カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか

『翔子』通販再開とあとプチ告知"|Syndicate this site(XML)|告知ふたつみっつ"

左腕と手首を作るよヽ(`Д´)ノ

しばらく放置気味だったけどぼちぼちやってたよヽ(`Д´)ノ


新たな課題だった足りない肩の高さも修正。
それにあわせて腕のエポパテも少し盛り足した。

首のあたりは当然作りなおし。前はエポパテだったけどちょっと思うところあって再びファンドに切り替え。また山ほど修正しなきゃのう。

で。まずは体に合わせて作ったエポパテの塊から左腕を削り出しつつ手首まで作るよ。


鉛筆でラフにアタリを取ったら不要な部分を切り取る。
写真では厚みがわかりにくいけどこの時点で手首部分のエポパテの厚みは5mmぐらいあった。これを削って削って形を出していくわけですが。

…一心不乱にやってたらすっかり写真撮影忘れてた(;´Д`)だってなんか始める前はおそるおそるだったけど手首って作ってみたら異様に楽しいんだもん。
まあこんな調子でこりこりと徐々に削りだしていきます。
基本的に使ってるのは丸刃カッターとパワーグリップ彫刻刀の…えーと…キワってやつ?の一番細いの。使い方一つで三角刀のようなミゾ彫りから面での削り込みまでいろいろできて便利。
手首はバランス見誤ると大変なことになるのでどこか一箇所だけを削るのではなくできるだけまんべんなく形を出していったほうが安全だと思う。特に軽量エポパテだとついつい削りすぎてしまいそうな気もするしのう。

指の表情つけるのも忘れずに。

手の甲側のシルエットがある程度かたまったら手のひら側を削り込む。といっても一気に作り込んでしまうわけではなく、あくまでバランス取りの参考程度ってところにとどめまずはこれぐらいでおしまい。
もうこっちは指の股の切り込み以外ほぼ100%彫刻刀1本で。

そんなこんなで。

こうなりました。

腕全体は実はここまで来るのにかなり四苦八苦。なかなか肩口からのラインが決まらなくて二の腕が短く見えてた時期が相当長かった…。いやまだあまり改善はされてねえかも知れねえのだが(つД`)

身体にくっつけるとこんなあんばい。

削る前がこんなんだったので体積的にはほぼ半分ぐらいになったんじゃないかしら。
胸元とのラインの整合性はここから。アルテコかなんか盛り付けて作っていく予定ヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか