カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか

WF☆20に行ってきた・その6『浅井みたいなチンピラが』"|Syndicate this site(XML)|WF☆20に行ってきた・2次会『あげた君に見せてもらったの』"

WHF名古屋6ルポ

フィギュアともども『ヱビス堂』さんとこで委託販売やらせていただくことになり行ってまいりまった。名古屋のイベントは3?4年ぐらい前のコミティア以来だ。ってか名古屋コミティアは刈谷とかすでに名古屋ですらねえし

天気は生憎の雨模様。あとで芸人さんに聞いたところによれば名古屋のWHFは土砂降りにドカ雪ととかく天候には恵まれねえらしく。新快速一本乗り遅れて11時過ぎぐらいにやっと到着。やっぱ軽く3時間かかるなあ。

この数日前に芸人さんから「どうせだからドでかいパネルこさえて大々的にアピールしよう」と持ちかけられ、思わずこっちも悪ノリしてパネル用のデータを提供。
んで出来上がったのがこんなんヽ(`Д´)ノ


Σ(゚Д゚)って本気ででけえなおい!
机の横に立て掛けて置くつもりが見込み違いで神戸に比べてスペースがかなり小さく、仕方がねえので正面に立て掛けることに。
販売物との対比でデカさが伝わるじゃろかしら。芸人さんもとことん凝り性な御仁じゃよ。

看板の元画像はこんな感じ。アオリはすべてほんとにコメントもらいましたよヽ(`Д´)ノ←4月はもう3日です


今回は芸人さんの営業も兼ねての参加ということで、スガワラさんから許諾を得て作成された複製サンプルも一緒に展示。こういうのって版権モノだとやりにくいからちょうどよかったとのこと。
こっそり『魔改造への招待』も置いてたり。


こんなことやってたり。

ドサクサにリンク貼ってみたり。なにしろamazonホビー和書トップセラーで1位、和書全体のランキングでも瞬間最大風速16位まで食い込んだ本ですからな。内容については青い本なんかと比べるべくもなく。

でまあそれはともかく。
複製サンプルのデキは素晴らしいレベルでありました。並べてあったのはどれも湯口を処理して組み付けただけのもの。
サッチンはピンク色で示したところがスカートの分割ラインなんだけど、近寄って確認しないとわからないぐらい (画像クリックで拡大) 。

状態がわかりやすいようにサフっぽく着色されたレジンのものも。
50ショット抜いた後の型で抜いたにもかかわらず翔子ちゃんフィギュアパーツのエッジもきれいに出てます(画像クリックで拡大)。

翔子ちゃん。
ベースも着色レジンの自家製。

着色レジン版(画像クリックで拡大)。全高13cmでこのディテールがちゃんと再現できる複製技術に乾杯ヽ(`Д´)ノ
縁の下のヱビス堂、ご用命はゼヒヽ(`Д´)ノ06/06/13現在ライン満杯御礼につき受注〆切ってます、とのこと。ご用命の方は次の機会にゼヒヽ(`Д´)ノ

空条作例も揃い踏みヽ(`Д´)ノ
スガワラさんの塗装サンプルは閉会後に某社に向かって旅立って行ったとか行かないとか。

さてここからはふらふらと見て回ったりしたあれこれを。会場さして大きくねえのになんか半分ぐらい中古トイでアレレな印象だったけど。

『造型りざあ堂』WHFマスコットキャラ・ほびりん。乗っかってるバイクも一緒に販売してたもよう。

『温泉天国』ほしのゆめみ(ちいさなほしのゆめ)。
...しまった、せっかくだからもっとぱんつはいてない目線で撮影すべきだった。
どうでもいいけどWHFサイトの参加ディーラーリストに名前はあるのにパンフの記載がねえのは一体どういうアレなのか。

『HEADLONG』不死のゾッド(ベルセルク)。
塗装は『ACCEL』矢竹氏によるものだそうで...さすがというかなんというか肌の情報量が尋常じゃなかった。

『S.A.E.』オリジナルシリーズ『じゃぼうにあ 邪宝国創事紀』から大薙刀のジャヌカ。これだけ泣く泣くストロボ撮影。
髪の毛の情報量がステキ。

『夢のカグツチノ公国』桜&セイバー(Fate)。
ココにかかるとセイバーもこうなるかって感じですのう。

同じくカグツチノさん、風の後ろを歩むもの(塵骸魔京)。
Nitro+は今後独自版権システムを採る予定だそうで、それも結構ディーラーにフレンドリーな内容になるとか。テクモ以後の救世主となるか否か。

コトナ(ゾイドジェネシス)。
アニメの方は終ぞ観てなかったんだけどコト姉のエロさだけはげっぷが出るほど伝え聞いております。

『Echo(合同参加のため出展名は『Witch☆』)』シャルロット・フランシア(Quartett!)。
つるぺた具合やあばら具合が忠実ですよ。

地震もいいが大槍の描く尻は芸術だと思う(よくねえよ)。

第8回2MCで優勝してた『ミリメートルモデリング』護塔水面(DRAGOON)がキット販売されてたΣ(゚Д゚)
どうせだからちくび見える角度で撮るべきだったΣ(゚Д゚)

同じく『ミリメートルモデリング』 Lesson-B(天織龍樹画集)。
パーツサンプル見てみたけどレースのモールドもさることながら分割がすごかったよヽ(`Д´)ノ←語彙が乏しすぎてまったく伝わりません

『REFLECT』のんのん。
セラちゃん同様デフォルトでパンツまるみえ。

上ちちの谷間がちゃんと開いてた。別パーツ?

『LONGLONG』シンカー。
表面のゴワっとした感じとか抜き屋さん泣かせっぽいなあ...。

同じく『LONGLONG』ジュビリー。
うって変わってスッキリしたデザインなんだけど見所は随所にありますにゃー。

塗装映えするというか塗り次第でいろんな方向性が見せられそうで、がしがし塗ってる人にはマストアイテムではという。


今回のお買い物は『はぽい処』仲本。やーっと買えたー。
透け塗装をやれと命令されてるかのような体操服が体操服がヽ(`Д´)ノムヒョー
パーツ構成も比較的作りやすい部類に入ると思うので一気にズバーッと作りたいにゃー(そういうことはコンスタントに作るようになってからほざきましょう)。
岡崎せんせいにはWFでちっことだけご挨拶しただけだったのに顔を覚えられててビビった(;´Д`)

そんなこんなで初体験のWHF名古屋。コミティア同様お財布のヒモがみんな堅めかなあという印象もありつつ、でもなんとか本のほうは閉会時ほぼ完売までぽつぽつと売れ続け。本で興味を示してキットとセットで買って行かれた方もいたのでそこそこに吸引材料にはなりえたんじゃないかしらと。

所感として、確かにガレージキットイベントでも売れはするけど...一番手に取ってほしい「ガレキ興味あるけど作るのには二の足踏んじゃう」層への訴求がイマイチ伸び悩むのは場所柄いたしかたねえですな。そういう意味ではやっぱし同人誌イベントでキット並べて売るのが今のウチとしてのあるべき姿なのかなあ。まあ啓蒙とか烏滸がましい使命感は抱いちゃいねえですが。

『矢場とん』でわらじ味噌カツ食って帰りまった。けっこうボリュームあるのに肉が軟らかくてペロリと食っちゃいましたよ。今まで名古屋グルメっていうとマウンテンぐらいしか知らなかったのが途端に勿体なく思えてきた(つД`)

あと急遽4/30のWHF神戸はモホ面も隣接でスペース取って参加することにしましたよ。いろいろ展開するには1Spじゃどうにも手狭だし、いつまでも芸人さんに負担かけるのもご迷惑だし。詳細が決まったらまた報告するのでよろしくだ!

カテゴリ:イベントルポ, フィギュアとか