カテゴリ:フィギュアとか

ナナちゃんのガレージキット製作ガイド"|Syndicate this site(XML)|メディコム響鬼さん・その後Part1"

響鬼さん届いた…けど…(;´Д`)

先日からテカテカしながら待っていたメディコムの『PROJECT BM!』マジョーラ響鬼さんが昨夜遂に到着ヽ(`Д´)ノ

スーツのマジョーラ塗装文句なしに美麗です。…が、あちこちですでに報告が挙がっている通りその他はかなりの難アリの代物に。

まず最大の問題点。装備帯は脱着可能のはずなんですが、スーツに配置されたラバー製のラインが癒着していて位置の調整ができません。到着時の装備帯はかなり下にずり落ちた感じになっててすごい胴長に見える。

左右ともこんな感じで癒着。

ディスクアニマルホルダーが擦れる箇所ではなんか下手くそがハンダづけした基板みたいなことに。

手甲はマジョーラに赤を上塗りしてますがそのせいでこんなデカい塗膜ハゲが
グラデーションも決してきれいとは言えず半分ベタ塗り状態。

一番奥のホルダーのパーツが接着不良で触ってもいないのにポロリと落っこちました(;´Д`)

右腿には長さ2mm程度の塗膜ハゲが(画像中央)。色味が色味だけにかなり目立ちます。
っていうか全体的にPVCパーツがやたらベタつきます。覚悟はしてたけどそれ以上。指紋もホコリも食い放題で、ほんとにこれ手術用手袋でも填めて触らないとダメかも。

上半身のヨロイ、背中側に接着剤モレ。

装備帯に着ける音角ホルダー。
サイズが全然合ってません。当然簡単に外れます。ディスクアニマルホルダーの方も概ね同じ。なんでこんな開口部を設けたのか意味がわかりません。

音角ホルダーのフック。真鍮線曲げただけですっげえチャチ。フックのカシメも不十分です。

収納状態の『音撃棒烈火・吽』の握り手、親指を通す輪が思いっきりひしゃげてます。

収納状態の音角、ツノが妙に曲がってます。

可動範囲の検証しようと腕を上げたら肩アーマーがべろんと剥がれました(つД`)
肝心の可動範囲も画像が精一杯でした。膝はまだ結構曲がるんですが(その代わりニーパッド裏の接着剤跡が露出してかなり見苦しい)スーツのテンションで勝手に戻ってしまうのに加えロール軸1軸しかない足首のせいでほとんど素立ちでしかポーズをつけられません。
以前の雑誌記事で「がしがしポーズつけて遊べますよ!」とか言ってたのは一体なんだったのか。

剥がれたアーマーの裏側。見事に最上層のマジョーラ塗膜を持ってかれてます。
ってかこんなとこまで吹き付けてりゃ接着不良起こして当然じゃん!

…というわけで到底2万円オーバーの定価を謳う商品とは思えないクオリティでした。
スーツの出来とかマジョーラの美麗さは文句ないんだけど、PVCパーツの塗装と肝心の組み立てが乱雑すぎてなにもかもをスポイルしてると言った方が正しいか。
いやね、これがSICぐらいの価格帯なら笑って済ませられるかも知れませんよ。肩パーツが外れてもフンドシが曲がって接着されてても。
けど…ねえ。
以前からメディコムトイ製品の品質管理のお粗末さは聞き及んではいたけど、それらが風聞でもなんでもない、紛れもない事実に基づいた経験談だったというのを身をもって知らされるハメになった今回。普段はたいていのことなら気にしない空条さんですが、ちょっと値段が値段なので先達に倣って不良品として返品交換に出すつもりです。つかこれで怒らない方がおかしい。
最初に公開された時から買う気満々で今日を迎えただけに落胆もひとしお。るり渓あたりまで撮影旅行したりとか本気で考えてたんだけどなあ…。

すぐにメーカー(1/6計画)へ問い合せたところ「不良品報告が非常に多くメディコムでは現在対応策を検討中だそうです。それにともない交換品の発送は6月中旬以降になる模様。また具体的な対応策については未だ不明」との返答をいただきました。
モノ自体には満足してるんで誠実な対応を期待するばかり。でもなんか普通に2次出荷分を不良交換に回されるだけで終わりそうな予感がひしひしと…。

とりあえず明日にも返送予定です。商品あるいはメーカーに対しての最終的な判断はそれ以後に持ち越しってことで。

カテゴリ:フィギュアとか