カテゴリ:WF2005冬ルポ, フィギュアとか

ワンダーフェスティバル2005冬・Part3"|Syndicate this site(XML)|アサルトめもライン"

ワンダーフェスティバル2005冬・Part4

なんとなんと。
パート1で写真を掲載した1/1スコープドッグの制作者kogoroさんのblog『なんでも作るよ。』からリンクしていただいてしまいまった。
本人さんに見ていただけるとは思ってもいなかったので光栄の至りですよ。こんなクルイの運営するページでなんだか申し訳ねえです。
応援してますのでこれからもがんがってくださいませ。
というわけで更新する手にも思わず力がこもっちゃうよ。第4弾まいりましょう。

『いじめて撃退企画第八回!!』、『プリンセスクラウン』グラドリエル陛下。
評判に対してソフトの出回った枚数は極端に少ないのに未だ根強い人気。

『マルタカヤファンファンカードOBの会withSA-ss』
最新のタイムスリップグリコ、大阪万博シリーズで原型を手がけているSA-ssさんの1/500富士グループ館(上)と日立グループ館、みどり館(下)。それぞれ手前にグリコの方の実物が置いてあるが、縮尺そのまま正確に小さくしてあるのがよくわかる。
特に富士グループ館の精密さと塗装の質感表現は素晴らしいの一言。

ディーラー名わからず、ふわふわのもこもこのょぅι゙ょたん。
ふわふわのもこもこを外すとちゃんと作り込んであったよ

『リサセッズ』スイートとWSC選出作品マドレーヌ、そして新作。

同じく『リサセッズ』ワンダちゃんとリセットちゃん。
リセット「あんたらガレージキットスピリットが足りないのよ!また終了するぞ!」
ワンダ「ンなこと言ったって完成品が出りゃみんな買うのはしょーがないって」

『essence』nana.5。
あちこちで露出があった作品ですがさすがというか細かいところが丁寧に作られてますなあ。

同じく『essence』の干支シリーズ最新作『ROOSTER BOOSTER』。
来年の戌はともかくとして亥ってどうまとめるつもりなんだろうと今からちょっと気になるよ。
唐突にイシシとノシシ作ってきたらみんなド肝抜かれるだろうな、いろんな意味で。

ディーラー名わからず、改造ピンキーのスマートレディ。
最初にピンキー見た時は正直さほどコアなフィギュア好きには受け入れられねえだろうと思ってたんだが、改造の裾野を一気に広げたという意味ではむしろピンキーがフィギュアシーンの新たな発信源になってるのかも知れねえなあなんてことを考えたりもする。

おなじみ彼岸の造型師『アーティマ』荒木元太郎氏の最新作、綾波。
人だかりが大変なことに。

毎度のことながらここはもうそれこそ纏ってるオーラが他とは一線を画してるね。
凄まじいとしか言いようがねえですよ。

植毛でもレジンの髪の毛と遜色のないシルエットをきちんとまとめてくるあたりもさすが。
もう言葉は要りませんなあ。

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ

回転ディスプレイテーブルに載っかってる一体がおしりを向けたところを狙いすまして。
(;´Д`)ハァハァ

『KITTY HAWK』で参考展示されていた『TODO工房』の作品。ぬこがすずなりに。

ぬこぬこ。

こちらは販売品。
すでにもらい手が見つかっていた模様。

ディーラー名わからず、オリジナル擬人化フィギュア。

gunteとsuzu。

一人ぽつねんとうずくまるsainome。

これもディーラー名不明、XPたん。
いくらなんでもメモリの量が多すぎやしませんか。

えーと…上のXPたんと同じところだったっけか…。
そろそろ記憶が怪しくなってきましたよヽ(`Д´)ノ

『モデラーズ・ハイ』アスカ。
とてもよいはいてないだったのでこちらもとことんはいてないラインを追求して撮影させていただきました。

同じく『モデラーズ・ハイ』ガーゴイル。
スーツの塗装と椅子がカッコいい。

『紅塑会』ねこメイド。
少しずつ異なるタイプがいくつもあってにぎやかで楽しい。

そしておなじく『紅塑会』、『エマ』の…




Σ(゚Д゚)作者かよ!!
写真には撮ってねえですがこのフィギュアは哀愁漂う後ろ姿の再現性がピカイチでした。もうバカだなあ(いい意味で)。
そう言えば別のディーラーさんが1/1俺スイッチ作ってたっけ。

『ねり会』プリキュア。

黒かわいいよ黒。

白かわいいよ白。

『まつたけ山』、カレイドスター苗木野そら。
ディーラー名確認のために調べてるとどうやら昨年の夏の発表からだいぶあちこちいじってた模様。夏の時より表情がいきいきしてますな。

『軽音堂』、『Quartett!』ユニ・アルジャーノは光の速さで完売。
コミティアほっぽって朝から並んでた青本が買えなかったと嘆いてた。

『夢のカグツチノ公国』、デモンベイン。
あんまりにもちっちゃくてピント合いません。無理。

おなじく『夢のカグツチノ公国』Littlewitchマスコットキャラ、リト子さんクロック。
10cmにも満たねえちっちゃさの前にピンボケ仮面が猛威ふるいまくり。
ヽ( ´ピンボケ`)ノ<フハハハハ

『ガンドール』オリジナル、マイリトルファッションショー。
写真ではわかりにくいけどくるくる巻き毛とかサンダルのモールドとか丹念に作り込まれててかわいすぎですよもう。

『B・M・W(ビルド・マスター・ワークス)』るくさん。
白・黒・肌色の3色カラーレジン+ほとんど接着剤や真鍮線を使わず組み立てられるキットでこの出来。
そりゃ完売するよなあ。欲しかったー。

電脳なをさんキャラを数々送り出している『GRIFON'S GARDEN』の『アップルの一番長い日』と越獣。
越獣はパート1で紹介したオニゴンと合わせて揃えたいところ。

あらし出っ歯19本版は購入させていただきまった。
やたら「出っ歯は一体成形ですよ!」と推されたので見てみたら

Σ(゚Д゚)マジか!

『ぐりむろっく!』レイレイは青本が購入。

パッケージが可愛かったので撮影させてもらった。

今回が初のディーラー参加という『マーブル』、コミック快楽天の表紙の女の子。
初参加でこのクオリティはなんだかむやみに今後を期待させますよ。おしりとか。

企業ブース側、『FLYING MEGALOPOLIS』で展示されていた謎の機械生命体の方々。

サイトも2003年の5月から更新されてねえのでなにがなんだかさっぱりわかりませんよヽ(`Д´)ノ

神戸WHFで見てから気になっていた『卓球模型』森川由綺&観月マナが今回選出のWSCのひとつ。
というわけで購入してしまいまった。ホワイトアルバムとか全然知らねえけどこのちっちゃくてムチムチ感が脳みその後ろ左下あたりを妙にくすぐりやがるもので。

Σ(゚Д゚)山口可動でガンバスターが年内発売だってーーー!?
いやエヴァとかどうでもいい!ガンバスターを出せ!

『天上天下』のアクション胸像ガチャ。
チチの付け根がスプリングになっててぶるんぶるん揺れるんですって。
アホや。アホがおる。

揺らしてよ(もっと)

マックスファクトリーから発売予定のキングゲイナー。
写真はあきまんカラーバージョン。

『プラギルド』のしーぽんとカニもPVC完成品で発売予定。
たいした時代になったもんだ。

…と、そんなこんなで壊滅的に使い物にならねえ写真含めかれこれ撮影枚数220枚以上となった今回のワンフェス。
じっくり見て回ったのは今回が初めてだけど、こうして色んな造型を目にしてると何かと意欲が湧いてくるものですのう。
撮影させていただいたディーラーの皆さまどうもありがとうございました。コンパクトデジカメでの撮影ってことで我知らず随分とキットに接近してしまいハラハラさせたかも知れません。もちろん撮影にあたって細心の注意はしてたつもりですがお気を悪くされたようでしたらこの場を借りて謝罪します。


がんばれ我らがフィギュア萌え族(いい意味で)

カテゴリ:WF2005冬ルポ, フィギュアとか