カテゴリ:イベントルポ, トレフェス神戸5, フィギュアとか

C84お疲れさまでした"|Syndicate this site(XML)|トレジャーフェスタ神戸5ルポ Part2"

トレジャーフェスタ神戸5ルポ Part1

台風多すぎ問題の日本列島、その隙をついて(別についてない)開催された5回目の神戸トレフェスですよ。といってもお昼までずっと小雨が降ってたんだけどね。
夏のWF行きそびれたおかげで8ヶ月ぶりの造形イベントだ!テンションあがっていっぱい撮っちゃったからルポは3回に分かれる予定。
今回も撮影させていただいたディーラーの皆さんに感謝!

作品写真はすべてクリックでFlickrのページにジャンプします。各ページの写真を右クリック、「View all sizes」から任意のサイズを選ぶと更に大きな画像が閲覧できますよ。
使用カメラ・レンズ:キヤノンEOS50D・TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical(一部TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1)

瓢箪山電気』たまゆらのかなえ先輩。
そうそう、女の子だろうと写真に生きるなら膝を折ることを躊躇っちゃいかんのですよ。

ぜんぜん写ってないけどペンタックスQの再現度も高いです。

ガルガンティアのエイミー。
バッグとかサンダルとかの小物や裾飾りなんかがしっかり作り込まれてて見飽きないね。

肩に乗っかったグレイスもかわいい。

もぐらのやま』CCさくらの新作キットがまだ見れるとは!
そしてなんだろう、このケロちゃんから漂う余りものオーラ…。

四十郎工房』で展示されてたシルバー船長。うはあかっこええー!

サイトの解説を読むと98年に販売した当時からキット自体にほとんど手は加えられてないけれど、製作開始から放置期間を含めて足かけ20年で完成に漕ぎ着けたそうで。
古さを全く感じさせない完成度であります。かっこええー。

そんな昔ながらの手原型の妙の次はフルデジタル造形ディーラー『POLY-TOYS』のビビッドレッドひまわりちゃん。
デジタルでもこんな髪の毛の表現とかできるようになったんだなあ…。

こっちは制服バージョン。脚も指もむっちむちやな!!

ガルパン隊長セットはこのディテールで1/35!!
まだまだ出力品の磨き上げが必要とはいえこの解像度こそデジタル原型最大のアドバンテージですなあ。

これもオリジナルの1/35フィギュア。

ストライクウィッチーズに始まりガルパン・艦これとミリタリものが盛り上がってる昨今、蒐集欲と飾るスペースの問題を両方解決する選択肢として1/35は当面のトレンドになりそうな予感。

もうちっちゃすぎて全然ピン合わない!

ボッケボケだけどスカートや髪の毛がちゃんと空気を感じさせるディテールを持ってることはわかってもらえるかと。

わんこ。プレイアビリティの高さで売るのはオリジナルの一つの正解だね。

『岡山のプラ板使い』X字型の艦橋が特徴的な宇宙大戦争の大魔艦。
よーく見るとひょっとしてオールの部分って爪楊枝…?

宇宙轟天と反航戦だ!

タチウオ』ワンコインのボックスもので販売中の猫魂レジン版。
布袋とかセンムとかの印象が強すぎてディーラー名二度見しちゃったよ!こんなかわいいのも作れる人だったんだ!(褒めてるのかそれは)

剛本堂』ままま式あぴミク。
一切の奇を衒わずストレートにかわいい!

もともと仕上げの技術が高い人だからこそってのもあるけど、ボカロフィギュアも爛熟期の今ここまでド直球で勝負かけるのはいっそ清々しいとでも言おうか。

結晶洞窟』名探偵マーニー。
木々津絵の特徴が過不足なく立体化されてて好きです。もじゃもじゃ。

去年の神戸では未塗装だった『春愁堂』バリスタをもういちど。
当時のルポで「グリップが外れてる」って書いた覚えあるけどこの形状で正解だったのねすいません。

春愁堂さんは直線と曲線のコントラストがいつも気持ちよくて見かけるたんびに撮らせてもらっちゃう。

SNUFFKING』触手妹黒猫。
冬のWFでも見かけたんだけど、触手がクリアになったのとスタンドのオブジェでついに完全版になった印象。

しかしまあ見れば見るほどなんちゅーカッコなんだこれは…。

全高が結構あってファインダー覗きながら撮るのが難しくて上手く撮れたか自信なかったけどわりと大丈夫だった。

.

夢のカグツチノ公国』PVC完成品が発売予定のセイバーブライド。やっと実物見れたー!

レース表現も勿論すごいんだけど、左腕と腰が作り出す空間がなんともいえず妖艶で好き。

布のひらめき具合は安心の戸田節炸裂ポイントだねえ。

シルエットじゃなにがどうなってるのかまるでわからないメルトリリス。
ふとももの筋肉がセクシー。

さっきシルエットだとわからないって言ったけど実物見てもやっぱりなにがなんだかわからない!!

そして新作のパッションリップ。
なんかもう…いろいろでけえ……。

爪だけ見てると心滅ガロを彷彿とさせるものが。
これだけダイナミックだとどこから見ても印象がガラッと変わってくるんでついつい写真におさめる枚数も増えてしまいがち。

美少女に凶悪な武器って鉄板の組み合わせに奇乳一歩手前のド爆乳がくっついて見どころの多さに胸焼けしそう。

にしてもデカいっすね…。

本日のお買い物その1。冬WFで見つけた時にはとっくに完売してた『スワンボートのスーザ』ミク。
と…とうとうミクのガレージキットを買ってしまった…。

造形の都合でわかりにくいと思うけどパーツで見ると睫毛の立体感がすごい!
指先の表情もとても繊細でミクキットデビューとしてはかなりいい買い物ができた気がするよ。
開場時間ちょうどの到着でもラクラク買い物ができるのはやっぱり神戸トレフェスの魅力だなー。

付属のホワイトレジン製のリングとは別にクリア成形のリングがオプション販売されてました。勢いでこっちも買っちゃった。

Part2に続くよ!

カテゴリ:イベントルポ, トレフェス神戸5, フィギュアとか