カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか

超緊急告知・WFで『翔子』委託Σ(゚Д゚)"|Syndicate this site(XML)|2歩進んで1歩半さがる日々"

再開ヽ(`Д´)ノ

『ぐりむろっく!』のかわにしさん他から夏コミで「造形がんばって」とありがたい言葉を賜り、そりゃもうがんばらなきゃってことでスク水フィギュア作り再開。

右腿を持ち上げたあと膝から下を再接合。



ここから付け根で切り離して5mmプラ棒でダボ作って仮の摺り合わせを終えたところで約1ヶ月ほっぽらかしでしたヽ(`Д´)ノ

そしてここからが今週になっての作業状況。

スク水部分は肌と完全に分割したいので…


なんとか形を保ってくりぬく方法はねえものかと思案したけど結局カッターと彫刻刀で全部削り落とした。


パーツ合わせ部分や髪の毛、手足首の造形などはファンドだと脆さがネックになるんでエポキシパテで。
で買ってきましたWAVEの軽量エポパテ。かわにしさんなんかはもうこれだけで原型全部つくってるという評判のアレ。
タミヤ高密度エポパテに比べてかなり柔らかいのと手にすぐベタベタくっついて(感触的にはチューインガムこねてる感じが近いかも)慣れないうちはなかなか形を出せねえのね。
そんなわけでちょっと挫折しかかったんだが、やっぱり高密度より遙かに短い硬化所要時間と完全硬化時の切削感のよさは魅力なので再挑戦。お、ちょっとコツがつかめてきたかな?

くりぬいた切削面にマスキングテープを貼ってエポパテの塊を押しつけ、首をくっつけて硬化してからパカリ。余ったエポパテは耳とスク水のスカートライン(上写真)成形に利用。


更に余ったエポパテは足首に。


先にタミヤ高密度エポパテで作ってた前髪が分け目のところで割れてしまったので、軽量エポパテでくっつけなおす。
エポパテ同士に親和性があるわけじゃねえからもうすこしなんとかしとかないとあとでまた泣きを見そうな予感…。


切り飛ばした後頭部にエポパテを盛り付けて後ろ髪を作ってみたけど首の硬化待ちの間に全く別でやってたせいで耳との摺り合わせが果てしなくめんどくさいヽ(`Д´)ノ
なによりもっさりしててかわいくないヽ(`Д´)ノ


ってわけでMTP(マスキングテープパカリ)法でイチから作り直したよ。寝て起きたら削るぜヽ(`Д´)ノ

軽量パテのひとまずの硬化まで約2〜3時間。髪の毛とかは硬化待ちの間に自重で歪んじゃうおそれがあるためある程度重力方向へ毛先が流れる位置で置いとく必要がある。
仕方なしに手で持ったままでいたんだが…
途中でうんこ行きたくなってきてまいった(;´Д`)

カテゴリ:はじめてのすくらっち, フィギュアとか