カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか

『WF20』逆ギレの中止発表"|Syndicate this site(XML)|『翔子』通販再開とあとプチ告知"

問題点を洗い出そう

体幹部ができあがらんことには四肢パーツの精度出しもいつまで経っても取りかかれねえからってことで、ともかくスク水ダルマをまず完成に近いところまで作ってしまおうかと。


スピンヤスリでダルくなったシワに盛り足しつつ新しいシワも作って…


こんな感じ。


右足の角度を変えたことでお尻の位置関係も変わってるので中心線を変更。


こうなりました。

顔がうつむきすぎであまりにも愛嬌がねえことに以前のこの写真を撮ってる際にやっと気付いた。


エポパテ部分を全部切り飛ばして角度変更。


かなり上目遣いにしてみた。

この状態で腕をもう一度、今度はまるごとエポパテで作りはじめることに。
別のパーツを作ってた時に余ったパテやファンドで作り置きしてた細長い棒を芯にすれば柔らかいエポパテでもパーツを作りやすいし、硬化待ちの間に自重で崩れる危険も減る。


こんなんなりましたヽ(`Д´)ノ

いろんな角度から。


身体の比例関係から割り出した腕の長さ(目分量)だとどうも長さを持て余してしまい、右腕はこんな風にかなり後ろにやらねえと地平面に落ち着かねえ。


なんでだろうとずーっと考えてたんだが…


おっぱいのラインから補助線を引いて考察してみるにどうやら肩の高さが全然足りねえっぽい(;´Д`)

ってか多分どこかで見て見ぬフリしてた気はするよ…。

冷静に振り返るとこの時点で明らかに足りてねえもんね。まあ気付けただけよしとしよう。再び大改修への道に戻るよヽ(`Д´)ノ

カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか