カテゴリ:WF2007Summerルポ, フィギュアとか

WF07夏ルポ〜しょにょいち"|Syndicate this site(XML)|WF07夏ルポ〜しょにょさん"

WF07夏ルポ〜しょにょに

ぱーとつーヽ(`Д´)ノ

個人的に今回のWFの目玉ではと思う『りゅんりゅん亭』シャーリー。レプリカントなどの雑誌媒体で情報が先行したこともあって注目度はひときわ(画像クリックで拡大)。

キムタカのラインと遠那さん独特の髪の毛や脚線の流し方、その双方をこのレベルまで両立させてるのは掛け値なしにすげえと思いますよヽ(`Д´)ノ
いやこれはスク水だからとか関係なく。
なんかこの流れだと冬のWHF直後あたりで2期放映時期決定と同時にPVC化の情報が出そうでWFでの購入は今回が最初で最後のチャンスだったのではとか勝手に憶測してみる。

そしてカラーレジンのほうの新作、魔法人形あやか(画像クリックで拡大)。
この完成度でリボンのワンポイントぐらいしか塗装してないというから驚愕ですよヽ(`Д´)ノ
ぷにカラーで培ったノウハウが詰め込まれた大いなる実験作って感じでしょうか。
カラーレジン云々を抜きにしても髪の毛の動きとフリルの流れが気持ちよろしおすなあ。

『ストロベリーチャリオット』グレートエクスカイザー。

そしてその対となるダイノガイスト。どちらも大スケールながら間延びした印象がなく見所が多いですのう。

前の布袋っぽい人とか悪意あるデフォルメが毎回笑わせてくれる『タチウオ』。

サトエr…もといトリエサ(画像クリックで拡大)。
写真を撮るか撮るまいかしばらく逡巡したんですが…

コイk…もといイケコ(画像クリックで拡大)。
この顔で腹筋が決壊すると同時にシャッター切ってました(;´Д`)
ディーラーカットの情報から中央のはMEGUM…もといエグミの胸パーツだったのではと推察されるです…。

手びねり造形の完成品販売、『Maple Orange』

花見で夢見心地のパンダ。ワンカップも販売物の一部っぽかったです。

謎のマジックロッドをたずさえたぶたさん。粘土の透明感が和菓子みたいで美味しそうでした。

『Genocide Kitten』東方レミリア・スカーレット。
東方は全然知らんのですが独特の雰囲気を持った作風で見てておもしろかった。

『剛本堂』同じく東方の博麗霊夢。
東方といいTYPE-MOONといい元絵がユルい同人作品は立体物に恵まれやすい法則とかあるのか←かなり問題発言

撮影時にディーラーさんが気を回して背景を隠してくださいました。ありがとうございます。
ぱんつはいて…た。

『いたんぢ』ルイズ(画像クリックで拡大)。全高6センチほどの手のひらサイズ。

同じく『いたんぢ』、ワンダちゃんとリセットちゃん(画像クリックで拡大)。

新作のハルヒは塗装が間に合わなかった模様。

『鬼将軍ARCHETYPE』、クラッシャージョウのファイター1・2。

同じくクラッシャージョウのミネルバ。
さすが映画のプロップなどを多数手がけているだけあって劇中イメージが高レベルで詰め込まれてます。

『Reply From...』オーディンスフィアからメルセデス(画像クリックで拡大)。
ゲームの方はよく知らないですが太股のむっちり感がいやらしくなくてきれいにまとまった良作であります。このへん女性原型師ならではかも。

女性原型師つながりで『植物少女園』仲本(画像クリックで拡大)。
事前チェックの時から気になってはいたんだけど…正直なところ石長さんの作風が好きな人って別にキャストオフとか求めてないんじゃないかと思うわけで。
確かに「仲本シリーズのニューフェイス」として見た場合にネタの詰め込み方はじゅうぶん合格に違いないんですが…まあご本人的にキャストオフやってみたかったんでしょうなあ。

しょにょさんにつづくーヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:WF2007Summerルポ, フィギュアとか