Syndicate this site(XML)

-雑記-

全13ページ中1ページ目
< NEW 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Syndicate this site(XML)

すこしふしぎのインターステラー

事後も事後のお話ですが3/28幕張メッセのコミケSPにサークル参加してきました。
せっかくだからなにか新刊を用意したいとギリギリまで頭をひねるもオリジナルネタはさっぱり浮かばず、さてどうしたものかとぼんやり風呂で〆切までの猶予時間を逆算していた時のこと。

「俺が今いちばん描きたいのってこれじゃないか…?
っていうかこれ出力しないでいるからいつまで経っても頭が創作に切り替わらんのじゃないか?」

で、こんな本作っちゃいました。

『インターステラー』は初日にIMAXで観てスクリーンから溢れんばかりのスコシフシギズムに圧倒され、興奮冷めやらぬうちに(でも即日だとネタバレがひどすぎるので一週間ガマンして)Twitterでこんなのこんなのを投稿してたんですが、どうやらこの2枚だけじゃ満足できなかった…いやむしろこの2枚を描いてしまったばかりに火がついたようで。ちょうどそろそろSFもの描きたいなあって気持ちがあったのも一因かな。

…とまあそんな感じでコミケSP終了後とらのあなに卸していたところ今日「担当者イチオシのページを作ってましたよ」とTwitter経由でタレコミをもらいまして。

これがまたちょっとビックリするぐらい丁寧にレビューされてるんで是非ともみんなに見てもらいたいと思い久々にイベントルポ以外でblog記事をしたためている次第にございまする。

藤子・F・不二雄先生の凄い所はSFとしてのテイストはしっかりと残しつつも、 セリフや言い回しが子供にもわかりやすい説明と説得力を持っている事だろう。

つまり映画で伝わりにくい描写であっても藤子漫画を通してみると
不思議と理解できてしまうのである。

そうそれ!!
Fさん作品はチビッコがSFに目覚めるための最高の教材なんですよ!!
こいつよくわかってる!!

映画には映画の良さがあり、漫画には漫画の良さがある。
それを踏まえた上で、この作品を読んだ後にもう一度映画を観て欲しい。

そうそれ!!
BD見終わった余韻に浸りながらページをめくってほしい!!
この人よく理解してる!!

『インターステラー』の脚本を作ったノーラン兄弟。 藤子・F・不二雄先生。

この作品はSFという絆によって結ばれた意思がある。
そしてSFに敬意を払い、意思をとても尊重している。

もちろんネタだと言われれば否定はできない。
しかしそれはSF作品を好きだからこそのご愛嬌。

藤子・F・不二雄先生がご存命で、もしも『インターステラー』をコミカライズしたら。
そんな空想にふけりつつ、スコシフシギな体験をしてみても良いのではないか。

そうそれ!!!!!
Fさんご存命なら諸手を挙げてこの映画絶賛してたはずだよな!な!!って気持ちで描いてたの!!!!
この方わかってらっしゃる!!!!!!!!!

と手前味噌はこのぐらいにして。

この映画からは『マトリックス』以来久しぶりに今後のSFファンの共通言語になりうるパワーをひしひしと感じました。
『パシフィック・リム』も大好きだけどアレは怪獣アトラクションだしね。
『グラビティ』も大好きだけどアレは宇宙スリラーアトラクションだしね。

すぐ「これの○○って『△△(先行する作品)』のアレだよな!」としたり顔で言ってしまうのはSFおじさんの悪いクセ。
そこには大抵「俺もう知ってたからそんな驚かなかったし!泣いてないし!20年ぐらい前に見たし!」という誰に向けてるのかよくわからない強がりが潜んでます。
そうしたオマージュを照れずにさらけ出しなおかつ新たなセンスオブワンダーを加えて提示して見せた本作。
『バットマン』3部作にしろ『インセプション』にしろ、ノーラン作品には「ヒトがヒトのままヒトの領域を外れていく様子」が描かれている共通点があります。
特に『バットマン』原作では不死身のバケモノであるラーズ・アル・グールの「肉体」ではなくその「思想」に不死性を見出す解釈に唸らされました。
最大のオマージュ先である『2001年』でヒトの進化した姿としてスターチャイルドが描かれているのに対し『インターステラー』では「ヒトはヒトのまま上位の次元を支配する存在に進化してゆくだろう」というテーマが見て取れます。
そんなノーラン作品が大好き。
とうとう人情ものを撮れるようになった彼の次回作が空恐ろしくまた楽しみでもあります。

ぶっちゃけコミケSP会場でも委託でも出足は不調と言わざるを得ないんだけどこの記事を読めただけで出した甲斐あったなってぐらい満たされてしまいまった。
記事を読んで興味が出てきた人にも手に取ってもらえるとうれしいです。
委託部数が少ないせいで店頭販売はなく通販のみなので悪しからず!

とらのあな『すこしふしぎのインターステラー』購入ページ

まあこれで次の新刊こそコミティアで並べられるなんて保証どこにもないけどな!

カテゴリ:マンガ者, 告知, 雑記

ページトップ▲

C84お疲れさまでした

夏コミ、超ウルトラ酷暑の中ほんッとーにみなさんお疲れさまでした!!

新刊艦これ本「衝突禁止」お買い上げありがとうございました。モホ面まさかの艦これ本、まさかの持ち込み分完売です!
長いことやってきたけどコミケで新刊完売するの実は初めてで、それも13時という早い時間帯でとなるともう暑さで脳味噌やられて幻覚でも見てんじゃねえのか、実はもう一つダンボールあるんじゃねえのかと不安になりまった。嬉しさのあまり踊りだしそうになったけど体力維持のため自重。
わざわざお越しいただいたのに購入できなかった方にはホントに申し訳ないです。改めてどうもありがとうございました!
いやそれにしても提督の飢餓感すごいね…ゲーム本体の課金要素が全然ないからってここまでお金落としたがってるとはさすがに予想外。

書店委託についてはとらのあな・メロンブックスが早々に通販在庫切れとなってしまい、13日21時現在Comic ZINのみとなってます。
※8/14追記とらのあな通販も14日からやっと購入可能になってる模様。他店より掛け率悪いうえに販売が遅れるとかどういうこっちゃねん。

通販での入手はこれが最後のチャンスとなります。再販の予定もありません。どうかお早めによろしくです!

夏コミ前日は愛知と岐阜の県境近くにある「日本ゲーム博物館」で一日過ごしてきましたよ。プロップサイクルとかスーパーモナコGPとか体力さえあれば一日中やってられそうなぐらい好きな大型筐体も設置されてるんだけど、一番の目当てはWilliamsの名作ピンボール「Earthshaker」。所蔵リストにこの名前を見つけた時は変な声出ちゃったぐらい大好きっていうか今まで触れてきたピンボールの中で文句なしに一番好きな台なのですよ。

…ところがこの日はフリッパーが動かずメンテ中のため展示のみの状態!オレ慟哭!!スタッフさんに聞けば数日前には動いていたとか…なにしろ25年近く昔の作品でギミック満載、動作する状態で保存されてるだけでも奇跡みたいなもんなので。結局半泣きで盤面を眺めながらエアプレイするしかなく。悔しい!!

その代わりSS級の完動状態でプレイアブルだったF-14TOMCATはごっつりと堪能させていただきまった。こっちはEarthshakerから更に遡ること2年、87年の作品ですよ!盤面のワックスもしっかり効いてるしランプレーンの磨き上げも完璧。しかも左上キックバックのソレノイドの強さたるや現役当時でもここまでのメンテナンスを保ってた店の方が少ないんじゃないかってぐらい。館長さんの並々ならぬピンボール愛を感じずにはいられませんよ。

他にも調整中じゃない状態で見かける方が珍しかったDECOのLast Action HeroとかWilliamsのFunhouse、そしてデザイナーのガンズ愛が横溢する名機・DECOのGuns'n' Roses!いずれもほぼパーフェクトな保存状態でプレイ可能ときたらもうこの部屋だけでずっと暮らせそうなぐらいの満足感ですよ。これでEarthshakerがプレイアブルだったら確実にうれションしてたと思う。

そんな感じで10時すぎから17時までどっぷり遊んで東京入り、翌日のコミケを迎えたわけですが…アレですね…40のおっさんが調子に乗ってイベント前日にプロップサイクル2回もソリターまで行ったらもう脚が使い物になりませんね…。ホテルの風呂で必死でマッサージしてどうにか事なきを得たけどみんなも気をつけてね!(今プロップやるほうが難しい)

カテゴリ:告知, 雑記

ページトップ▲

ちょっと胆嚢取ってくる

今さらですが13日のこみっくトレジャーにサークル参加してました。ご来場いただいたみなさんありがとうございましたよ。

冬コミ落選したことだしホントは昨日合わせで新刊出したかったんだけど…実は年末の12/20未明に猛烈な腹痛で病院へ駆け込んだところ胆石が見つかりまして、さらに実は明日15日に手術のはこびに。急だなおい!
遅い夕食をとってちょうど2時間後の午前5時ごろ、アシスタント作業が終わるか終わらないかのタイミングでみぞおちのあたりがシクシクと痛みだし、食べ過ぎて胃がもたれたのかと胃薬を飲んで布団に入っても痛みは治まるどころか悪化の一途。
そのまま一睡もできず朝イチで近所の病院へ行き、待合所で突っ伏していたところを看護士さんに連れられて処置室で寝かされ30分ほど待たされてる間が一番つらかったです…わりと冗談抜きで死ぬかと思った…。

エコーとCTの所見によると胆石は13.4mm×12.9mmが1個、また胆石と併発しやすいと言われる胆嚢腺筋腫症も起こしていて、通常は2〜3mm程度である胆嚢の壁の厚みが最大で6.9mm程度まで肥厚、この壁の内側にも壁在結石と呼ばれる小さな石が無数に確認できるとのことでありまった。

どちらも直ちに処置しないといけない部類のものではなく、脂質を控えた食生活を送っている現在は全く痛みも起きてない(脂質を分解するため胆汁を送り出そうと胆嚢が収縮する際に胆石に引っかかって痛みが起きる。一度の食事で10グラム以上の脂質を摂るとヤバいっぽい)んだけど、このまま胆石の発作に怯えて暮らすぐらいならさっさと胆嚢まるごと切除してしまった方がいいよ、との医師のアドバイスに従って早めに手術することにしまった。
なにせ2月にはコミティアもWFも控えてるしね!

腹腔鏡下胆嚢摘出術で15日に入院即手術、翌16日には退院の予定であります。早ッ。
胆石症例では国内でも有数の病院ってことで手術自体は全く心配してません。

手術以外で胆嚢を温存する方法はないか一応聞いてみたけど、投薬で胆石を溶かす方法は半年以上かかる上に必ず効果が上がるとは言えず(コレステロール胆石にしか効果がなくそれも石灰化していないものに限る)、超音波破砕は再発の確率が非常に高い、そしてこれらは胆嚢の機能が損なわれていない場合のみの適応なので、そもそも胆石症・胆嚢腺筋腫症を発症している現状では既にろくに機能していないとの見方もあるんだそうな。
胆道そのものは充分に狭いからその先に胆石が落ちて肝機能障害を起こす危険はないけど、今の大きさなら今後も発作を起こす可能性は高いし、それで更に胆嚢が炎症を起こして肥大すると腹腔鏡下では摘出できなくなる場合もあるから早めに切っちゃいましょう、ってことですな。

胆嚢は元々あってもなくてもいい消化器で翌日から食事も普通にとっていいらしく、2週間ほどでほぼ完全に復調するとのことなので多分コミティアには何事もなく上京できるでしょう。
冬コミに落ちた時はたいそう凹んだりもしたけど今になってみるとこれも神の思し召しだったのかもしれないよねーとか都合よく考えるのだった。

というわけで明日から病院で一泊してきます。このエントリを読んだ人はコミティアに新刊間に合ったら快気祝いのつもりで一人4冊ぐらい買ってってね!

カテゴリ:雑記

ページトップ▲

COMITIA100お疲れさまでした

トレフェスや大ヴァンガ祭など同日開催イベント盛りだくさんで大賑わいのビッグサイト、その中でも今回のCOMITIAはひときわ盛況だったんじゃないでしょうか。いや結局スペース一歩も離れられなかったんだけどね…。

新刊『奪還MTB・プジョーVTT-905盗難〜奪回までの道のり』はおかげさまでほぼ予定数を売り上げることができました。お買い上げいただいた皆さんどうもありがとうございました!
この事件の顛末について「Twitterで見てました」と声をかけてくださった方が非常に多く、TogetterのPV数だけではイマイチ掴めなかった反響を会場でようやく実感できた気がしますよ。

書店委託についてもアキバblog楽画喜堂などで取り上げていただいた効果か、あっという間に在庫が底をついてしまいまった。記事で知ったけど買えなかったよ!という方、ホントに申し訳ない…。

今回は再販するつもりはなかったんですが、想像を遥かに上回る反響をいただいていることもあるので、近日中に再販できればと思ってます。このままじゃ夏コミどころか6月のサンクリにすら投入できないしね。

といってもモホ面さんはしがない創作サークル、正直そんな潤沢に再販できるわけでもないです。
そこでこのエントリを読んでいる「買いそびれちゃったから再販して!」という方は下にある「管理人やる気にさせボタン」を1回ポチッとやっていただけないでしょうか。
お寄せ頂いたポチり回数を再販部数の参考にしたいと思いますので、ポチりはできるだけ購入の意思がある方だけにしてもらえるとありがたいです。
再販が決まり次第また改めて告知します。どうかよろしく!

今週13日には大阪OMMで開催される関西コミティア40に参加します。G03「モホロビチッチ不連続面」。
こちらにも勿論『奪還MTB』持ち込みますよ。まあそう簡単に完売はしないだろう程度には投入するので参加予定の人はぜひ!
隣はCOMITIA100同様「本格青本」です。あわせてよろしくね!

COMITIA翌日は秋葉原で大友克洋GENGA展を見てきまった。
AKIRAの全原稿はもちろんだけど、幻魔大戦のイメージボードとかロボットカーニバルのジャケット絵とか、特にキヤノンT70の広告イラストとかすげえ懐かしくて食い入るように眺めちゃった。近作のジロ・デ・イタリアのイラストはどれものびのび楽しそうに描いててよかったなあ。
せっかくだから金田のバイクに跨ったところを撮りたかったんだけどちょっとした事情で泣く泣く断念…。
ともかく都内近郊に住んでてマンガに携わってる人なら見に行かない手はないですよ。
っつか「自分とは目指す方向性が違うから…」とか「見ても目がつぶれるだけだから…」とかグダグダ言ってないで行け!絶対になにかしら得るものはあるから!

カテゴリ:告知, 雑記

ページトップ▲

サンクリ52とかあの花ショップとかまどカフェとか

サンクリ52に参加の皆さんお疲れ様でした!

天候があまり崩れなかったおかげか動員もなかなか多く、新刊『暁美ほむらのつよくてニューゲーム』も持ち込み分のほとんどを消化することができました。
手に取ってくれた人の反応もおおむね好感触のようでひと安心。
ほら…〆切一週間前ぐらいに必ず訪れるじゃない…「これ面白いのかなあ…」って不安になる瞬間がさ…。

で、なんの間違いか今日現在とらのあなの通販在庫が底をついてしまってます。
とりあえず再発注の検討をお願いして現在はその返答待ちなんですけど、再出荷分は6/26のまどかオンリー『僕と契約しようよ!』で販売した残りを回すことになるためどれぐらいの量になるかは来週になってみないとわかんないです。
メロンブックスCOMIC ZINの在庫はまだあるようですし、とらのあなも実店舗(秋葉原A、池袋、名古屋、なんば)ならまだ置いてるかも知れません。『僕と〜』へ足を運べない方はお早めに通販をご利用ください。

再販の予定はありません。まかり間違って『僕と〜』で完売しちゃったりでもしたら考えるかもですが。

さて。サンクリ終了後は夕食までの時間を利用して渋谷PARCO5Fのノイタミナショップで公開中の『あの花』秘密基地を見に行ってみまった。
日曜夕方ともなると相当な混雑で入場規制・時間制限であまり長居はできなかったんだけど、人だかりが消えた瞬間を狙って可能なかぎり撮影してみたよ。
大きい写真はFlickrへUPしたのでそちらをご覧いただくとして、このエントリではここで撮影した写真を立体加工してNintendo3DSから閲覧できるようにしたものを掲載していこうかと。
秘密基地以外の原画展示なんかもFlickrを見てみてくださいな。

※このエントリに使用している画像は全てmpoファイルです。これは仕様上jpgと同様に表示されるファイル形式ですが、ブラウザによっては正しく表示されない可能性があります。
3DSのブラウザからは画像をしばらくタッチすると表示されるナビゲーションに従って操作することで立体画像として閲覧可能です。

入って最初にお出迎えするのが値段が頭おかしいと評判になったあの『モノノ怪』グッズたち。
おもいっきり鏡に映り込んじゃってますねあたくし…。

こっちは退魔の剣と薬箱。
チャリティ商品とはいえこれで248000円を安いと見るか高いと見るか…。

そしてこれが秘密基地の全景。
全員が使うマグカップも実際に市販されている商品ということで当然ながら再現度はカンペキ。
さすがにハシゴに登ることはできないのでご注意。

どこからチョロまかしてきたのか銭湯の暖簾。
展示物に触れることはできないけど自由に歩き回ることはできます。

中央の丸テーブルは工事現場に転がってる木製のケーブルリールを流用してるみたい。
こういう設定はアニメの画面だけでは気付きにくいね。

別角度からソファといっしょに。

劇中ではあまり出てこないアングルにはこれまたどこかのゴミ捨て場から拾ってきたっぽい謎の調度品が。

ぽっぽのねぐら。布団の上に転がったエロ本までわざわざ作って転がしてあります。
そしてこの梁に刻まれているのは…

もちろん「超平和バスターズ」の落書き!やっぱりこれがないとキマらないね。

けっこう広そうな印象を受けるけど実際にこの中に立ってみると5〜6人でぎゅうぎゅうって感じ。
山小屋というか物置なんでしょうな。

隅っこにはめんまの等身大(?)立て看板が。お腹のところに入ってるサインはめんま役・茅野愛衣さんのもの。
ボタンを押すと「いらっしゃいませぇ〜♪」と挨拶してくれます。

こういう観光写真を立体加工するとその場の臨場感みたいなものがより一層伝わりやすくなる気がするよ。
惜しむらくは肝心の3DSに搭載されたカメラがショボい点なんだけども。

ちなみにこれらの画像は視点をずらして撮影した二枚の写真をStereoPhotoMakerというフリーソフトで加工してます。
簡単な操作ですぐに作成可能なので、3DSとデジカメをお持ちの人は是非ともお試しあれ。

そして翌日20日は朝から松戸まで行ってまいりまった。
この日のお目当てはもちろんグッスマカフェで開催中のまどかカフェ!
こっちもFlickrにUPした普通の写真と一緒に見てみてくださいな。

GWのオープン以来連日長蛇の列ができるほどの大人気で、この日もお店の前に到着した11時少し前には30〜40人ぐらいの順番待ちができてました。
炎天下じりじりと焼かれながらしばらく待っていると整理券の配布が始まり、受け取った整理券は25番。13時〜13時半ごろの案内になると言われ、ちょうどお腹も減ってたのですぐ近所のカレーハウス「印度亭」で食事をとることに。
この「印度亭」は実はマックスファクトリーが経営してるお店で、いわばグッスマカフェとは親戚みたいな関係。840円のランチビュッフェで70分カレーとナン食べ放題!…はとても魅力なんだけど、今日はあとに差し障るので満腹になるまで食べるってわけにはいかなかったのがちょっと残念。

それから小一時間ほど腹ごなしに松戸の駅前を散歩して、いよいよ入店。

店内はあちこちに劇中のシーンや魔女たちの絵を使用したタペストリーや設定画、原画のパネルが展示されてます。
注文したメニューが来るまでこれを眺めてました。

お店の一角には過去のねんどろいど達がずらりと。

そして間もなく発売予定のまどかfigmaももちろん展示されてます。
まどかかわいいよまdしまった!スカートの中の構造どうなってんのか確認し忘れた!

こっちは東日本大震災チャリティの一つ、ねんどろいどぐま子。
チアミクともども予約してあるぜ。

天井から吊られた巨大シャルロット。
ちょうど頭の高さに口があるのでマミられごっこもできるよ。

そうこうしているうちにお食事がきまった。スペシャルメニューのキュゥべえプレートとソウルジェムドリンク『わたしの、最高のともだち』。
キュゥべえプレートはオーソドックスなハヤシライス。バターがよく効いてます。ほむ汁は巨峰ジュースで、中に浮かんだ☆はパイナップル。
食べてる途中の写真も撮ろうかと思ったんだけどね。
コースターとランチョンはしっかり持ち帰って作業部屋のデスクマットの下に敷いてやった。

デザートの「お菓子の魔女の執着」はコーヒークリーム入りのロールケーキ。チョコソースが異様に甘ったるくて、血糖値が音をたてて上がっていく気がしまった。
あとホイップのキメがやや粗いような…。

…といった感じで久々にオタ旅を満喫した二日間でありまった。
地方民はこんなチャンスでもないとこういうの見られないからね。WFついででまた何かおもしろそうなイベントあるかしら。

カテゴリ:イベントルポ, 雑記

ページトップ▲