カテゴリ:WF2005冬ルポ, フィギュアとか

ワンダーフェスティバル2005冬・Part1"|Syndicate this site(XML)|ワンダーフェスティバル2005冬・Part3"

ワンダーフェスティバル2005冬・Part2

さてさて第2弾。Aブロック外周からぶらぶらと見て回る。
ちょっと写真の量がとんでもねえことになってるので以下は追記で。

『アマプロ』4月に新宿ロフトプラスワンで開催予定の『パチ怪獣(モン)サミット2005』入場チケットに付録として大盤振る舞いされるという、唐沢なをきデザインのオリジナル怪獣ソフビ『地獄怪獣オニゴン』のロウ原型。 割れてしまったらしくあちこちに残る修正痕が痛々しい。 原型展示のみで販売はなし。訊いてみたところ余剰分が出れば要望次第では販売もあり得るとか。むほー欲しいー。

WHF神戸のルポでも撮影した『Vispo』セヤダタラ(大悪司)。去年の冬のワンフェスは西ホールでの開催だったんだが天井が高いせいか照明がやたら暗くてコンパクトデジカメではフラッシュなしでの撮影はほぼ絶望的だったんだが、今回は東ホール開催で光量も十分。おかげで綺麗に撮れて満足ですよ。

『G・Kオペレーション』プリキュア。 プリキュアの版権はかなり厳しかったらしくあまり見かけず。

同じく『G・Kオペレーション』KOS-MOS。脚の振り上げかたが大変なことに。

『Genocide Kitten』『ヘルシング』リップヴァーン・ウィンクル中尉。表情と手つき、アホ毛がなかなかいい感じ。

『スタジオ猿分室仮設所』『メタルギアソリッド・ツインスネーク』ソリッドスネーク、リボルバー・オセロット、サイボーグ忍者。忍者は手ぶれのおかげでかえっていい効果が出たね。

『K-BOOKS』すくみちゃんと琴音ちゃんは男衆が群がってて遠くからしか撮影できず。

『1045』虹裏で生まれたMFヒギョパム。画像を見た時からそのヒギョっぷりに惚れ込んで見つけたら買おうと狙ってたブツ、見事にゲットさせていただきました。頭部パーツがルッピョロ専用機と量産型のコンパチになっている。

こちらも同じく『1045』製の虹裏キャラ、めどいさん。ぬうピンボケ仮面め。 めどそうな顔の再現性はかなりのもの。こっちも買っとけばよかったかのう。

『T-CLUB』イラストレーター、おーじさんのサイトのマスコットキャラ。キット名もそのものずばり「おーじさんとこのイヌ」。なんかすげえビビっときてこれもついつい買ってしまいましたわよ。 おーじさんと言えば黄金律の縞ぱんに定評があるわけですが。帰宅してキット開けてみたら…

Σ(゚Д゚)はいてない!?

『GAM Factory』ナイツは結構な大きさ。なんかつい感慨にふけってしまうぞ。

『ぺこぽこ』もじぴったん。巨大なもじくん看板がお出迎えするほのぼのスペース。

うわあうじゃうじゃいるよう。

もじくんかるたシリーズは大半が完売。しかしもじぴったんの人気も根強いなあ。

『H.B.Company』

沙耶&蔵女のふたりはグロキュア。この組み合わせも虹裏発祥ですなあ。まず元の絵柄がゲームの方じゃねえし

95たん。こうして見てみるとOSたんもすっかり定着したやね。

昼間行燈さんのはらへりねこさん。

こっちも同じ『H.B.Company』、『恐竜探検隊ボーンフリー』からキャリードンキーとヘルキャット。ボーンフリーなんてほとんど覚えてねえけどこのキャリードンキーは記憶中枢の底の方をくすぐるものが。

『あつあつコロッケ?』、『Canvas〜セピア色のモチーフ』から藍と恋。恋の髪の毛パーツの摺り合わせが大変そうだあ。

『水月』雪さん。いつ見ても完売してる気がするロングヒットアイテム。

個人的に今回最大の問題作、『CANAPe』スペランカー。 もう爆弾はあるわゴーストは来てるわ段差は身長の二倍だわで何回死ぬんだかと思ってたらすでに残機0(完売)だった。 写真撮らせてもらおうとしたら「気をつけてくださいね、フラッシュのショックで死にますから」と言われた。オートフォーカスの赤外線では死ななかったようなのでひと安心である。

こちらもまた別の意味で問題作を発表し続ける『ブロンドパロット』のはじみず。 けしからん。相変わらずけしからん。

触手で遊び放題が話題を呼ぶFち娘。 けしからん。やっぱりとってもけしからん。ょぅι゙ょゎゎーヽ(`Д´)ノ(なにを入れ知恵されたか貴様)

…と駆け足ですが今日はこの辺で。

カテゴリ:WF2005冬ルポ, フィギュアとか