カテゴリ:WF2011Summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

Nintendo3DS対応ワンダーフェスティバル2011Summerルポ・Part5"|Syndicate this site(XML)|近況まとめて"

Nintendo3DS対応ワンダーフェスティバル2011Summerルポ・Part6

ついにWF11sルポもこのPart6で最後であります。撮影許可いただいたディーラーの皆さん、改めてありがとうございました。
ラストは企業の一部の様子も含めてここまでより若干多めに紹介するよ!

『スノー☆キャット』無人少女・エト。
同人キャラの立体化も最近ほんとに増えてきたね。

3D
細かくバラけた髪の毛先がカラーリングの重さをうまい具合に緩和してます。

3D
『エム×ホリック』なきべそミク。あらこりゃかわいい。
なんだか毎回言ってる気がするけどボーカロイドは当初ここまで息長く愛されるキャラになるとは思いもしなかったなあ。すばらしい。

『リヒート682』ほむほむ。
世界改編後バージョンはもっと作る人いるかなあと思ったけど、考えてみたら最終話放送後からじゃそう簡単にもいかないか。

3D
スカートのフリルとか細かいところで丁寧な仕事が見て取れるよ。

3D
『あいまいみまい+あくちんふぃらめんと』新作はオリジナルの胸像(展示のみ)。
ドールアイは特有の妖艶さが出るねえ。

洋さんはデビュー以来ずっと目指す方向がブレてないというか、毎回とにかく好きで作ってます感がひしひし伝わってくるなあ。

3D
『Dog Fight』MGS4量産型メタルギア月光。
異形感あふれる脚のデザインが一周まわって美しい。

3D
やっぱりこれは姿勢を低くして見上げなきゃダメでしょう。うふーキモ美しい。

3D
メタルギアREX。
3までしかやってないとついついこっちに肩入れしちゃうなー。だって素直にかっこいいんだもん。弱いけど。

3D
『カインドオブマジック』私服杏子。うちももふにふにしたい。

岸田画稿の設定では顔の輪郭線に幅広さを巧みに錯覚させる(誤魔化す)仕掛けが施されてるせいで、内側と外側どっち準拠で作れば違和感がないか考えあぐねてる人が多い印象がありまった。実際すごく難しいと思う。
この杏子の場合は外側にあたるのかな?

『TAIL-SLAP』まどか。頭身高めのまどかもこれはこれでいいね。

3D
頭の上に乗っかったキュゥべえの妙なアクティブさがツボ。

『R.GLATT-CC』ほむほむ。伊墨さんが作るとこうなるか!って興奮しながらシャッター切ったらフレーミング大失敗…。
「つや消し塗装初挑戦」で不覚にも吹いた。そこだけは譲らないもんだとばかり。

3D
顔だけでなく跳ね上がる髪の毛にも怒りと決意がこもったすごい表情ですよ。うーーん。

『PLASTIC GARDEN』新作はアニメも好調な(見てないけど)シュタゲ牧瀬紅莉栖。
華奢な上半身とそれを補うジャケットのシルエットから太腿へ続くライン構成がおみごと。

3D
表情もいいけどシャツの皺や広がった髪の毛が小気味いいなあ。

『進工房』ではオリジナルの紙飛行機がいっぱい。
もう30年以上もオリジナルの折り方を追求して今では飛距離よりデザインを重視してるんだそうで。

3D
最新作。サイトで公開されてるそれぞれの作品詳細も興味深いですよ。

『さちうす堂』くつとぺっと(でかっ)。うひゃひゃかわええー。

3D
靴の造形も妥協がなくトータルバランスがとてもいいですよ。

『ぱてごねや』でぽつんと展示されてたオリジナルの女の子。
なんかモロツボな記号がいっぱいでずいぶん見入ってしまいまった。

3D
無駄を極限まで省いたコートやマフラーと繊細なまつげや髪の描写の対比がとても魅力的。

ざっと調べてみてもディーラー名以外の詳細は不明でした。
またすごい新人さんが現れたのかな?今後もチェックしとこうっと。

3D
『UNDERGUILD』墓守の少女ロッカ。
照明の具合でわかりづらかったけどなかなか鬼なディテールですよ。

3D
『Stranger Workshop』ちっこいまどか。最初はうめてんてーのへちょ顔で制作されてるから版権下りないよって言ってたらアニメ準拠の顔に差し替えで販売許諾が出たといういわくつき。
GUHICOさんが作ると反則級にかわええやないですか…。

3D
『けだもの工房』のキュゥべえは妙な躍動感。
キュゥべえの顔のバランスも絶妙に難しいようで、あちこちで作られていても同じ顔ってことはほとんどなかったです。

『エポキシパフェ』ほむほむ。最初にfgで原型写真見て変な声出ちゃった。
表情、髪の毛、スカート、頭身バランス、どれを取っても限りなく自分の理想に近いんだもん。

3D
伊墨さんと同じ10話ラストをモチーフにしつつ、また違った思いが込められた顔。

というわけでこちらのほむほむ、本日のお買い物その2でした!
ビバダイレクトパス!もうこのために余分に3000円払ったようなもんですよ。

…と、そんな感じで巡ってまいりました今回のWF。ご覧のとおりのまどか旋風吹き荒れるアマチュアディーラースペースだったと言って過言じゃないでしょう。
逆に震災がなければ普段どおりのアニプレックス版権、下りない可能性の方が強かったとまで言われてます。なにがどう作用して世の中どう回るものかわかんないもんですが、ともあれ造形イベントは版権元の理解と尽力あったればこそ、という基本的な事実を何度も再確認するいい契機になったことだけは確かだと思うわけです。

そして当の海洋堂はと言えば版権業務から解放された分のリソースを一体どこへ注ぎ込んだのかという相変わらずっぷり。
最初に触れた番号チェックのザル対応を除けばダイレクトパス組の目線からだと特に目立った悪評もなくむしろスムーズに入場できたとの評価が大半ですが(自分もその一人)、それ以外の一般待機列ではいつものように態度の横柄さや対応のぞんざいさを指摘する声もいくつか見られ、ダイレクトパス発行の理由としていた「警備の拡充」において最も大事なスタッフ教育はコミケの足元にも及んでいない様子。
いつも言ってるようにコミケの場合は一般もサークルも「客」ではなく「参加者」としての自助・互助を義務づけているからこその結果なので一概に比較してはいけないんですが、仮にWFが(専務の憧れるSF大会のように)一般を「参加者」と認識し対応しているつもりならそれはすでに実現不可能な夢物語。
まして今回はダイレクトパスというカネばらいによってそこに等級格差をつけたんだから尚更のことで、いっぱいお金を払った人にだけいい顔をする銭ゲバ因業イベンターの誹りを受けても致し方ないとさえ思いますし、早々に当日版権受付中止を打ち立て完全に版権元各社へのおんぶにだっこを決め込んだ海洋堂は、どう転ぼうとも文句など言えない立場にあるディーラーの足元を見て「震災にかこつけ業務を放棄した」と取られてももう弁護できないしする気も起きません。
実際グッスマから自社と関係の深い版権元の作品に関する当日版権業務を一手に引き受けるとのアナウンスがあった時は冗談抜きで「グッスマがWF乗っ取ってくんないかなあ…」とさえ感じました。

そんなアレで。

みんな騙されてる…!(カチャカチャカチャ)
アマチュアディーラー最後にご紹介するのは『紅塑会』かちゃかちゃメガほむでした。→3D

さてここからは駆け足で企業を少し紹介していきますよ。
どうせ企業のルポなんて余所で腐るほどあるんだから全部網羅なんてしませんよ。

3D
『グッドスマイルカンパニー』10周年の歩みを振り返る全作品展示。

3D
ああこんなのもあったなあ、あれちょっと欲しかったんだよなあ、みたいな感じでぼんやり眺め続けられる展示。

3D
展示には特に発売順とかそういう規則性はなかったっぽいです。歴史資料的価値より見栄え重視って感じ。

ダイヤモンドの鑑定書付きレヴェントン。こんなこともやってたのね。

どこにダイヤがあしらってあるんだろう…と思ってよく見たら給油口のところだった。

GSRスーパーGT初優勝記念としてトロフィーも展示。浮かれポンチだなアキさん。

なんとグッスマがスポンサードする小林可夢偉の固定フィギュア・figma・ねんどろいどが発表。
鳥肌閣下にせよマイケルにせよ実在人物のfigmaは鬼門っていうか出す出す詐欺のにおいがプンプンするんですけど…あ、ビリーは出たか。うーーーーん。
でもこれ、ねんどろはともかく固定が似てるのは間違いないぞ。

「月刊アニメスタイル」付録予定のねんぷち。やっぱりめんまはこの枠かー。ゆきあつめんま再現するならキョンあたりがおあつらえ向きかなあ。

3D
キツテフさん原型のトトリも彩色サンプルが展示されてました。色が乗るとぐっといい感じになったね。

『PLUM』新作はレイノスに続いてヴァルケン!
紹介写真で見た時はちょっと太腿が長めに感じたけど実物で見てみると特に違和感はなかったです。

別角度から。ハードナックルも展開可能だとか。うーんこれは期待しよう。
撮ってませんがPOPのみでR-9アローヘッドが商品化企画進行中とアナウンスされてました。

冬にサフ状態だったクラウドブレイカーも彩色サンプルで展示。うひゃあかっこいい!!

3D
発売までもうしばらく。

そしてなんとコトブキヤでは斑鳩に続いて…

R-GRAY1!!!!!!

事前にコトブキヤのtwitterで「斑鳩と同じく伊世谷さん原型の赤い機体」とヒントが出されてたので予想の範疇ではあったけど、ガレージキット版は伊世谷さんじゃなくてボビー金井さんだったから「じゃあ雷電あたりかなあ」とか思ってたんですよ。どうやらプラキット化のための完全新規造形だそうです。
もう5メートルぐらい手前からこのシルエットが見えた瞬間叫んじゃったよ。
本気でショーケース前で泣きそうになったよ…。
興奮しすぎてこれしか撮ってなかったよ……。
あんまり嬉しくてプラモの担当者さんに思いの丈をブチまけようとしたんだけどちょうど外されてたので別の人に期待のほどを託しておきまった。ええもうイタいファンですよ。
個人的には2使いだったからそちらも出るとものすごく嬉しいなあ。出せば13機モード再現する人とか必ず現れるよね。
ともかく絶対買うよ!

…っていうかさ、これさ、

ブラックフライ発売フラグ立ったと思っていいんだよね!?ね!!!???

そんな感じで最後に大興奮して幕張メッセを離脱。
朝は急ぎ足で気づかなかった駅前広場の液状化による激しい隆起・沈降と応急処置でそれらの隙間を埋めたアスファルトに、震災の残した激しい爪痕を初めて目の当たりに。
なんか阪神大震災後の神戸へ向かう阪急電車の窓から見えたブルーシートのかかった屋根が続く光景や、同じく液状化で土埃が舞うポートアイランドを思い出してしんみりしちゃいました。
一刻も早い北関東・東北の復興と、ごく当たり前なWFが楽しめる日が来ることを心より願います。

カテゴリ:WF2011Summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか