カテゴリ:フィギュアとか

習作2"|Syndicate this site(XML)|近況ひとまとめ"

超像可動スタープラチナ&承太郎お手軽リペ

fgのほうで既に公開済みですがメディコスの超像可動スタプラさんと承り太郎さんをリペイントしてみたよヽ(`Д´)ノ

このシリーズ、造型と可動の面では申し分のない完成度なんですが…唯一承りさんの顔がデコマスと比べてもややがっかり気味。スターさんの顔がとてもいい出来なぶんやっぱりみんな余計に気になるようであちこちで手を加えている人を見かけます。

ってことで我が家の承りさんも勢いに任せてリペってみまった。
使用画材:
丸ペン+パイロット製図用インク
コピックスケッチ
E00 スキンホワイト
R02 フレッシュ
YR24 ペールセピア
C5 クールグレーNo.5
W5 ウォームグレーNo.5
W7 ウォームグレーNo.7
0 カラーレスブレンダー
コピックマルチライナー・ブラウン0.03mm
デザインカッター(ハミダシ修正用)

顔の印象を薄くしてる第一の要因がグレーの眉毛。製図用インクで上からなぞると同時に眉間を狭め、眉根の下半分を太くすることで瞼との距離を近づけてます。
次に最大の問題点である瞼。これも製図用インクでがっつり黒く太く。丸ペンでもそのまま描いただけでは若干太くなっちゃうので、描きすぎた部分はインクが乾いてからデザインカッターでこりこり削ってラインを修正。
モデルにした絵はコミックス23巻『ダービー・ザ・ギャンブラー』あたり。
詰め襟のカラーに開いた穴にもスミ入れして地味にディテールアップしてます。こういう視線が集中する箇所のディテールを足してやるだけで印象が全然違ってきますな。

この二つの作業だけでもグッと見違えるんだけど、首もとあたりの強いシャドウに比べると顔は全体的にのっぺりした仕上げの塗装なのがちと物足りない。
そこで上瞼や小鼻の上、耳の中、頬にコピックのフレッシュやペールセピアでシャドウを加えます。
ペールセピア自体はけっこう強い色なのでカラーレスブレンダーで伸ばしながらアクセント程度にしたほうがいいかも。
ぶっとい口の線はデザインカッターで削って消してしまい、コピックマルチライナーのブラウンをチョンチョンと置くつもりで描き直します。口角だけインクで墨入れして描き足し。下唇にもシャドウを入れて原作のような厚ぼったい唇のニュアンスを再現。

アップにするとさすがに粗が目立つけどこのスケールを肉眼でいじるぶんには全然平気だよヽ(`Д´)ノ

顔のシルエットが5部以降のようなふくよかなラインなのも気になってきたので、耳の下から下あごにかけてペールセピアで強めのシャドウを入れシャープな感じに見えるように。
目の下にはウェザリングの要領で荒木風タッチを。最初はフレッシュやペールセピアで入れてみたんだけどパッとせず、試行錯誤の果てに思い切ってウォームグレー5を使ってみたらなかなかいい感じに。
いじってるうちに妙に白い耳の後ろの生え際も気になってきてクールグレー5でスミ入れ。帽子との質感差みたいなものが出たかな?
帽子のツバは本来お湯に浸けたりして外してから作業した方がきっと上手く仕上げられるんですがめんどいのでやってないです。おかげで前髪が邪魔でえらい難儀した(;´Д`)

おすまし顔以上にアレレな怒り顔は主に口元の凄みをアップさせる方向で。ウォームグレー5や7を使って口の輪郭を際立たせ、同時に口角も描き足してタッチを入れてます。

スターさんは前述のとおりほとんど問題ないんだけど、原作の絵に比べると顔のラインが実線で入ってないのがやっぱり気になってきてウォームグレー5で描き足しました。
ぶっとく塗ってからカラーレスブレンダーで頬の外側へ向けて心持ちグラデーションさせる感じで整えてます。

目の下にある三角形の隈取りは一旦ウォームグレー5で全体を塗りつぶし、真ん中をカラーレスブレンダーで明るく起こすという手順を踏みました。単純にラインを入れるよりも自然に馴染むかなと。

…ってな感じで総作業時間は2時間半ぐらい?一気にやっちゃったからリペ前の比較画像とか全然なくてすいません(;´Д`)
完成品のリペって今回初挑戦なんだけど気軽に楽しめていいですな。特に今回のように原型の出来が優れてると仕上がりも期待以上で満足感アップです。ほんとに眉毛と瞼をいじるだけでまるで見違えるので一度チャレンジしてみてはいかがでしょか。
そういえばコピックでリペするとテカリが気になるところですが、作業を終えてボディに組み付けてみたらそんなに気にならなくなりました。むしろこれぐらいの光沢は肌のみずみずしさの表現ってことでヽ(`Д´)ノ

※もしもどうしても気になって光沢調整を行う場合でも水性トップコートは避けましょう。コピックの主成分であるアルコールは水性トップコートに溶けるため思いっきり滲みます。コピックを充分に乾かしてからラッカークリアを薄ーーーく何度か重ねた方が無難です。

ポルポルくんとチャリオッツも発売されたらこの調子で手を入れてみようかしら。

カテゴリ:フィギュアとか