カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

スク水的な光沢の表現"|Syndicate this site(XML)|完成!"

くみたてゴーヽ(`Д´)ノ

ハイライトもわりかしうまく入ってさあ接合して完成だという矢先。

貫通法で軸打ちしていた肩のところが真鍮線に押されてモリッと(つД`)
どうも組みつける際に瞬着を真鍮線に付けたのがまずかったのか差し込みがやたら固くて、ぐいぐいやってたらこんなことに。

こんな風に貫通させてない方のパーツに真鍮線を打ち込んで、そこへ貫通させた方のパーツを差し込むようにすれば回避できたミス。よっく覚えておこう。
しかしサッチンでは背中に穴あけるわるーこでは胴体パーツ落っことすわ最後にケチがつくのが空条さん流として定着しつつあるね。キー!

でもまあ胴体落っことしたのに比べたらダメージと呼べるほどのダメージでもないよね。ってことで盛り上がったパテをカッターで削ぎ落としスーパーファインのスポンジペーパーで表面処理。

このあと3倍ぐらいに希釈したタミヤサフを吹いてリカバーしました。作り置きの肌色がどれだったかわからなくなって一度るーこの肌を吹いちゃったのは内緒だ。みんなはめんどくさがらず作り置きの塗料ビンには何のどこに使った色かメモっとこうね!お兄さんとの約束だ!ヽ(`Д´)ノ

…でまあそんなこんなで。

ひとまず完成ー!

やはり手足がつくと違いますなあ。

デジカメのカラーバランスを少々いじってスク水の質感を見やすくしてみた。
腰のタグはニュートラルグレーを少量混ぜたキャラクターホワイトで筆塗り。シワまわりと胸の上の光沢の差に注目してもらえるとうれしいよ。

髪留め全然発色してないけどいいの!今回の主役はスク水だから!ヽ(`Д´)ノ

スク水にはゼッケンがあった方がいいという向きもおありかと思いますが塗る側としてはゼッケンなんかがあると「胸からお腹の塗り」という大きな見せ場を奪われるためヒジョーにジャマな代物なのですよ!
そういう意味でもこのキットはもはやオレ様の為に生まれてきたと言っても過言ではあるまいヽ(`Д´)ノ←イエピー呼んでください

お気に入りのアングル。ベースはハンズで買ってきたなんか泡みたいなマチエールというかテクスチャが入ったガラス製のやつ。
脚の付け根の表面処理がいい加減なのは見るな!ヽ(`Д´)ノ←開き直りも甚だしい

おなか。うわあこの写真いやらしいなあ

旧スク水をあらわす記号の一つとして前面左右に肩から胸を通って裾へ続くラインがありますが、これを文字通りただのラインとして造形している人のなんと多いことか。
それをちゃんと「布の重ね合わせ」と再現しているこのキットはやはりオレ様の為n(ry

瞳のハイライトはこうなりました。かなり大きく描いたぞと思ってオフィシャル絵を見たらもう一回り大きくてビックリした。

実はまだ完全に完成じゃないです。明日また必要なブツを買ってきて仕上げるのぜヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか