カテゴリ:WF2011Summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか

Nintendo3DS対応ワンダーフェスティバル2011Summerルポ・Part1"|Syndicate this site(XML)|Nintendo3DS対応ワンダーフェスティバル2011Summerルポ・Part3"

Nintendo3DS対応ワンダーフェスティバル2011Summerルポ・Part2

じゃPart2いっくよー。今回は気持ちが途切れないうちにできるかぎり更新したい!
ちなみにダイレクトパスでお目当ての二つはどっちも無事購入できまった。なんていうか…これまでいわゆるメインストリームに全くと言っていいぐらい興味がなかった身として過去ハルヒやローゼンやらきすたにドハマリしてた人たちがどんな気分だったのか今回ようやく身に沁みてわかったよ…。もうちょっとでも財布に余裕あったらあそこのさやかとかあそこのマミさんとか確実に買ってたと思うもん…。

『GSプロジェクト(リンク先は制作ディーラー・O-mesallue)』なこち。
従来の版権システムでは2クールアニメのキャラのキットが放映中に手に入るなんてまず考えられないわけで、このへんは不幸中の幸いというか。なんにせよ今回はホントに各版権元に頭が上がりませんよ。っていうか海洋堂が真っ先にお礼回りすべきだよね。

「存在自体がエロい」と大きいお友達の一部(肉体的な意味で)をイライラさせるなこちの困り顔。
ああイライラする(肉体的な意味で)。

『ワタヌキ』まさに口からもりもりとひり出される最中のシャルロッテ本体。
他にもいくつも見ましたが、魔女の中でもシャルロッテはマミさんとの絡みで絶大な人気を誇ってますな。

クリアの羽根と柔らかな表情がこれまた優しい空気を醸し出す沙耶。
奇しくも今回は沙耶がプチブームだったような。

『ユキシロ』弱音ハクさん。
ミク派生キャラって全然知らないんだけど名前のわりにずいぶん強気に見える人なのね(肉体的な意味で)…。

3D
しまった…このおっぱいを3Dで楽しむにはもっと絞り込むべきだった…。

『OverWork』はスタークルーザーとサンダークロス。

3D
スタークルーザー・カティサーク。あのローポリゴンからよくここまでのディテールを…とただただ感嘆。

3D
スターランナー。こっちも指折り数えられる程度のポリゴンから特徴的な尾翼とかうまく落とし込まれてます。
それでいて決して新しすぎない80年代デザインライン(スタジオぬえ風?)との融和がおみごと。

3D
サンダークロスはブルーとレッドどちらの形状のポッドも任意で選べるみたい。

3D
しかしこう並べられると2機欲しくなるという完全に思う壺。

オプションの解釈もおもしろいね。

マミさんのマスケットだけをいろんなスケールで販売してるディーラーさんもありまった。
まず実物大(コスプレ向け)なら『大日本技研』。ペーパークラフトですがハンマーなど一部キャストパーツも選べます。

3D
figma向け(1/12)なら『利休屋工房(リンク先はcompo-site)』
これまたなんとも3D向けなディスプレイっていうかすげえ!

3D
ドール向け(1/4)なら『POLYGONIA』。これだけのスケールがあるとエングレービングがひときわかっこよく感じるね。

で、このマスケットをマミさんドール(監修中)に持たせて展示されてまった。
その足下にあるのが…

3D
ドールサイズのほむスピナー。
モチーフになってる時計のムーブメントのようにヘアライン処理の入ったチタンっぽい色合いがものすごくかっこいい!

3D
こっちは展示のみのマミさんヴィネット。
ここから完成までにいくつのマスケットが生えるのやら。

3D
デジタル造形のTTバイク。デカールを自作すれば自分好みの痛バイクのできあがり。

バイクつながりで『ATOMICBOM』オリジナル・バイクと女の子。
前回のメッセンジャーガールもよかったけど今度のはいちだんと可愛くなったように感じます。
お財布に余裕があったらたぶん買ってたなあ。

3D
通販も予定されてるので気になる人はチェックしとこうね。うーんいいなあ…やっぱ欲しいなあ…。

3D
もちろんアスカの新作もあるます。
脚のコードがスーツに密着してないって解釈はありそうで意外となかったなあ。

3D
撮影してみて気づいたけど蛍光グリーンが何ともいえないワンポイントになっててかっこいいです。

委託で販売されてた『PROTORUDE』DAICON3の女の子。
今の流行りのラインをそう盛り込むか、と小粒ながらなかなか興味深い一品。

3D
『鋼鉄飯店』の展示品、FIMOで作った杏ほむ胸像。
もうこれちょちょいと磨いて複製したら普通に売れるんじゃないかなあっていうか欲しいよ。

本日のお買い物その1・まどか。フハハハ買いましたさ!ダイレクトパスパワーにものを言わせてな!
この絶妙に短足ぎみなバランスとかfgで一目惚れでしたよ。

3D
パーツ確認してみたらなかなか塗り分けが大変そうだったけどがんばる。まどかかわかわ(もはやコメントになっていない)。

『造形三家屋』D&Dプレイヤーはその名を聞くだけで震え上がり、DMからエンカウントを告げられた瞬間キャラクターシートを突き返すと噂の魔法重戦車ジャガーノート。
その完成品、しかもリモコン駆動!お値段にじゅうまんえん!!

3D
でも確かに完成度は相当なもので、自分なんかよりずっと長くTRPGの世界に浸かっている人ならきっと食指も動くでしょうなあ。

Part2最後は『メガスカルプチャ』オリジナル「水」。
飛び跳ねる水の中に生命を見出し、形にしてプレゼンテーションしてくれたその想像力と手腕をまず評価したいです。
さあ海洋堂は早くクリアのリボ球を出すのだ出すのだ。

Part3に続くッ。

カテゴリ:WF2011Summerルポ, イベントルポ, フィギュアとか