクリル・油彩に強い昔ながらの画材専門店を探したほうがいいでしょう。これも中学時代から使ってる京都市内の画材店で買ってきました。


あまり大きく動かない肩口や肩胛骨周辺には水滴が多めに残り、

よく動く腕の先や脚にはあまり水滴が残らないとか考えつつ。

どんどん置いていってるとなんか楽しくなってきた。

で!今度こそ完成ー!

水滴を乗せると肌のツヤに俄然説得力が出てきたでしょ。

水を弾く肌の瑞々しさがハァハァ(;´Д`)ハァハァ

わきとかうなじとかちょうえろい。

二の腕のぽっちゃり感もハァハァ(;´Д`)ハァハァ

当然ですが水を吸い込むスク水部分には水滴を乗せず。

この水滴表現の利点として「表面処理が雑な箇所にも乗せてやれば目隠しになる」ってのがあるです。これで肩胛骨まわりのいろいろがかなり誤魔化せた(`ー´)←申告したらおしまいだ

髪の毛先にも一箇所だけしずくを垂らしてみた。ウェザリングといいディテールアップは「やりすぎ」と「ちょうどいい」の見極めが難しいね。

顔には髪の毛から落ちた水滴を想定してほんの少しだけ。あとアゴにも2〜3滴。

写真にしてみると髪留めはもっとポタポタさせた方がよさそうな気がしてきた。あとでやろうっと。

何度見てもこのおなかはいやらしいなあ。

プールサイドを模したベースとか作れたらいいかなあと思ったけどこのガラス板の方が涼やかさがあっていいよね。

ってことで約2週間にわたってやってまいりましたスク水いいんちょ塗装日記もこのへんでおしまいです。こんなもんでもなにかしらのTipsとしてどこかで誰かの役に立つと浮かばれるんですがどないなもんでしょうかしら。
さて次はどの積みキットを崩そうかなあ…。

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

ページトップ▲

くみたてゴーヽ(`Д´)ノ

ハイライトもわりかしうまく入ってさあ接合して完成だという矢先。

貫通法で軸打ちしていた肩のところが真鍮線に押されてモリッと(つД`)
どうも組みつける際に瞬着を真鍮線に付けたのがまずかったのか差し込みがやたら固くて、ぐいぐいやってたらこんなことに。

こんな風に貫通させてない方のパーツに真鍮線を打ち込んで、そこへ貫通させた方のパーツを差し込むようにすれば回避できたミス。よっく覚えておこう。
しかしサッチンでは背中に穴あけるわるーこでは胴体パーツ落っことすわ最後にケチがつくのが空条さん流として定着しつつあるね。キー!

でもまあ胴体落っことしたのに比べたらダメージと呼べるほどのダメージでもないよね。ってことで盛り上がったパテをカッターで削ぎ落としスーパーファインのスポンジペーパーで表面処理。

このあと3倍ぐらいに希釈したタミヤサフを吹いてリカバーしました。作り置きの肌色がどれだったかわからなくなって一度るーこの肌を吹いちゃったのは内緒だ。みんなはめんどくさがらず作り置きの塗料ビンには何のどこに使った色かメモっとこうね!お兄さんとの約束だ!ヽ(`Д´)ノ

…でまあそんなこんなで。

ひとまず完成ー!

やはり手足がつくと違いますなあ。

デジカメのカラーバランスを少々いじってスク水の質感を見やすくしてみた。
腰のタグはニュートラルグレーを少量混ぜたキャラクターホワイトで筆塗り。シワまわりと胸の上の光沢の差に注目してもらえるとうれしいよ。

髪留め全然発色してないけどいいの!今回の主役はスク水だから!ヽ(`Д´)ノ

スク水にはゼッケンがあった方がいいという向きもおありかと思いますが塗る側としてはゼッケンなんかがあると「胸からお腹の塗り」という大きな見せ場を奪われるためヒジョーにジャマな代物なのですよ!
そういう意味でもこのキットはもはやオレ様の為に生まれてきたと言っても過言ではあるまいヽ(`Д´)ノ←イエピー呼んでください

お気に入りのアングル。ベースはハンズで買ってきたなんか泡みたいなマチエールというかテクスチャが入ったガラス製のやつ。
脚の付け根の表面処理がいい加減なのは見るな!ヽ(`Д´)ノ←開き直りも甚だしい

おなか。うわあこの写真いやらしいなあ

旧スク水をあらわす記号の一つとして前面左右に肩から胸を通って裾へ続くラインがありますが、これを文字通りただのラインとして造形している人のなんと多いことか。
それをちゃんと「布の重ね合わせ」と再現しているこのキットはやはりオレ様の為n(ry

瞳のハイライトはこうなりました。かなり大きく描いたぞと思ってオフィシャル絵を見たらもう一回り大きくてビックリした。

実はまだ完全に完成じゃないです。明日また必要なブツを買ってきて仕上げるのぜヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

ページトップ▲

スク水的な光沢の表現

今日は全体の光沢調整をやるます。スク水フィギュアを塗るにあたって、塗装そのものにも課題はあったけど実はこっちの光沢調整でも大いなる野望があったのだった。というわけで乞うご期待。いやあんまり期待はしないで。

クリアを吹く時にホコリは大敵(いや塗装の時だって大敵なんだけど)。カメラ用のブロワーや毛抜きでこまめにホコリを除去しながら…それでもいつの間にか毛ェ食ってるのはどうにかならんのか(;´Д`)
静電除去スプレーとか効果あったりするのかしら。おしえてえらいひと。

パーツごとに出したい光沢の度合いによってクレオスのスーパークリア光沢、半光沢、つや消しを吹き付けていきます。
これ前回のるーこでは肌なら半光沢、洋服はつや消しと部分部分で機械的にやってたんだけども、このスク水いいんちょでは「箇所ごとに異なる光沢の具合を持たせて水濡れ感を表現する」っつーなんとも初心者のくせに怖いもの知らずなマネをしてみようという。
もともとスガワラさんが日記でずいぶん前に書いていたこのへんのお話で「なんでみんなツヤのグラデーションはしないんだろうか」というのがずっと引っかかっていて、いつの日か自分がスク水を塗る日が来たら絶対にやってやろうと画策してたんですな。
ツヤのグラデーション、特に水濡れ表現をやってるフィギュアでこのへんは避けて通ってはいけない道だと思うんだけど、上手い人でもわりと光沢クリアをばーっと全体に吹いておしまいにしてる作例が見受けられて「塗装は完璧なのになんで濡れ表現だけこんな頭から水飴かぶったみたいなんだろう」と思ったりもして。
まあそんな他人の作例に難癖つけられるほど上手くいくかわかりませんけれども。乞うご期待。

…ごめんなさいさすがに作業中は没頭してて途中の撮影とかしてる余裕ありませんでした(つД`)
作業の順番的には
・つや消し…頭頂部、胸の上半分、お腹の上半分、腕と脚のハイライト部
・光沢…髪の毛先、首筋、肩ヒモのシワが寄ってる部分、胸の下半分、股布からお腹の下半分
・半光沢…上記以外の肌全般
って感じで。

そんな感じでできたスク水がこれ。薄く吹き重ねた部分の微妙なグリーンを孕んだブルーグレーがつや消しにすることでより浮き上がり、水を吸った旧スク水特有のぼったり感がそこそこ出せたのではと。脇腹周辺のシワの谷間やおへその凹みにも光沢クリアーをがっつり吹いてあるよ。あと髪の毛の天使の輪っかにも気持ち光沢を。

ざっと要所を済ませたところで全体の雰囲気を見ながらテカりすぎてる気がする箇所をスパクリ半光沢で抑えてやって光沢調整は終了。

目にビンから出したそのままの濃度でエナメルクリアを塗り重ね、エナメル塗膜のデコボコを隠します。

瞳のハイライトを描き込む前に髪の毛を接合。
パーツ同士がこすれて塗膜がキズつかないように顔パーツをラップで覆います。この時に額の裏側へ回り込むラップの長さは最小限になるように注意。

ラップで顔をくるんだまま髪の毛をはめ込み、破かないようゆっくり丁寧にラップを引き抜きます。

すっぽり。無事に接合完了。

エナメルクリアーを乾かしがてら、ハイライトの位置を決めるため正面やや上から顔を撮影。やや上なのはもちろん目線が上目遣いだから。
この画像をPhotoshopに持っていって検証しますよ。


向かって左側にハイライトを置いてみた場合。いいんちょの瞳のハイライトって大きいのよね。


向かって右側のばやい。前髪の分け目が左側であることを考えると左の方がいいのかなあ。
っつかよく考えたら右側の髪の毛も仮組した状態で撮影すべきだったね。

一気にハイライト入れちゃいたいところだけど生憎エナメルシンナーが完全に底をついてしまったため今日はここまで。明日シティボーイズ観に行くついでに買ってこよう。

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

ページトップ▲

目だけで4時間半

さあスク水が終わったら顔の描き込みだヽ(`Д´)ノ
エナメル塗料でもりもり描いていくよ。

タミヤエナメルのブラウン2:ブラック1で睫毛を描きます。あんまり気張らず適当にビャーッと。

はなから似せる気がまるでなかった前回のるーことは逆に、今回はできるだけオフィシャル絵に似せるつもりで描いてみることに。
でもなかなか目頭と目尻の位置が決まらず似ないのでよーくオフィシャル絵を見てみると

いいんちょのタレ目って極端に言うとこんな感じの逆「ハ」の字なのね。
というわけで目頭をもっと削り目尻を下げるように整えていく。 太めに描いてからエナメルシンナーを含ませた面相筆を少しティッシュで拭ってすいすいと。

睫毛は大体こんな感じ。次に下まぶた。普段の自分の絵よりだいぶ短めに描くよう意識しつつ。

さくさく行きます眉毛の描き込み。うっすらと彫り込まれた凹モールドに沿ってこれも適当にビャーッと、どうせあとからリタッチするんだから丁寧さよりもきちんと一定の発色が得られている点に留意して。

シンナー含ませた筆と綿棒、ティッシュを駆使してラインを出していきます。モールドはあくまで大まかな位置の参考に留めて振り回されないようにしないと表情がぎこちなくなるから注意。どっちみち半分以上は前髪で隠れるんだけどね。
画像で使ってるガイアノーツの精密綿棒がとても重宝するです。先が汚れてくるとすぐに新しいのを下ろすため消費量もバカにならないんだけど、こないだの神戸WHFのコンテストでるーこを出品して(実は連れてってました。気づいた人いるかしら)もらった参加賞にまた1袋入ってたんでしばらくこいつの残りは心配しなくてよさげ。

ここで改めて見直してみると向かって右の眉頭がちょっと足りてない。

ちょっぴり描き足してチェック。眉山が若干ガタついてるので修正。
修正のコツはたぶん少しずつチョイチョイやるんじゃなく、眉頭から眉尻まで1ストロークですいすいっとやることだと思うます。すこーしずつ削っているとなんだかCGをピクセル単位で修正していく時のような高揚感を覚えるのはオレだけか。

眉毛できあがりー。ここまで描いたところでラッカーのクリアをエアブラシしてここまでのを保護します。


続いて瞳の描き込み。
クリアブルーでざっと描いてみて撮影チェック。目頭の白目が多すぎてロンパってます。


目頭側を描き足しつつオフィシャル絵と首っ引きで瞳全体の形を試行錯誤。
こんな形の瞳なんて描いたことないから勝手がまるでわからねえ(つД`)
でもなんとか落としどころが見つかったよ。やればできるよ!
でまたラッカークリアでコートして...

ロイヤルブルー:クリアレッドを5:2?2:1ぐらいで瞳孔とアウトラインを描いて完成。
またクリアでコートして、ハイライト入れるのは明日予定の光沢調整後に。
ここまでで約4時間半。るーこの時はせいぜい2時間ぐらいだった気がするんだけど...似せようと思うとやっぱ時間かかるのね。

髪留めをスカイブルーで筆塗り。髪の毛の色の上に直接塗ってるから発色がイマイチだけどあんまり気にしない。

晴れたら明日には完成できるかしら。あと一息ヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

ページトップ▲

どんどん塗ろうね

このところ京都は塗装びよりの五月晴れ続き。もう30度とか言ってやがんの。これは今のうちに塗装しないと夏コミまでヒマがなくなるよという大宇宙の啓示と受け取った空条さんは病み上がりの身体で肌の続きを塗りますよヽ(`Д´)ノ

レシピ...シャドウ用ピンク20:クリアイエロー2:ブリリアントピンク1(全てガイアカラー)

先日コンプレッサーと一緒に購入したクリーナーボトル。カップにシンナーやツールクリーナーを注いでこの中に噴射しハンドピースを洗浄するのだよ。みんな知ってるって。

続いて髪の毛の塗装に。レッドブラウンなんだけどちょっとパープルが入っているというLeafお得意な感じの色がどこまで再現できるやら。
まずは下地にクレオスのイエローとキャラクターホワイトを1:2で薄く吹いて、その上からブラウン4:マルーン1:クリアオレンジ微量をいわゆる「天使の輪っか」を残す感じでエアブラシ。
ここへ更にブラウン2:マルーン1:ブラックごく少量(だったっけ?)をじっくり吹き重ねて...

こんな感じになりましたよ。いいんちょの髪の毛からはずいぶんかけ離れた印象になったかも知れないけどまあこれはこれで。

肌がちょっと濃すぎる気がしたので脚の尾根や肩、肘などにハイライトとしてさっきの肌色にキャラクターホワイトを適量混ぜてエアブラシ。これだけで結構落ち着いた感じがするよ。

翌日、ついにスク水の塗装だよヽ(`Д´)ノ
今回のいいんちょでは「普段の自分の塗りを再現する」ことに全力を傾けるのをコンセプトに据えていて正直ここさえクリアできれば表面処理が多少テキトーでも瞳の描き込みがぞんざいでもそれはそれでいいのだいいのだ。というわけでがんばるのだがんばるのだ。
顔と胸元の肌をマスキングし、まずは胴体の上=太陽が照らす側からクレオスのイエローを薄く吹き付ける。

ここへガイアのウルトラマリンブルー20:クリアイエロー2:クレオスのクリアー10を2倍強の希釈で薄く何度も吹き重ねていきます。

クリアーが入ってるとそう簡単には発色しないので何度も何度も吹き重ねて発色させ...

シャドウ側は特に何度も吹き重ねて...

大体こんな感じになるぐらいまでひたすら吹き重ねましたよ。目論見通りなら下地に吹いたイエローとこのブルーによってできたグリーンが効いてくるはず。

次にウルトラマリンブルー20:クリアイエロー2:ブルーFS15044 5:ブラック1をエアブラシ。

こんな感じに。写真ではグラデーションがわかりにくいけどかなり自分の塗りの色調に忠実な色味が各所で出てる気がするよ。

シャドウは手足を組みつけたあとの形も考慮して。

ちなみにこの「下地にイエローを置く」手法はついこないだ某所掲示板で教わったテクニック。これ一つやるだけでぐっと色調に深みと幅が加わって「単色スク水」というのっぺりしてしまいがちなパーツに見せ場ができまった。名無しさんに感謝ヽ(`Д´)ノ

いったんマスキングを剥がし、うっかりマスクせず吹いた肌の上からもう一度白目を白く戻すべくマスキング。
形状的に細切りしたマスキングテープを貼り込む方法は無理っぽかったのでテープを眼窩の形に合わせて爪楊枝でしっかり押しつけたあとそのままデザインカッターで切り抜く。カッターの刃はもちろんおろしたてで。なんか写真がストレッチマンっぽいね。
このあとここへタミヤの白サフを紙コップに少量出してシンナーで希釈したものをエアブラシして今日は終了。

全然関係ないけど、6年ほど患っているアトピーの治療目的でこの連休前から近所の鍼灸院に通ってます。2回目の施術直後から一番ひどかった首から胸にかけての炎症がみるみるうちに改善され、ついこないだまで寝る前にびしょびしょになるほど化粧水はたいてスキンクリームで保湿してても起きたらパサパサの肌ボロボロだったのがウソみたいにスッキリ。治療費も1回3000円となかなか良心的で、あとは手首に出てる症状とついでに低体温も改善するといいなあという。

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

ページトップ▲