カテゴリ:WF2013冬ルポ, イベントルポ, フィギュアとか

ワンダーフェスティバル2013Winterルポ・Part2"|Syndicate this site(XML)|ワンダーフェスティバル2013Winterルポ・Part4"

ワンダーフェスティバル2013Winterルポ・Part3

パート3だよー!
写真整理してて今回は今までに比べて初めて撮らせてもらったディーラーさんの割合が上がった気がしまった。
デジタル造型とか色んなファクターによって新しい人がどんどんディーラーデビューしてるのかも。

作品写真はすべてクリックでFlickrのページにジャンプします。各ページの「Actions」のプルダウンメニュー、または虫眼鏡ボタンを押してビューワーモードから「View all sizes」を選ぶと更に大きな画像が閲覧できますよ。

ネイティブから完成品が発売予定の『植物少女園』魔法少女・佐々木さん。

造型もボリュームも作家性も全てが凄まじいです。
RAITAキャラと石長さんのねちっこいラインが恐ろしい水準でベストマッチ。

エッジも毛先もびんびん。
乳首もびんびん。

うぬぬこれは予約しとくべきだったかなあ、と少し後悔。

『RCベルグ』で展示販売されてた池澤春菜さん原型のふたばちゃん。
前回のネコのような何かからめざましい上達ぶり!ベストアングル以外でのアラをビーチボールがうまくカバーしてたり老獪さすら感じさせる作品ですよ。

そしてベルグの新作は伊世谷さん原型のアンタレス。
あっちでもこっちでもSTG機体が次々と立体化されるんだからほんとにいい時代だよ。

自機だけじゃなく敵キャラも。『Rocket&507』、R-TYPE2面ボス・ゴマンダーとインスルー。
インスルーはメガネ型のパーツを互い違いに連結することで多関節を再現してある模様。

『0円店長』のオリジナル作品。
うっかりタイトル失念しちゃったんだけど、ベースに描かれたヒエログリフや手に持ったアンク状の武器(?)から古代エジプトの意匠を取り込んだSFキャラなのは充分伝わるよね。

超絶ディテールのシェリルが記憶に新しい『小抹香』の胸像「whereabouts of paper plane - January -」。
イラストを元にした作品とのことで元の絵を見てみたら想像以上に再現度高くて驚愕するなど。

『天然パーマネント』私服春香さん。

なんか最近目につくのといえばぷちますとかののワとかばっかりって印象だったんでものすごく久しぶりに正統派でかわいい春香さんのフィギュアに出会えた気がした。

『AMBIVALENT』シリカ。
WFでのSAO系人気は案の定というかこの子とアスナが二分してたね。あざとかわいいもんねシリカ。

『12Modelers』月面用ノイスピーネ・アルテミス。
この怖さとカッチョよさをどう撮ったら伝えられるかといろいろ試してるうちに気づいたらこんなアングルになってた。

ドールハウス。そしてどんな時でもフィギュアが載っかると途端にスットボケ空間になってしまうのがMa.Kの不思議なところ。
ミリタリモデルでもフィギュアと絡むと牧歌的な雰囲気は出るんだけど、ちょっとそういうのとも違う独特な空気が生まれるのよね。

『サイレントマイノリティ』ミク・カラフルドロップVer.2。
バカテスとか綾波とか他にもいくつも作ってるはずなのになんでだろう、いつ見てもミクばっかり作ってる印象しかない…いやほぼ毎回ミクの新作があるからなんだろうけども!

こちらで委託販売されてた『だぶる・けーおー!』のちっちゃいミク。

ベースのマカロンがかわいらしい桜ミク。
こんな感じでミクづくしだったのも先の印象を補強してたんだろうなあ…。

『GEKOKUJYOU(リンク先はfacebook)』GOSICKヴィクトリカ。

アニメちょこちょこっとしか見れなかったけど原作よりも凛々しくて更に他人に心を開かなさそうな感じ。

袖や裾の重たそうなドレープもクドくならないギリギリのディテールで練り込まれてますよ。

同じく『GEKOKUJYOU』グラディウス3のモアイいろいろ。
こんだけいっぱい並んでるとやはり壮観であります。

グラ3モアイといえばなんといってもこのモアイ柱。
呑気にぐるぐる回ってるのを想像してニヤけてしまいまする。

ベースの岩場の雰囲気もばっちり。これだけ種類があると多々買いでステージ再現したくなるね。

今日のお買い物、『アセトン』チタンダエル。
今回は特に目当てもなく見て回っていてこれも残ってたら欲しいかも程度だったんだけど、3時前ぐらいに通りかかってもまだ残ってたので迷わずゲット。
買えた喜びでうっかりワンショット押さえ忘れちゃった…。

『Model Country』ガラットのジャンブー通学ロボ形態。サイト見てみたらこれもデジタル造型だった!
クルット→ガラットの変形ギミックを搭載した完成品はすでにメガハウスから発売予定だけど通学ロボの立体物も欲しいよねー。当時もののプラモ結構トホホな出来だったし。

Part4に続くッ。

カテゴリ:WF2013冬ルポ, イベントルポ, フィギュアとか