カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか

劇場マジ響鬼(ネタバレなし)"|Syndicate this site(XML)|いっぺんつないでみる"

つるつるヽ(`Д´)ノ


最近導入した新兵器、OLFAの丸刃カッター(下)と自作スピンヤスリ(上)。
直刃(トーン切ってるやつ)で入り組んだ箇所を削ってると根本の部分が勝手にパーツを引っ掻いて傷つけてしまったりするトラブルが起こりがちだったんだけど、これならそういったトラブルもなく更に曲面も削りやすくなっていい感じですよ。

でもいくらツールを揃えても利き腕による作業のしやすさってのはどうしても出てくるもので。右利きでは左下から右上への削りがなかなかうまくいかない。両利き訓練しようかなとかちょっとだけ思う今日この頃。

んで。早速スピンヤスリでざりざりヤスってみましたよ。

ちなみにこっちがヤスリ前。手作業でごしごしやってるとこの程度の面積でも軽く30分はかかっちゃうところをものの10分足らずでいい感じに均せたよ。
この調子でどんどんヤスってみようヽ(`Д´)ノ


前髪。


体幹。
あばらのボリュームが足りなくてメリハリがなかったので少しファンド盛り付けてます。


そんなこんなで身体を磨いてると荒削り状態では気付けなかった欠点が浮き彫りになってくる。
上で「あばらが足りない」と言ってる以上に肩胛骨あたりの盛り上げが足りない。これがメリハリのない身体の大元の理由になってる気がする。


というのも最初に思い描いてた背骨の形が「胸を張った状態」だったせい。座りポーズで胸を張ったりしたら背中ツるじゃんってことにあとから気付いて慌てて背骨を盛り付け背筋を丸めた姿勢に修正したんだけど、その時に肩胛骨のシルエットを全くいじってなかったのね。

というわけで修正ライン案。もう少しやりすぎ程度に盛り付けた方がいいかも知れないね。

ピンボケ左足首。

あんど右足首。出来としては左足首の方が気に入ってるかのう。

今さら言うほどのことでもないけどスピンヤスリはかなりお勧めですよ。これと芸人サンダーがあればヤスリ作業については怖いものなしかもだ。

カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか