カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか

ララたん通販受付スタートヽ(`Д´)ノ"|Syndicate this site(XML)|スク水的な光沢の表現"

目だけで4時間半

さあスク水が終わったら顔の描き込みだヽ(`Д´)ノ
エナメル塗料でもりもり描いていくよ。

タミヤエナメルのブラウン2:ブラック1で睫毛を描きます。あんまり気張らず適当にビャーッと。

はなから似せる気がまるでなかった前回のるーことは逆に、今回はできるだけオフィシャル絵に似せるつもりで描いてみることに。
でもなかなか目頭と目尻の位置が決まらず似ないのでよーくオフィシャル絵を見てみると

いいんちょのタレ目って極端に言うとこんな感じの逆「ハ」の字なのね。
というわけで目頭をもっと削り目尻を下げるように整えていく。 太めに描いてからエナメルシンナーを含ませた面相筆を少しティッシュで拭ってすいすいと。

睫毛は大体こんな感じ。次に下まぶた。普段の自分の絵よりだいぶ短めに描くよう意識しつつ。

さくさく行きます眉毛の描き込み。うっすらと彫り込まれた凹モールドに沿ってこれも適当にビャーッと、どうせあとからリタッチするんだから丁寧さよりもきちんと一定の発色が得られている点に留意して。

シンナー含ませた筆と綿棒、ティッシュを駆使してラインを出していきます。モールドはあくまで大まかな位置の参考に留めて振り回されないようにしないと表情がぎこちなくなるから注意。どっちみち半分以上は前髪で隠れるんだけどね。
画像で使ってるガイアノーツの精密綿棒がとても重宝するです。先が汚れてくるとすぐに新しいのを下ろすため消費量もバカにならないんだけど、こないだの神戸WHFのコンテストでるーこを出品して(実は連れてってました。気づいた人いるかしら)もらった参加賞にまた1袋入ってたんでしばらくこいつの残りは心配しなくてよさげ。

ここで改めて見直してみると向かって右の眉頭がちょっと足りてない。

ちょっぴり描き足してチェック。眉山が若干ガタついてるので修正。
修正のコツはたぶん少しずつチョイチョイやるんじゃなく、眉頭から眉尻まで1ストロークですいすいっとやることだと思うます。すこーしずつ削っているとなんだかCGをピクセル単位で修正していく時のような高揚感を覚えるのはオレだけか。

眉毛できあがりー。ここまで描いたところでラッカーのクリアをエアブラシしてここまでのを保護します。


続いて瞳の描き込み。
クリアブルーでざっと描いてみて撮影チェック。目頭の白目が多すぎてロンパってます。


目頭側を描き足しつつオフィシャル絵と首っ引きで瞳全体の形を試行錯誤。
こんな形の瞳なんて描いたことないから勝手がまるでわからねえ(つД`)
でもなんとか落としどころが見つかったよ。やればできるよ!
でまたラッカークリアでコートして...

ロイヤルブルー:クリアレッドを5:2?2:1ぐらいで瞳孔とアウトラインを描いて完成。
またクリアでコートして、ハイライト入れるのは明日予定の光沢調整後に。
ここまでで約4時間半。るーこの時はせいぜい2時間ぐらいだった気がするんだけど...似せようと思うとやっぱ時間かかるのね。

髪留めをスカイブルーで筆塗り。髪の毛の色の上に直接塗ってるから発色がイマイチだけどあんまり気にしない。

晴れたら明日には完成できるかしら。あと一息ヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:アルマイト・スク水いいんちょ日記, フィギュアとか